【志望動機事例】面接前に志望動機をチェック!参考になる志望動機まとめ!

まず具体的に志望動機を書き始める前に、志望動機の目的を考えてみましょう。 面接官がまず知りたいことは「志望度の高さや熱意があるか」という部分です。 なぜかというと、志望度の高さや熱意は仕事のやる気に直結し、結果的に会社の利益にも繋がるからです。 志望度の低さを面接官に感じさせてしまうと、やる気のない人間と思われ、すぐに辞めてしまうのではないか?腰掛け程度にしか考えてない?と思われてしまい採用は遠のくでしょう。 面接官が知りたいのは「志望度の高さや熱意がどれだけあって、採用した時会社にとってどのようなメリットがあり、利益につながるのか」という部分です。 この大前提を忘れずに志望動機を考えるようにしましょう。

応募先ごとに志望動機は変えること

よく志望動機を使いまわして色々な企業に応募している人がいます。 同じ職種であればどの企業でも使えるような、汎用性のある内容にしていると思いますが、それはまったくの逆効果です。 企業は「なぜ当社なのか」「当社である理由」を大きな評価基準としてみています。 「当社である理由」を分析するなら以下の3つになるかと思います。

・「その会社で魅力に感じている部分」 ・「その会社の事業で魅力に感じている部分」 ・「自分の能力で貢献できる部分」

この3つを自問自答し、明確にする必要があります。

どの企業にも使える志望動機ということは、「当社である理由」の部分がとても薄い内容になってしまいます。 例えば同じ営業職でも、企業や業界によって特徴は様々です。応募する企業や業界ごとに「当社である理由」を明確にアピールしましょう。

なぜこの会社なのか

もっとも面接官が知りたい志望動機は「なぜウチの会社なのか?」という部分です。 営業職、販売職、事務職など同じ職種の仕事はたくさんあります。 その中でも「なぜこの会社なのか?」という部分を考えるには、まずその業界について把握しておくことが大切です。 その会社は業界内でどのようなポジションなのか。 その会社の業界内での強み、得意とする分野は何か。 など、しっかり研究しておきましょう。

業界内のポジションや強みを把握できたら、次はその会社で自分は何ができるか?何がしたいか?を考えましょう。 その会社の強みと、自分が生かせる能力が一致すれば説得力のある志望動機になるでしょう。 そして、その会社での将来の目標、なりたい姿をイメージし、ココでないと絶対にダメだ!ココでないとなりたい自分になれない!という明確な理由でアピールしましょう。 「会社の強みの中で、自分の能力を生かしながら目的・目標を実現したいというのが、働く理由」になれば、面接官にも響く内容になるのではないでしょうか。

志望動機では内容と話し方を見られる

「志望動機の目的」を理解して、面接官の知りたいことを伝えられるような志望動機が決まったら、次はどうやって言葉で使えるかを考えましょう。

仕事というのは、人と人とのコミュニケーションが必要です。 いくら履歴書の内容や今までの経歴が完璧でも、人としてのコミュニケーション能力や人間性に不安があれば企業は採用しないでしょう。 面接官は話し方、態度、表情、個性など、コミュニケーション能力や人間性も見ていることを意識しておきましょう。

この話し方は一人で練習するより、誰かに協力してもらいロールプレイングをしてもらうのが効果的です。自分一人での練習だと客観的な評価ができなくなります。 第三者に見てもらうことで、自分では気付かない癖なども発見できます。

自己PRとうまく関連付ける

よく自己PRと志望動機を混同して考えてしまい、内容が重複してしまっている人を見かけます。 自己PRでは「あなたの人間性や長所や短所、得意なこと、今までの経験やスキル、能力など」を知りたいと思っています。 志望動機は冒頭での説明の通り「志望度の高さや熱意、採用した時どのようなメリット、利益につながるのか」を知りたいと思っています。

