履歴書の健康状態は何を書くべきか?フォーマット・事例をご紹介!

履歴書用紙に健康状態を書く場合には、大切なポイントがあります。それはよく言われる「業務に支障がないか」ということです。ですから、上述のように、過去に内臓の病気をしていようと、今現在仕事をするにあたって問題がないのであれば問題がないといえます。 また、現在も何らかの病気をしているにしても(通院している、投薬しているなど)就職先の仕事内容(業務)に支障がなければ問題がないということになります。いずれの場合も、履歴書作成での健康状態は「良好」と用紙に書くことになります。では、ここからは履歴書用紙作成に当たって、様々なケースによる健康状態の書き方を実際に作成できるようにフォーマットも含めてご紹介します。

病歴のある転職の場合の履歴書の健康状態の書き方

病気退職による転職では、職種にもよりますが、なかなか内定を取ることは難しいと言えます。もちろん、その病気や症状にもよりますが、病歴そのものを正直に書くと、どの会社でも「否」となるでしょう。うつ症状などの神経系の病気の場合は、特に敬遠されます。 うつ症状いうものは、発症のタイミングや完治の瞬間がわかりにくい病気ですから、医者の判断もあいまいなところがあります。履歴書の作成において、健康状態をうつ症状と書くと、採用側は、もしうつ症状の病歴を持つ人を採用しても、また仕事や人間関係で何かがあったらうつ状態になってしまうだろうという判断をするということです。

履歴書の健康状態の書き方1:いたって健康な場合

(フォーマット例) 「良好」 「極めて良好」 「極めて良好(○○(例えば引越し)業者での業務経験あり)」 「極めて良好(前職 病欠なし)」等 現在健康であって、過去にも大きな病気がない場合には、一般的に履歴書用紙に「良好」と書きますね。これでいいと思います。ただ、職種(外回りの多い営業や引越し業者、シフト制のある仕事など)によっては、「極めて良好」と書くようにします。また、自身の行動力をアピールしたい場合には「極めて良好(日に5kmのジョギングをしています。)」や「極めて良好(引越し業者での業務経験あり)」、「極めて良好(前職 病欠なし)」など健康状態が人並み以上だと作成しアピールすることです。 ただ、留意したいことは、面接で実際に採用担当者と会ったときに「極めて良好」と履歴書用紙に書きながら元気がない、覇気がないなど、事実と異なる印象をもたれてしまうことです。「極めて健康」と書いた以上は、姿勢正しく健康体であることを見せることです。採用担当者も、履歴書用紙には目を通していますから、応募者の健康状態については特に慎重に判断するものです。

履歴書の健康状態の書き方2:その業務に支障がない場合

(フォーマット例) 「良好」 「極めて良好」 健康状態は、あなたが応募する会社の業務に関係があるかどうかです。その会社の仕事の通常業務を支障なくこなせるのなら、「良好」と書けばよいでしょう。例えば、昨年末から風邪をこじらせている程度であるならば「極めて良好」、高血圧ぎみで薬を服用している、腰痛持ちであるなどの場合でも「良好」で問題はありません。 このような場合に、正直に「腰痛あり」や「風邪をよくひく」などと書くことは絶対にやめましょう。「健康状態に書くほど悪いのか」と、採用担当者に与える印象が悪くなってしまいます。

履歴書の健康状態の書き方3:通院など治療をしている場合(軽度)

(フォーマット例) 「良好 通常業務に支障なし(○○通院のため月に1回(午前中)の通院あり)」等 病気になったときに、「通院治療が必要」と診断される場合があります。現在健康ではあるが、通院によって様子をみているという場合です。このような場合には、フォーマット例でもお示ししましたが「良好 通常業務に支障なし(ヘルニア通院のため月に1回(午前中)の通院あり)」と履歴書を作成します。面接では、このことについて必ず聞かれますので、話す準備はしっかりとしておき、採用担当者を安心させるようにします。 このことを隠して採用されてからわかると、場合によっては大きく信頼を失い、退職に追い込まれてしまうこともあります。有給休暇が、入社後6ヶ月は取得できないという会社もありますので慎重にいかなければなりません。

履歴書の健康状態の書き方4:通院など治療をしている場合(軽度でない)

(フォーマット例) 「通常業務に支障なし ただし、○○の通院治療で月1回程度の通院あり」 「通常の業務に支障ありません。ただし、○○の持病があり、月○回程度の通院があります。」等 就職や転職で、毎月一回でも通院で仕事を休まなければならない時には、履歴書用紙に「良好」とは書くことができません。ですから、どうしても職種や働き方の融通の利く会社(シフト制を取り入れている、土日に関係なく働ける)を選択して応募しなければなりません。会社も人が欲しいという事情がありますから、業務に支障がないと判断すれば、通院治療をしていたとしても採用してくれるでしょう。

履歴書の健康状態の書き方5:過去に大きな病気をした場合

(フォーマット例) 「良好」 「良好 ただし、○年前に○○の手術経験あり」 「良好 ただし、配慮していただきたいことがあります。」等 あくまでも業務に支障がないのなら、履歴書の健康状態作成にあたっては、「良好」の一言で問題はありません。採用後に過去の病気がわかった場合でも、仕事に影響しないなら大丈夫です。ただし、力仕事での腰痛やパソコン仕事での眼病などの手術経験がある場合には、良好でも、会社の専属の病院で医師の診断が必要になるでしょう。 採用担当者の立場に立ってみてください。過去の大きな病気を持っている人は敬遠するものですね。今の健康状態に関わらずマイナスのイメージを与えてしまいます。「良好」だけを書くのが無難です。ただし、会社に何らかの配慮をしてもらわなければならない場合には履歴書用紙に「良好 ただし、配慮していただきたいことがあります。」とはっきりと書くほうがいいでしょう。

履歴書の健康状態は何を書くべきか?フォーマット・事例をご紹介!まとめ

いかがでしょうか。履歴書作成で欠かせない健康状態について詳しくご紹介しました。作成にあたっては、「良好」「極めて良好」と書くのがいいのですが、病気など気になることがあるのであれば入社後のことも考えて正直に書くことが大切です。しかし、その場合には、応募先選びということが必要になることは避けることができないということです。作成した健康状態で、入社後にトラブルになることだけはないようにしてください。 マイナス評価になるからといって健康状態を偽ってしまうと、就職後の仕事や生活にも影響します。仕事と健康という働く上で絡み合う重要なことについて、履歴書にしっかりと書くようにしたいものです。