「やりがいのある仕事がしたい」という時の効果的な志望動機の書き方

初めての就職活動にせよ、転職活動にせよ、履歴書や職務経歴書の中で必ず書くことになるのが志望動機です。そして、新たな社員を選考する場合に、最も重要視されるものの1つが志望動機と言って良いでしょう。そのため、志望動機を書くときに手を抜くことは許されません。 また、それはアルバイトへの応募であっても同じです。就職活動や転職活動のときほど明確で出来の良い志望動機は求められないかもしれませんが、かといって手を抜くことはできません。手を抜いてしまったが最後、貴方の中にある情熱や個性が選考員に伝わらず、貴方が落とされてしまう可能性があります。 しかし、志望動機の内容については、多くの人が頭を悩ませるのも事実です。そもそも志望動機に何を書けば良いのかは簡単にはわかりません。その中でも、志望動機の中にやりがいを感じる仕事がしたいと書いて良いか否かは大きな問題です。 やりがいのある仕事がしたいと書いて良いのか…そもそも、やりがいのある仕事って具体的にはどんなものなのだろうか…やりがいのある仕事をしたいと思うことは至極当然のことなのではないだろうか…。と思う事もあるでしょう。 今回は、漠然としていて厄介な、やりがいのある仕事がしたいという気持ちを志望動機にどのように書くかということに、焦点をしぼってご紹介します。

多くの人が頭を悩ませがちな「志望動機」

志望動機をどのようなものにするかについては、実に多くの人が頭を悩ませています。志望動機が選考において重要な役割を果たすため、プレッシャーを感じて頭を悩ませることもあれば、そもそも自分の志望動機が自分自身ではっきりと理解できていないためでもあります。 ここでは、志望動機に何を書くべきなのかを改めて考えてみましょう。それにより、やりがいについて書いても良いのかがわかります。

何でも素直に書けばいいわけではない

その仕事を選んだ理由に立ち戻るべきだと書きましたが、何でもかんでも素直に書けば良いというわけではありません。 例えば、その仕事を選んだ理由が、家から近かったためである場合、それを素直に志望動機に書いてしまうのはあまりに短慮でしょう。それを読んだ選考員としては、近ければどこでも良かったのか…との印象を受けるはずです。 そのため、志望動機が実際にどんなものであろうとも、それを伝える相手の視点に立った記載を心掛けることは重要です。それを実現するには、選考員に悪い印象を与えてしまうような志望動機は心の中にしまっておいて、好印象を与える志望動機を心の中から探すようにしましょう。

仕事について調べた過程で得た思いについて書く

応募しようかと思う仕事を見つけた後は、その仕事について詳しく調べるのが常です。その仕事について、なるべく深くまで知り、それが本当に自分の望む仕事なのか判断しなければなりません。 その過程で、その仕事について、当初は気がつくことのできなかった部分を発見し、それを魅力的に感じることができたのであれば、志望動機にはそれらの過程で得た思いを書きましょう。それが新たに発見した魅力はやりがいに繋がりやすい要素です。

仕事を魅力的に感じたスタート地点と過程を意識しましょう

このように、志望動機の内容を考える場合は、応募する仕事を魅力的だと感じたスタート地点とその仕事について調べていく過程に着目すると頭の中が整理されます。 貴方がどのような経路で、その仕事への応募を決めたのかという点をわかりやすく書くことはとてと好印象でしょう。 そして、その経路の中には必ずやりがいの記載のヒントとなる要素が隠されているはずです。

まとめ

これを参考にご自身の志望動機を今一度確認してみて、時間をおいて何度も練り直すことで志望動機は良いものが書けるようになります。 その中で、やりがいを感じた理由をしっかりと選考員に伝えてください。しっかりと伝われば悪い結果にはならないはずです。