内定辞退の怖い話やエピソード|内定辞退の電話が怖いときの対処法

内定辞退をするときの怖い話

内定辞退すると、どのような反応をされるのかが、気になりますよね。企業の採用担当の方から、お説教をされるのか。それとも、事務的な手続きで終わるのか、それは企業によって様々です。 ここでは、内定辞退の際の最悪を想定します。今回は、内定辞退をした時の怖いエピソードをご紹介いたします。

内定辞退の連絡をした後に「内定通知を返しに来い」と言われる

ある地方の証券会社に内定を頂いた学生がいました。その学生は、その企業が第一志望であったため、そのまま内定承諾書を出して、就職活動を終わらせようとしました。 しかし、内定後やはり大手銀行への夢が諦められず、大手銀行の秋採用があることを知り、その学生は内定辞退を選択しました。内定辞退の連絡をその会社にすると、「内定通知を返しに来てほしい」と言われて、その学生は、郵送で済ませたかったものの、相手方の怒りも納まらないので、自腹でその地方の本社まで、その学生は行きました。 そして、採用担当者から、内定辞退の理由を根掘り葉掘り聞かれ、また内定辞退の撤回をさせるべく長時間の説教をされたそうです。その中で、「君のために何人の学生が涙をのんだのか」などとプレッシャーをかけられました。 このように、内定辞退をしようとする学生を囲い込もうとして、一度会社に呼び出し、内定辞退を撤回させようとすることは、企業としては常套手段です。 また、内定辞退をする際には、どれだけ多くの学生がその企業の選考に落ちたのか、そして、企業もどれだけのコストをかけて、採用したのかを考えなければなりません。だからと言って、それをプレッシャーに感じて、内定辞退を躊躇する必要はありません。それらを踏まえて真摯に対応することが、大切になってきます。

内定辞退の連絡は怖いが勇気を出して連絡を行うことが大切

内定辞退の連絡を行うことは、とても勇気のいる事です。また、連絡をした際に怖い思いをすることもあるかもしれません。そのため、内定辞退の連絡を躊躇される方もいる方や電話をせずに手紙を送る方もいるかもしれません。 内定辞退は就職活動を行う最後の過程です。最後は、内定辞退の連絡を円滑に進めて就職活動のフィナーレをきれいに飾れるようにすることも大事です。 また、あなた達の通う大学の信用や名誉を損なわないためにもそして、あなたの後輩のためにも、円滑な内定辞退は大切になってきます。企業もあなたの将来性や今後を見込んで採用をしています。それだけ大きな期待をして採用をしていることにつちても汲んで内定辞退の連絡をして、真摯な対応をすることが大切になってきます。