[30歳の転職指南!]未経験、無資格から正社員の目指し方!

大学を出て就職をしたが、いろいろな事情で転職に踏み切る男性・女性がいます。同じ会社で長く勤めた方が面倒さを考えるといいのですが、給料などの将来性や職場環境などを考えて転職に踏み切る30歳独身、既婚者が多いのが現状です。職や価値観の多様化が原因で、資格を取得するなどして、より自分に合った働き方を求めて正社員探しをする人が多いです。資格を取得するなどのキャリアアップやスキルアップは当たり前の時代にあると言えるでしょう。

30歳女性の転職1:仕事はどれもきつい

30歳女性の働き方をみますと、ちょうど子育ての最中で、パートに出ている方が多いでしょう。また、独身女性の場合には、終電で帰ったり、仕事を趣味のようにして働いたりしていた20代から、そろそろ結婚のことも考えて20代の働き方を変えようという決心で転職される方もいます。いわゆるトーンダウンです。同年代の男性とは少し事情が違います。そうなると転職先は長時間労働のない会社ということになります。 『私は、28の時まである食品会社の事務をしていました。事務と言っても簡単なものではなく、経理からクレーム対応まで幅広い仕事内容でした。30歳が近づき、腰痛などの持病で、退職を考え始めましたが、社長さんからも「君にしかできない仕事だ。ありがたい。」というお言葉で、何とか続けてきましたが、結局辞めることにしました。 30歳になり転職先を探していますと、事務系の仕事で「残業なし」という求人があり、早速応募しました。採用担当の方に以前の勤務の過酷さを話し、「事務の知識とスキルは十分あるので前向きに考えます。」というお言葉をいただき、ほぼ決まったと思っていたのです。しかし、結果は「否」でした。何が理由かはおっしゃっていただけませんでした。』 この方の「否」の理由で考えられるのが、「きつい仕事が嫌だ」というように採用側が受け取り、もっとやる気のある人が欲しいということだったのでしょう。30歳女性の会社の面接で「仕事がきつくて転職を考えた」という方がいます。これは、採用担当者にとっては「うちの会社に来てのんびりしたいのか。」という誤解を招きます。30歳女性がトーンダウンして転職する際には、「前職の仕事がきつくてこの会社に応募しました。」ということは絶対に言ってはいけないことです。

30歳女性の転職2:資格なしでも

30歳の女性では、履歴書に「特に資格なし」という女性も多いです。子育てや仕事で資格を取る暇もなかったということでしょう。これもマイナスの要素です。20歳代でどんな事情があるにしても、転職の際には、応募する職種に特化した資格は欲しいものです。しかし、それに代わるものがあれば採用担当者の思いを変えることができます。 『私が福祉関係の仕事に転職をしたのは、ちょうど30歳の時です。資格もない、会社で正社員として働いた経験も少ない・・・そんな中で転職ができるのか不安でいっぱいでした。面接のときに「履歴書の資格欄に何も書いてありませんが、資格はお持ちではないんですか。」と聞かれ、「私はまだ30歳ですので、もしご採用いただいたら、介護の資格を取得するつもりでおります。 ちょうど、御社では研修期間が3か月と書いてありましたので、その間に勉強させていただきます。一生懸命勉強をして、一生懸命働かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」そんな風に答えたのを覚えています。私の挑戦は「合」でした。今、ちょうど介護福祉士の免許取得を終え、研修期間の態度が良かったということで、いきなりリーダーという立場にしていただいています。会社側のお考えは「30歳という若さと、あなたの懸命さがあったからこそリーダーなんだよ。」とおっしゃっていただきました。』 この方のように「資格はありませんが、必要ならば働きながらでも取得します。」という意気込みは大切です。採用担当者に伝わるあなた自身の熱意です。あるデザイン関係の会社では、色やデザインに関する資格を、入社後に取得してもらうようにしています。この場合、勉強費用や受験料などを会社が負担してくれるというところもあります。

