【行政書士なら】気になる年収〜おすすめ求人まで一挙にご紹介します。

出典:pixabay.com

行政書士とは、主に法律知識を駆使して官公庁や市役所と言った行政機関に提出する書類を作成する仕事になります。またお金の貸し借りや土地の貸借などの権利や義務に関する書類や、重要な会議の記録や建築資料などの図面の作成などの事実を証明するための書類も作成することができます。これらを官公庁及び市役所に提出するためには、きちんとした体裁の書類に仕上げて提出することが求められます。書類の提出はこうした公的機関にとっては必須の内容になってきますので、こうした書類を専門家の立場から作成する仕事になります。そのため仕事の範囲は非常に広く、需要が近年高まっていることも事実です。

【行政書士の年収とは? ~厚労省統計で約600万~】

出典:pixabay.com

行政書士の年収は厚生労働省の統計で約600万円前後であることが分かっています。しかし、年収は100万円にも届かないような人もいれば逆に1000万円を超えるような人もおり、稼いでいる人と稼いでいない人との差が極めて大きい職業です。その理由はなぜでしょうか。 1つ目の理由として、行政書士を専門としているか副業としているかがあげられます。専業で毎日営業する人もいれば、会社員などが行う副業として週末のみ稼働している人々もいます。稼働時間が違えば、年収に大きな差が出ることは当然とも言えます。 2つ目は、行政書士によってできる仕事の範囲が大きく異なる点が挙げられます。仕事の範囲が非常に広いことから、様々な種類の仕事をオールラウンドにこなすことができる行政書士は、その分高い収入を得ることができます。また、特定の専門分野に特化している行政書士もその専門性の高さから同じく高い収入が期待できます。 3つ目は、雇われているか独立開業しているかという点です。雇われている場合には安定が期待できますが給料の額はそれほど高くはありません。逆に独立開業している場合には、頑張ればかなりの額を稼ぐことができますが、仕事がなければ収入がゼロの場合もあります。

【行政書士の働き方とは? ~独立開業と雇われるパターンがあります~】

出典:pixabay.com

行政書士の働き方には大きく2つに区分されます。1つ目は、企業や事務所などに雇われて働くパターンであり、2つ目は自らの力量で独立開業して事務所を運営していくパターンです。ではそれぞれの概要と、メリット、デメリットを見ていきましょう。 1つ目は企業や事務所に雇われて働くパターンです。これは、そのままですが行政書士の資格を習得した後に、企業や先輩の行政書士が運営する事務所に雇われる形で勤務し収入を得るパターンです。資格を習得した直後にいきなり自分で開業することは極めて難しく、ノウハウなども何も持っていないために、これらを学ぶ目的で入社することもあります。それぞれの勤務場所でお給料をもらいながら、独立開業する腕を磨くこともあればそのまま雇われの立場で勤務を続ける場合もあります。 メリットとしてあげられることは雇われであるということです。つまり給料の形でもらっているため、歩合などの要素はあるもののまったくの無収入の状態に陥ってしまうことはないために、収入の安定性という意味では優れています。 デメリットとしてあげられることは、常に自分には上司があり上司の指示を受けて働かなくてはならないために、自分の苦手とする分野の仕事も時には引き受けなくてはならないことと、収入自体はそれほど高くはならないという点です。 次に2つ目の独立開業についてみていきましょう。独立開業とはある程度雇われ先の事務所などで腕を磨いた上で、独立開業して自分で仕事を見つけてこなす方法です。会社員などの副業で週末にのみ稼働している場合もこちらのパターンに入ります。 メリットとしては、自分の好きな量やタイミングで仕事に取り掛かることができ、働き方を自分の好きに調整できることです。あくまで自分でクライアントから仕事を獲得して、それを処理することによって報酬をもらうというプロセスを踏むために、自分の事情に合わせた柔軟な対応ができることが最大のメリットです。また、収入も自分で決めることができることも大きなメリットです。 デメリットとしては、クライアントからの仕事を引きうけられないとまったくの無収入になってしまうというリスクがあることです。仕事を取れなければ報酬が発生しないために、行政書士としての能力だけでなく仕事をい獲得するための営業力や人間関係の構築能力も必要になってくるのです。

【行政書士になるためには? ~試験に合格することが必要です~】

出典:pixabay.com

行政書士になるためには、毎年11月の第2日曜日に行われる行政書士の資格試験に合格することが最初の1歩です。受験資格はなく、未成年者や成年被後見人といった場合などを除いて基本的に誰でも受けることができます。筆記試験で全体で約60%程度取れれば合格することができるといわれます。ただし、それでも合格する人数は受験した全体の5%~10%前後であり難関の資格試験です。 試験は筆記試験により行われ、憲法や民法、行政法や商法といったさまざまな法律の知識を問われます。また法律面だけでなく、政治経済や情報通信技術といった一般教養に該当する内容も問われます。合格するには、各種分野においてポイントを抑えた内容を学習することが求められます。

【行政書士の求人 ~多くは雇われからのスタートになります~】

出典:pixabay.com

では行政書士の求人としてどのような内容があるのかを見ていきましょう。例としてリクナビNEXTにあるこのような求人があります。

この求人は、行政書士資格を必ずしも求めているわけではありませんが、そのぶん資格を持っている人はより高い給料で勤務することができるでしょう。これ以外にもさまざまな求人が存在しますが、必ずしも行政書士の資格を必須要件にしていないことが多いです。しかし、資格を持っていればほぼ何らかの形で優遇されます。

【まとめ ~自分に合った働き方をしましょう~】

出典:pixabay.com

行政書士は、資格試験の難しさから習得して勤務した場合多くの場所でそれなりに高い給料を得ることができます。また、官公庁や市役所などに書類を提出するといった需要は、将来的にも決してなくならない分野の業務でもあるために、長期間安定して業務に取り組むことができます。独立開業すればさらに高い収入を期待することもできる魅力的な職業です。そして、会社員などが副業として考えている場合でも週末や長期休暇中のみ稼働するといった働き方を選択することも可能です。簡単ではありませんが、法律や行政に関する知識と営業力を兼ね備えることを目標に稼働を続ければより豊かな生活への足がかりとなるでしょう。