【退職願のテンプレート】これさえ見れば退職願いもバッチリ!

出典:pixabay.com

転職などでいざ退職しようと思ったときに、退職願をどのようにすればよいか迷っていませんか? この記事ではそのような方に向けて退職願の書き方、どのぐらいの時期に書けばいいのか、理由はなんと書けば良いか、封筒に入れるときの折り方まで詳しくご紹介いたします。

退職願の提出で最適な時期は?

出典:pixabay.com

退職願の提出はいつ頃行うべきなのでしょうか? 法律では退職する2週間前までとあります。 ですが会社によっては就業規則によって退職願を出す時期や日付が指定されている場合があります。 どのぐらいの時期に出せばいいのかについては就業規則を詳しく確認するべきです。 もちろん2週間前というギリギリの日付に出すのは法律的にはセーフですが、会社からの心象はよくありません。 ギリギリの日付で退職願を出して逃げ出した社員だと認識されると、もし将来的に転職した先で元勤務先と関わることになった場合、取引が上手く進まないこともあります。 正しい時期に正しく退職願を出すことで両者ともにしこりが無い形で退職を行うのがベストでしょう。

退職願の理由には何を書けばいい?

出典:pixabay.com

どのぐらいの時期に退職願を出せばよいかわかれば次は記入する内容ですね。 退職願の理由といえば「一身上の都合」というのをよく聞くと思いますが、それで正しいのか不安ではありませんか? 退職理由によってここに何を書くべきかが変わるのでご自身の予定に合わせた理由を書くようにしましょう。 まず自己都合退職の場合です。 自己都合での退職とは転職をするとか独立をするなど会社からの退職を求められておらず、自身が決めて会社をやめる場合の事をいいます。 この場合は「一身上の都合」と記載して問題ありません。 まさに自身の都合を理由として退職するためです。 その他にも会社の事業縮小などで退職する際に退職届を求められた場合があります。 この場合は「事業縮小のため」など会社を辞めることになった理由を記載するべきでしょう。

退職願や退職届、辞表の違いは?

出典:pixabay.com

退職願意外にも退職届や辞表というものを聞いたことがあるかと思います。 これらはどのように違うのでしょうか。

退職願

退職願とは退職を願い出るために提出するものです。 なので提出後に人事責任者などまでその願いが届けられ、その後退職を受理するかの判断がなされるわけです。 これに関しては会社側が退職を承認できないとして跳ね除けられる可能性がありますが、その他にも会社に取り合えば退職願を取り下げることが出来る場合があります。 退職届や辞表と比べると扱いが軽い方なのでそのようなことが可能になるわけですね。 実際に退職願が通ったあとに退職届を書くように求められる場合もあります。

退職届

退職届は退職する事を会社に届け出るものです。 これを提出したということは労働契約を取り下げられたということとなり。 退職自体が完了している扱いとなるわけです。 これは退職願とは違い、出すこと受け取ることが契約に近い扱いとなるためあとから取り下げることは非常に難しいです。

辞表

ドラマなどで退職をするときに提出している風景をよく見ますが、役職を持っていないいわゆる平社員には特に関わりが無いものです。 辞表とは役職を持っている社員が役職を辞める事を届け出るものです。 これは取締役レベルまで届けられ、これが受け取られた時点で役職の契約が解除されたことになります。 会社としても重大な決定となるものなので、これの取り下げは非常に難しいでしょう。

退職願のテンプレートはそのまま使っても問題ない?

出典:pixabay.com

インターネット上を調べると様々なテンプレートが出てくるかと思います。 ただ本当にそのテンプレートを使うだけで問題ないか心配になりませんか? この記事でもテンプレートを紹介していますが、ご自身の状態と合うテンプレートであればそのまま使っていただいて問題ありません。 テンプレート上の名前や日付、必要であれば理由の部分を書き換えれば、然るべき時期に提出する形で問題ありません。 以下に正しい書き方や封筒へ入れるときの折り方を記載していきますので、正しい時期に提出するように致しましょう。

退職願のテンプレート的な書き方とは?

