【ブラック企業の見分け方】ブラック?それともホワイト?検証してみた!

目次

ブラック企業の特徴とは?

ブラック企業という言葉が一般的に使われていますが、実際に「ブラック企業」と言われる会社にはどのような特徴があるのでしょうか?

主な特徴として以下のようなことがあげられます。

①人が育たず入れ替わりが激しい
人材育成に力を入れておらず、耐える人だけが残る仕組み

②時間外や休日でも会社に誰かがいる
就業時間規則が守られていない

③精神論を刷り込まれる
過度な時間外労働や低賃金などの悪条件を精神で乗り切ることを強いている

いずれも「社員が絶えることで業務を進めている」と言えるでしょう。

ブラック企業の定義

厚生労働省では「ブラック企業の定義」というのは決めていません。しかし、一般的な要素として以下をあげています。

 ① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

 ② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

 ③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

「過度な選別」というのはかなり曖昧な表現です。とても簡単に受け取ると「この人は仕事ができる、できない、続けられる、続けられない、を決めつけてしまう」といったところでしょう。

一方的な解雇宣告や、本人が限界を迎えているのに肩書を与えてさらに業務量を増やす、などを指します。

求人票で見るブラック企業の見分け方

就職をしようとした時に必ず見るのが「求人票」です。その企業の情報や、欲しい人材の条件、待遇などが記載してあります。求職者としては、少しでも条件が良く、採用されやすい企業を選びたいものです。

しかし、その求職票で注視すべき点がいくつかあります。

少しでも「おかしいな?」と感じたら、応募をする前にその企業について少し調べてみた方が良いでしょう。

求人票で見るブラック企業の見分け方 ①過度な大量採用

企業が人を採用するには大変なお金がかかります。広告費はもちろん、採用までに携わる担当者の賃金、採用した人を一人前にするまでのコスト、その費用は膨大です。

その費用をかけてまで「大量に」採用すると言っているのです。急激に業績が伸びているということがないのであれば、疑ってみても良いでしょう。

特に「経験不問」「初心者歓迎」「若手歓迎」などという言葉と一緒に大量採用を謳っている場合にも注意が必要です。若さや体力・気力に任せた無茶な労働条件が隠れていることがあります。

求人票で見るブラック企業の見分け方 ②賃金が高すぎる

賃金は求人票を見る中で一番最初に目がいくところです。平均的な賃金と比べて「高すぎる」と感じる場合も気を付けましょう。

平均的な賃金の手取り金額は、地域にもよりますが概ね17万円~22万円ほどです。

明らかに高すぎる賃金が約束されているのであれば、その分過酷な労働を強いられたり、どれだけ働いても昇給することがなかったりなど、何らかの罠が仕掛けられていないかを良く確認しなければなりません。

求人票で見るブラック企業の見分け方 ③ハローワークでしか求人をしていない

「ハローワークに載っているから大丈夫」と思っている人は注意してください。ハローワークは公的機関ですし、ハローワーク自体には問題はありません。

しかし、ハローワークは公的機関だからこそ、企業の大小に関わらず平等に求人をしますし、広告費が無料です。

企業が採用費で一番削減したい部分は「広告費」ですが、良い人材を獲るために一番お金をかけないといけない部分もまた、広告費です。

ハローワークでしか求人をしていない企業については、資金体力が無いか、実績に乏しいかなどの可能性があります。
賞与実績の欄などで、その企業の実績を見てみることも良いでしょう。

求人票で見るブラック企業の見分け方 ④求められる資質が体力面や精神面

「大切なのは気持ちです!」「元気があれば大丈夫!」など、体力・精神力を求める企業にも注意しましょう。それらも確かに大切な要素ではありますが、体力・精神力だけで仕事をすることはできません。

