行政書士の気になる年収は?平均年収~副業のケースまで一挙ご紹介!

キャリア/就活

まず、行政書士の年収や副業について話す前に、行政書士とは何か!?について説明したいと思います。

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格に合格した資格保有者のことです。クライアントの依頼を受けて、官公庁に提出する許認可等の申請書類の作成及び提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。

ちなみに行政書士法は昭和26年2月22日に施工されています。行政において福祉行政が重要視されるようになってから、国民の生活と行政は多くの面で関連を持つようになりました。その結果、国民が官公庁に書類を提出する機会が増え、また行政の手続きもますます複雑化している中で、行政と国民をつなぐ重要な役割を果たすのが行政書士です。

官公庁に提出する書類を速く、的確に作成することにより、国民の権利が守られ、また、行政においても手続きがスムーズに進むことにより、両者に利益をもたらすことができる、きわめて社会性の高い職業と言えることができます。

行政書士の年収はどのくらい?

行政書士といっても、その年収はさまざまです。年収1億円以上の人もいれば、年収100万円程度の人もいます。

その点を踏まえ、平均年収について言及すると、行政書士の平均年収はおよそ600万円と言われています。雇われ行政書士の場合は、300万円前後とかなりの低い年収となっているようです。

雇われ行政書士は将来、独立開業したときのために、雇われながら経験を積んでいる人が多いようです。

独立した個人の行政書士の年収はピンキリで、それこそ0円から1億円となっています。行政書士の仕事は、待っていても勝手にやってこないので、自分から営業やマーケティングを行い、顧客を集める必要があります。

行政書士の年収アンケート結果

ちなみに、行政書士の会報「月刊 日本行政」というもので行われた過去のアンケートでは、以下のような結果が出ています。

<回答者の業務歴>
5年未満:27.9%
10年未満:16.2%
15年未満:11.9%
20年未満:8.9%
20年以上:34.4%
未回答:0.8%

<回答者の年間売上>
500万円未満:75.9%
1000万未満:11.0%
2000万円未満:5.9%
3000万円未満:1.8%
4000万円未満:0.8%
5000万円未満:0.8%
1億円未満:0.7%
1億円以上:0.1%
未回答:4.1%

行政書士は食えない?

よく、行政書士は食えないと聞きますよね!?本当に行政書士は食えないのでしょうか!?その点について、解説したいと思います。

行政書士は、日本最難関と言われている試験の、司法書士試験に比べれば比較的簡単だと言われています。
(※資格をとっていない人たちが気軽に簡単だというのは行政書士の方に失礼ですので表現には注意しましょう。)

そのため、他の士業に比べれば、仕事に対して登録者数が飽和状態にあると言えます。弁護士ですら、そのように言われている時代ですので、この点はご納得いただけるかと思います。

それでは、行政書士は食えないと言われる原因は、いったいなんでしょうか?行政書士が食えない原因は、以下の通りです。

<行政書士が食えない原因>
①雇われている間は年収300万円の薄給で働かなくてはならない。
②独立しても最初は仕事がなく、平均年収の600万円にたどり着くことが簡単ではない。

行政書士は食えない?の理由分析①

では、それぞれについて理由を分析していきます。1点目の雇われ行政書士については、純粋にお給料制で、給料が低いということが原因です。行政書士になる方は、雇われる場合は、給料が低いと言うことを覚悟してなられたほうが良いでしょう。

それでも、行政書士という仕事において、実績を持っていない人は、信頼がなく誰も頼みたくはないので、最初は自分自身のスキルアップや、人脈づくりを兼ねて、雇われながらノウハウを蓄積される方が多いのです。

行政書士は食えない!?の理由分析②

そうして、行政書士としての実力がついたところで、独立開業を行います。そこで、起こるのが2点目の「仕事がない」です。こちらも当然かと思います。行政書士というビジネスで既にバリバリやっている先輩たちのところに、すでに多くの仕事が舞い込んでおり、彼らは実績をあげ、評判を得ています。そのプラスのサイクルに乗っているので、次々によい仕事が舞い込むのです。

つまり、上記の点から出される結論としては、「行政書士として、独立し、実績をあげ、評判を得るまでは食えない!」ということなのです。これは、当然のことですよね。他のビジネスにおいても最初は、もちろん食っていくことはできないのです。行政書士として、営業やマーケティングを行い、小さな仕事を積み重ねて、信頼を得て、お客様を獲得していくのです。

さらに、行政書士を初めて利用する人などは知人にオススメを聞いたりするので、紹介が多いのも、このビジネスの特徴です。そのため、目の前の仕事に一生懸命に取り組み、お客様に満足してもらうという地道な積み重ねが、行政書士という仕事で大成するための、基本的戦略となります。

行政書士を副業で行う際の注意点!

