内定承諾書の提出後に辞退する方法|電話/手紙の書き方・ポイント

就活で登場する書類にはさまざまなものがあり、内定承諾書もその中の一つです。内定承諾書は内定がもらえなければ取り扱うことのない書類ですので、あまり目にする機会はありませんが、就活を続けていれば必ず必要になる書類です。 内定承諾書を取り扱う回数はそれほど多くはなく、人によっては就活で一回きりということも少なくありません。そのため内定承諾書についてあまり理解していない人が多いですが、しっかりと理解しておかなければ最後の最後で失敗してしまう可能性があります。 最後の失敗によってこれまでの苦労がすべて無駄になってしまう可能性もありますし、内定承諾書についてしっかりと理解を深めておく必要があります。内定承諾書とは何かを知り、どのように扱えばいいかを知っておきましょう。

内定契約を結ぶ書類

内定承諾書は簡単に言えば、企業と内定契約を結ぶ書類です。就活の一旦のゴールは内定を結ぶことですし、内定承諾書を企業に提出することで一段落となります。企業と内定契約を結ぶ書類ですので、非常に重要なものであり、万が一にも紛失しないように取り扱いには充分に注意しなければなりません。 紛失しても企業にお願いすれば再発行してくれるケースも多いですが、場合によっては内定契約が破棄となる可能性もありますし、再発行してもらえたとしても企業からの評価は悪くなってしまいます。 内定を辞退する場合であっても評価が悪くなるのは避けなければなりませんし、内定を承諾する場合もそれは同じです。内定を承諾する場合は、今後も長く企業と付き合っていくことになりますので、評価を下げないように注意しなければなりません。

内定承諾書提出後の辞退は可能か?

内定承諾書は提出すれば企業との内定契約を結ぶことができますが、提出後に気が変わって辞退を考える場合もあります。内定承諾書を提出する前であれば、企業への連絡一つで辞退も可能ですが、内定承諾書提出後であれば、辞退が可能かどうか迷ってしまう人も多いです。 内定承諾書の提出に伴い、さまざまな書類も同封して提出しますし、個人情報の登録などを行う場合もあります。辞退するのは簡単なことではありませんし、内定承諾書を提出すれば、企業と正式に内定契約を結んだ状態になります。 内定契約は正式な書類ですし、契約を反故にするためには、さまざまな条件が必要な場合も多いです。内定承諾書を提出し、内定契約を結んだ後でも内定を辞退することは可能なのでしょうか。

内定承諾書提出後でも辞退は可能

結論から言えば、内定承諾書を提出した後であっても内定を辞退することは可能です。内定契約は卒業を条件にして、4月1日から働くことを取り決めた契約ですが、基本的には学生に有利な条件で契約が締結されています。 それぞれ内定契約を打ち切る条件はありますが、企業が内定契約を無効にするためには、学生の態度、素行が著しく悪い、社会的に問題を起こした、企業の経営状況が芳しくないなどが挙げられます。 契約を無効にする条件はあるものの、基本的には簡単に破棄できるものではなく、相当の理由がなければ企業側から無効にすることはできません。しかし学生側からは内定辞退の理由さえ伝えれば簡単に契約を無効にし、辞退することができます。内定承諾書の提出後に辞退を申し出るのは勇気がいりますが、不可能ではないことを覚えておきましょう。

内定承諾書提出後に辞退する場合のポイントは?

内定承諾書を提出した後であっても、辞退することは可能ですが、辞退する方法が決まっているように、辞退におけるポイントもいくつかあります。ポイントが守れていなければマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、失礼にあたってしまう可能性もあります。 内定を辞退は慎重に行わなければなりませんし、内定承諾書を提出した後の辞退であれば、なおさら慎重に行う必要があります。辞退するときのポイントはいくつかありますので、それらを踏まえた上で辞退の手続きを進めていきましょう。 ポイントを守り、マイナスの印象を与えず、いかにプラスの印象を与えることができるかが重要ですので、ポイントをしっかりと理解しておきましょう。