フリーランスの節税方法・確定申告|フリーランスの節税に関する本

フリーランスで仕事をしている人は会社に縛られず自由が手に入っていますが、自分でやらなければならないことが増えます。中でも納税はその最たるものでしょう。 確定申告となると面倒な上に、せっかく稼いだお金が税金で持っていかれるのも悲しいものです。そこで、少しでも賢く稼いだお金を残せるよう、フリーランスの方のための節税方法をまとめました。 節税意識を持つことは個人事業主としてビジネスや売上について見つめ直すことにつながりますので、是非ご参照ください。

フリーランスの節税対策-どうすれば税金が減るのか?

フリーランスの方の節税を考える前に、税金とはどのように金額が決まっていくのでしょうか?税金をいくら払うかはその人がいくらの所得があるかによって決まります。そのため、所得が低くなれば税金が減ることになります。 課税所得を減らす方法としては、大きく分けて以下の2つになります。 ・所得控除を受ける ・経費を申請する 総所得から控除分と経費を引いたものが課税対象となります。ということは、控除と経費が大きくなれば課税所得が減るのです。この2つのうち経費については、とりあえず領収書をもらっておくことが大事ですが、人によっては経費の額に差があるので節税効果が薄い人もいます。 そこでフリーランスの方でも条件さえ整えば受けることができる控除の種類をご説明しますので節税対策にお役立てください。

フリーランス向けの効果的な節税対策

フリーランス向けで効果の高い節税対策としての控除が以下になります。 ・所得控除 ・青色申告特別控除 ・専従者控除 ・保険系控除 ・寄付系控除 

フリーランス向けの節税対策-専従者控除

フリーランスの方の節税対策としては、青色事業専従者控除というものがあります。 青色事業専従者控除とは配偶者や親族に対して支払った給与分が控除されるというものです。例えば領収書の整理や書類作成やスケジュール管理などを家族に頼み、その報酬を給与として支払えば控除が受けられるのです。 専従者控除は、白色申告と青色申告とでは控除の条件や扱いが変わってきます。白色申告の場合は、特に届出も必要なく条件に応じて給与額に上限が設けられます。計算方法は簡単ですので、白色申告の人は国税庁のウェブサイトなどで確認してみてください。 一方、青色申告の場合は専従者控除は控除の扱いではなく経費扱いになります。いくつかの条件はあるのですが、給与額の上限がないため節税の自由度としては高いといえます。専従者控除のデメリットとしては、38万円の配偶者控除が受けられなくなることです。 どちらの節税対策が有利なのかは所得額や給与設定によって変わりますので言えませんが、ご自分の状況により判断してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの確定申告における節税対策

フリーランスの個人事業主の方の所得税の計算方法は以下になります。 課税所得金額=収入-必要経費-各種控除   所得税額=課税所得金額×税率-課税控除額  所得税は上記のように算出します。フリーランスの方が本年度分の節税をするためには今年計上できる必要経費を増やすか、所得控除を増やすことです。また、住民税にもこの必要経費や所得控除が適用されます。必要経費や所得控除を増やす方法としては、前述にありますように以下があります。 ・経営セーフティ共済に加入する。  ・少額減価償却資産の特例を利用する。 ・小規模企業共済に加入する。 ・青色申告特別控除を行う。 ・確定拠出年金に加入する。 ・ふるさと納税を利用する。 またフリーランスの方の節税対策としては、これらの所得控除や必要経費を増す方法の他に、以下のような節税対策もあります。

フリーランスの確定申告における節税対策-社会保険料のまとめ払い

フリーランスの方の節税対策として社会保険料のまとめ払いがあります。過去に払っていなかった国民年金があれば、それを後でまとめて支払うことで全て本年度分の所得控除に回すことができます。国民年金の後納制度により2015年10月から2018年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができます。 また、2014年4月から国民年金保険料の2年前納制度が始まりました。前納した2年分の国民年金保険料の全額は支払った年分の社会保険料控除の対象にすることが可能です。 納税者は、国民年金保険料を納めた年に全額控除する方法と、それぞれの年分の保険料に相当する額を各年において控除する方法のどちらかを選択することが可能です。フリーランスの節税対策として、自分に都合の良いように収めればより節税が可能になります。

フリーランスだからこそ、節税対策は必須

いかがでしたか。フリーランスの場合は納税も自分で行わなければなりません。そして、経費や控除を見直しするだけで、収入自体は変わらないのに手元に残るお金が多くなるようにできるかもしれないのです。 フリーランスの方は確定申告のための記帳や書類を揃えるのは手間ですが、慣れてしまえば毎年同じことの繰り返しです。節税対策で得する額についても1年ではそれほどの金額ではなくても長くなれば大きな違いになりえます。フリーランスの方は、是非節税対策をじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。