看護サマリーとは?書き方例と書式|看護サマリーの目的

看護サマリーをどう書いていいのか分からない人は多いのではないでしょうか。看護サマリーは質の高いケアを提供するために欠かせないものです。記載に慣れてきた場合でも高い意識を持って取り組まなければいけません。そんな看護サマリーについて詳しく見ていきましょう。 看護サマリーとは、いわゆる患者の情報を要約した情報(書類)であり、患者が退院する際に、次の受け入れ先へ情報を伝達するために作成します。主に①患者の基本情報、②病名、③現病歴、④既往歴、⑤ADL(日常生活動作)、⑥投与薬、⑦看護上の問題点、⑧患者・家族への説明、などを記載します。ただし、看護サマリーの書式は定型化されていなく、施設によって異なります。 看護サマリーには「退院時看護サマリー」のほか、入院中の中間評価として作成する「中間看護サマリー」がの2種類があります。ここでは「退院時看護サマリー」について書いていきます。

看護サマリーは必要なのか

看護サマリーがないと、患者情報が正しく共有されず、次の受け入れ先ではこれまでにどのような治療・看護がなされてきたのかという情報が分からず、疾患の改善を遅らせてしまいます。ですので、きちんと正しく患者情報を引き継ぐことつまりは、看護サマリーの作成は非常に重要ということです。 しかしながら、現状では看護サマリーの記入作業自体が苦手という看護師が多いようです。そしてそれに付け加えて、多忙な毎日を送る看護師には患者自身への対応より軽視されている、また疎かにされているのが現状のようです。しかしながら本来看護師というのは直接的な医療や看護だけが業務ではなく、長期的な看護や医療を視野に入れ、その患者一人一人について最後まで責任を持って患者のために取り組まなければなりません。 そして、こういった現状を知ってしまうと、記載の必要性はともかくスムーズかつ迅速に看護サマリーについて取り組んでいない看護師にはあまり看護してほしくないと思う方もいるでしょう。また、看護サマリーを初めて記載する方や経験が少ない方だけでなく、経験年数の長い方も適当に記載するのではなく、さまざまな情報元を参考に、次の受け入れ先で適切な看護や医療が受けられかつそれがなされるよう、正確にそして時間をかけて記載する必要があるでしょう。ですので、この記事を読んだ方の中には苦手意識のある方もいるとは思いますが、下記に記載例などを書いていますので、一緒に見ていきましょう。

看護サマリーのポイント

この例文での患者は状態が安定しており、転院時における看護問題は身体的な運動能力の部分より、ADL的側面が大きいと思われるために、ADLが中心に記載されています。提出する場所で内容を決める看護サマリ-は様々な職種の方が目にする書類です。他職種での情報共有が必要とされています。

看護サマリーの目的

看護サマリーは、患者が退院後も適切な看護ケアを受けられるよう支援する情報であり、患者のために必ず必要なものです。しかし看護師の毎日の看護業務は多忙で、看護サマリーの記載を後回しにしがちで、また単調な記載にになりがちのようです。しかし前述の通りで担当している間だけ看護に携わるという考え方ではなく、長期的な視点で患者に対して親身になって看護やかかわりを実践していく姿勢を見せていくべきでしょう。 そうすることで、患者のためだけでなく、自身のスキルアップにも大いに役立つでしょう。特に看護師としての経験が長くなればなるほどルーティーン化してしまうようですが、看護サマリーなどの書類の記載は患者の状態によって常に変化をしていくために慢性てきな感情を感じにくいでしょう。ですから、常に高い意識を持って看護業務に取り組んでいくことでこれはさらに薄まるでしょう。

まとめ

看護師となったからには迅速かつ適切な医療を患者に施さなければなりません。そういった自覚や初心に帰って自分を見つめなおすのも場合によっては必要でしょう。