顧客折衝力がある人はどんな人か・折衝能力を身に付ける方法

顧客折衝とは?

折衝は、「利害が一致しない相手とかけ引きすること」を意味し、「目標を達成するために合意点を見出すこと」を指しています。顧客折衝は、顧客と見積もりの内容や納期などについてやりとりしながら、合意点を見つけることです。 「顧客折衝」はゴリ押しや人情的対応などでは上手くいきませんし、相手の顔色を伺ったり仲良くするだけでもいい結果となりません。喧嘩ごしに対応せずに、話し合いで合意を得るには「相手の立場に立って考える」ことが大切です。 相手が要求に対して納得するとも限りませんし、逆に相手からの要求に納得できない場合もあります。どこまで妥協できるかというラインを設ける事が必要になります。

顧客折衝力はどんな人があるのか

顧客折衝能力がある人とはどんな人なのでしょうか。実はコミュニケーションは周りとうまくやる能力よりも折衝能力のほうが重要になります。自分のエゴと周囲のエゴはぶつかる傾向にあります。これを調整する能力が「折衝能力」です。我慢させたり、我慢するようなものは結局長続きしません。 周りと付き合うために我慢ばかりすると、付き合う意味を見失います。そして、生きる喜びさえも見失ってしまうことになります。我慢する事は悪い事ではありません。しかし多くの場合、自分が苦しい立場にあっても我慢してしまうと、周りには迷惑がかからず、誰も我慢している事に気付かないために心が疲弊してしまいます。心根は人それぞれではありますが、まともな感覚や心根を持っている人が団体の中にいる時に陥りやすい傾向でもあります。 心根 まともな心根を持っている人間は、話すのが苦手でも長く生きていれば何とかなります。思春期の多感な時期には、多くの人が人間関係に悩むなどの問題を経験しています。うまくみえる周りの人だって、思春期の頃は悩んだことがあります。なので、自意識過剰気味なのはその年頃では普通のことです。 折衝能力は、簡単に言うとパワー合戦になります。パワー合戦が苦手だと、どうしても不利になるのは仕方なくなってしまいます。認識などでは決してありませんが、わがままに生きてもいいと開き直りなら、わがままというパワー合戦で勝てるようになっただけです。なので、顧客折衝力がある人は心根を持っている人になります。

顧客折衝力は私生活でも重要

顧客折衝力がある人は、普段の会話でもコミュニケーション能力が高い人が多いです。接客などの職業をしている方は簡単ですが、人とあまり話さない人は難しいと感じます。営業やseの方なども最初は難しかったので、現在できない方も練習すればうまくいきますので心配せずに、仕事を楽しみましょう。