転職は資格があると有利!?30代からとるべき人気資格ランキング!

目次

30代の転職で生かせる資格ランキング1位:POPデザイナー

POPデザイナーの仕事は、就職や転職で、デザイナーという憧れの仕事を目指す方にとって、非常に有利な資格です。街の至る所にPOPデザインがあふれています。お店の外にある大きな広告もそうですし、お店の中をのぞいてみても、POPデザインがあふれています。このように、POPデザインを作成するPOPデザイナーは、いかにして顧客に注目させるかを考えて、文字や色、大きさや形などを工夫して作成する仕事になります。POPデザイナーは、デザイン関係に精通したセンス、スキルが必要ですから、20代で、デザインについていろいろな経験をされ、30代で転職をする方も多いです。

30代の転職で「ランキング1位のPOPデザイナー」の資格が生かせる理由

では、どうしてこのPOPデザイナーの資格は人気があるのでしょうか。結論から言いますと「手軽に取得できて、実用性が高い」からです。30代で転職を考えられる方にとってのメリットをご紹介します。 ・今の仕事で働きながらでも学ぶことができる ・転職先が広告業や印刷業と、幅広く、数多いスーパーや小売店などでも需要が多い ・POPデザイナーの資格は、一定のスキルを身に付けているので専門性が高く、履歴書や面接で評価されやすい 30代の転職では、なぜ前職を辞めたかという部分も聞かれます。そんな時にPOPデザイナーという肩書きは効力を発揮します。それは、幅広い職種で需要が多いからです。さらに、専門性の高い資格ですから、POPデザインについて、あなたなりの考えを持っていれば、面接での評価につながります。 さらに、いくら、デザインの能力を持っていても資格がないと履歴書や面接で不利になります。ですから、30代の転職では、POPデザインの資格が光ってくるのです。POPデザインの資格取得をされた方の体験談です。 『仕事柄POPデザイナーの方たちとお話をする機会があります。そんな機会にも、日本デザインプランナー協会のPOPデザイナーの資格が役に立ちます。優越感とまでは言いませんが、話の中身について自信を持って話すことができるということです。そんな中で新たな仕事をもらったり、「うちに来ないか。」とお誘いを受けることもあります。

30代の転職でランキング1位のPOPデザイナーの資格を取得するには

転職でぜひ、POPデザイナーの資格をと、考えられるならば、デザインに関係した資格を認定している日本デザインプランナー協会で資格を取得されることをおすすめします。この日本デザインプランナー協会では、建築模型や建築デザイン、WEBデザイン系の資格認定もしている団体です。実際に資格を取得された方は、次のような体験談をお持ちです。 『30代も半ばで、転職に踏み切りました。家族もいますので、これからの人生だいじょうぶかなという不安もありましたが、前職でアパレル関係のお店で働いていたこともあり、自分の得意とする美術系の勉強をして、転職に生かそうと思いました。 そんな時に出会ったのが、日本デザインプランナー協会のPOPデザイナーの資格です。地方に住んでいますので、自宅で受験申込みや受験ができる(インターネットのHPでできる)ということでしたので、挑戦し、無事資格取得ができました。転職のときには、30代という不利にも関わらず、資格欄に書いた「POPデザイナー」という資格に興味を持っていただきました。』 ある食料品のお店では、店長さんが自らのスキルアップのためにPOPデザイナーの資格を取得されています。30代という脂の乗り切ったときに、自らを高め、顧客獲得に生かそうという思いからです。 街中にはPOPデザインがあふれているといっても過言ではありません。その中には人を惹きつけるもの、そうでないもの、いろいろあります。ぜひ、POPデザインの資格を取得して、自分のPOPデザインを人がじっと見てくれている、売り上げが伸びたなどの嬉しい評価を30代の転職で掴み取ってください。

30代の転職で生かせる資格ランキング2位:CADデザインマスター

CADは、今では普通に使われているコンピューターを使った設計です。一昔前までは、手書きで行っていたのですが、CADの登場で、建築業界や不動産関係電気、土木という仕事が非常に楽になりました。ただ、CADのスキルは少し難しいです。図面や設計の時間短縮が図れる分、そのデザイン設計についてのスキルが必要になります。

