戸籍謄本と戸籍抄本の違い・目的別の選び方

「戸籍謄本」「戸籍抄本」という書類をご存知ですか?名前の違いからでは、どこがどのように違うものなのかわかりません。ですが、さまざまな場面でこの「戸籍謄本」「戸籍抄本」を提出しなければならないときがあります。 どのようなときに「戸籍謄本」が必要なのか、「戸籍抄本」でもよいのか、わからないときもあります。そこで、「戸籍謄本」「戸籍抄本」の違いや、どのようなときに必要になるのかなどを詳しく紹介していきたいと思います。

戸籍

「戸籍」は、日本国民であることの証明のようなものです。「戸籍」には、その人が出生してから死亡するまでのさまざまな事項が記載されています。これを「戸籍原本」といいます。「戸籍原本」には、いつどこで出生したか、誰と誰の子供なのか、いつ婚姻したのか、子どもは誰なのか、いつ死亡したのか、などその人の記録が細かく記載されています。 この「戸籍原本」は、本籍地の役所で管理されています。「戸籍原本」は役所から持ち出すことができないため、私たちが手続き等に「戸籍」が必要になったときには、この「戸籍原本」の写しを交付してもらうことになります。それが「戸籍謄本」「戸籍抄本」です。

戸籍謄本・戸籍抄本の原本

必要書類に『「戸籍謄本」の原本』などと書かれていることがありますが、少しわかりにくいので説明します。もともと「戸籍謄本」「戸籍抄本」自体が「戸籍原本」の「写し」のことです。なので実際には「戸籍謄本」「戸籍抄本」の「原本」は存在しません。「原本」の意味は、「コピーしたものではない」ということです。 手続きの中には「住民票のコピー」などでも行えるものもあるため、こうした表記になっているようです。このように紛らわしい表記もあるため、「戸籍謄本」「戸籍抄本」は「戸籍原本」の「写し」という言い方をします。

記載事項

「戸籍謄本」と「戸籍抄本」で違うのは、記載されている内容です。「戸籍謄本」は、その戸籍に入っている全員に関する事項が記載されたものです。一方「戸籍抄本」は、戸籍に記載された一個人の部分を抜粋したものになります。簡単に言うと、「家族全員分か、1人分か」ということです。 また、戸籍の電算化(戸籍情報を磁気ディスクに記録すること)が済んでいる自治体では「戸籍謄本」を「戸籍全部事項証明書」ともいいます。「戸籍抄本」は「戸籍個人事項証明書」といいます。

戸籍謄本と戸籍抄本について

「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の違いについて、ご理解いただけましたか?手続きの内容によって「戸籍謄本」「戸籍抄本」のどちらが必要になるかなど、かなり複雑ですが、記載事項の違いが分かっていれば、どちらがいいのかの見当はつくでしょう。どちらか一通、などの表記があっても、手続きの内容次第で使い分けられます。 手続きに際して書類を準備するときには、「戸籍謄本」「戸籍抄本」の違いを踏まえ、注意深く確認するようにしましょう。