【在宅でできる副業】在宅でできる副業〜スマホでできるお小遣い副業までご紹介

目次

在宅での副業とは?

外に働きに出なくても、家の中で出来る仕事を在宅ワークと言います。そして、それ専業ということではなく、家事や本業の傍らで従事することを副業と言います。つまり、空き時間に家の中でできる小遣い稼ぎということです。要は内職ですが、昔は内職と言うとシール貼りなど、手作業で何かを作る仕事が中心でした。しかしスマホやネットが浸透したことで、できる仕事の種類が増えたのです。 在宅での副業は外に出る必要がないので、特に子育て中のママには人気です。自分の好きな時間が使えるので、仕事から帰って寝るまでの時間や、土日に家庭サービスをしながら小遣いを稼ぎたいサラリーマンにも人気です。種類によっては、やり方次第で小遣い以上の金額を稼げたり、それが本業になってしまうケースもゼロではありません。

在宅で出来る副業①アンケート

アンケートでできる副業とは?

アンケートでの副業は、そのままスバリ、アンケートに答える副業です。報酬は高くはありませんが、誰にでもできて、やればやるだけ確実にお金になります。かつてはパソコンで答える事も多かったのですが、今はスマホが普及したので、文字通り、いつでも何処でもできるようになりました。

アンケートを在宅副業するために必要なものやスキル

アンケートでの副業に必要なことは、アンケートに答えることだけですので、特に必要なものはありません。スマホがあり、ネットにアクセスできる環境があれば大丈夫です。 強いて言うと、ひたすら質問に答えていく作業ですので、地道に、誠実に、答えることができる人が向いています。

アンケートで在宅副業した時の単価や収入の目安

アンケートでの副業は基本的に単価が安いので、復数のアンケートサイトに登録して、数をこなしていくことが必要です。 単価としては、数分で終わる簡単な選択式のアンケートは10〜20円。筆記項目があったり、数日以上かかったり、具体的な商品を実際に試して感想を書くようなパターンでは、次第に単価が上がっていきます。 このように、誰でも出来て簡単な代わりに、大きく稼ぐことには向いていません。1ヶ月で10,000~20,000円程度を目標にしてみてください。それでもテレビや漫画、SNSをスマホで何時間見てもゼロ円ですから、取り組んでみる価値はあります。月1万5千円としても年間では20万円近くになります。スキマ時間を使ったお小遣い稼ぎとして、楽しみながら進めましょう。

おすすめサイト

単価の安いアンケートで収入を増やすには、スマホで多くのアンケートサイトに登録することが大切です。

・infoQ(インフォキュー) 上場企業のGMOグループで、アンケートサービスの中でも最大規模を誇るので、安心して使えます。

・マクロミル 安心の大手サイトです。アンケートの数も多く、種類も豊富です。1ポイント=1円のポイント換金率で分かりやすいのも特長です。

・楽天リサーチ 名前の通り楽天グループです。楽天の利用者や楽天カードを持っているとポイントがお得になります。

・ランサーズ 日本最大級のクラウドソーシングサービスで、アンケートの仕事も豊富にあります。単純なアンケート以外にライティングの仕事も多数あり。

・クラウドワークス ランサーズと共に日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

在宅で出来る副業②写真販売

写真販売でできる副業とは?

自分が撮影した写真を提供して代価を頂くサービスです。今や誰もが写真をInstagramやFacebook、Twitterなどに投稿する時代です。それをフリー素材としてサイトに登録することで、利用に応じた報酬を得ることができます。かつては高級はカメラが必要でしたが、最近ではスマホで撮った写真でもOKをしてもらえるサイトも出てきましたので、誰もが販売側になることができます。また写真によっては室内で撮れるものもありますので、そうなるとスマホやカメラを持って外に出かけることもなく、完全に在宅で完結させることも可能です。 ただ、誰でも登録できるためにライバルも多く、また既に登録されている写真と似たようなものは審査で却下される可能性もあります。

写真販売を在宅副業するために必要なものやスキル

販売する写真を撮影するのに、プロ並みの高級カメラは必要ありません。最も安いタイプのデジタル一眼があれば十分です。また最近はスマホのカメラも画質が上がったことから、一部のサービスではスマホで撮った写真でもOKするようになってきました(審査はあります)。 必要なのは機材よりも、必要とされる写真を撮ることです。SNSでは見た目のいい料理やスイーツにいいねがたくさん付きますが、写真販売の場ではそうした写真にほとんどニーズはありません。ネットで使われる写真の多くは、WEBサイトやチラシや広告で使われるイメージ写真です。余白に文字を入れて使ったり、喜怒哀楽を表現したり、仕事や家庭のワンシーンだったり、季節の節目を彩る写真が好まれます。