30代の転職でランキング2位の「CADデザインマスター」の資格が生かせる理由

CADデザインマスターという資格は、それほど価値のある資格といえます。では、どうして30代の転職としておすすめしたいか、それは、CADデザインマスターの資格取得では、働きながら、少し時間をかけて取得してもらいたいからです。日本デザインプランナーが資格認定している資格で、CADデザインについてのオペレータとして活躍できます。 実際にCADデザインマスターの資格を取得された方は次のように言われています。 『何と言っても図面のやり直し作業が非常に楽になりました。今まで、それにかけていた時間のことを考えると、半減以上の時間短縮になっています。CADデザインマスターの資格取得で学んだ知識やスキルによって、図面の調整がスピーディーになったこともメリットだと思います。 また、計算が非常に楽です。計算は自動的に行ってくれるのです。20代で転職を考え、CADデザインと出会い、30代で「CADデザインマスター」の資格を武器に転職に成功しました。今の職場では、CADを操れる人間が私しかいないという現実もあります。ですから、部下に対して、CADのいろはを教えているというところです。』 経験を積んで、それを部下に広めていくという、30代で転職した仕事にやりがいを持っておられます。きっと一生の仕事になるのでしょう。 さて、30代の転職で不安なのが、パソコンはある程度はできるが、CADデザインマスターの勉強が自分に耐えられるかという現実です。建築模型を扱う仕事に関わったという、CADには初心者の方でも資格取得をされています。その方の体験談をご紹介します。 『私がCADデザインマスターの資格のことを知ったのは、建築模型を扱う会社の上司からです。建築模型も、一定の需要もあったのですが、むらがあり(暇なときは暇、仕事が来るとどっと忙しくなる)そろそろ転職を考えようかというときでした。「30代のあなたには、より需要の多いCADの勉強がおすすめ!どこに行ってもまだまだ資格を持っている人は少ないから転職でも絶対に有利になるよ。」と言ってくださいました。 そこで、CADについては初心者だったので、通信教育でCADデザインについて学び、資格取得し、この資格を生かして、30代で建築事務所に転職したのです。』

30代の転職でランキング2位のCADデザインマスターの資格を取得するためには

CADデザインマスターは、日本デザインプランナーが資格認定しています。通信教育ですと、かなり詳しいテキストが用意され、カリキュラムもしっかりと勉強ができるように学びやすくなっています。受験申込みや受験は在宅で可能です。 「初心者には難しい」と言われますが、時間をかけて勉強すれば可能です。20代のうちに勉強して、30代でこの資格を生かして転職するという流れをおすすめします。これからの時代だからこそ、需要の多いCADデザインマスターです。じっくり勉強して取得してください。

30代の転職で生かせる資格ランキング3位:ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、女性に限らず、ファッションに興味を持っておられる方なら、誰もが憧れる資格です。ただ、気をつけて欲しいことを先に言っておきますが、一流のファッションデザイナーになるためには、この資格取得だけでは及ばないということです。ここで言うファッションデザイナーは、30歳での転職でおすすめしたい内容になっています。 30代でファッションデザイナーの資格を取得するのは遅すぎるのではないかという声もあります。上述しましたが、一流を目指すのならば10代後半から20代前半で勉強を始めて欲しいです。しかし、30代でもファッションデザイナーとての独立は遅くありません。ファッションに興味があって、流行に乗って知識やスキルを持っておられる方におすすめです。

30代の転職でランキング3位の「ファッションデザイナー」の資格が生かせる理由

ファッションデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。アパレル業界でも人気のある資格で、多くの人が資格取得に挑戦しています。ある方は、子どものころからの憧れで、30代で資格を取得され、転職をして衣料関係で働いておられます。 『私の子どもの頃に、着せ替え人形が流行っていました。小学校卒業時の夢は「ファッションデザイナー」でしたが、思うようにはいかず、食品関係の仕事に就きました。ただ、ファッションへの興味は衰えず、洋服選びや自分でデザインをして楽しむという趣味を持っていました。自分のデザインしたものに似た洋服はないかと、一日かけて街へ出かけることもありました。 ある雑誌を見ていたときに、日本デザインプランナー協会が認定しているファッションデザイナーの資格があることを知り、さっそく通信教育で学びました。今私は30代…ファッションの世界に挑戦するにはもう遅いかなと思いつつも一生懸命学んだのです。勉強内容は私がイメージしていた以上に難しく、取得には苦労しましたが、新たな発見やファッションの動向など、興味を持って勉強できたことは大きいです。 資格取得を機に、転職をしてアパレル関係で働いています。資格を取得した今でもまだまだ勉強中です。私のデザインを認めてくださる方もいて、今にきっと、私のデザインが世に出ると信じてがんばっています。』 多くの方がファッションに興味を持っておられます。それを仕事にするという夢を現実にされた方もおられるのです。ファッションデザイナーの資格は、就職や転職でも高い評価を得て、多くの企業からデザイン関係の依頼があります。資格取得への道のりは険しいですが、少しでも興味を持っておられるのなら、ぜひ挑戦してください。

