30代の転職事情

世の中にはたくさんの企業や職業があり、それぞれに向き不向きというものがあります。自分のやりたい仕事が必ずしも自分に向いているとは限りませんし、入りたかった企業が理想とは違っている場合もあります。 その企業や職業で続けていくことが難しくなれば転職を考えるのも一つの方法ですが、一般的に30代での転職はラストチャンスであると言われています。若いうちであれば転職にも積極的になれましたが、30代になれば転職に迷いが出る人も多いです。もちろん迷いなく転職を行う人もいますが、多くの人が転職で躊躇するのが30代です。 30代では色々な悩みが尽きず、転職に踏み切るのも勇気が必要になりますが、実際の30代の転職事情はどのようなものなのでしょうか。

30代は転職のラストチャンス

一般的に30代は転職のラストチャンスと言われています。日本の定年基本的には60歳であり、30代を超えると働ける期間よりも定年までの期間の方が近くなってしまうからです。一口に転職と言っても様々なパターンがあり、同業種で転職する場合もあれば、全くの未経験の業種に挑戦する場合もあります。 未経験での転職の場合は特に成長に時間がかかりますので、30代での転職は厳しくなりますが、同業種での転職の場合もハードルは高くなります。同業種での転職でも能力はあってもそれが転職先の企業で発揮できるは限りません。 同業種でも企業ごとに細かな違いはありますし、それに慣れるためにも時間が必要になります。30代を超えると残された時間が短くなることから30代での転職はラストチャンスと言われています。

30代女性は転職が難しい

30代は転職のラストチャンスであり、男女ともに転職のハードルは高くなりつつありますが、特に女性の場合は転職が難しいとされています。それは30代頃に結婚をする女性が多いです。せっかく転職しても結婚や出産、育児などで辞めてしまう女性もいますし、同じ条件、同じ年齢なのであれば男性の方が優遇される傾向にあります。 もちろん結婚しても仕事は続けるつもりで、それを転職先に伝えたとしても男性有利は変わらないと言えます。結婚や出産、育児は全く悪いことではありませんが、企業にしてみれば転職してバリバリ働けえる人材が抜けてしまうのはかなりの痛手になります。 転職にもコストがかかりますので、企業も慎重になり、女性の採用に踏み切れない場合も多いです。

キャリアを積むのが難しい

30代での転職はラストチャンスではありますが、男女ともにそのハードルが高いと言えます。ハードルが高いため転職しようと思ったからと言って誰もがそれに成功するとは限りません。また仮に転職に成功した場合でもそれが必ずしも自身にとって幸せな結果になるとは限りません。 転職をすること自体も大きな賭けであり、さらにそれが最後のチャンスでもありますので、30代での転職は良い意味でも悪い意味でも人生を左右する分岐点となります。30代の転職で成功する人もいれば当然失敗してしまう人もいます。 しかし30代での転職はどのような結果になれば失敗で、そのような成果を得ることが出来れば成功であると言えるのでしょうか。

30代で転職のチャンスを掴もう

30代の転職事情や30代での転職での後悔、転職を成功させるための方法などを紹介しましたが、30代での転職は人生を分ける転職になりますので、焦らずにじっくりと行うようにしましょう。 30代の転職で焦ってしまうのは時間がないと思うからです。時間のなさに焦らないためには事前に準備を進めておくことが大切です。転職活動は非常に大変なもので、仕事と両立して成功させるのは難しくもあります。 しかし難しいからこそ焦りは禁物です。焦っても良い結果は出ませんし、失敗してしまう可能性も高いです。30代の転職はラストチャンスと言われていますので、本当に最後のつもりで後悔のないように転職を進めていきましょう。