UターンとIターンの違い・Uターン/Iターン希望者の求人情報

「Uターン」「Iターン」という言葉は、就職活動や転職活動の時によく目にするでしょう。ビジネス用語のひとつで、Uターン就職、Iターン現象などと言ったりもします。

当たり前のように使われている言葉ですが、その意味をどれだけ正確にわかっているでしょうか。就職・転職を考えている方、周りにそのような人がいる方は、この言葉の意味をしっかり把握しておきましょう。

Uターンの意味

Uターンとは、そのままの意味だと「行って戻る」になります。行動の軌跡がUの字のようになることからそう呼ばれています。 では、「Uターン現象」とは何でしょうか。デジタル辞書コトバンクによると、 「Uターン現象【ユーターンげんしょう】 大都市から地方への人口還流の一つで,地方から大都市へ移動した者が生れ故郷にもどる現象。高度経済成長期の後半に入った1970年ごろから大都市の過密化(過疎・過密)による環境悪化が顕在化し,大都市圏から農村への人口流出が目立つようになった。」

Iターンの意味

では、Iターンとは何でしょうか。 I ターン もともと都市部に住んでいた人が、地方に移住し定職に就くこと。 〔行動パターンを U ターンと同様にたとえたもの〕 そもそも「ターン」はしていないのになぜIターンなのか。それはUターンから派生した言葉だからです。行動の軌跡が一方向のみなのでIターンと呼ばれます。 ちなみに、地方から都市部へ移住もIターンになります。最近は都市部から地方への移住というパターンで使われることが多いので、そちらを意味することがほとんどです。地方出身者が都市部に進学・就職して、地元に戻ればUターンですが、地元ではない地方に就職・転職した場合は、Iターンになります。

Uターン・Iターンを歓迎・促進している自治体情報

東京でも行われている

東京にも、Uターン・Iターンの求人は多数あります。大手就職・転職サイトで、U・Iターン者向けの求人を出している都内の企業を検索してみてください。 また、東京の西の方には自然豊かな場所もありますので、都心からそこに移住しその近辺の企業に就職すればそれは立派なIターンです。 田舎に住みたいけど都心からあまり離れたくない、という人には、そんなU・Iターンもおすすめです。