【マーケティングの資格】販売士などビジネスで使える資格を徹底調査!

マーケティングとは、英語でmarketingと書き、「市場調査・流通経路・広告なども含む製造計画から最終販売までの全過程」のことを意味します。 その他にも、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念で、また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための「経営哲学、戦略、仕組み、プロセス」を指したりします。 英語では、以下のように使われています。 <英語例文> He is in charge of marketing. 彼はマーケティングを担当しています。 I do marketing at a communications company. 私はその通信会社でマーケティングの仕事をしています。 〇【マーケティングの資格】販売士とは!? それでは、マーケティングの資格を紹介していきます。まず、代表的な資格に販売士というものがあります。 販売士試験は商工会議所の検定試験です。販売士資格は、激動する小売り・流通業界に対応し、知識のブラッシュアップにより販売士としての資質向上を図り、同業界の第一線で活躍し続けていただくため、5年毎の資格更新制度が設けられています。 資格士資格は1級から3級まで設けられています。 以下、販売士資格の内容の詳細を説明していきたいと思います。

〇【マーケティングの資格】販売士検定3級の資格について

販売士検定3級はマーケティングの基本的な考え方を身につけているかを問われる試験となっています。流通業界、小売業界における接客における知識・技能、売り場づくりにおける知識・技能を身につけているかどうかが、重要です。 <3級試験科目> ・小売業の類型 ・マーチャンダイジング ・ストアオペレーション ・マーケティング ・販売・経営管理 3級の試験時間は100分で、合格基準は「筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上」となっています。 受験料は、4,120円(税込)となっています。

【マーケティングの資格】販売士検定3級の学習方法について

販売士検定3級について学習する方法としては、以下の3つがあります。 1. ハンドブックによる独学 3級検定試験は『販売士ハンドブック(基礎編)』から90%以上が出題されています。編集を日本商工会議所・全国商工会連合会が行い、発行を株式会社 カリアックが行っています。 2. 養成講習会の受講 養成講習会という販売士養成の講習会が開催されています。講習中に行われる予備試験に合格すると一部科目免除が受けられます。 3. 指定の通信教育講座の受講 日本商工会議所が指定する教育機関が行う「養成通信教育講座」が開催されています。全ての過程を受講し、スクーリングを修了した方は、3級試験の一部科目免除が受けられます。

【マーケティングの資格】販売士検定2級の資格について

販売士検定2級は、マーケティングやマーチャンダイジングにおける高度な知識や技能を身につけていることが問われます。担当者というよりはマネジメント側の人間を対象とし、販売促進において企画し、実行していく能力を身につけていなくてはなりません。 <2級試験科目> ・小売業の類型 ・マーチャンダイジング 試験時間は60分で、合格基準は「筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上」となっています。 <2級試験科目> ・ストアオペレーション ・マーケティング ・販売・経営管理 試験時間は90分で、合格基準は「筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上」となっています。 2級の受験料は、5,660円(税込)となっています。

【マーケティングの資格】販売士検定2級の学習方法について

販売士検定2級について学習する方法としては、以下の3つがあります。 1. ハンドブックによる独学 2級検定試験は『販売士ハンドブック(応用編)』から80%以上が出題されています。編集を日本商工会議所・全国商工会連合会が行い、発行を株式会社 カリアックが行っています。 2. 養成講習会の受講 養成講習会という販売士養成の講習会が開催されています。講習中に行われる予備試験に合格すると一部科目免除が受けられます。 3. 指定の通信教育講座の受講 日本商工会議所が指定する教育機関が行う「養成通信教育講座」が開催されています。全ての過程を受講し、スクーリングを修了した方は、2級試験の一部科目免除が受けられます。

【マーケティングの資格】販売士検定1級の資格について

販売士検定1級は、マーケティングだけでなく、経営に深くかかわっていくことが要求されます。会社全体の経営計画の策定から、経営計画の管理まで、マーケティングの専門知識を活かしながら、会社をどうやって発展させていくかの大局観が必要となってきます。 <1級試験科目> ・小売業の類型 ・マーチャンダイジング ・ストアオペレーション 試験時間は120分で、合格基準は「筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上」となっています。 <1級試験科目> ・マーケティング ・販売・経営管理 時間時間は80分で、合格基準は「筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上」となっています。 受験料は、7,710円(税込)となっています。

【マーケティングの資格】販売士検定1級の学習方法について

販売士検定1級について学習する方法としては、以下の2つがあります。 1. ハンドブックによる独学 1級検定試験は『販売士検定試験ハンドブック(1級編)』から70%以上が出題されています。編集を日本商工会議所・全国商工会連合会が行い、発行を株式会社 カリアックが行っています。 2. 指定の通信教育講座の受講 日本商工会議所が指定する教育機関が行う「養成通信教育講座」が開催されています。

【マーケティングの資格】マーケティング・ビジネス実務検定とは!?

