フリーランスで仕事がないときの仕事の探し方|仕事がない時の対策法

フリーランスは始めることならだれでも気軽に始められますが、フリーランスとして仕事を始めて挫折している方は数多くいます。仕事がないことがフリーランスを辞める原因の一つのようです。 仕事がないと経済的に危機です。フリーランスとして仕事がない状況になぜなってしまったのかご紹介していきます。フリーランスというものが想像していたものと違っていた、仕事がない、想像以上に厳しいものであることが挫折の原因のようです。

自由気ままでいられると思っていた

いざフリーランスの仕事をしてみると、自分で仕事を取りに行くことはもちろん、仕事が入るように工夫・努力しなければなりません。会社員ですと会社に出社して与えられた仕事をこなすことでお給料が入ります。 今までしていた仕事の依頼は会社に依頼された仕事でしかないわけです。営業していかないと仕事がありません。個人事業主、フリーランスとしてやっていくには自分自身に仕事が入る、依頼されるようにようにしないといけないのです。自由気ままなだけでは仕事がないです。

会社員時代とは違う

会社員時代は、毎朝の通勤電車に乗り、嫌な上司でも頭を下げて、合わない同僚とも折り合いをつけてやってきた方も多いと思います。週5日を一日の大半を会社で過ごし、時間も制限されていますが、会社から与えられた仕事をこなしていくことでお給料を対価としてもらい生活していたと思います。 フリーランスになれば、会社の嫌な人間と顔を合わせずに済み、休みや時間も自由が利く。会社で縛られて働きたくない。フリーランスとして自由と気ままを手に入れたい!という思いもあってフリーランスを始めることが多いです。 確かにこれは利点なのですが、問題は仕事が入るかどうかなのです。フリーランスの仕事は自分で獲得しなければ仕事がない状況になってしまいます。当たり前ですが会社員とは大きく違う点です。わかっているつもりでも具体的に行動して結果を出していかないと仕事がないままです。行動しなければ仕事はありません。

時間を決める

フリーランスですと、自宅で仕事をされている方が大半かと思います。自宅で仕事をするとなると趣味との境が曖昧になりがちでSNSを覗いてしまったり、画像や音楽を探していたら手間取ったりしてしまうとかなりの時間を使ってしまいます。 ほんの時間でも積り積もると結構な時間です。常に時間を意識していきましょう。仕事がないと思っている時でも、急に複数の業務が一気に抱えることは当然起こりえますので、納期の管理、作業にかかる時間を把握し隙間の時間で営業、スキルアップ、新しい業務を入れる隙間時間を作っていきましょう。 フリーランスの魅力の自由な時間が増えるようにするためにも時間の管理は怠らずしっかり守っていくことをおすすめします。

確定申告・経費についての知識を得る

フリーランスは確定申告を自分で行い、去年の稼いだ分に応じてこのくらいの所得税を払うと申請しなければなりません。確定申告はフリーランスの義務ですので絶対に行わなければいけません。フリーランスとしてやっていくには必ず確定申告、経費、控除などの知識を得なければならないので、フリーランスになる前にお金についての知識をインプットしておくと、フリーランスになった後に焦らずに済みます。 スキルアップ、営業、仕事の質を上げるための勉強、新しい業務内容を考える時間が増えます。確定申告、経費、控除等の知識を取り入れる時間と税務処理の時間は報酬には直接的に繋がらないので短時間で効率よく済ませることがポイントです。