ゲーム業界への転職方法とは|未経験でもゲーム業界へ転職可能?

ゲーム業界で働いている人達は一体どんな仕事をしているのでしょうか。またどんな職種があってどんな仕事をしているのか気になります。そこでここではゲーム業界の職種とゲーム業界の仕事内容について解説していきます。

ゲーム業界平均年収 610万円

ゲーム業界の平均年収は610万円です。国税庁によると日本人の平均年収は414万円なのでそれに対しゲーム業界の平均年収は610万なのでゲーム業界の年収が高いことが分かります。

ゲーム業界に向いている人

ゲームが好きであること 大事なのはゲームが好きである事です。やはりゲーム会社の商品はゲームです。そのゲームが好きだからこそそれを仕事に選んだわけです。そのゲームへの熱意がある人ほどゲーム業界に向いているでしょう。 ゲーム作りが好き ゲーム制作は一からゲームを作る仕事です。企画もプログラムもゲームを作るための仕事です。とにかくゲームを作る作業が好きでないと続けるのは難しいでしょう。ゲームを作る工程が楽しいと思える人の方が長く続きますし、つらい作業があっても頑張れます。

ゲーム業界は未経験で資格無しでも転職できる?

ゲーム業界の転職は未経験でも可能

基本的に資格は無くても転職はできます。ただしゲームプログラマーなどはプログラミングができないと話になりません。またゲームデザイナーもキャラクターのデザインをするのでデザインするための技術力は必要です。 ディレクター職などの場合はプログラミングよりも統括したり指示出しするなどのプログラマーやデザイナーとのコミュニケーション能力が高い方がよいでしょう。未経験でもそうした基本的な能力があれば転職できる可能性が高くなります。

ゲームプログラマーに転職するための有利な資格&スキル

プログラミングをするための開発言語であるC言語やC++などの言語を活用するのでこれらの言語を使える方が良いでしょう。またブラウザゲームやソーシャルゲーム向けの場合はjavaなどの言語を覚えておくと有利になるでしょう。自分自身でプログラムを作成して経験があればそれらの経験も充分に武器になります。

ゲームデザイナーに転職するための有利な資格&スキル

ゲームデザインをする場合はイラストレーターやフォトショップなどのキャラクターデザインをするためのソフトを扱えることスキルがあると良いでしょう。また最近ではCG制作スキルも必要なのでゲームデザイナーに転職を考えている場合は扱える様になっていると有利です。

まとめ

今回はゲーム業界について解説してきました。ゲーム業界にはゲームプランナーやゲームディレクターやプロデューサーなどのゲーム企画や提案をする職種とプログラミングやソフトを使ってゲームを作るプログラマーやデザイナーなどの実際にプログラミングやキャラを作成する仕事がある事がわかりました。その他にゲームの販促や営業を行う職種がある事がわかりました。 これらの職種のいずれも特に資格は必要なく未経験からの転職は可能です。ただし最低でもある程度のプログラミングスキルを独学で学んだり学校で学んでおく法が良いでしょう。あと開発言語が扱えると更に良いでしょう。デザイナーの場合はイラストのソフトやフォトショップなどのソフトを扱えると有利です、 ゲーム業界に未経験で転職する場合は20代前後の内が良いでしょう。今後のキャリアを積むためにもある程度は修行だと思って学ぶことが大事です。未経験者でのゲーム業界への転職は厳しいのでできるだけ早めに転職する事をおすすめします。