一級建築士の受験資格について徹底調査!

一級建築士試験を受験できる主なルートは、建築に関する学校で指定科目を履修してから実務経験を積んで受験する場合と、一級建築士の下位資格となる資格を取得してから実務経験を積んで挑戦する場合の2種類があります。いずれのルートでも、実務経験は必須です。 【学歴+実務経験】 ① 4年制大学で指定科目を修めて卒業。2年以上の実務経験がある ② 3年制短大で指定科目を修めて卒業。3年以上の実務経験がある ③ 2年制短大または高等専門学校で指定科目を修めて卒業。4年以上の実務経験がある 【別の資格+実務経験】 ④ 二級建築士資格を取得し、免許証登録年月日以降、4年以上の実務経験がある ⑤ 建築設備士の資格を取得し、合格(受講)証書記載合格証年月日以降、4年以上の実務経験がある 学校ルートについては2. 一級建築士試験受験に必要な指定科目と実務経験年数、資格ルートについては3. 二級建築士・建築設備士から一級建築士に挑戦する方法で、詳しく説明してきます。

一級建築士試験受験に必要な指定科目と実務経験年数

現在、学歴+実務経験を一級建築士の受験資格として使う場合は、教育機関への入学年の違いによって大きく2パターンに分かれています。 ひとつは「建築士法」による受験資格が適用される、平成20年度以前の所定学校への入学者。もうひとつは、平成20年11月28日から施行された「改正建築士法」による受験資格が適用される、平成21年度以降の入学者です。 古い法律による受験資格が認められている理由は、卒業から年数が経っていても一級建築士を目指す受験希望者がいるからです。

指定科目は学校か建築技術教育普及センターHPで確認する

一級建築士の受験資格として認められている指定科目は、学校からの申請により、財団法人建築技術教育普及センターが認定した科目に限られています。 学校名や学部・コース名や科目名が一文字でも違うと、指定科目として判定されない場合があります。指定科目かどうかわからない場合や卒業後に学校や課程が廃校や廃止になった場合などは、応募書類を提出する前に必ず、学校または財団法人建築技術教育普及センターに問い合わせましょう。

二級建築士または建築設備士から一級建築士に挑戦する方法

二級建築士の資格を取得して4年以上の建築実務経験を積む 二級建築士の試験に合格して資格を取得した後、さらに二級建築士免許証に記載のある登録年月日から4年以上の実務経験を積めば、一級建築士の受験資格を得ることができます。 建築に関する学歴がない場合、7年以上の建築実務経験があれば二級建築士の受験資格を得ることができます。すべての試験に一発で合格すれば、最短11年で一級建築士の受験資格を取得することができます。 二級建築士の受験資格 【実務経験なしで受験可能なパターン】 ① 建築設備士の資格を持っている ② 短期大学を含む大学、または高等学校で指定科目を修めて卒業した 【実務経験が必要なパターン】 ③ 高等学校または中等教育学校で、指定科目を修めて卒業後、3年以上の実務経験がある ④ 7年以上の実務経験がある

一級建築士の資格があると取得できるその他の資格

一級建築士の資格を活かし、さらに専門性を高めた業務に関わることが可能になる資格です。一級建築士の資格取得はゴールではありません。資格取得後も努力を続けることで、設計だけでなく、工事管理や設備点検など、業務の幅を広げることもできるのです。

まとめ

卒業から年数が経っていても挑戦したいという意欲があったりしたら、もう一度受験資格をチェックしてみましょう。