モラルの意味と使い方・文例・モラルハザード/モラルハラスメント

まずは、辞書的なモラルの意味を理解しましょう。モラルに限らず、辞書的な意味を把握することは、正しい言葉の理解に必要不可欠です。 モラルとは、倫理観や道徳意識のこと。世代や状況によって徐々に変化するマナーよりも普遍的な価値観を含んでいる。法令順守はもちろんのこと、適正な出退勤や会社の資産・備品の適正使用など公私の区別をきちんとつけることや取引における公正さなど、公序良俗に反しない行動全般をさす。 管理がルーズになったり帰属意識が弱まると職場内でモラルの低下が起こるが、逆に短期的で表面的な成果を過度に求めすぎると取引面でのモラルがないがしろにされてしまう傾向が出てくる。 なお、類似語のモラールは従業員の集団的な意欲、士気をさしており、モラルとは区別される。

道徳としての意味

モラルの意味の一つとして、道徳という意味があります。上に引用したように、モラルには普遍的な道徳性の意味が含まれています。その時代ごとの流行に左右されるものではなく、広く古くから受け継がれ、洗練された考えがモラルに含まれる道徳足り得るものと言えるでしょう。 また道徳という言葉は、道教を説いた老子の提唱した概念であり、万物の根源である自然の「道」と、良いこと「徳」を積むという意味があり、最も追求すべきものとされています。そのため道徳を追い求めることは、すなわち人間として素晴らしいことだとされてきたということです。

モラルハザード

モラルという言葉の使い方の一つとして、「モラルハザード」という言葉が存在します。この言葉の意味は、「倫理の欠如・道徳の欠如」です。 具体的には、自らの金銭的利益を求めて、モラルに欠けた行動をとってしまうことを指します。例えば、保険金目当てに故意の事故を起こすといったことが、モラルハザードに当てはまります。 そもそも「ハザード」という言葉は、「危険」という意味を表しています。つまり「モラルハザード」という言葉は、モラルが欠けていて非常に危険な状態だ、ということになります。程度としてはかなり重い状況だということです。そのため、この言葉は保険金問題などの犯罪に関係した場面で使われることが多いということです。

マナーとモラルの違い

それでは、「マナー」と「モラル」はどのように使い分ければ良いのでしょうか。最も分かりやすい方法としては、どの行為に対して使い分けるか、という基準を持つことです。 具体的に例を挙げると、食事のルールや礼儀作法のように、人に対してではない場合は、「マナー」を用いると良いでしょう。逆に、人の言動や態度などの「その人の人間性に対して」私的する場合は、「モラル」を用いると良いでしょう。 このように、使い分けが難しい言葉は、「何に対して用いるか」を考えると上手くいくことが多いです。

まとめ

「モラル」という概念は非常にセンシティブなものとして扱いづらくなってしまっています。しかしこの曖昧な概念を正確に理解することで、あらぬ事態にも適切に対応することができます。 また、自分がモラルに関して指摘されないように振る舞うこともできます。モラルのある人間はそれだけで魅力的です。ぜひあなたもモラルのある人間として、素敵な社会を作ってみませんか。