年収から手取り額を計算する方法と代表的な手取額早見表

年収から手取り額を算出することはできます。まず、各々の言葉の意味を具体的に説明します。年収に含まれる主なものは以下の項目です。

・基本給 ・時間外手当 ・休日出勤手当 ・深夜手当 ・役職手当 ・食事手当 ・出張手当 ・通勤手当

会社によっては、会社独自の手当があるでしょう。年収とは、基本給とすべての手当を加えた一年間の総額です。手取り額とは、各種手当を引いて実際にもらえる金額です。

年収と手取り額は違う

年収(総支給額)と手取り額は違います。税法によって、所得に対して税金がかかるようになっています。所得に対してかかる税金は収入で決まります。平成29年4月1日現在法令では、年収が195万円以下では税率が5%に対し、4000万円を超えると税率が45%にもなります。

税率は、195万円以下から4000万円以上までの7段階に区分されています。他には、社会保険料も年収から引かれます。引かれる額も収入によって異なります。一週間の労働時間によっては、社会保険に入らない会社もあるでしょう。その場合でも収入に応じて所得税は引かれます。

年収を知るにはどうすればいい

年収は、会社から毎年「年末調整の時期」にもらう、源泉徴収票でわかります。源泉徴収票の「支払金額」が年収額です。額面と言うこともあります。 源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)は、給与等の支払い者が雇用者に払った支払総額と、所得税額を証明する書面です。給与の支払い者は、雇用者に源泉徴収票を必ず渡すようになっているので、もらっていない場合は会社に請求してください。

手取り額を予想して賢くお金を使おう

来年の正確な手取り額を算出することは、難しいかもしれませんが、ある程度の額は説明した計算方法で分かります。年収を基本に、手取り額がある程度予想できたら、計画的にお金を使うことができるようになります。

来年度に子供の入学式があった場合は、大きな支出が予想されます。入学金・服装・学費等は、簡単には出せない額です。そのような時は今年度の実績から、来年度の手取り額を算出したらいいでしょう。 手取り額から大きな支出額を引いた額で、やりくりしていけばいいのです。ある程度の手取り額の予想額が分かれば、計画を立てやすくて、むやみやたらに頭を悩ますことはありません。物事を上手に進める第一歩は計画性です。