転職で勇気が出ない時の対処法・勇気を付ける方法

社会人として何年も経験を積んできた人であれば、何回かは「勇気を出し今の仕事を辞めて、別の仕事に就きたい」と転職を考えたことがあるのではないでしょうか。ですが、勇気が出ずに「今の環境でもなんとか頑張れない訳ではないし、転職はやめて、もう少し頑張ってみようかな」と自分に言い聞かせ、そのままでいる人も少なくはありません。 「辞めたいな、どうしようかな」という気持ちを抱えながら仕事を続けていくことは勇気を出すよりもつらいことですし、あなたの周りの人にも嫌々働いているようすは伝わってしまいます。こんなもやもやした気持ちを吹き飛ばし、勇気をだすにはどうしたらいいのでしょうか。

最初に考えるべきことは2つ

転職を考えたときには、まず「10年後の自分が今の仕事でどのように働いているか」をイメージしてみましょう。思い浮かべてみて、自分の理想とする働き方やそれに近い働き方ができているかを確認してみてください。 10年後というとあなた自身の仕事以外の環境もかなり変わっていますし、仕事でもある程度のキャリアを積んでいるころです。 今あなたがどんなに「勇気を出して転職したい」と考えていたとしても、それが仕事を始めたばかりの新人期間中のためであれば、今後のあなたの頑張り次第でキャリアアップし、将来希望する仕事を任せてもらえる可能性があります。今の仕事を頑張ることで経験やスキルを高められ、理想とする未来に近づけるのであれば、今は現在の仕事を頑張ることをお勧めします。

不安な気持ちになってしまうのはなぜ?

転職サイト「DODA」が5000人に対して行った調査でも、転職を考えているが行動できていない理由として「不安」が多く、「勇気」がでないことを挙げています。では、なぜ転職を考えると勇気が出ず、不安な気持ちになってしまうのでしょうか。それには2つの要因があります。

「転職」に不安がある場合

転職には誰しも不安が付きまとい、勇気を出すのを邪魔します。それは、転職先で自分が周囲の人と上手くやっていけるのかであったり、思ったような仕事を担当できるのかといった新しい会社での不安があるからです。 未来については、予知能力がない限り、絶対的な保証はありません。不安を解消し、勇気を出すためには納得して入社できるよう不安の種を少しずつ減らしていくしかありません。このタイプの不安には情報収集して、納得できる材料を少しでも増やしていくことが大切です。

信頼できるアドバイザーを見つけよう

もう1つ情報収集を行っていく上でオススメの情報源があります。それは、勇気のいる転職を専門とする「転職アドバイザー」に相談することです。転職アドバイザーはあなたの今後の人生、これからの希望を広く視野に入れて最適なアドバイスをしてくれます。 転職サイトによっては無料で転職アドバイザーに相談できるところもありますので、ぜひ相談してみてください。また、アドバイザーによって得意な業界が異なる場合がありますので、何人かに相談して「この人なら」と思える信頼できる人を見つけることがカギとなります。

まとめ

勇気を出して決断ができたら、後は突き進むだけです。今までしてきた準備や、これまでずっと持っていた「もっと理想とする働き方に近づきたい」という熱い気持ちを胸に自分を信じて行動することが大切です。