税理士になるには?|必要な資格・資格の取り方~みんなが実践する勉強法を紹介!

資格

この記事では、税理士になるにはどうすればいいか?ということをメインテーマにしています。

そのテーマに入る前に、最初に税理士とはどんな職業かというところから説明していきます。

税理士とは、クライアントの依頼に応じて、税務書類を作成したり、税金に関するアドバイスを行う、税務のプロフェッショナルです。
独立・公正な立場において、申告納税制度の理念に則って、納税義務者の信頼に応え、租税に関する法令に定められている通り納税義務の適正な実現を図ることをその使命としています。
税理士制度は、公共的使命を負っている税理士が納税義務者を援助し、納税義務が適正に実現され、申告納税制度が適正かつ円滑に運営されることを目的として設けられました。
昭和26年に施工された税理士法をその根拠となる法律とし、これまで時代の推移とともに変化する社会の要請に応えてきました。

「税理士」のやりがい/魅力とは?

2018.11.28

税理士として登録するには?

税理士になるには、税理士として登録する必要があります。
それでは、税理士として登録できる人はどんな人でしょうか?

税理士となる資格を有する者は、税理士試験合格者のほかに、弁護士および公認会計士です。
これらの税理士となる資格を有する者が、税理士となるには、日本税理士連合会に備わっている税理士名簿に登録する必要があります。 税理士となれば、税理士法人を設立することができるようになります。税理士法人を設立した場合にも、日本税理士連合会に届ける必要があります。 税理士または、税理士法人でないものは、税理士業務を行うことはできません。

税理士登録者数はどれぐらいいるの?

税理士登録者数は、以下のようになっており、その数は年々増加しております。

昭和35(1960)年度:10,888
昭和40(1965)年度:15,827
昭和45(1970)年度:24,024
昭和50(1975)年度:32,436
昭和55(1980)年度:40,535
昭和60(1985)年度:47,342
平成2(1990)年度:57,073
平成7(1995)年度:62,550
平成12(2000)年度:65,144
平成17(2005)年度:69,243
平成22(2010)年度:72,039
平成24(2012)年度:73,725
平成25(2013)年度:74,501
平成26(2014)年度:75,146
平成27(2015)年度:75,643
平成28(2016)年度:76,493

税理士試験ってどんな試験?

税理士になるには、基本的には税理士試験に合格しなくてはなりません。
それでは、いよいよ税理士試験がどんな試験かということについて説明していきます。
まず、税理士試験が設けられている目的としては、受験者が税理士となるために必要な学識及び応用能力を持っているかを判定することとしています。

試験科目としては、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目と税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択しなければなりません。)について行われます。
なお、税理士試験は科目合格制をとっており、受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。
合格は、各科目とも60%以上となります。合格科目が会計学に属する科目2科目及び税法に属する科目3科目の合計5科目に達したとき合格者となります。

試験の難易度についてはこちら!

【税理士試験の難易度】合格率、偏差値など徹底調査!

2018.03.24

税理士試験の受験資格について

税理士試験を受けるには、受験資格を満たす必要があります。 以下のいずれかを満たしていれば、大丈夫です。

(1) 学識による受験資格
・大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
・大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
・一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
・司法試験合格者
・公認会計士試験の短答式試験に合格した者

(2) 資格による受験資格
・日商簿記検定1級合格者
・全経簿記検定上級合格者

(3) 職歴による受験資格
・法人又は事業行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者
・銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上従事した者
・税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

平成29年度(第67回)税理士試験実施スケジュールについて

それでは、今年の税理士試験実施スケジュールについて確認してみましょう。詳細は国税庁のHPに掲載されています。

試験実施官報公告:平成29年4月3日
受験申込受付開始:平成29年5月9日
受験申込受付締切:平成29年5月19日
試験実施    :平成29年8月8日から平成29年8月10日
合格発表    :平成29年12月15日

税理士試験の試験科目について

それでは、平成29年度の試験から試験科目について見ていきましょう。

簿記論

複式簿記の原理、その記帳・計算及び帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記を含む。ただし、原価計算を除く。

財務諸表論

会計原理、企業会計原則、企業会計の諸基準、会社法中計算等に関する規定、会社計算規則(ただし、特定の事業を行う会社についての特例を除く。)、財務諸表等の用語・様式及び作成方法に関する規則、連結財務諸表の用語・様式及び作成方法に関する規則

消費税法又は酒税法

当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

法人税法

当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

相続税法

当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

所得税法

当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

固定資産税

当該科目に係る地方税法、同施行令、施行規則に関する事項のほか、地方税法総則に定める関係事項及び当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

国税徴収法

当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

住民税又は事業税

当該科目に係る地方税法、同施行令、施行規則に関する事項のほか、地方税法総則に定める関係事項及び当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。

税理士試験はどうやって勉強すればいい?

