履歴書に書きたい英語関連資格

英語が必須の仕事では当然有利になりますし、それ以外の仕事でも「デキる人材」というイメージをアップすることができます。 現在、国際的な企業活動が活発になるなかで、英語が使えるビジネスパーソンの需要は増えています。TOEICの主催団体が2013年に行った調査では、じつに調査に協力した上場企業のうち75%が「業務で英語を使用する」と回答しています。もちろんなかには年に数回程度しか英語を使わない仕事も含まれていますが、企業における英語の使用頻度は年々上がっているのかもしれません。 そんな状況ですから、普段は使わなくてもいざというときに英語ができる人材を入れておきたい、と考えている企業も多くなっています。そのため転職や就職の履歴書では、資格欄に英語関連の資格が書いてあると目に留まりやすいのです。

人事担当者が知らない資格は要注意

どんなに難しい英語の資格を取って履歴書に書いても、企業の採用担当者がその資格を知らなければどのくらいすごいのか伝わりません。ですから、知名度の低い資格を取得している場合は、たとえば「GTEC 670点(海外出張可能レベル)」などと試験が公式に設定している評価レベルを付け加えたり、TOEICのスコアや英検の合格級を併記しておくとよいでしょう。

転職・就職で使える英語の資格

幅広い会社で英語力を評価される資格を取りたい  →TOEIC(トーイック)、実用英語技能検定(英検) 国内企業で海外部門を受けたい  →TOEIC(トーイック)、実用英語技能検定(英検)、日商ビジネス英語検定試験 外資系企業を受けたい  →TOEIC(トーイック)、実用英語技能検定(英検)、BULATS(ブラッツ) 海外企業や国際機関を受けたい  →国際連合公用語英語検定試験(国連英検)、BULATS(ブラッツ) 留学、移住を考えている  →TOFFL(トーフル)、IELTS(アイエルツ) 今の自分の英語レベルを知りたい  →CASEC(キャセック)、GTEC(ジーテック)

人気資格:TOEIC!7割の企業が参考に!アピール度No. 1

ビジネス英語のレベルを測る試験のなかでも代表的なテストです。7割の企業が採用時にTOEICスコアを参考にしているという調査結果もあるほどで、日本のビジネス英語の資格として最もポピュラーです。 英語を母語としない人を対象に、コミュニケーション能力を評価します。結果は10~990点のスコアで表示されます。年に10回開催で、初級~上級レベルの英語力を一律に評価するので、とても受験しやすい試験です。 履歴書に書くのであれば、「600点」を目指してください。英語での日常会話に支障がなく、ビジネスでも英語で業務を遂行できると判断される点数です。さらに「800点」以上では、国際部門や外資系企業では英語で商談ができるレベルとされています。 TOEICは日本や韓国では非常に知名度が高い一方、実は海外ではそこまで有名ではありません。海外の企業などに応募する場合は注意しましょう。 受験料 5,725円(リスニング&リーディング テスト) 試験時間 2時間 受験者数 約2,500,000人(2016年度) 試験日 年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月) 受験地 全国約80都市で開催 試験内容 マークシート方式。 リスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)2つのセクションで構成されている。

実用英語技能検定(英検)

英語のコミュニケーション能力を測るテストです。英検取得者は大学入試で学科試験免除などの優遇があるほか、海外留学時の語学力証明資格として認められたりと、非常に信頼性の高い試験です。 基本的には筆記とリスニング、3級以上では二次試験として面接試験が行われます。また、準1級以上では筆記試験に英作文が含まれます。 こちらも知名度抜群で、学生時代に3級くらいまでなら受けた人も多いかもしれませんが、就職・転職活動でアピールするのであれば2級以上が必要です。1級、準1級は合格率も低いため、履歴書に書いておくとさらに優れた英語力を示すことができます。 検定料 [1級]8,400円 [準1級]6,900円 [2級]5,800円 [準2級]5,200円 [3級]3,800円 [4級]2,600円 [5級]2500円 試験時間 45~130分(級による) 受験者数 年間約320万人(2015年度・すべての級の合算) 合格率 [1級] 10.5% [準1級] 15.6% [2級] 25.3% [準2級] 34.7% [3級] 54.6% [4級] 69.5% [5級] 82.5%(2014年度) 試験日 年3回(6~7月、10~11月、1~2月) 試験地 全国各地 試験内容 マークシート方式。準1級、1級ではライティングの試験もある。また、3級以上では二次試験で面接が行われる。

TOEFL(トーフル)

英語圏の大学・大学院に入学して授業を受けるために必要な英語力を判定する国際標準の英語運用能力テスト。現在日本では、個人で受験できるコンピュータ試験の「TOEFL iBT」と、学校など団体のみで受験できる「TOEFL ITP」が行われています。「ITP」はTOEFLの過去問を利用し、大学で英語のクラス分けなどに使われているものなので、結果がTOEFLとしての正式な記録にはなりません。学生などの方でどうしても他に書くものがない場合のみ、「TOEFL ITP ○○点(677点満点)」と記入しましょう。 「TOEFL iBT」は、試験時間が4~4時間半と非常に長く、その分正確にリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの能力を判定できます。「英語で授業を受ける」ための能力を測るため、ビジネス英語に特化したTOEICなどに比べると転職でのアピール度はやや劣ります。 しかし海外での知名度・信頼性は非常に高いので、海外企業や外資系企業に応募する場合は受けてみてもよいでしょう。 受験料 230USドル 試験時間 4~4.5時間 受験者数 非公開 合格率 0~120のスコアで判定 試験日 年間30~40回(主に土日) 試験地 全国各地の会場にて実施 試験内容 PCでの択一・記述およびマイクに向かって口頭で回答

まとめ

転職・就職に有利な英語資格の一覧です。これから英語の資格を取ってみようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。