写真販売で在宅副業した時の単価や収入の目安

写真販売サイトによって報酬額は異なります。高いけれど数が出にくいサイトや、安いけれど数は出るサイト、またサイトによって売れる分野にも差があるので、いくつか登録して様子を見ると良いでしょう。 各サイトで最も報酬の高い人は月に数十万円を得ていますが、これはほとんどプロのレベルですので、まずは1万円程度を目標にしましょう。写真販売サイトは、登録する写真を増やすことが大切なので初期は我慢が必要です。その代わり一度登録したら後は手間がかかりませんので、果報は寝て待て状態となります。

おすすめサイト

・PIXTA 日本に本社を持つ、2006年創業の最大手の写真販売サイトです。プロも対象にやや高めの販売価格を取っているので売れれば報酬が期待できますが、その分ライバルも多いと言えます。

・fotolia 2005年に米国で創業された写真販売サイトで、現在は画像加工ソフトのフォトショップなどを開発するアドビの傘下に入っています。日本語サイトに加えて、米国など世界に向けて写真を販売することが出来ます。

・Shutterstock 2003年に米国で創業された写真販売サイトで、業界で初めて「固定料金で画像を使い放題サービス」を始めたサービスです。また写真以外に動画や音楽も扱っています。写真の審査は厳し目となっています。

在宅で出来る副業③シール貼り

シール貼りでできる副業とは?

商品に、ラベルや値札、識別やPRのシールなどを貼るのがシール貼りの副業です。日々売られていく商品は無数にありますので、シール貼りは昔から安定した小遣い稼ぎの内職として人気があります。サイズが大きいものは倉庫にアルバイトを集めてシール貼りの作業をしますが、サイズが小さく点数の大きなものは場所や時間を節約するために、在宅に回すことが多くなるのです。 倉庫に集まって作業する場合、商品がそこにあるのですぐにシール貼りが出来ますが、在宅の場合は、商品の受け渡しをしてからシール貼りを行い、それをまた引き渡すという手間が生じます。直接倉庫で手渡しする場合は、そこで外出する手間が出ますので、完全に在宅でやりたい場合は、郵送などが使えるかどうか確認することが必要となります。また、シール貼りは納期が決まっていることが一般的です、小遣い稼ぎの内職とはいえ、締切までに終わらせるよう、予定をしっかり遵守することも必要です。

シール貼りを在宅副業するために必要なものやスキル

シール貼りは手作業でできる小遣い稼ぎの内職です。パソコンを持っている必要はありません。サイトでの応募にスマホが必要なくらいです。 あとはひたすらコツコツ貼って行く耐久力と、まっすぐ貼る几帳面さが求められます。例えばシール貼り作業の中には、封筒に宛名のシールを貼ったり、DVDやCDのディスクやパッケージに商品シールを貼るという作業もあります。これらのシール貼りは、所定の位置にピッタリと真っ直ぐに貼る必要があります。 バーコードのシール貼りなどは、そこまで厳密でなくてもいいのですが、それでもシワがよったりすると読めなくなってしまうので、最低限の丁寧さは必要です。 また商品をシールを広げる作業スペースも確保しなくてはなりません。数百単位の商品をシールを並べてシール貼りをしていきますので、それに相応しい面積と、続けるうちに体が痛くなったりします。小遣い稼ぎの内職で体を壊しては元も子もないので、負担の少ない椅子やテーブルも用意しましょう。

シール貼りで在宅副業した時の単価や収入の目安

シール貼りの単価は、正確さや貼りやすさにもよりますが、概ねシール一枚で1円です。時間にすると100円〜150円が目安となります。 ここだけ見ると小遣いの内職としては安いですが、同じ作業を繰り返すことでスピードや正確性が上がっていきます。また単純作業は、慣れると苦痛なストレスは意外にかからず、寧ろストレス解消になる事もありえます。 1日2時間程度を当てれば、月に1万円、年で12万円になります。そう考えると、小遣い稼ぎの内職としてもアリではないでしょうか?疲れたらアンケートサイトをやるなど、他の副業と組み合わせることが簡単なのも、単純作業のメリットです。

おすすめサイト

在宅でシール貼りの内職をする場合、一般のアルバイトの求人サイトで情報を得るのが手早い方法です。 シール貼りは、倉庫で商品を預かる会社が出荷前にを行うケースが多く、それを在宅で内職したい人に任せる時に、アルバイトの求人サイトに情報が掲載されます。アルバイトの求人サイトは掲載数が多いので、詳細検索の中で「在宅OK」を選択して探してみましょう。

在宅で出来る副業④メルカリ

メルカリでできる副業とは?