さて、税理士試験がどんなものかわかったところで、実際に勉強はどういうふうに進めればいいのでしょうか!? 税理士試験の勉強は大きく分けて、学校に通うこと、または、独学で行うとの2種類に分かれます。ここからは、そのどちらについても説明していきます。

学校に通うメリットについて

それでは、まず学校に通って税理士資格を取得することを考えましょう。 学校に通うことに関しては、以下のメリットがあります。
・勉強する場所がある
・同じ目標を持つ仲間がいる
・先生がいて、質問ができる
・効率の良い勉強方法を学校が提案してくれる
・最新の情報が手に入りやすい

資格の学校TAC

それでは、学校に通うメリットがわかったところで、実際の学校についても見ていきましょう。 まずは、よく耳にする資格の学校TACについてご紹介していきます。

TACの特徴としては、以下のものがあります。

・試験傾向に対応した講義 <専任講師と実務家講師による高度な試験研究>
近年の税理士試験は、学問的な素質だけでなく実務的な素質も問われる出題傾向にあります。そのため、単に試験を研究するだけでなく、深い実務面での知識も講師に求められてきます。TAC講師陣は、専任講師と実務家講師の二層体制を構築。常に講師間で情報を共有することで単なる受験テクニックだけでなく、合否に直結する実践的な知識を提供しています。

・理解中心の講義スタイル <深い知識を持つ講師だからできる、本質を掴んだ講義>
税理士試験は単なる暗記では太刀打ちできません。TACでは「ここを覚えてください」ではなく、「なぜ」「どうして」といった、理解中心の本質的な講義を展開しています。これは一朝一夕に真似できることではなく、プロ講師が揃うTACだからこそできることです。TACの授業を受ければ、本試験対策はもちろんのこと、その後の実務にも知識を活かせます。

・講師の質が違う! <競争原理に基づいた高い指導力>
TACでは年2回、通学受講生の方に講師に関するアンケートを実施しています。回収されるアンケートの数は約10,000件。受講生の方に「講師の質」を直接評価いただき、講師へフィードバックを行っています。そのため講師間で競争原理が働き、常に最高の指導力を発揮できるように、講義の研究に切磋琢磨しています。

・何でも聞ける身近な講師陣 <受験上の悩みから進路相談まで何でも聞ける!>
長い受験勉強の間には、スランプや苦手な論点が出てくるもの。そのような時は講師陣に何でも相談をしてください。TACでは講義前後での質問はもちろんのこと、電話やメールによる質問体制を敷いています。また、本試験後や合格発表後には連日、税理士講師陣による受験相談会を各校舎にて開催しています。講義内容はもちろん、その他何でも聞ける頼れる講師がTACには揃っています。

・常に先を行く情報発信 <無料公開講座や誌上セミナーなど最新情報を発信>
TACでは定期的に、学習の進め方や弱点補強などをテーマとした無料公開講座や誌上セミナーを実施。常に受験生に最新の情報発信を行っています。その他、講義を体験受講できる制度など、TAC講師陣の講義の質を直接確かめていただける機会を豊富にご用意しています。

資格の大原

こちらも有名ですね。資格の大原について紹介します。

大原の特徴について説明していきます。

・学習に集中できる空間を提供!!
家では集中できない…、他の誘惑が…、学習が続かないという方へ!学習に集中でき、学習を継続できる空間を通学講座はご用意いたします!!

・勉強以外にやることが無い
家ではスマホやテレビ等、誘惑が多くなっており、学習に集中することが難しいですが、教室という空間で講義を受けることにより、一切の邪魔が入りません!

・周りに仲間がいる
自宅ではくつろぎすぎて学習することができないという方は学校へ!同じ試験を目指している仲間が周りにいることにより、良い緊張感が生まれ学習に集中できます。

・学習習慣ができる
合格にもっとも必要なものは「講義⇒自宅学習⇒講義」という学習習慣です。通学講座は決まった曜日・時間に学校に行くため、講義と自宅学習の一週間のサイクルが身につきます!

・教室通学(教室講義スタイル・時間の達人シリーズ) <プロジェクターを利用した最新の講義スタイル!>
講義の理解を確実に促進します! プロジェクターで投影される部分(「基本板書」)は全国の講師陣の板書から精査・ブラッシュアップしたものを投影しています。問題の解き方や読み取り方など、豊かな表現力で理解しやすく記憶にも残りやすいという画期的な学習スタイルです。

・映像通学(教室講義スタイル・時間の達人シリーズ) <自分だけの学習スペースで講義に集中!>
学習は一人ひとり独立した個別視聴ブースでおこなうので、目の前の講義に集中できます。

・中継クラス・教室VTRクラス(教室講義スタイル) <東京本部のクラスに出席!!>
東京校教室通学の人気講師の講義を各校にお届けします! 厳選した人気講師の講義ですので、わかりやすさ抜群! 東京の教室で受講しているのと変わりません!