さて、マーケティングに関する代表的な資格である販売士について詳細に説明しましたが、販売士以外の資格についても見ていきましょう。販売士以外の資格では、まずマーケティング・ビジネス実務検定という資格があります。 マーケティング・ビジネス実務検定は国際実務マーケティング協会が2005年から行っている試験で、「業種や業界を横断した共通するマーケティングの知識」、「仕事で実際に役立つマーケティングの実務能力」が問われる試験となっています。

【マーケティングの資格】マーケティング・ビジネス実務検定の試験内容

この試験はA,B,Cという3つのレベルに分類されます。分野は「マーケティング知識」「マーケティング事例」と2つに分かれています。 Aが最も難しくなっています。 <A級試験の内容> 「マーケティング・戦略レベル」、「マーケティング・マネジメントレベル」が求められます。自ら戦略立案し、意思決定や管理を行い、業務判断ができるレベルであることが求められます。 『マーケティング知識』 正誤問題、接続問題、穴埋問題、短文記述の形式で出題されます。 点数は合計150点、時間は1時間30分となっています。 『マーケティング事例』 正誤問題、穴埋問題、マーケティング戦略 (ケーススタディ)の形式で出題されます。 点数は合計150点、時間は1時間40分となっています。 <B級試験の内容> 「マーケティング・オペレーション」における応用レベルが求めれれます。自ら業務の運営ができるレベルが必要です。 『マーケティング知識』 正誤(○×)式、選択式、語群選択式、四答択一式の形式で出題されます。 点数は合計200点、時間は1時間45分となっています。 『マーケティング事例』 正誤(○×)式、選択式、四答択一式、語群選択式の形式で出題されます。 点数は合計100点、時間は1時間となっています。 <C級試験のレベル> 「マーケティング・オペレーション」における基礎レベルが求めれれます。定型業務ができるレベルが必要です。 『マーケティング知識』 正誤(○×)式、選択式 15題、語群選択式、三答択一式の形式で出題されます。 点数は合計150点、時間は1時間30分となっています。 『マーケティング事例』 語群選択式、三答択一式、三答択一式の形式で出題されます。 点数は合計50点、時間は45分となっています。 <受験料> A級12,343円 B級7,150円 C級5,980円

【マーケティングの資格】その他Web系のマーケティング資格について

マーケティングといえば、Web系を思い浮かべる方も多いかと思います。ここでは、Webマーケティングについて、資格を簡単に紹介していきたいと思います。

【マーケティングの資格】ネットマーケティング検定

ネットマーケティング(Webマーケティング)とはそもそも何でしょうか!?ネットマーケティング(Webマーケティング)とは、企業がインターネットを自社のマーケティング・ツールとして活用して行う全ての活動を指します。 「Webサイトを使って会社や商品の認知度を向上させる。」、「市場の調査やマーケティングのリサーチを行う。」、「SEOやSEMの対策を行う。」、「会員向けにサイトを構築する。」といったことは全てネットマーケティング(Webマーケティング)と考えることができます。 それでは、ネットマーケティング検定について説明していきます。 この試験は、Webと聞くとシステムの開発者向けをイメージしますが、この試験はマーケティングの企画を行っていく人を対象とした試験となります。個人受験および団体受験が可能です。 全て4択問題となっていて、前半は基本編、後半は応用編となっています。

【マーケティングの資格】ウェブ解析士

ネットマーケティングにおける、別の試験で、ウェブ解析士という試験があります。レベルは3つに分かれており、ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターとなっています。 <ウェブ解析士> ウェブ解析における基礎知識を身につけているかが問われます。試験内容としては、「用語の定義から使い方に関する問題」、「アクセス解析に関する情報認識、分析、計算」、「ウェブ解析における課題発見および改善」となっています。 <上級ウェブ解析士> ウェブ解析における応用知識を身につけているかが問われます。試験内容としては、「KPIの設定からマーケティングに関する計画策定」、「時系列分析におけるセオリーの理解、ウェブ解析の基準値設定」、「分析を行った結果に対するコメント」となっています。 <ウェブ解析士マスター> ウェブマーケティング、ウェブ解析において指導ができるレベルであることが問われます。試験内容としては、「ウェブ解析士及び上級ウェブ解析士認定講座の開設」、「講座集客のためのセミナー開設」、「ウェブ解析士および上級ウェブ解析士の指導」となっています。

【マーケティングの資格】販売士などビジネスで使える資格を徹底調査!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?この記事では、マーケティングの意味から、有名なマーケティングの資格である販売士の紹介、またそれ以外に関するマーケティングの資格、Webマーケティングに関する資格の紹介までを行ってきました。 ビジネスにおいてマーケティングングはとても重要な要素です。もし、本記事をご覧になり、興味を持たれた方はぜひ、試験を受けてみてはいかがでしょうか。