「公務員」と「民間」の違い・ 公務員と民間の関係(併願・転職)

就職活動をする時に皆さんも一度は公務員するか民間にするか考えた事があるでしょう。そもそも公務員と民間の違いとは何でしょうか。簡単に説明すると公務員とは国に奉仕する事が仕事であり、民間は価値・物・サービスなどを提供して対価を得る事が仕事です。 また、公務員は犯罪に手を染めなければ簡単に解雇されないため、身分の保証もされています。民間では企業の業績が悪化すると解雇される可能性はありますが、努力次第で自分の能力を上げる事ができ、それを会社に認めてもらう事ができます。 公務員と民間どちらがに就職する方がいいのでしょうか。ここでは公務員と民間の違いをカテゴリーごとに紹介します。

転職できるか?

働いて月日を重ねていくと考え方が変わったり、経済状況であったり、色々な事が重なり転職を考える人もいるのではないでしょうか。その場合、公務員で働いていて民間への転職する、逆のパターンで、民間で働いていて公務員への転職することが可能です。 しかし、転職する際は注意が必要です。公務員にも民間にも年齢制限があります。民間は熱意があれば多少の融通が通る可能性がありますが、公務員は募集年齢を超えていると採用にはなりません。 転職は自分の勤め先を変更する事なので転職先の募集要項は必読し分からない部分は事前に問い合わせてしっかり準備をする事が大切です。

両立できるか?

公務員と民間の両立はできるのでしょうか。どちらかに就職をすると当然両立できませんが働く前の就職活動時に両立する事はできます。 両立する場合は上記の併願の部分でも記載したように、いかに効率的に試験勉強や面接対策に時間を使う事ができるかが重要になってきます。両立する事は大変な事ではありますが、やり遂げる事ができれば、時間の使い方が上達しスキルアップにもつながるでしょう。

公務員落ち民間

公務員は経済状況にあまり左右されない事もあり現在でも人気がある為、倍率も高い傾向にあります。公務員の試験に残念ながら落ちてしまい次年度に再度チェンレンジする人もいるでしょう。 また、公務員の試験に落ちて民間に就職する人もいるでしょう。民間は公務員に比べると圧倒的に募集件数も多い分採用の時期も分かれています。公務員試験で勉強した内容は必ず民間企業での試験や面接時でも役に立ちます。 公務員試験に落ちて民間企業で働く人の中にもやりがいを見つけ充実した日々を過ごしている人も沢山いますので、公務員志望の人も民間企業に目を向けてみてもいいでしょう。

民間経験者採用

民間で働き公務員になりたい方もいます。募集要項の中には民間経験者採用と記載されているものもあるので確認してみてください。民間経験者採用の枠は年齢制限の幅が広くなっている傾向があります。

公務員と民間はどっちがいいの?

公務員と民間はどちらがいいのでしょうか。 公務員にも民間にもそれぞれの良さがあります。真面目で正義感の強く、もっと国を街を良くしたい、と心から思える人は公務員が良いでしょう。 他人との競争が好きで、もっと自分の力を試したい、もっとお給料がほしい、などは民間に向いているでしょぅ。