メルカリはスマホでできるフリーマケットのアプリです。自分が持っている不用品を誰でも簡単に売ることが出来るので、小遣い稼ぎの内職としてうってつけです。不用品ということは元手がタダですので、売れた分だけ儲かることになります。特にファッション関連は関心度が高いので、着なくなった服を売ることができれば、家もスッキリとして一石二鳥です。また、これを一歩進めれば、安く商品を仕入れて、高く売るということも可能です。 これまでネットの売買サービスに出品するのは、手間がかかったりPCがあった方がスムーズだったため、一部の人に留まっていました。しかしメルカリはスマホがあればそれで完結でき、何より手間が簡単なために、多くの人に広がっています。 メルカリでは、ファッション、小物、漫画、雑貨、家電など、殆どのジャンルの商品が出品できます。またスマホを使うので若い人向けのものがよく売れます。そして、オークションと違い、自分で設定した金額に注文が入るので、買いたい人がいれば一発で決まるスピード感が小遣い稼ぎの内職としても魅力です。

メルカリを在宅副業するために必要なものやスキル

基本的にスマホと売るための不用品があれば、あとは何もなくても構いません。アプリを立ち上げて、スマホで写真を撮って説明と値段を付けるだけ。後は買い手が現れるのを待つだけです。 強いていうと、その写真や説明にはある程度のコツが必要になります。写真は復数掲載できるので、色んな角度から綺麗に撮ったり、色や明るさを加工で改善することも大事です。また検索や一瞬の印象のためにタイトルも大事です。商品名やブランド名を分かりやすく入れるようにしましょう。そこは小遣い稼ぎの内職と言っても販売に関わることなので大事です。 ですが、不用品はいつかは尽きてしまいますので、そのままでは時々お小遣いは稼げても、毎月確実に収入のある副業にはなりません。一歩進めて「安く仕入れて高く売る」ことを目指すなら、仕入れについても嗅覚が必要となります。 仕入れ先は近所のお店でもいいし、特定のサイトでも構いません。特定の趣味があれば中古のお店やネットで「これがこんなに安いなんてあり得ない」と気付くこともあるでしょう。また明らかに欲しい人が多い限定グッズなどは高く売れる可能性も高くなります。そうした商品をネットの中で探していけば、限りなく在宅のみで出来る副業となります。

メルカリで在宅副業した時の単価や収入の目安

メルカリはアプリを使って売買をします。出品の時点ではお金はかかりません。売れた場合のみ10%の販売手数料が発生しますが、代金から引かれて入金されるので、あなたが払うお金は最後までゼロ円です。 メルカリは若い女性が多いサービスなので、売れるものも10代~20代向けの商品が多く、その多くは小物やファッションです。また、漫画やゲームなども人気です。そして若者世代はあまりお金に余裕がないので、価格帯は安めになります。売れ筋のものを多く出すのがセオリーです。 本業レベルでメルカリを使っている人は月に100万以上を売っていますが、小遣い稼ぎの内職としてやるのであれば、商品にもよりますが、週に500円程度の商品を20〜30点出品し、月に100点で売上5万円、原価を引いて2〜3万円を目指してみるといいでしょう。

おすすめサイト

在宅で出来る副業⑤ライター

ライターでできる副業とは?

インターネットが出来る前は、ライターと言えば紙の書籍や雑誌に記事を書く人のことで、副業と言われるようなものではありませんでした。しかしWEBサイトが大量に生まれたことで、必要な原稿の量が増大し、また書かれる内容も多岐に渡るようになったため、ライターに対する需要が広がり、在宅でできる副業にもなってきたのです。 そうしたライターに求められるテーマは、軽い所では、何かのサービスを使った感想や、人生上の経験の感想文などがあります。これらは誰にでも書けるテーマですが、中身は自分にしか書けない文章となります。そうした仕事から始めていくと自分の実績になりますし、文章の書き方の練習になります。また、お店や観光地の情報や、芸能人の情報をまとめる仕事もあります。 このように多くのジャンルがあるので得意な分野を選んでもいいし、経験を積むために敢えて色んなジャンルに挑戦してもいいでしょう。

ライターを在宅副業するために必要なものやスキル

ライターとして副業をするにあたって、特殊な資格や能力はいりません。もちろん、日本語が正しく書けることは前提ですが、何度も校正や校閲を重ねて完璧にする必要がないケースも多く、新鮮な情報を出来るだけ早く、というニーズもあります。ただ、紙の書籍や雑誌と違い、WEB用の原稿にはキーワードを意識した特有の書き方があるため、上級者を目指すようであれば、そうした知識も身につけておく方がいいでしょう。 また、原稿を書くうえでパソコンはあった方がいいと言えます。スマホだけでも不可能ではありませんが、作業をしたり納品する上で、Wordなどの文章作成ソフトや入力用の専用ツールを使うことが多いからです。また原稿だけでなく、サイトに使う画像を求められることもあり、そうした場合はパソコンの画面の方が効率がいいからです。