自己PRを考える時、志望動機にうまく繋げられる内容にすると統一感が出て良いでしょう。 例えば

「自分の几帳面な性格は、前職での顧客管理業務で売上に繋がる結果を出してきました。御社の得意とする既存客への提案営業でも、長所である顧客管理能力を生かしきめ細かい提案が可能です。」

といった具合にPRすれば、「御社の得意とする既存客への提案営業でも、長所である顧客管理能力を生かしきめ細かい提案が可能」という部分を志望動機として膨らませることができます。 PRした自分の経験や長所が、実際に現場でどう生かせるかを説明できると良いでしょう。

抽象的な表現は避ける

「頑張ります」「好きだから」「人の役に立ちたい」など抽象的な表現をする人は非常に多いです。 冷静に考えてみてください。他のライバルたちは「頑張ってない」のでしょうか? いいえ。みんな死に物狂いで頑張っています。 その中での「頑張ります」というアピールは、面接官の心にはまったく響かないでしょう。 「頑張ります」とアピールしたいなら、何を、どうやって、どんな目的を達成するのが目標か、まで説明しましょう。 応募している何百人、何千人のライバルよりも、個性的な表現をして生き残っていきましょう。

短所もプラス思考で捉える

長所は比較的簡単に志望動機に絡めることができます。 同じように短所も志望動機に絡めるようにしましょう。 例えば、「心配性」という短所は「注意深く慎重」という長所に変換することができます。 このようにして、自分の短所を生かした志望動機を考えておきましょう。 多少はライバルに差をつけることができるかもしれません。

1行目の書き出しで心をつかむ

志望動機を書く時に意識してもらいたいことのひとつが、1行目の書き出しで心をつかむことです。

心をつかむには、書き出しで結論を述べると効果的です。

志望動機を書く時、時系列で書いてしまうと書き出し部分は過去の経験や前職の経験になってしまいますが、「志望動機→過去の経験」というように書き出しに結論を持ってくると、効果的にアピールできる場合があります。 このあたりの表現については、採用後のお客様とのやりとりや商談をイメージして面接官も見ているかもしれません。

例えば

「自分の得意とする顧客管理能力を生かせる仕事がしたいと思い、御社を志望しました。」

という書き出しで結論から伝え、後から「その会社である理由」を補足説明していくようにすると、面接官にも伝わりやすいのではないでしょうか。 場合によっては、書き出しで前職や経験の説明をしてからの方が説明しやすいこともあるので、臨機応変に考えましょう。

志望動機の書き方

では実際に志望動機の書き方を具体的に例文を紹介していきましょう。 あくまでも「例文」として考えてください。 面接官は何百人、何千人の履歴書を見ています。どこかの例文をコピペした履歴書は、すぐにバレてしまいます。 あなたの言葉で伝えることが何よりの自己PRになります。

【例文】営業職の志望動機

経験者の場合は、どんな経験があり、どんな取り組みをして、どんな結果を出したかをアピールしましょう。なるべく数値化して見せることが大切です。 営業職が評価されるのは売上です。会社にとってどれだけ利益をもたらすことができるかがポイントとなります。 未経験者の場合は、前職での経験が営業職でどのように生かせるのか考える必要があります。 自分の長所、短所も絡めながら、今の自分にできること、貢献できることをアピールしましょう。

経験者の例文

御社の業界No.1のリピート率を誇る顧客第一主義の考え方で、お客様とじっくり向き合う営業スタイルが、私の長所と経験を活かして貢献できると考え志望致しました。 前職の営業職では、長所である顧客管理能力を生かし、きめ細かい提案を継続してきました。 じっくりと人と向き合う自分の性格を活かし、お客様と良好な関係を築き、売上という結果を出してきました。 御社の顧客第一主義の考えのもと、私の顧客管理能力を発揮できる仕事にやりがいを感じ志望いたしました。

