面接で答えられない質問の対処法|面接の質問に答えられないで受かるケース

面接をしていて一番困るのが質問に答えられないということです。どれだけ綿密な準備をして面接に臨んだとしても把握しきれないことは当然ありますし、想定外の質問をされる場合はあります。その場合にどう対処できるかで面接官の評価は変わってきます。

正直に答えられないと答える

面接で答えられない質問をされたときに一番無難なのは正直に答えられませんと言うことです。面接官が面接の質問で求めているのはその質問に対する答えではありません。その質問に対して、どう答えるのか、どういう思考の過程を通りその答えを導きだしたのかということから、あなた自身についてを知りたいのです。 面接官は答えを知りたいのではなく、あなたがどんな人間なのかを知りたいので正直に分からないと答えましょう。答えられることがもちろんベストですが、少なくとも嘘を言わない正直な人だということは伝わり、悪い印象にはならないでしょう。

考える時間をもらう

質問されてすぐには答えられないと思った場合は考える時間をくださいと申告しても構いません。面接の時間は限られていますので、30秒や長くても1分ぐらいまでにしておきましょう。答えようとする姿勢を見せることで誠意が相手にも伝わるので、少し考えれば答えられそうだという場合は考える時間をもらいましょう。 注意したい点として考えた結果答えられるということが前提です。答えるのに情報を必要とする質問の場合は知らなければいくら考えても分からないので、その場合は素直に分からないと答えましょう。時間をもらって考えたのにやっぱり分からないという答えでは面接官の評価を下げてしまいます。知識についてではなく、シチュエーションについて問われ、あなたはどう思いますかという類の質問の場合のみ、即答できなければ時間をもらうようにしましょう。

面接に集中できる環境づくりを

面接は準備が大事です。あらゆる質問に答えられるように準備するのももちろんですが、面接に集中できる環境づくりも立派な面接の準備になります。面接に遅刻したり、忘れ物をしたりして面接に集中できなかったということはもってのほかです。また体調の管理もしっかりとしておきましょう。面接以前の部分で失敗しないように日々の生活を見直しましょう。 面接は人を見る場です。質問に答えられなかったとしても人柄として充分に魅力的だったり、能力が認められれば受かる場合はあります。また質問に対する反応だけではなく、面接に臨む姿、態度からも判断されますので、会場に向かうときから面接を終えて家に帰るまで気を抜くことのないようにしましょう。