30歳男性の転職1:あるきっかけで

正社員として就職をしたい・・・こんな思いでいつの間にか30歳になってしまったという男性もおられるでしょう。その時によく感じるのが、年を重ねるごとに求人も減ってくる、また、正社員として働いている男性・女性に比べると、独身だとしても給料はもらえないということです。アルバイトという時給もらえるお給料は知れています。 『私が30歳にして正社員を目指したのには理由があります。友人の結婚です。結婚して家庭を持った友人に刺激を受けたからです。私にも彼女はいます。私も彼女もフリーターとして働いてはいますが、体調を壊してはお給料が安くなり、医療費もかかり、二人して結婚はまだまだ先かなと話していました。 そんな私が、「いや、ちょっと待て!」と自分自身に言い聞かせるようになったのです。彼女も30歳、今のままではだめだと、友人が決心させてくれました。私には、これといった資格もなく、求人先を探しても「○○資格所持者優遇」と書かれた求人をよく目にしました。そんな時、ある飲食関係の仕事で、「やる気のある人求む!」という求人が目に留まりました。 私のとりえはやる気だ!と思っていましたから、さっそく応募しました。面接では「やる気ではだれにも負けません。」と、大学時代からアルバイト経験を含めて、私なりに自信たっぷりに話しました。それが功を奏したのでしょうか。見事に採用していただいたのです。今では、チェーン店の店長をして、少ない社員と大勢のアルバイト相手に「どこにも負けない店づくりに励んでいます。彼女との結婚も近づいたと思っています。』 友人が家庭を持ったことに刺激を受けられ、自分もそろそろ彼女のために頑張らないといけない、そんな思いがきっかけとなり、自身の強みを生かして今や立派な正社員として、未経験のお店の店長をされています。未経験でもやる気さえあればできるという仕事は、男性、女性に限らず結構あるものです。

30歳男性の転職2:管理職候補として

まだまだ若い30歳男性でも、店長などの管理職候補としての求人は多いです。しかし、採用側にすると、正社員経験者を優遇します。もし、未経験ならば、この方のように、自分の強みを最大限にアピールする方法を考えることです。学生時代のリーダー的な取り組みやアルバイトでのリーダー経験などでも、採用担当者に伝われば採用してもらえます。

30歳転職未経験者の転職1:30代で一番若い30歳

30歳はまだまだこれから伸びる要素を持った年齢です。30歳になって今まで未経験の仕事に挑戦しようと思っている方もあきらめてはいけません。30歳の男性も女性も未経験の仕事に転職するうえでの留意点をしっかりとつかんでおけば問題ありません。30歳の転職は「30歳代のトップ」と考えてもいいでしょう。 30歳の転職では、男性でも女性でも未経験であっても即戦力としての活躍を求められることが多いです。ただ、事務系の仕事から飲食業への転職では即戦力とはなりえないでしょう。このギャップを埋めるためには、これまでの人生経験や社会人としてのキャリアの中で、あなた自身が転職先で生かすことのできるところをアピールすることです。

30歳転職未経験者の転職2:長期化も覚悟して

未経験者として転職する場合の転職活動は、仕事をしながら行う場合と、一旦会社を退職してから転職を行う場合があります。それぞれの場合で留意点があります。 ・仕事をしながらの転職活動の場合 仕事をしながら転職活動をする場合には、会社に退職時期をきちんと伝えてから行うようにします。突然の退職は許されません。ビジネスマナーとしてもそうですが、会社の就業規則などにも明記されている退職手当にも響いてきます。また、仕事をしながらの転職活動ですから、会社側に迷惑の掛からない配慮もいるでしょう。 ・一旦退職してから行う転職活動の場合 一旦退職すると会社には迷惑は掛からないのでスムーズに転職活動を進めることができます。ただ、仕事をしながらの転職活動とは違って、転職活動中は無給状態になります。車のローンや家計に影響が出ることは間違いありません。お金に余裕のある独身男性・女性ならいいですが、家庭を持っている方は十分に計画的に転職活動をしなければいけません。 さらに、未経験の場合には、経験者の転職と違って難関になることも覚悟しておく必要があります。転職活動が長期化し、結局アルバイトをせざるを得なくなったという方もおられます。 『私は、通勤の関係で、転職先が未経験の仕事でした。この会社に決まるまでには大変な思いをしました。きちんと退職日を会社に伝えて転職活動をしていたのですが、なかなか思い通りにはいかず、「否」という通知を3度ももらってしまい、約3か月間無職の状態が続いたのです。 未経験の私が応募をしても、「少しでも経験していてくれれば・・・」という回答でしかありませんでした。未経験者は難易度が高いとあらためて知らされ、私の転職活動は長期化してしまいました。転職先が決まらないと経済的にも苦しくなり、ストレスもたまり散々だったのです。男性でも女性でも絶対に退職までに転職先を決めなければならないと思いました。』 30歳未経験者の転職の大きなポイントは以下の二つです。 ・20代で培った知識やスキル、政権、実績をどうアピールするか ・未経験の仕事への応募の場合には、転職先を絞らずに、応募する会社に自分自身の熱意を十分にうったえること

