副業サラリーマンの税金対策・税金の計算方法・申告しないとバレる?

副業として、個人的に知り合いのアルバイトとしてお手伝いするもしくは、土日などを使い、アルバイトを行う場合ですが、所得の10%が厳選対象となるため、厳選徴収されることがございます。 通常、アフェリエイト広告と呼ばれるような成果報酬型の広告サービスやフリーランスのお仕事をしている場合、個人で税金の申告を行う必要があります。 通常は個人で税金の申告・お支払いをする必要がありますが、年間のアルバイト等の副業による収入が20万円以下の場合、税務署に確定申告を行う必要がありません。 つまり、会社に副業を行っていることがばれることもないため、20万円以内ならば、会社にばれることなくこそっと副業で月々のお小遣いを稼ぐことも可能です。 どのくらい年間で副業で稼ぎたいか?稼ぐ見込みか常に意識することも重要ですね。 最近は在宅の仕事や、クラウドサービスなども普及し、主婦も片手間で在宅稼ぐ時代ですので、税金の知識も合わせて理解する必要があります。

サラリーマンの副業:副業で税金対策・稼ぐ場合は、周りに伝えないことが重要

副業で税金対策を実施しながら、お金を稼ぐことができるようになると、同僚よりも少し余裕を持つことができたり、お金を稼ぐと社員や同僚に自慢したくなることもあるでしょう。 ですが、ここが一番危険です。これにより総務や上司にバレ、会社に残ることができなくなることもあるそうです。。 また、まわりよりも金遣いが荒い、遊び様を妬まれることもでてくると思います。 税務署などに連絡をし、脱税しているのでは?などの通報を受けてしまい、 調査をされることもあります。 適切な税金を納税し、期日を守っていれば大きな事になることはございませんが、 もし会社に副業のことがバレないようにするのであれば、 まずは伝えずにおくことが賢明かと思います。 会社の規則など、各社のルールもあるため、時間のあるときに会社でどの条件なら副業ができそうか、 そもそも禁止されているのか確認してみましょう。

サラリーマンが副業で稼ぐと所得などの情報から会社にばれるケースも

副業が給与所得の場合、本業と副業の源泉徴収を元に住民税を計算を行います。 そして、それらの所得の合算額(年間の収入額)を元に計算した住民税を本業の給料から差し引かれるため、住民税が他の人よりも少し高いことなどから、会社にばれてしまいます。住民税は基本的に給与の10%としてわかりやすく計算できるため、会社の給与管理している担当は気づきやすいです。 ですが、副業が事業所得の場合は、収入から経費を差し引いた額が所得なり、これが20万円を超えると税金の申告が必要となります。 もし20万円を超えた場合であると、所得税の確定申告を元に住民税の計算を行います。 ですが、この申告の際に住民税を会社の給与から差し引く方法かその場で支払う方法か選ぶことが可能です。 個人で住民税をお支払いする場合は、会社にはばれませんが、自分で税金のお支払いが必要になるため、支払い忘れがないようご注意ください。

副業をしたいサラリーマンは納税を怠れば脱税の扱いとなります

前述でもお伝えしたように、副業分の税金を忘れるケースが0ではございません。 副業の税金は知識がないと複雑な部分があるため、申告漏れが起きやすいです。 また、事業所得や雑所得などのため経費などを不正に計上することで脱税で捕まるケースなどもあります。意図的であるかは定かではありませんが、よく芸能人の税金申告漏れ、いわゆる脱税疑惑で有名人が評判を落とすケースも少なくありません。 副業の税金については、確定申告時の自己申告のため、出さなければすぐに税務署が駆けつけるようなことはありませんが、税務署も甘くはありません。 そのため、申告をしないままでいても、いつかは税務署が取り締まりに来ることは、確実です。そのため、副業で所得がある場合は、きちんと申告をすることをお勧めします。 申告漏れや脱税がばれた場合追徴課税などペナルティーも課せられるため、通常支払う税金よりも多くの額を支払うことにもなります。 そのため、税金の申告は正しく行う必要があります。 また、雑所得と事業所得の審査は無く自己申告制ですが、高給与所得者が節税を目的として、小規模事業所得者として申告を行った場合も、5年間に遡り税金を取られるため、無理やりの節税などを行うことはお勧めできません。

まとめ

副業に力を入れすぎて本業の仕事をおろそかにすることや、副業の話を言いふらすことは、あなたの会社内での評価だけでなく、会社自体の評判を落とすことにもなります。 税金対策の一貫や、時間のあまった時に趣味程度で在宅で副業をする方も増えてる時代が到来しました。 今後副業を検討している場合、あなたの仕事とのバランスを考えながら、在宅業務で少し稼ぐか一度整理して検討してみましょう。