未経験者の例文

営業職は未経験ですが、販売職でも結果を出してきた几帳面さ、コツコツと取り組む事のできる性格を生かし、こちらから仕掛ける営業スタイルの御社でスキルを向上させたいと思い志望しました。 販売職に従事していた際は几帳面さを生かしお客様と良好な関係を築いてきました。 日々の小さな売上をコツコツと積み重ねていく事を意識し、その上で売上の底上げを狙う「プラスワン販売」のお声がけをチーム内で共有・徹底。その結果、固定客増と催事売上増に繋げる事ができ、前年比112%の売上を達成しました。 御社の強みである仕掛ける営業にやりがいを感じ、前職のお声がけ販売のような積極性を全面に出して売上を上げていきたいと思っております。

【例文】事務職の志望動機

事務職は営業職とは違い売上に直結する業務ではありません。 具体的な業務としては、書類作成や電話対応、データ集計、資料準備、他の社員のサポートなど、多岐にわたります。 経験者はスキルなどアピールしやすいですが、未経験の場合は、サポート業務にやりがいを感じたり、コツコツとした作業が得意だったり、自分の長所をアピールする必要があります。

経験者の例文

事務職の経験は5年ございまして、エクセルやワードのスペシャリストの資格も持っております。少人数の事務所でしたので経理から総務まで幅広い事務業務を担当しておりました。 御社の事務業務でも、幅広い業務を担当するとのことでしたが、今までの経験を生かして即戦力として貢献できる所にやりがいを感じ志望しました。 また、御社のアパレル商品は常に愛用しており、他社にはないオリジナル性に魅力を感じていた点も志望した理由のひとつです。

未経験者の例文

事務職は未経験ですが、以前は販売の仕事をしており、店舗管理業務も担当しておりました。その中で売上管理や人員管理など事務的な業務も行っており、御社の事務職の業務でも即戦力として貢献できると思い志望いたしました。 また、他の社員をサポートをする業務にもやりがいを感じることができる性格なのも事務職を選んだ理由のひとつです。 前職は販売代理店でしたが、自社商品に自信を持っている御社で、誇りを持って仕事がしたいと思い今回の求人に応募させていただきました。

【例文】アルバイトの志望動機

アルバイトの場合は、採用者の評価基準が正社員とはまったく違います。 単純に人手が足りない場合や単純作業をしてもらいたい場合など、会社にとっての利益というところまでは考えていません。 採用者が考えていることは、

・希望する期間はアルバイトを継続してほしい。 ・勤務時間は守ってほしい。 ・勤務地から遠い人はリスクがある。 ・経験者なら教える手間が省ける。

などといったことでしょう。 この点を踏まえて志望動機を考えていきましょう。

バイト経験者の例文

過去にも1年間カフェでのアルバイト経験があり、即戦力として経験を生かせると思い志望しました。 家から職場も近く、急なシフト変更にも対応可能です。また、自分の経験を他のアルバイトに伝えることもできます。

バイト未経験者の例文

小学生の頃から音楽が好きで、趣味でピアノを演奏しています。自分の好きな音楽に関わる仕事がしたいと思い、御社のようなCDショップで働きたいと思い志望しました。 今回初めてのアルバイトとなりますが、御社の研修制度にも魅力を感じ、より一層音楽の知識を身につけられるところも志望の理由のひとつです。

しっかりと志望動機を準備すれば面接も楽になる

たくさんの企業に応募していると、それぞれの企業用に志望動機を考える必要があるので、かなりの労力を使うと思います。 しかし、ここで手を抜いてしまうと、仮に面接まで進めたとしても、しどろもどろな受け答えしかできないでしょう。 逆に、作り込んだ志望動機であれば、多少イレギュラーな質問をされても、軸がしっかりしていればきちんと対応できます。 志望動機を練ることは面接対策にも繋がります。

志望動機を考えることは自分の棚卸しをすることと同じ

志望動機を考えることは、自分と向き合うことにもなります。 自分はなぜこの会社を受けるのか? 自分の強みや弱みは何なのか? この会社で何がしたいのか? 将来の目標は何か? と、自問自答する良い機会でもあります。 しっかりと自分の棚卸しをして、後悔のない就職、転職をしましょう。