また「あなたの夢を叶えましょう!」などといった、あなたの夢や希望をモチベーションとさせる企業も注意が必要です。

企業の待遇ではカバーできない部分を、求職者の気持ちで乗り切らせようという考えである可能性があります。

就活で見るブラック企業の見分け方

募集要項には良いことばかり書いてあっても、飛びつく前に信用できる企業であるかを確認する必要があります。企業情報を見る際には以下のことに注意をしましょう。

就活で見るブラック企業の見分け方 ①年中募集している

ブラック企業の大きな特徴として「入社しても長続きしない」というものがあります。

新入社員の教育が十分でないまま実務をさせたり、企業自体が安定しておらず残業代などの払うべきものが払われていない、などがあれば退職者が増えるからです。

入社しても辞めていく、というサイクルであれば「常に人手不足」という状態となっているため、新入社員にそのしわ寄せがいく可能性が高いでしょう。

就活で見るブラック企業の見分け方 ②社名変更を何度もしている

これは企業体力を見るためです。企業の大小や、親会社の有無に関わらず、何度も社名を変更している企業には注意しましょう。

社名が変われば金融機関などの信用情報も変わります。企業体力がなければ、資金繰りに行き詰まり、社名を変えるというやり方もあるためです。

入社しても肝心の企業自体が傾いていては、募集要項通りの条件を満たしてもらうことはできません。

就活で見るブラック企業の見分け方 ③取引銀行数が多すぎる

企業情報には「取引銀行」が載っています。これは必ず確認をしましょう。通常企業は「メインバンク」を決めて、その銀行と信用を培って資金調達をします。

メインバンクと見られる銀行がなく、多くの銀行と取引をしているようであれば、いざという時に助けてくれる銀行が無い可能性が高いのです。

「たくさんの銀行と取引があるから大丈夫」という考えは企業にはありません。銀行はその企業が危うくなった時に「これまでの取引における信用」を基に資金を出すからです。銀行がたくさんあっても、それらの銀行と浅い付き合いしかできていなければ助けてもらうことはできません。

面接で見るブラック企業の見分け方

企業に応募し、面接を受けることになったら、面接の内容や面接官の言動に注目をしましょう。「仕事を決めたい」という気持ちから、気になる点を無視してはいけません。

職歴が無駄に増えると、その次に就職をする時の足かせとなってしまうこともあります。
面接は見られるだけではなく、あなたが企業を見る機会でもあるのです。

面接で見るブラック企業の見分け方 ①面接から採用までが早すぎる

面接中に「採用にしたいんだけど、いつから来られる?」と聞かれたり、面接の当日に採用の連絡が入ったりした場合は気を付けましょう。

ブラック企業は退職者が多く少しでも早く人手が欲しいと考えるところがほとんどです。その為に異常に早く採用されることがあります。「誰でもいいから早く入社して欲しい!」という焦りが見られる場合には注意が必要です。

面接で見るブラック企業うの見分け方 ②仕事内容についての話が少ない

場を和らげる為の雑談意外に「雑談が多すぎる」「仕事内容について詳しく答えてくれない」という場合も注意しましょう。

「誰でもいいから早く入社して欲しい」と考えているブラック企業にとって面接とは「儀式」のようなものです。仕事に関わる話よりも、気軽な雑談で済ませたい」「面接に意味はない」と考えている可能性が高いでしょう。

また、極端な雑談は入社してからのセクハラ・パワハラの可能性も秘めています。

面接で見るブラック企業の見分け方 ③服装・身だしなみ・所作がだらしない

面接という場は「応募者を見極める場」であると同時に「応募者から見極められる場」でもあります。

そのことを理解できていない企業は「面接してやってる」「採用してやる」という一方的な考えを持っている可能性が高いでしょう。入社した場合、一社員として大切にしてもらえないことは明らかです。

面接官の服装がだらしなかったり、シャツにシワがよっている、ネクタイがゆがんでいる、靴が汚い、などはチェックしましょう。また、態度がぞんざい、話しを聞く時に頬杖をついたり、手遊びをしたりするなども論外です。

説明会で見るブラック企業の見分け方

会社説明会は、人事担当者と直接話しながら、企業とあなたの適正を見ることができる大切な場所です。企業の名前や人事担当者や場の雰囲気に押されることなく、しっかりと自分の目と耳で企業を見極めなくてはなりません。

そうは言っても、「採用されたい」「何とかして内定が欲しい」と強く思っていると目が曇ってしまいます。後で後悔することが無いように、少なくとも以下のことは確かめておきましょう。

説明会で見るブラック企業の見分け方 ①週休2日制

「弊社は週休2日制です」と高らかに宣言されても安心してはいけません。「週休2日制」という言葉には「最終的に週に2日休んだ計算になる休日」という意味を含んでいます。