ライターで在宅副業した時の単価や収入の目安

報酬額は文字数で決まる事が多く、スタート価格は概ね0.5円が提示され、その後で仕事の量や質を見て、アップしていくことが多くなっています。経験者の場合は、0.7〜1円で始まることもあります。また実績が増えると個別にスカウトが来ることもあります。但し、仕事の仲介サービスを使うと20%の手数料を引かれてしまいます。 原稿を書くスピードは、経験から自由に書けるテーマと、いちいち調べる場合で変わってきますが、1時間に1000文字程度は無理のない所でしょう。その場合、1文字1円だと、手数料を引かれて時給800円となります。実際には、原稿を書く前に情報を調べたり、原稿や画像を専用の入力画面に登録する作業が入るので、それより下がってしまいますが、往復の時間や交通費が不要な在宅副業ならば、十分稼げるレベルとなります。しかし0.5円ですと時給400円となってしまいます。単価が安い場合は、書くスピードがより重要となってきます。

おすすめサイト

ライターの仕事はクラウドソーシングサービスで見つけることが一般です。そこで経験を積んだら、自分の得意なテーマでメディアを運用しているサイトに直接営業をかけてもいいかもしれません。

・クラウドワークス 日本最大級のクラウドソーシングサービスで、ライターの仕事も豊富にあります。通常の受注型の他、事前の審査なしに誰でもその場で書いて報酬を貰える自由参加型の案件もあります。

・ランサーズ クラウドワークスと共に日本最大級のクラウドソーシングサービスです。クラウドワークスと合わせて登録しておくことで仕事発見のロスを避けることが出来ます。

在宅で出来る副業⑥YouTuber

YouTubeでできる副業とは?

最近、何かと話題のYouTuber。内職よりも圧倒的に華やかなイメージですが、YouTuberでできる副業とは、普段なにげなく見ているYouTubeの動画に広告を貼って稼ぐモデルです。動画さえ撮ってしまえば、後は全て在宅で作業が可能。撮影も室内で行えば、完全に在宅のみで小遣い稼ぎをすることが出来ます。 YouTuberとは、要は一人でテレビ番組を作るようなもの。ビデオで動画を撮影し、動画編集ソフトを使って、切り貼りや音楽などを入れて編集し、それをYouTubeにアップします。かつては撮影のためにビデオカメラなどの機材が必要でしたが、今やスマホがあれば、すぐに動画が撮れて、編集まで出来る時代になったため、誰でもできる小遣い稼ぎとして関心が集まっているのです。

YouTubeを在宅副業するために必要なものやスキル

今はスマホで撮影から編集まで可能なので、基本的には、スマホと動画をアップできるだけの通信環境があれば大丈夫です。ただ、作業負荷や通信環境を考えると、編集からアップまでパソコンでできればベストです。 YouTubeには誰でも動画をアップできますが、同様に、手続きをすれば誰でも広告を付けることが出来ます。そこで何か特別な審査があるわけでもなく、個人であっても問題ありません。YouTuberになるのは非常に簡単だと言えます。 但し、YouTubeでの報酬は動画の再生回数に大きく依存するので、ただアップしただけでは収入になりません。動画を作る際に、ジャンルや内容、作り方などの方針を立てて、多くの人の注目を集める動画にしていく必要があります。 再生回数を増やすために、自分の動画の表示回数が増える工夫や、視聴者のコメントに対する返信などをしていくことは必要になってきます。

YouTubeで在宅副業した時の単価や収入の目安

YouTubeによる収入は、基本的には動画の再生回数によって決まってきます。状況によってかなり差が出て来るようですが、1再生あたりの報酬は概ね0.1円〜0.2円と言われています(正確な数字がYouTube側から示されていないためYouTuberの経験から算出された数字です)。 0.1円の場合、100回の再生で10円、1万回の再生で1000円、100万回の再生で10万円となります。再生回数が数百回レベルの動画も多いことから、そうそう簡単には稼げないモデルだと分かります。しかし、アップした動画の中で1つでもヒット作が出れば、数万円〜数十万円。そこから他の動画に波及すれば、さらに報酬の総額は上がります。 そうした一攫千金的なチャンスを狙いつつ、多くの動画から少しずつ収益を積み上げ、ファンを作ることで毎回固定的に再生される回数を確保する。これがYouTuberの基本です。

おすすめサイト

まずは試しに始めることから!

いかがだったでしょうか?自宅で可能な小遣い稼ぎができる内職をご紹介してきましたが、いずれも始めるにあたって、特別な機材や能力、資金などが不要なものばかりです。仮にうまく行かなかったとしても大きなリスクはありませんし、スキマ時間で実行することも可能です。しかしやらねければ、当然成果は得られません。自分ができそうなものから始めてみましょう。