【社会福祉士】おすすめ求人サイト・給料の実態まで徹底紹介!

この記事では、社会福祉士の求人や、給料の実態についてをメインテーマとしてお話しします。まず、それらの本題に入る前に、社会福祉士という仕事について説明します。 社会福祉士は、社会福祉専門職の国家資格です。身体や精神に障害を持つ人が、快適に日常生活を送れるようサポートをします。主に、相談にのったり、彼らに提供するサービスの計画を作成したりします。 専門外のことにも携わる必要があるときは、他分野の専門職と連携して、充実したサポートを行います。少子高齢化が進む日本では、ますます重要な資格になると言われています。

社会福祉士はどんな仕事をするの!?

社会福祉士の業務範囲は広いです。老人や障害者、各個人それぞれの状況に応じた支援を行います。行政や医療機関との連携窓口としての役割も担います。 職場としては特別養護老人ホーム、、障害者支援施設、介護老人保健施設、地域包括支援センター、児童相談所、児童養護施設などの社会福祉施設、福祉事務所、社会福祉協議会(社協)、病院、学校、地域生活定着支援センターなどがあります。

社会福祉士の給与はどのくらい!?

社会福祉士の初任給としては、大卒で月収17~20万円ぐらいです。短大・専門卒では、15~18万円となっています。勤務を重ねていけば、給料もあがっていきますが、この業界ですので、給与はあまり期待しないほうがいいでしょう。

社会福祉士の求人サイト

それでは、ここから社会福祉士の求人を検索することができる求人サイトを紹介していきます。

【求人サイト】はたらいく

はたらいくでは、「介護福祉士・社会福祉士の求人・転職」というページがあります。

2017年9月8日時点の検索結果は124件となりました。

はたらいくによる、職業説明「介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?」

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする

介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。 国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。 一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。 援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

ココがやりがい!「信頼関係を築きながら生活をバックアップ」

介護福祉士であれば、やはり介助を行った相手から感謝をされることがやりがいとなります。心から相手の力になりたいと思い、信頼関係が築けた時は、何とも言えない充実感を味わうことができるでしょう。 同様に社会福祉士も、相手の悩みや相談に、真剣に向き合って考え、応えることができれば、きっと相手から温かい感謝の言葉がもらえるはずです。

求められる能力は?

どちらの資格も、福祉に対しての熱い情熱と、困っている人の役に立ちたいと思う奉仕の心が必要となります。その上で、介護福祉士は高齢者や身体障害者に対しての温かい気持ちや思いやり、我慢強さが求められます。 一方、社会福祉士は、相手が抱えている問題や悩みを的確に読み取り、原因を追究する判断力や理解力が大切となるでしょう。いずれにしても、相手の立場になって真剣に考えることができる能力は欠かせません。

【求人サイト】とらばーゆ

とらばーゆでは、「介護福祉士・社会福祉士の求人一覧」というページがあります。

2017年9月8日時点の検索結果は82件となりました。

とらばーゆによる、職業説明「どんなお仕事?介護福祉士・社会福祉士」

福祉業界で必要とされている介護福祉士・社会福祉士

介護福祉士は、介護士やケアワーカーと呼ばれ、介護を必要とする人の生活を支える仕事です。日常生活に欠かせない食事や入浴介助、睡眠時の体位交換、車いすへの移動のサポートなど、要介護者の生活の質を上げる手伝いを行います。特別養護老人ホームや介護施設、身障者のための施設、児童福祉施設などで活躍しています。 社会福祉士は病気や障害、高齢などの理由で、日常の生活が困難になってしまった人の相談に乗り、適切な福祉サービスの紹介や医師への連絡、自立のための支援を行う調整が主な仕事です。医療施設でソーシャルワーカーとして従事するほか、障害者や高齢者のための福祉施設、生活困窮者のための施設などで広く人材が求められています。

専門知識と国家資格が必要な介護福祉士・社会福祉士

国家資格である介護福祉士になるためには二つの方法があります。短期大学や大学、専門学校などの介護福祉士養成施設で課程を修了するか、介護の実務を3年以上積み、介護福祉士国家試験に合格することが必要です。体が不自由で意思の伝達も難しい人の介護をすることが多いので、献身的な精神と高いコミュニケーション力を持つ人に向いています。 社会福祉士は、大学や社会福祉士の養成施設で必要な課程を修了、または、5年以上児童福祉司、身体障害者福祉司などの職務に従事するか、4年以上指定施設での実務経験を持ち、さらに養成施設の通信課程を修了して国家試験の受験資格を得ることができます。社会的に困窮している人に対する深い理解と、信頼関係が築ける人に向いている仕事です。

【求人サイト】indeed(インディード)

indeedでは、キーワード、勤務地を入力し求人を検索する欄があります。

キーワードに社会福祉士と入力した検索結果は2017年9月8日時点で11,632件となりました。ただ、この結果はサイトによりカテゴライズされているわけではなく、検索キーワードをヒットさせただけなので、他の2サイトとの求人数との比較を行うには妥当な数字ではないと言えます。 また、上記で勤務地を東京都と絞った結果は、1,776件となりました。

【求人サイト】GUPPY(グッピー)

GUPPY(グッピー)では、職種選択できる欄が用意されており、社会福祉士を選択した結果、「グッピー社会福祉士求人トップ… 社会福祉士の求人・転職・募集」というページに遷移します。

2017年9月8日時点の検索結果は3,667件となりました。

GUPPY(グッピー)による社会福祉士求人ニュース

上記ページの右側に、GUPPY(グッピー)による社会福祉士求人ニュースが掲載されています。過去のニュースを掲載しますので、参考として読んでみてください。 【ニュース】 社会福祉士国家試験対策アプリがリリースされました!! ★通学時間やちょっと空いた時間に! 電車の中や休み時間など、ちょっとした時間を利用すれば、あっという間に5年分の国家試験過去問をクリアすることができます。 お友達と一緒に競争したり、 付箋機能で苦手問題を集中対策出来るような機能もついて とっても便利なのに【完全無料】! 広告もないので画面も見やすく使いやすさバツグンです! 是非、社会福祉士を目指すみなさんグッピーのアプリで国試勉強がんばってください★

JASWHS(公益社団法人 日本医療社会福祉協会)

日本医療社会福祉協会は、保健医療分野で働くソーシャルワーカー(医療ソーシャルワーカー)や医療社会事業の普及・発展を支援する人々によって構成されている団体です。このページでは、以下のように求人情報を掲載しています。

2017年9月8日時点で186件の求人が掲載されています。

【社会福祉士】おすすめ求人サイト・給料の実態まで徹底紹介!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?この記事では、社会福祉士のおすすめ求人サイトから、給料の実態までを徹底紹介してきました。 少子高齢化が進むこのご時世ですので、求人はたくさんあります。一方で業界的には、高所得が望めない業界になっています。給与や待遇という点で選ぶよりは、やりがいや目標をもとにこの仕事を選ばれることをお勧めします。 この記事を読んで社会福祉士に興味を持たれた方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。