【ゲームクリエイターになるには?】有名大学や高校/取るべき資格とは?

今回は、ゲームクリエイターになるには、どうすればいいのか?という話を中心に解説していきたいと思います。ゲームクリエイターになるには、有名大学や有名な高校を出たほうがいいのでしょうか?テレビCMなどでゲーム制作の専門学校のCMを目にすることもあります。それらの専門学校に通ったほうがいいのでしょうか? 何か資格をとったほうがいいのか?そもそもゲームクリエイターとは何か?これらの疑問を解決すべく今回の記事では、ゲームクリエイターとは何かを掘り下げていきたいと思います。 まず、ゲームクリエイターとは何かを説明します。ゲームクリエイターは英語にすると、game creatorです。gameは、テレビゲームや何やらのいわゆるゲームのことです。creatorは創作者や製作者のことを意味します。よって、 ゲームクリエイターはゲームを製作する人のことを表します。 ゲームクリエイターはゲームを製作する人という大きな枠組みを表すので、その中には、ディレクターや企画、プログラマー、デザイナーなどが含まれます。

【ゲームクリエイターになるには?】有名大学や有名な高校を出たほうがいいの?

日本では、全般的に言えることですが、もちろんどの会社も有名な大学や有名な高校を卒業予定の学生を採用したいことには違いありません。同じ能力の人間が2人いる場合は、大学や高校の名前で選ばれることもあるでしょう。 特に、任天堂や、スクエア・エニックスなどの一部上場企業のゲーム大手会社を受けるのであれば、学歴も必要になってきそうです。 しかし、それだけではありません。ゲームに関しては、ゲーム専門の専門学校がいくつかあります。即戦力を求めるような会社であれば、専門学校を卒業予定の学生を採用したいと思います。

ゲームクリエイター専門学校の紹介

それでは、ゲーム専門学校はどのようなものがあるのでしょうか!?一部をここで紹介しておきます。 ・HAL こちらはテレビCMでお馴染みですね!「就職ならHAL」というキャッチコピーで世間に認知されています。13年連続で日本ゲーム大賞の入賞実績を誇っているようです。卒業生紹介のところでは、先ほども説明した任天堂やスクエア・エニックスの他、カプコン、コロプラ、レベルファイブ、ソニー・コンピュータエンタテインメントと有名なゲーム会社で働く卒業生を数多く輩出しています。 ・日本工学院 日本工学院はゲームクリエイター科を設けています。ゲーム業界のプロを育成するための東京にあるゲームクリエイターの専門学校です。日本ゲーム対象2016のアマチュア部門の優秀賞を受賞しています。また、全国専門学校ゲームコンペティションにも3年連続で入賞しています。プロゲーマーやゲームの実況者を目指せるゲームビジネスコースを最近背設置しました。 ・日本電子専門学校 日本電子専門学校は、ゲーム制作研究科、ゲーム制作科、ゲーム企画科を設けています。

【ゲームクリエイターになるには?】資格はとったほうがいいの?

ゲームクリエイターになるには、資格は必要ありません。実力が勝負の世界となります。実力勝負のため、即戦力を目指すのであれば専門学校できっちりゲームクリエイターの勉強を積んだほうが、実力を手にすることはできます。 高校生の皆さんで、有名大学への入学はできそうにないけれど、ゲームクリエイターになりたいという人は、専門学校に入るのがいいでしょう。また、有名大学にも入っておらず、ゲームの専門学校に通っていないという人は一部ゲームに関する資格が存在します。 それらをとったら面接の際にアピールできることでしょう。ちなみに、関連する資格は以下のようなものがあります。 ・CGクリエイター検定 ・C言語プログラミング能力検定 ・画像処理検定 ・CGエンジニア検定 などです。

【ゲームクリエイターになるには?】有名大学や高校/取るべき資格とは?のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、ゲームクリエイターになるにはどうすればいいか?を中心に解説してきました。 ゲームクリエイターになるには、有名大学や有名高校を卒業する、またはゲームの専門学校を卒業するということが近道かと思います。また、ゲームクリエイターになるためには、資格は必要ありません。 けれども、面接で有利になる資格というのが少なからずあります。学校に関する条件を満たしていないという方は資格をとって、ゲームクリエイターへの道を切り拓くことも可能でしょう。