内定延期をしたい場合の対処法|メール/電話での伝え方・伝える時期

キャリア/就活

企業から内定通知をいただいたあと、一般的には内定承諾書や入社承諾書というものを提出することになります。内定承諾書・入社承諾書とは、その名の通り「正当な理由がある以外は必ず入社します」という内容の書類です。これら内定承諾書・入社承諾書は、企業にとって「書類上の約束の取り付け」のような位置づけであり、この内定承諾書・入社承諾書の提出に法的な拘束力はありません。つまり、この書類を書いたからといって、必ず入社しなければいけない、ということではありません。

しかし、通常は内定承諾書・入社承諾書は2週間~1ヶ月を目安に提出期限が設けられています。もちろん提出期限は企業によってさまざまです。就活生は複数の企業の選考を受けているため、他企業の選考結果を待ってから内定承諾・入社承諾をしたいと考えるのが普通ですよね。

そこで、内定をいただいた企業に内定承諾書・入社承諾書をすぐに提出できない場合に「提出期限の延長」を依頼することになります。これが内定延期と呼ばれるものです。これによって、いただいた内定は保留したまま、他社への内定のチャンスを無駄にしない、自身の就活にとって最善の選択をすることができます。このような場合、きちんと内定延期の依頼をすれば、多くの企業は入社諾否の返事を待ってくれることが多いそうです。

しかし、企業に対し「ずっと待っていてください」と言えるわけではありませんので、「ある程度の猶予をください」というように、期限を区切る必要があります。

どうやって内定延期をお願いするのか?

先述したとおり、内定承諾書・入社承諾書には法的な拘束力はありません。つまり、企業によって内定承諾書・入社承諾書の取り扱いは違います。また、内定延期についての対応もさまざまです。最悪の場合、内定延期を依頼し、企業側の承諾が得られず、内定取り消しになることもあります。

内定延期を依頼するとき、その理由を聞かれる場合があります。どのような理由で、内定承諾の提出を延ばすのか、事前に想定しておきましょう。内定延期を依頼する場合、気を付けたいポイントがあります。ひとつは「正当な理由で延期を依頼する」、もうひとつは「早めに連絡する」ということです。内定延期を依頼する連絡方法としてメールや電話が一般的ですが、具体的に例文を交えて内定延期の依頼文をみていきましょう。

メールで依頼する

<件名>
Re:選考結果のお知らせ

<本文>
○○株式会社
人事部採用課 ××様

お世話になります。本日〇月〇日に採用内定のご連絡をいただきました、●●です。
この度は内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

大変身勝手なお願いで恐縮なのですが、
報告を兼ねて両親と相談をさせていただきたくご連絡をいたしました。
両親に安心してもらい、理解を得た上で御社での勤務をしたいと考えております。

内定をいただいたにも関わらず大変恐縮なのですが、
来週〇月〇日まで、お時間をいただくことは可能でしょうか。

私事で大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますよう
何卒お願い申し上げます。

氏名:●●
メール:○○@○○
電話番号:xxx-xxxx-xxxx
住所:〒○○○-○○○○
   ○○県○○市○○町○○番地

常に「お願いする」という姿勢で

「他企業の選考結果を待ちたいので」など、それが真実であったとしても、内定をくださった企業に対して失礼になるようなことを伝えるのは絶対にやめましょう。できるだけ低姿勢で、お願いしているということを必ず忘れないようにしましょう。「内定をくださったのは大変ありがたいけれど、どうしても内定承諾を延期したい」というお願いをしている立場なのだということを心がけましょう。

内定延期を上手にお願いしよう

今回の記事では、内定承諾書・入社承諾書の提出期限の延期を依頼するときの電話やメールでの連絡方法やそのほか注意点などをご紹介しました。内定をいただくと、内定を手に入れて嬉しい気持ちがある反面、他の企業の選考結果も気になると思います。「はたして内定先の企業に入社を決めてしまった方がいいのか、それとも他の企業の結果を待つべきか」と多くの就活生が悩むことでしょう。

多くの企業が内定延期を依頼すれば承諾してくれます。しかし、内定延期を受け入れてくれない企業もあるということに注意しておかなければいけません。その場合は、内定辞退をしなければならなくなるケースもあります。

内定延期をお願いするときは、自分の内定を失ってしまうかもしれないというリスクを背負っているということを覚悟しておかなければいけません。もう一度、自分の中で優先順位を考えて、行動に移すようにしてください。そして内定延期を依頼するときは、できるだけ電話・メールの適切なマナーを押さえて、誠実な対応を心掛け、就活に取り組んでいきましょう。