ふるさと納税の申告はいつから?税金が控除されるのは?

まずは簡単に「ふるさと納税」という制度がどのようなものかを説明します。ふるさと納税は、自分が住んでいる地方自治体だけではなく、好みの地域に寄付金を贈ることです。その対価として、寄附した地域の特産物などをもらうことができる仕組みです。 さらに、確定申告を正しく行うことで実質的な自己負担を2,000円にすることも可能となっています。ちなみに、2015年のふるさと納税の寄付額は全国で1,470億円ほどで、利用者は128万人を超えています。

ふるさと納税が注目されている理由

お礼の品や確定申告で実質負担が低額になることから、ふるさと納税には注目が集まっているのが現状です。その他、寄附する地域を選ぶことができたり、寄附の用途も選べます。複数の地域のも寄附が可能になっていますので、各地の特産物を手に入れることができます。

ふるさと納税の確定申告で必要なもの

ふるさと納税の確定申告がいつから始まるのか、確定申告をするケースは理解できてきたでしょう。確定申告で必要なものもありますので覚えておきましょう。

確定申告の書類作成

いつから確定申告が始まるのかに注意し、必要な書類や持参物を用意したらいよいよ書類の作成です。基本的に税務署での書類作成ですが、確定申告の期間中は多くの職員が対応できる施設を借りて書類作成を行う場合もあります。会場で一から作成することもできますが、国税庁のホームページで書式をダウンロードして作成後、会場では提出する方法もあります。

税金が控除されるのはいつから?

ふるさと納税で寄附した時に確定申告するのは、税金の控除や還付金をもらうためです。では、確定申告をした場合、いつから税金が控除されるのでしょうか。税金の種類別にみていきます。

ふるさと納税の確定申告をしよう

ふるさと納税の概要から控除、還付まで紹介しました。実質寄附額を少額にして、各地の特産物を楽しんでみましょう。 いつからいつまでの収入でふるさと納税の確定申告をするかは「寄附した年の収入」で確定申告しましょう。いつから申告できるかと言えば「翌年の2月16日から3月15日まで」が確定申告の期限でした。ただし、ふるさと納税に限って言えば、翌年の1月1日から5年間は還付申告ができますので安心してください。