30歳独身の転職1:即戦力

30歳独身では、男性も女性も一つの転機に差し掛かります。今の仕事を続けようか、未経験でも転職を考えようか、免許も資格もないが、正社員として雇ってくれるところはあるだろうかというさまざまな思いが錯綜するようです。独身は自由・・・こんなことを考えながら、転職活動をしている方も多いでしょう。30歳独身の方の成功談や失敗談をご紹介しましょう。 『私は、30歳は即戦力として期待していると言われA社に転職を決めました。採用された当初はやる気いっぱいでした。今、業務内容が以前と全く違っていることがわかり、それを覚えることに必死な毎日を送っています。会社側は「独身だから多少は無理を言える」という考えのようで、またまた私の転職活動が始まりそうです。』 即戦力という言葉は、非常に響きが良く、会社側がよく使う言葉です。未経験者でも即戦力として期待しているという会社側の言葉の裏には、「何年かして」という思いが潜んでいるのです。「何年かして即戦力として期待している」ということです。未経験の業務なら何年かの修行は当たり前のことですが、独身であるあなたに期待を寄せていることは事実でしょう。

30歳独身の転職2:残業で悩んで

『私は前職で残業に悩まされて転職を決心しました。男性も女性も、私のような独身も家庭を持つ人も関係なく残業していました。それが原因でストレスが溜まり、軽いうつ状態になったこともあります。社員さんのモチベーションは低く一人としてやる気の感じられない会社でした。 結局転職を決意し、新たな職場(未経験の分野)で働くことにしたのです。お給料は幾分減りましたが、体調も戻り、生き生きとして働くことができています。独身の私だからこそできたことだと思いますが、転職先も同じようだったらどうしようという不安があったことは事実です。』 残業が多くストレスが溜まって転職をするという方は、男性、女性を問わず多いです。ただ、この方のように、転職成功!という方は稀でしょう。何らかの不満要素はついてくることはわかっておいてください。会社によっては「残業なし」と言いながらも、残務処理で残業、文句を言うと「仕事が遅いからだ!」という会社もあるようです。

採用担当者から30歳転職者を見た視点

ここまで、30歳の転職に伴う男性、女性、未経験者、独身とみてきました。まとめとして、30歳で正社員として転職するためのコツをご紹介します。これについては、採用担当者の視点でご紹介します。 『私は、介護関係の会社で採用担当をしています。30歳という区切りで転職を考えられて応募してくる方もおられます。やる気いっぱいで新たな分野に挑戦する方、結婚を機に正社員として応募してくる方、あるいは経済的な理由で正社員を望まれる方など応募されてくる方はさまざまです。 採否の一番のポイントは、何を目的に応募されてきたかということです。男性でも女性でも関係なく採用はしていますが、特に家庭を持っておられる方の切実さはひしひしと伝わってくることが多いです。ある面接でこんな方がおられました。「なんとかお願いします。未経験ですが独身の人には決して負けません。」と言われました。 介護の仕事ですから、資格は欲しいところですが、私のところでは、事務や調理としての採用だけではなく、資格なしでも指導によって補助的な仕事もしてもらっています。もちろん、介護に直接関わる場合には、資格を取得していただいていますが。 中にはフリーターとしてアルバイトばかりの経験を持った独身者もおられました。その方は「もう30歳だと気づいて応募しました。」と言われていました。自分が若かったころに比べてなんと呑気な人なんだろうとも思いましたが、多くの求人の中、うちを選んできてくれているのでありがたく思ったものです。 私の選定の基準は、もちろん会社の事情もありますが、この人なら、この部署で近い将来リーダーになってくれるだろうということです。男性でも女性でも、資格がなくても未経験であっても、また独身でも家庭を持っていても、この職場で与えられた業務に一日でも早く慣れる(知識を得る、スキルを身に付ける、順応する)人です。』

[30歳の転職指南!]未経験、無資格から正社員の目指し方!まとめ

いかがでしょうか。30歳、未経験でも無資格でも正社員を目指すことができます。ネット上にあふれている転職サイトを当たってみるのもいいでしょう。30歳のあなたを求めている会社は必ずあります。また、街で見かける就職情報や地域コミュニティ新聞などをみて実際に転職先を探してみるのもいいでしょう。必ずあなたに合う職場が見つかるはずです。