一般的にイメージされる「土日休み」は「完全週休2日制」です。

最初からシフト制の出勤体制であることを了承しているのであれば問題ありませんが、そうではなく「土日休み」を希望しているのであれば見過ごしてはいけない部分です。

説明会で見るブラック企業の見分け方 ②アットホームな職場

「弊社はアットホームな雰囲気で」と言われた時は注意しましょう。職場の年齢層が若すぎたり、ケジメの無い雰囲気を「アットホーム」と表現するブラック企業はとても多いです。

年齢層が若すぎるというのは年齢に合った給料が払えず、社員が定着しない為に採用を繰り返して若い人ばかりになっている」という可能性が高いですし、「その場その場の仕事に精一杯で場を締める人がいない為にケジメのない雰囲気になっている」ということも考えられます。

企業によっては「年長者が新入社員の面倒を良く見る」など本当にアットホームな場合っもありますので「アットホームとは具体的にはどういうことなのか」は確かめておいた方が良いでしょう。

説明会で見るブラック企業の見分け方 ③稼げることをアピール

「弊社では若くても○万円稼いでいます」など、「年齢に似合わない収入」をアピールする企業にも注意が必要です。

このような企業では「人手が足りない部分を残業で埋め合わせている」ということが多く、残業代で稼いでいる人が多いでしょう。

または、歩合の収入などがあって社内で競争が激しく、体力や精神力を消耗することもあります。無理をするということは一時的なことだからできるのです。

「長く働きたい」「安定したい」と考えるのであれば、無理に高い給料をもらうよりも、自分の体力・精神力が過度に消耗されることの無い働き方を選ぶ方が妥当でしょう。

質問で見るブラック企業の見分け方

人事担当者から「何か質問はありませんか?」と聞かれたら、ぜひ何か質問をしてみましょう。その会社がブラック企業であるかどうかを知る為には以下のような質問が有効です。

質問で見るブラック企業の見分け方 ①離職率を聞いてみる

「御社の離職率を教えていただけますでしょうか」と聞いてみましょう。離職率自体は四季報などを見れば知ることができますので、ここでの目的は担当者の反応を見ることです。

イラッとした態度を取ったり、顔に不機嫌さが出たりした時は注意しましょう。

長く企業で働いていれば、正当な理由で退職する人もたくさん見てきているはずです。瞬時に思い出される退職理由がネガティブなものである時に、態度や表に出るでしょう。

質問で見るブラック企業の見分け方 ②教育制度について聞いてみる

「御社ではどのような方法で新人教育をされているのでしょうか」という質問で現場の教育体制について知ることができます。

一般的な企業では
「試用期間を3ヶ月準備していて、その期間はチームに1人教育担当者を配置しています。社内試験に合格してから実務へ移ってもらっています」などでしょう。

一方ブラック企業では「慣れたら実務についていただきます」「実際の業務をしながら覚えていただきます」など、期間や方針が見えにくいことが特徴です。

仕事のことを良くわかっていない内から現場に出されて、本人も周囲も困惑することが目に見えています。

質問で見るブラック企業の見分け方 ③人事担当者の休日の過ごし方を聞いてみる

「○○様は休日をどのように過ごされていますか」という質問も良いでしょう。実際にその企業で働いている目の前の人が、休日をどのように過ごしているかを聞いてみるのです。

「休日は子供の相手で忙しい」「休日はでかけることが多い」など、どんな答えであってもすぐに出て来るのであれば、それなりに充実した休日を過ごすことができているはずです。

一方、「うーん・・・」「寝てしまうことが多くて」など、答えがすぐに出てこない、明確でない、という場合には、休日にリフレッシュすることができていないと考えられます。それだけ余裕がなく、自分のことを気に掛けることができていない可能性が高いでしょう。

ブラック企業あるある

ブラックといわれる企業には共通する内容が多々あります。その中から代表的なものを見てみましょう。

あなたが働いている企業に当てはまる内容があれば要注意!転職を考えても良いかもしれません。

ブラック企業あるある ①常に業績が悪い

一時的な赤字や、何か明確な理由があっての赤字であれば回復も見込まれますが、特段の事情がないのにいつも業績が悪いというのはブラック企業あるあるです。

業績が悪いから無理をする、無理をして人が辞める、人手不足を補うために採用する、採用や教育にお金がかかる、という負のループにはまっていないかを確認しましょう。

ブラック企業あるある ②残業時間についての指導が無い

今は「ブラック企業」という言葉が定着しているので、各企業で様々な取り組みがされています。その中でも一番最初に企業が手をつけるのが、不必要な残業時間の削減です。

過度な残業をする社員へは会社から指導が入れることが多いでしょう。その指導が入らない企業は残業時間に対する意識が低く、ブラック企業となりやすい体質を持っています。

ブラック企業あるある ③序列がわかりにくい役職がたくさんある

「マネージャー」「アドバイザー」「幹部」「リーダー」など、聞いただけでは序列がよくわからない役職が多いこともあるあるでしょう。「入社してすぐに○○アドバイザーになる人もいる」などと面接で言われることも少なくありません。