30代の転職でランキング3位のファッションデザイナーの資格を取得するためには

ファッションデザイナーになるためには、専門学校や通信教育で学びます。専門学校では、知識と共にスキルをじっくりと学ぶことができます。ただ、30代の転職で、働きながら資格取得を考えるなら、通信教育ということになります。通信教育でもきちんとしたカリキュラムの元、しっかりと知識やスキルを身に付けることができますので安心してください。 また、上述の日本デザインプランナー協会では、2ヶ月に一回の試験が実施されていますので、転職活動で忙しい中でもあせることはありません。ファッションデザイナーの資格認定試験の申込みはこの協会のHPから申込みができます。受験も在宅でできるというメリットもあります。 30代になっても、転職の面接で非常に高い評価を得ることのできる資格です。「ファッションデザイナーの資格を持っておられるのですね。」という採用担当者の声が聞こえます。ただ、その分、突っ込んで質問されますので、勉強したことの復習はしっかりとして置いてください。

30代の転職で生かせる資格ランキング4位:フラワーアレンジメント

最近、結婚式の様子が変わってきていますね。結婚式をぜひホテルで!ウエディングパーティーでいこうか、海の見えるガーデンがいいね、など、新郎新婦それぞれの個性が重視されて、それに応えようといろいろな形式での披露宴が行われています。そんな結婚式で欠かせないのが「お花」ですね。 フラワーアレンジメントデザイナーは、そんなお花を選択してアレンジして飾ります。お花に関しての知識と共にスキルを学んで、顧客に喜ばれるように、また、その場を華やかにできるようにします。有名になっていくと、あちらこちらのウエディング関係の会社から受注があります。30代になって活躍できる場を増やしたいのならば、フラワーアレンジメントデザイナーの資格を生かして転職されることをおすすめします。

30代の転職でランキング4位の「フラワーアレンジメントデザイナー」の資格が生かせる理由

30代で資格をとって、転職という形で講師活動をされている方がおられます。 『私は20代では、ウエディング関係の仕事をしていました。フロントを任されていてやりがいもありましたが、結婚、出産によって退職しました。復職もすすめられましたが、忙しいフロントはとてもやっていけないと思いました。そこで、結婚式場でも華やかで、私も興味がありましたので、フラワーアレンジメントデザイナーの資格取得に挑戦し、ちょうど30歳になったところで無事取得できたのです。 30代で子育てもしながら転職をすることはたいへんだと思っていましたが、働き方を考えることで可能です。講師活動です。初めは地域の中で始めました。子どもを保育所にあずける隙間時間を利用して行いました。講師活動をしている中で、口コミで広まり、自治体のカルチャースクールでも講師をしてくれないかというお誘いがありました。 今思いますと、30代だからできる仕事という感じです。私にとっては転職には勇気がいりましたが、多くの生徒さんを目の前にしていますと、フラワーアレンジメントデザイナーの資格を取得してよかったと感じています。』 フラワーアレンジメントデザイナーの資格は、日本デザインプランナー協会の認定試験を受験します。30代、40代でも転職を考えられるときにこの資格を取得される方が多いです。資格を取得して、いろいろな場で実践を重ねていく中で実力を付けていき、キャリアが広がるという感じです。 フリーランス(特定の団体などに所属しないで自分を売り込むこと)としての働き方もあります。フラワーアレンジメントデザイナーとしてフリーランスとして働くことができるようになるとどれぐらいの収入を得られるかご存知ですか。専属の結婚式場などでブライダルブーケのフラワーアレンジをすると、一本で15,000円以上にもなるのですよ。お花屋さんで働いていて、30代になってフリーランスとして働き始めた方をご紹介します。 『30代も半ば、お花屋さんに勤務していましたが、そろそろ将来の独立のことも考えて転職に踏み切りました。そんな時にフリーランス契約のお話がありました。お花にふれあったことも楽しい思い出ですが、フリーランスとしてあちらこちらから声がかかり、その場に応じたアレンジをして喜ばれることも嬉しいです。実益も多くほんとうにやりがいのある仕事だと思います。』