最近は、サラリーマンが行政書士を副業で行うというような話題を耳にすることも増えてきました。実際に、この記事を読んでいる人も、最初は副業で始めて、うまく行きそうだったら会社をやめようと考えている人もいるかもしれません。それでは、行政書士を副業で行う際の注意点を説明していきます。

まず、行政書士を行う際に気をつけなければならないことは、平日昼間の稼働時間についてです。いきなり、高いハードルが出てきましたが、行政書士はお客様と行政との窓口となるので、どうしても平日昼間に行政への問い合わせや、書類手続きを行わなければいけないことがあります。

この点をまず、自分で確認しておく必要があるでしょう。書類の作成は、土日の昼間にする。電話問合せ等は昼休みを利用する。書類の提出は、営業に行った帰りに行う。など戦略を立てておく必要があります。とはいっても、これらの問題については、対処法があるかもしれないので、いきなりこの点を理由にあきらめる必要はないかと思います。

次は、ずばり副業禁止の有無ですよね!副業については、認めるようになってきている会社が増えていますが、現実問題として、会社の就業規則で副業を禁止しているところが多数あります。もし、会社が副業を禁止している場合は、副業の発覚が解雇につながるリスクがあるので、行政書士を副業で行うことは難しいでしょう。

後は、実際に副業で行政書士を行うということは、行政書士のスキルを磨く時間が限定され、専門で行っている人と比べると、成長が遅いことや、クライアントから信頼してもらえないリスクががあります。副業で行政書士を考えている方は、これらの点に注意して頂ければと思います。

行政書士が行う副業とは?

さて、別の観点から行政書士の副業について説明します。行政書士で成功している人には、その他で副業を持っている人が多いです。

これは、なぜかと言うと、行政書士として独立開業し、成功した人たちというのは、ビジネスの成功者でもあるのです。そのため、他のビジネスに通じるノウハウを持っており、ビジネスにおけるコンサルティングや、その他のビジネスを自分で始めることができます。

売れっ子になれば、講演の依頼が多数来ますし、会社の顧問なんかを依頼されたりもします。記事の執筆から、会社が行政と行うビジネスのサポートまで活躍できる土壌が多くあるのです。そのため、独立し成功した行政書士は自然と副業が増えていくのです。

【行政書士の平均年収は?】司法書士と行政書士の違いは?

さあ、行政書士について一連の説明をしてきましたが、よくある質問についても解説しておきたいと思います。それは、「司法書士と行政書士ってどう違うの!?」という質問です。

司法書士と行政書士って名前が似てますよね!?行政書士について、気になって調べた方がこの疑問を持つことは極めて自然なことでしょう。どちらも国家資格であり、書士という名前がついています。行政書士については、最初にどういった職業か紹介したので、司法書士についても紹介します。

司法書士は、顧客の依頼を受け、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行します。具体的には、不動産の売買が行われる際の書類作成や、相続の際に必要な不動産登記の他、会社を設立する際に必要な書類の作成や手続きを行う商業登記などを行います。

ここで使われている「登記」という業務が、司法書士が行う最も重要な業務となります。土地や建物に行う不動産登記、会社に対して行う法人登記があります。登記にはさまざまな利害関係、権利関係が生じるため、資格者でないと業務を行うことはできません。

登記も含め、司法書士の業務を整理しておきます。司法書士の業務には、不動産登記、商業登記、裁判事務、債権譲渡登記/動産譲渡登記、成年後見業務、筆界特定手続業務、供託業務、帰化申請、審査請求などがあります。難しい言葉が並びましたが、このような仕事があるというぐらいで覚えておいてもらえればと思います。

資格の難易度としては、行政書士よりも司法書士のほうが高いです。それぞれ試験の内容が違いますが、難易度順でいうと、「司法試験>司法書士試験>行政書士試験」というように、法曹界では資格の序列があります。

行政書士の気になる年収は?平均年収~副業のケースまで一挙ご紹介!のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか!?この記事では、「行政書士とはどんな仕事か!?」、「行政書士の年収はどのくらいか!?」、行政書士の副業について、「サラリーマンが行政書士を副業として行うケース」、「行政書士が行う副業」また、「行政書士と司法書士の違い!」といったことについて詳細に解説してきました。

司法試験は、合格すれば基本的にその後の人生が安泰だと言われていますが、行政書士試験はそうではありません。合格してからが勝負です!

行政書士には、おおいにビジネス感覚が求められます。しかしながら、多くのビジネスを始める際には、多額の資金や、アイデア・人脈が必要ないっぽうで、この行政書士に関しては、資格を取得すれば、ビジネスを始めることができます。

つまり、コネや、資金がなくても大成功できる可能性のある職業なのですね。いかがでしょうか!?起業をしたいけど、何をすればいいかわからない!といった人には、オススメの資格かもしれませんね。