内定辞退をした企業に再応募することは可能?再応募成功の事例

就職活動をしていて、色々な企業を受けることでしょう。とりあえずの内定をもらい、本命の企業に挑んだりして、行きたい企業の内定をもらったら、とりあえず受けていた会社に内定辞退の断りを入れてその企業に行きます。でももし、行きたい企業が自分に合わず、やはり別の企業を受けたいと思った場合に内定辞退の断りを入れた企業に再応募することは可能なのでしょうか。

内定辞退とは

内定辞退とは…公になってはいないが、正式決定の前に採用や役職への就任が決まったものの、本人の都合により内定を辞退する、または取り消すことを言います。内定が出た時点で雇用契約が成立したこととなるため、不履行にあたります。しかし、憲法上の職業選択の自由のもとに保護されているために、求職者が一度得た内定を辞退することが可能となっています。 企業も求職者に内定を承諾した時点で受け入れ準備を行っており、場合によっては損害賠償を求められるケースもありました。あまりぽいぽいと内定辞退を行ってしまってはいけないですし、基本的にはいい顏をされることがありませんので、良い行動ではないです。良く思われない内定辞退ですが、これで再応募はできるのか怪しいです。

内定辞退者って、企業にどう思われてるの?

内定辞退をした人の不安や疑問点として、内定辞退したことをどう思われているのかでしょう。上記では職業選択の自由があり、守られているとは言いましたが、相手も人間です。一度良しと首を縦に振った人間がやっぱ無理。なんて言ってきたのですから良い顔はあまりしないでしょう。 転職者なら即戦力になるとはいえ、こちらも不信感を抱かせていることに変わりはないです。内定辞退は汚点となりますので、第一志望の企業に落ちた、または何かあったんだなと思われますし、前回はこちらの企業になにか気になる点があったのではないか、という風にみられることもあります。 第一志望での疑問点では企業側もうちへの志望度が低いのではないのかと疑いを持ってきますし、気になる点があったのではないかと思われている場合では、どこが気になっているのかや、一度辞退をされているので、すぐに退職するのでは等思われてしまいます。 端的に言えば、良い顔をしていることは少ないと言えるでしょう。

それで、実際に再応募はできるの?

企業によっては一定期間応募することができないなどの規定を設けているため、多少の制限はかかります。また、新卒の内定辞退と転職活動中での内定辞退では少し見方が変わることもあります。 例えば、転職活動中ということはあるていどスキルを持っている人材ということになります。この場合、内定辞退を一度されていても入社してもらえれば即戦力になりうるので、採用してもらえる確率が上がります。しかし、新卒が3か月でやめて就職活動中に内定辞退をした会社に再応募した場合はどうでしょうか。 スキルもない、3か月そこらで辞めてしまっている、一度内定辞退をされている、という人材をとりたいのかといわれると少し微妙です。とはいえ、再応募自体は規定などの制限こそありますが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうかい。今回は内定辞退しても再応募出来るのかについてご紹介致しました。内定辞退をしても、アドバイザーの方に仲介してもらったり、手紙や電話、説明会等できちんと熱意を伝えることが大切です。事前の確認等をしっかりとして、再応募をするようにしましょう。少数派ではありますが、再度内定をもらうことができるかもしれません。