オンライン資格講座

最近では、仕事の合間を縫って勉強する人のためのオンライン資格講座も増えてきました。

資格学校に通うことで得られる、先生に口頭で質問できる、仲間と励まし合いながら学習を進められる、等のメリットはありませんが、
・独学と異なり、体系的に学ぶことが出来る。
・オンラインで学習出来るため、学校と異なり自分のペースで進めることが出来る。(その分自律も必要。)
・学校に通うより安価で済ませることが出来る。
などのメリットがあります。

オンライン資格講座についてもいくつかご紹介します。

アガルートアカデミー

  1. 多機能な受講システム
    オンライン講座なので、いつでも、どこでも、何度でも無駄なく受講できます。また学習を手助けする機能が沢山あります。
    一部ご紹介すると
    ・倍速再生(速さを8段階から選べる,かつ最大3倍)
    ・音声ファイルをダウンロードできる(ネット環境を気にせず,通勤時にも学習可能)
    ・マルチデバイス(パソコン/スマートフォン/タブレット)
  2. 講師作成のオリジナルテキスト
    印刷等の作業は不要です。お手元にテキストが届き、 スムーズに学習を開始できます。 また知識をインプットする基幹講座はフルカラーはもちろんのこと、アイコンや表など見やすくする工夫が随所に散りばめられています。

  3. 通信講座だからこその充実のフォロー制度
    Facebookグループによる質問対応、定期カウンセリングなど、通信講座でも受験生をしっかりフォローします。

通勤講座

通勤講座の特長

  • 「通勤講座」は、忙しい方でも資格取得できるオンライン資格講座です。
  • 資格受験者の一番の悩みは「時間がないこと」「分からないこと」「お金が無いこと」ですが、通勤講座はこれらの悩みを解決します。
  • 【時間がなくてもOK】スマホ・PC・タブレットで学べるため、忙しい社会人の方に向いています。
  • 【わかりやすい】テレビ番組のようなビデオ講座は、他社の講座よりもわかりやすいと評判です。問題練習も充実しており、無理なく合格できる実力がつきます。
  • 【格安】大手資格学校の5分の1程度の価格となっています。

独学の場合のメリット

それでは、独学の場合のメリットはなんでしょうか。自己管理能力が高まるとか、無理やり作ればいろいろありますが、この一点だけでしょう。

・お金がかからない

ただ、もし独学で合格することができれば、学校に支払う数十万円から百数十万円の授業料を節約できることになります。
これは、本当に経済的に大きなメリットです。時間はあるけど、お金はないという方は、こちらの方法をとることを検討しましょう。ここでは、深く触れませんが、独学にはテキストと問題集選びが非常に大切となってきます。 ここは、妥協せずに長いこと一緒に付き合うパートナーをしっかり見極めてください。先ほどご紹介したTACも大原も書籍を出版しているので、参考に見てみてください。

独学の場合のデメリット【重要】

ただ、もう一度独学の大変さをお伝えしておこうと思います。 独学で税理士試験に合格するということは非常に難しいことと言われています。実際に独学で合格を目指す受験生もほとんどいないというのが現状です。 独学の難しさから、他の試験に比べ、テキストも種類が少なめとなっています。

独学が難しい理由としては、税法の改正への対応の困難さがあげられます。税制は1年ごとに変わります。その変更点を独自にフォローするのはなかなかの手間です。
一方、学校に通った場合は、それらの変更点を丁寧にフォローしてくれ、学生に還元してくれます。ここが、学校に通う人と、独学で勉強する人の大きな差になってきます。

それらを理解した上で戦略を取るとすれば、時間をかけて5科目合格を手にするということです。
税理士試験は5科目あって、1度に5科目合格してもいいですし、1科目ずつ合格してもいいのです。 お金というリソースを使って時間短縮をしないかわりに、今持っている時間というリソースを使い、1科目ずつ合格を目指せば、5年で税理士になるというプランが立てられます。

税理士になるには?|必要な資格・資格の取り方~のまとめ

いかがでしたでしょうか?

税理士になるにはどうすればいいか説明してきました。
そして、税理士になるための資格について、また資格を取るための勉強法について紹介してきました。

学校に通うか、独学か、については、どこにもお金がないという場合を除いて、学校に通うということをオススメします。 お金がないけど、税理士を取りたいという気持ちもわかりますが、本当に税理士になるという覚悟があるなら、勉強のための費用は出せる、または出せないなら貯めることができるのではないでしょうか?

やや、偏った意見となりますが、せっかくの皆様の貴重な時間を資格取得のために何年も使ってしまうのは非常にもったいないと思います。それでも、独学で合格するという強い意志の方を否定するつもりはありません。 逆風にも負けず、ぜひ頑張っていただきたいです。その困難を乗り越えたという自信はきっと一生あなたを支えるものになることでしょう。