30代の転職でランキング4位のフラワーアレンジメントデザイナーの資格を取るためには

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定しています。花材の見分け方や用具の使い方、花の種類やケアの方法などの知識を学び、ウエディング関係のデザインやブリザードフラワーについても知識とスキルを身に付けていきます。30代の転職として資格を取得するなら、この資格がおすすめです。 受験申込みや受験については在宅で、インターネットでできますし、受験が2ヶ月に一回ありますので日程的にもありがたいです。 20代には、お友だちの結婚式などに呼ばれて、披露宴で華やいだフラワーアレンジを目にされていることでしょう。30代になって、転職を考えておられる方で、その美しさに魅されている方は、自分だけのアレンジを作ってみませんか。人に感動を与える仕事としておすすめです。

30代の転職で生かせる資格ランキング5位:カラーセラピー

色を使った心理療法ってご存知ですか。色が人に与える影響が注目され、カラーセラピーという資格があります。カラーセラピーになると、色を使った心理療法を専門的に行うことができ、介護施設や職場において、ストレスのどに悩む人のために役に立つことができます。色の選択によって人の心も体も元気にすることができるのです。

30代の転職でランキング5位の「カラーセラピー」の資格が生かせる理由

カラーセラピーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が資格認定しています。この協会は、心理関係の分野の資格をいくつか認定していますので、30代の転職においても価値ある資格といえます。この資格は、30代で転職を考える方で男女関係なく取得しておられます。癒しの資格として注目されているカラーセラピーの資格取得された方をご紹介します。 『私は、介護施設に勤務しています。20代の時には、アパレル関係の仕事をしていましたが、考えるとことがあって30代で転職することにしました。20代後半のときに、ある雑誌で「人のために働きませんか」という記事を目にして、介護施設を選択したのですが、介護施設で働くならカラーセラピストになっておけば仕事に生かすことができるということにも興味を持って資格を取得しました。 カラーセラピストは、男性感覚と女性感覚でも違いがあり、施設におられる方のために生かしています。その一部をご紹介します。セラピーを受ける方が選ばれる色によって、その方の今の心理状態がわかるのです。それによって、私がお話を聞いてあげたり、アドバイスをしたりしていきます。また、施設の方と話し合って、お部屋の模様替えもしています。 「お部屋で強調する色」があるのです。そんな提案をしていくという重要な役割だと思っています。「最近気分が良くなって…」「このブルーはすごく落ち着きます」などの感想をいただき、カラーセラピストになってよかったと感じています。』 30代になった女性は、転職としてファッション関係のお仕事を考えられる方も多いです。そんな時に、カラーセラピーの資格が役に立ちます。いろいろな方に、お洋服を提案させていただくときに、上下の色合いも含めてご相談に生かすようにしています。いろいろとお客差もの相談にのっていると、この方にはこの色あいをおすすめしようという思いになります。

30代の転職でランキング5位のカラーセラピーの資格を取得するためには

カラーセラピーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が資格認定しています。在宅でインターネットでの受験申込みや受験ができるというメリットがあります。勉強方法は、独学でされている方もいますし、通信教育で学ばれている方もおられます。30代までに独学で少しずつ勉強をしていくことをおすすめします。 お家にある観葉植物の緑色も、普段はなんでもないのに、時として心を和ませてくれるものです。また、日常の生活において仕事に出かける際に、今日は何色で決めていこうかと思うものでしょう。今のあなたは何色?その色があなたにとって今の心を癒してくれる色になります。色の効果は想像以上ですよ。20代の人生経験を経た今、30代というタイミングでぜひ取得して転職に生かしてください。

ランキングに見る30代の転職で取得すると有利な資格 まとめ

30代での転職では、20代である程度の経験を積んだことを生かすことのできることが大切になります。まず30代の転職では、今の仕事でがんばる自分を高めるためにスキルアップですね。また、30代の転職になると、家族を持っている場合が多くありますので、その仕事である程度は生計を立てるという決心も必要になるでしょう。 ご紹介しましたPOPデザイナー、CADデザインマスター、ファッションデザイナー、フラワーアレンジメント、カラーセラピーの資格には、30代で転職を考えるあなたにとって共通する魅力があります。それは、これからの時代だからこそ役に立つ資格だからです。資格取得にあたっては、強い決心、思いを持って臨んでください。