特に横文字でそれっぽい言葉をつなぎ合わせた役職には要注意です。名前がついているだけの一般社員ということも良くあります。

ブラック企業あるある ④体調を崩す人が多い

季節の変わり目や、何かの流行で体調を崩す人が一時的に増えることはありますが、ブラック企業では年中体調不良者が出ます。

日頃の無理がたたっていたり、精神的に追い詰められて身体を壊してしまう、ということです。欠勤率が高い企業は要注意でしょう。

ブラック企業あるある ⑤備品がそろっていない・古い・汚れている

仕事で使う備品類がそろっていない、というのも企業の体質が見えます。仕事で使用する備品は立派な仕事道具です。仕事道具がそろっていないところで良い仕事はできません。

また、明らかに古くなった備品を使っていたり、汚れた備品を気にせずに利用する企業なども仕事への姿勢が見えるでしょう。

ホワイト企業の特徴とは?

誰もが憧れる「ホワイト企業」にはどんな特徴があるのでしょうか。

ホワイト企業もブラック企業と同じで「定義」はありませんが「就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業」とされています。

ホワイト企業の特徴 ①時間管理ができている

ホワイト企業では、始業時間だけでなく、退社時間まできちんと管理されています。

タイムカードを押した後に仕事をした場合でも、再度打刻するように言われたり、無闇に会社に残ることも許されません。

ホワイト企業の特徴 ②体調管理の徹底

精神論よりも現実の体調管理が徹底されています。

感染する可能性がある病気の場合は出勤停止とされ有休があてられます。感染の可能性がなくても、無理をして悪化させてはもとも子もないという考え方で、しっかりと療養することを義務づけられます。

ホワイト企業の特徴 ③募集が少ない

ホワイト企業では離職率が低いため、何度も募集することができません。入社した人全てをしっかり育てるための計画がされているからです。

人を育てることに時間とお金をかけることが当たり前とされています。

ホワイト企業の特徴 ④社員が趣味を持っている

しっかり働いた後は、個人の充実を推奨していることが多く、趣味や習い事を持っている社員がおおいことも特徴です。

給与面でもゆとりがあり、精神的にも安定している社員が多いことから、社内サークルで活動する人もいるでしょう。

ホワイト企業の特徴 ⑤備品が充実している

ホワイト企業では、備品類がとても充実していることが特徴です。

これは、小さなことほどきちんと管理をするという企業体制が伺えます。新人には新品の備品を渡す、備品のストックは常に余裕を持って準備しておく、などから物だけでなく、人を大切にしているということがわかります。

ホワイト企業ランキング

東洋経済が発表した「CSR企業総覧」2017年版では、118社が「定着率100%」で同率1位でした。これは2013年入社の新卒社員が2016年時点で誰も退職せずに定着しているということです。

定着率100%はホワイト企業と言って良いでしょう。

ホワイト企業ランキング 1位 中国電力

中国地方5県とその周辺地域を営業区域とする電力会社です。

中国電力は定着している新卒社員が220名と断トツのトップです。男性184名、女性36名全員が3年経過した時点でも定着しています。

ホワイト企業ランキング 1位 塩野義製薬

医薬品の塩野義製薬は2013年に新卒64名が入社し、2016年時点で定着率が100%です。
大阪府に本社を構える、日本の医療用医薬品を主とする製薬企業です。

ホワイト企業ランキング 1位 沢井製薬

医薬品の沢井製薬は2013年に新卒63名が入社し、2016年時点で定着率が100%です。

大阪府に本社を構える、日本の医薬品製造企業です。ジェネリック医薬品の製造販売も行っています。

自分が心地よく働くことができる環境を

いかがでしたか?これから採用試験を受けようとする企業や、すでにあなたが働いている企業がホワイト企業であるか、ブラック企業であるかは判断できましたでしょうか?

ホワイト企業もブラック企業も、これという定義はありません。働くあなた自身が心地よく働くことが何よりも大切です。