経理・事務が取るべき資格はコレだ!転職で有利なおすすめの資格一覧

経理・事務職への転職・就職のために何が必要なのか? 特に経理は専門的な知識が必須だというイメージがあります。まず、経理と事務それぞれがどういう仕事なのか、というところから順に確認していくことで、転職に有利となる準備を進めることができます。

経理職への就職・転職に向けてのはじめの第一歩。 まずは、どういう業務内容かを再確認してみましょう。

■経理の業務内容
主に出納と会計のふたつが軸になります。それ以外に、それぞれの付随業務があります。 入出金の管理、伝票整理・帳簿管理、また決算表・貸借対照表の作成も経理業務のひとつです。

■資格は必須ではない
これからご紹介する資格があったほうが有利ではありますが、基本的なパソコンスキルと一般常識・ビジネスマナーがあれば企業での経理職に就くことは可能です。

事務というお仕事

経理と同じく、どの企業にも必ず必要となる事務職。 具体的にはどういう業務内容があるのでしょうか。

■事務の業務内容
簡単に言うと、全業務が円滑に進むようにベースで支えとなる作業全般が事務です。パソコンを使った資料作成や集計業務、受付や電話対応、庶務、あらゆる作業を担当することが多いです。

■資格は必須ではない
業務を進める上で、役立つスキル・資格は多くありますが、経理職と同じく必須となる資格はありません。だからこそ、転職の際に有利になるものを知っておくことをおすすめします。

経理におすすめの資格一覧

簿記

経理といえば、まずこの資格と言えるでしょう。

簿記とは、日本商工会議所の定義によると「企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能」とあります。
つまり、経理業務そのものです。 簿記の資格には大きく2つの系統があり、日商といわれる「日本商工会議所」主催の簿記資格と、全商といわれる「全国商業高等学校協会」主催の簿記資格があります。 大学生や一般社会人を対象としているのは日商の簿記資格です(全商は商業学校の学生向けの資格です)。

ここでは、日商簿記資格の詳細をご紹介します。 まず、日商簿記検定試験には初級・1~3級があり、1級が最上級です。
(株)リクルートキャリア社によると、日商簿記2級は「企業が応募者に求める資格ランキングトップ10」の1位ということでその注目度が理解できます。 今後、公認会計士や税理士といった国家資格取得を目指しているのであれば、1級が必要となりますが、企業での経理職に就くという意味では2級を取得することで十分有利になります。 2級合格率が47%と言われているので、独学でも合格は可能と思われます。 今後のキャリアップをふまえて、最初の一歩としておすすめの資格です。

BATIC(国際会計検定)

外資系企業への転職を考えている方に特におすすめなのが、BATIC(国際会計検定)です。
まだそこまで聞きなじみはないかもしれませんが、企業の海外進出や国際化が進む中で、今後の転職市場では有利になることは間違いありません。

東京商工会議所のホームページには「グローバルなビジネスシーンに不可欠な英語力と国際会計スキルを同時に測る検定試験」と書かれています。 問題内容は、「英文会計」と「国際会計理論」で構成されており、これからのビジネスシーンでは重宝される資格だと思われます。 BATICは級ではなく、4つのレベルに認定されるという評価基準です。日商簿記2級取得者が次のステップとして受験する割合が多いとされているので、併せての取得はより有利になるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

経理職もしくは企業によっては総務部に関連する保険・年金関連の知識や企業の財務関連のプランニングに関する知識を証明する資格としておすすめするのが、国家資格でもあるFP技能検定(ファイナンシャル・プランニング技能検定)です。

この検定に合格した場合、ファイナンシャル・プランニング技能士を名乗ることができます。 民間検定として、AFP(Affiliated Financial Planner)と、CFP(Certified Financial Planner)の2つのタイプがあります。この2つは、先述のFP技能検定を取得後にファイナンシャルプランナーとしての技能経験を積んでから受験するものなので、受験要項をよく確認する必要があります。

事務におすすめの資格一覧

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

事務職にとって不可欠ともいえるのが、パソコンスキルです。 そのスキルを証明できる資格としておすすめするのが、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。 MOS公式サイトによると「エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格」とあります。またこの資格は、国際資格なので、世界中で通用するものという意味でもとても有利です。

秘書検定

資料作成やファイリングなどの作業に併せて、事務職が必要とする大切なスキルとして受付・電話対応などの対人スキルが挙げられます。 そのスキルを証明するものとして、秘書検定は有効な資格です。 秘書という職務に特化した知識だけではなく、経済用語などを含む一般知識・マナー・ビジネスの場で必要な文書、ファイリング、事務用品、会議などについての初歩的な知識や用語、またオフィスの環境整備について常識的なことも知識として習得している必要があり、このようなものは確実に一般事務職に必要となるものです。

TOEIC

最近では大学入試にもそのスコアが認められ、就職時には外資系のみならず多くの企業で問われるようになった資格のひとつがTOEICです。 「英語コミュニケーション能力を公平公正に評価する世界共通の基準」として、英語力を証明する資格としておすすめです。 スコアでの評価となっており、企業によってスコアの基準を設けています。転職先・就職先の事業を確認し、目標スコアを設定することをおすすめします。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、宅地または建物の売買、貸借の契約が成立するまでの間に重要事項の説明などを宅地建物取引業者(いわゆる不動産会社)に対して行う国家資格です。 一般企業の事務職には直接的な関係はないかもしれませんが、不動産関連の業種であれば、転職の際にかなり有利になります。 民法の知識も身につくので、キャリアアップに役立つでしょう。

医療事務検定

近年需要が増えてきている事務として、医療事務が挙げられます。 資格が必須というわけではありませんが、医療事務への転職をする上でもとても有利になります。 一般企業に比べて、医療機関の数は安定しているという点でも、これからの時代ではおすすめの資格のひとつです。

簿記

経理におすすめとしても挙げた簿記は、近年では事務職への転職でもとても有利になるといわれています。 部署として、人事・総務・経理がひとつになっている場合もあるので、事務を検討しているのであれば、取得の価値があります。 詳細は、経理におすすめの資格一覧中の「簿記」をご覧ください。

企業が求める資格一覧(経理・事務を含む全職種対象)

 

出典:www.r-agent.com

今回は経理・事務に特化したおすすめ資格を一覧にしましたが、転職サイトでまとめられた企業が求める資格から自分の目指すものを検討するのも、キャリアアップに繋がるのではないでしょうか。 その資格が国家資格なのか民間のものなのか、知名度なども併せて確認することで、履歴書に記載して採用担当者の目に留まるものなのか予想できると思います。

必須ではないからこそ経理・事務職には幅広い資格が有利

全ての企業で必要とされる経理と事務。 ポジションとしての絶対数は多いといえども、転職・就職を考えるのであれば確実に自分自身のキャリアプランをまず考え、自分自身の「市場価値」を上げるための資格選びが重要です。 転職に有利になる資格を一覧化すると同時に、一度転職の目的を一覧にしてみるのも役立つのではないでしょうか。 必須ではないからこそ、取得することで有利になる資格。 この機会に、自分に必要な資格探しをしてみましょう。