セルフマネジメントとは?意味と方法・おすすめ本

「セルフマネジメント」とは、日本語だと「自律」や「自己管理」と言い替えることが出来ます。自らの体調をはじめとして、ひとつの物事を順当に進めるために、メンタルや作業状況などのあらなる自分という環境を適切に管理することを指しています。時には自身を抑制したり、促進したりするのも、セルフマネジメントのためには欠かせません。

ストレスケアの方法を獲得する

セルフマネジメント力をアップさせるためには、メンタルケアはとても重要です。精神が揺らぐことで、作業のクオリティも効率も大きく変わってしまいますし、体調にも変化が出やすくなってしまうからです。まず、ストレスケアの効率の良い方法を身に着けるようにしましょう。自分がどういったものからストレスを受けやすいのかを把握した上で、スムーズなストレスケアの方法を探ってください。じっくりと休養を取ればストレスケアが出来るのであれば、ストレスがたまったあとの休暇の取り方を模索するべきですし、趣味や家族とののんびりした時間などの確保が適している人は、他者コミュニケーションの時間を確保するように取り組むのが適しています。 ちょっとした合間のリラックス方法を把握しておくのも良いでしょう。仕事の空き時間のストレッチや、コーヒーやチョコレートなどの嗜好品による息抜きは、ストレスをうまくケアしてくれることがあります。軽いご褒美を自分に用意しておくのも、セルフマネジメントの方法です。

コミュニケーション力を育てる

セルフマネジメントは、自分自身だけで完成しないことも多いです。他者と関わり、様々な刺激を受け取ることによって、セルフマネジメントがうまく進められることも少なくありません。 仕事の疲れがたまっているとき、仲の良い友人とおしゃべりをしたり、家族や恋人とゆっくり過ごしたりすると、心が癒されて、また次の日から頑張ろうという気持ちになる人は多いでしょう。失敗に落ち込んでいるとき、同じように頑張っている同僚を見ると刺激を受け取ることが出来て、次からのモチベーションに繋げられるパターンも多いです。上司や先輩など、自分より高いスキルを持っている人が、どんな方法で実力をつけているのかを学び、やる気の底上げをすることもできます。他者とのコミュニケーションを積極的に行い、交流力を養うことで、セルフマネジメントの効率化を図れることも多いのです。

相談力を高める

物事に向き合うとき、毎回ひとりきりでは疲れてしまいます。人がひとりで抱えきれるものには限界がありますから、スポーツでもビジネスでも、チームワークを発揮することが重要なシーンはとてもたくさんあるでしょう。 セルフマネジメントをする上でもそれは同様です。相談力を高め、自分以外の誰かの力を借りるのをうまくすることは、安定した自己実現のために欠かせません。悩んでいることや困っていることを、適切な相手に相談できるようにしてみましょう。話を聞いてくれるだけで心が軽くなる相手もいれば、問題の具体的な打開策を提案してくれる相手もいますし、共にトラブルに向き合ってくれる相手もいます。「この物事はこの人に相談すれば、自分にとってプラスになる」という判断力も、相談力のうちに含まれています。

セルフマネジメントを学ぶおすすめの本

◆人生を変える行動科学セルフマネジメント 石田淳さんの著書です。科学的なアプローチで、セルフマネジメント力を養っていく方法を紹介している一冊です。1日5分の行動から、あなたの人生をより充実したものに変えていくことが出来るでしょう。

◆ビジネスに効く セルフマネジメントの教科書 タイトルの通り、ビジネス的な視点からセルマネジメントに働きかけることが出来る一冊です。ビジネスパーソンからスポーツ選手、世界の偉人まで、古今東西の有名人の行動パターンから、セルフマネジメントの重要性を紹介しつつ、ついあなたの自己管理を邪魔してしまいがちな悪い癖の改善方法なども詳しく紹介しています。