出典:pixabay.com

退職願を書く場合どのように書けばよいでしょう。 ここではその詳細について記載していきます。 まずできれば油性の黒ボールペンで白紙の用紙に縦書きで書くようにしましょう。 プリントするより手書きの方が望ましいですが、会社より指定がある場合はその限りではありません。 退職願に書く日付ですが、退職を希望する日付や事前に上司と退職日を合意できている場合はその日付を入れるといいでしょう。 また退職願を入れる封筒ですが白色無地の封筒がいいでしょう。 郵便番号を入れる欄が入っていないものが望ましいですね。 サイズは「長形3号」にすればA4用紙を正しい折り方である三つ折りにした時にきれいに収まります。 正しい折り方をしないと収まらないので退職願を折りたたむ際にはお気をつけください。

退職願のテンプレートをご紹介

出典:pixabay.com

ここでは実際に使える退職願のテンプレートについてご紹介していきます。 自分に合ったテンプレートを探して退職願を作成しましょう。

テンプレートその1

こちらでは自己都合退職の場合に提出する退職願についてご紹介いたします。 まず一番左側に「退職願」と書きます その次の行の一番下に自身の都合で書いたということを表す「私儀」(わたくしぎ)と記載しましょう。 その次の行に本文を記載します。 このたび、一身上の都合により勝手ながら、来る平成○○年△月□日をもって退職したく、ここにお願い申し上げます。 その次の行に提出する日付を記載します。 そしてその次の行に事業部署、課、係の正式名称を記載し、本名と印鑑を入れてください。 最後の行に退職する会社と代表者名(社長の名前)を記載します。 これで一通りの退職願が書き終わった事になります。

テンプレートその2

ここでは会社都合での退職の場合どのように記載すればよいかをご紹介致します。 基本はテンプレートその1と変わりありません。 ただし本文を少しだけ変更する必要があります。 ここでは部署縮小によって退職する場合の本文をご紹介します。 このたび、部署縮小により、来る平成○○年△日をもって退職したく、ここにお願い申し上げます。 理由を記載する箇所に退職理由を書けば問題ありません。 それ以外はそのままで大丈夫ですのでその他についてはその1の部分をご参照ください。

テンプレートその3

ここでは実際に退職願が受理された場合に書くことになる退職届について記載していきます。 退職願と退職届の違いは2箇所です。 冒頭の退職願を退職届とし、本文の内容を「退職いたします。」という形に変更すれば問題ありません。 具体的な本文をここにご紹介します。 このたび、一身上の都合により勝手ながら、来る平成○○年△月□日をもって退職いたします。 その他についてはその1と違いがありませんので、上の2点だけ変更すれば大丈夫です。

封筒の書き方のテンプレートをご紹介

出典:pixabay.com

退職願を入れる封筒はどのようなものがよいのでしょうか。 まず封筒選びですが、A4用紙が入る「長形3号」がいいでしょう。 用紙の折り方は三つ折りなのでそれに合った封筒です。 そして郵便番号枠の入っていない白色無地の物を選ぶのがよいでしょう。 封筒に書く文は黒色の油性ボールペンが理想的です。 表面には「退職願」とタイトルを表記しましょう。 裏面にはご自身の所属と氏名を記載してください。 退職願を入れてから封入口にのり付けをし、〆マークを書けば完成です。

退職願を封筒に入れるときの折り方

出典:pixabay.com

退職願を書いて封筒に入れる場合の折り方についてご紹介致します。 退職願の長辺を三つ折りにしましょう。 また折る順番ですが下側、上側の順番で折るようにしましょう。 これで封筒に正しく入るようになります。 正しい折り方が出来ているか不安な方は便箋と同サイズの用紙を用意して連流してみることをオススメします。

退職願についてのまとめ

出典:pixabay.com

いかがでしたでしょうか。 転職など人生の転機に使うことになりますが普段そのようなものに触れる機会は少ないかと思います。 この記事でご紹介させていただいた通り記載いただき、よりよいキャリア作りにお役立てください。