日本における役職と職位・職位別の職責|階級役職/職階/等級

辞書で「職位」をひくと、“組織における地位や仕事”や“職務上の地位”とあります。会社の中で言えば、それぞれの仕事(例えば、事務、営業などの仕事)で決まっている個人の地位や仕事とするとわかりやすいのではないでしょうか。係長、主任などの肩書きだけでなく、平社員=一般社員も職位になります。英語表現では、ポストが職位にあたり、ポジションは役職になります。

職能資格制度に特有の考え方

「職位」は、かつて多くの日本の企業に見られた人事制度のひとつ、「職能資格制度」におけるポストとの考え方が一般的です。職能資格制度は、人の能力を基準にした人事制度で、特定の職務に係る能力(専門性)を評価するのではなく、業務を遂行するための全般的な能力を評価して役職(ポジション)や職位(ポスト)につける制度です。以前の日本では、何でもできるジェネラルな能力が好まれたので、この人事制度が浸透し、職位という言葉も一般的になりました。

職位と階級、役職、職階、等級などの違いと使い分け

職位

それぞれの仕事(事務、営業などの職種)で決まっている個人の地位や仕事のことを意味します。それぞれの企業の規定にもよりますが、等級や資格と同じ意味で使われることが多いでしょう。それぞれの企業は便宜上、対外的に使える資格名称をつける場合もあります。主査・主幹・主任・スーパバイザーなどが、それにあたります。

階級

一定の基準によって分類される階層で、身分や地位などの上下の段階を表します。日本では公務員に階級制度が導入されています。警察や自衛隊では、厳格に法令で定まられています。警察では、警視総監(東京都のみ)・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長・巡査長・巡査との階級があり、賃金体系にも反映されています。

役職

ビジネスにおける責任や職権を伴う役目や職務のことを言います。日本の会社法では、法人には、取締役および代表取締役・会計参与・監査役の3つの役職者(役員)の任命が義務づけられています。他の役職については、それぞれの企業の判断で役職名などの取り決めをつくることができます。

職階

公務員以外、企業の会社員の階級を職階と言います。種類・内容・責任の重さなどによって分けられた階級です。職階給とは、この階級を基に賃金額が決まる給料方式です。

等級

能力・職務・役割ごとに上下の順位を表す段階を言います。人事でいう等級制度とは、等級を設け、従業員を序列化する管理制度のことを表します。一般的には、〇等級と数字で序列し、大きな数字ほど上位を表します。

まとめ

一般的に言えば、常務以下は、会社によって地位、位置付けがさまざまです。役職者なのか、単なる職位なのか、なかなか判断しにくいもので、相手側が数人いる場合には、誰が一番偉いのかはっきりしないことも多いでしょう。会社の規模や業種などで判断していくことが重要です。また、職位を個人に与えることで、それぞれのモチベーションがアップしたり、対外交渉で有利になる場合もあります。会社組織の活性化、健全化に有効に使える側面もあります。 しかしながら、役職や職位の上下に関係なく、組織に属している以上、それぞれが仕事の範囲をもっているので、社会人として責任を持って仕事をしていくのが一番ではないでしょうか。