【VRとは】最近話題のVR!利用が広がるVRのイマをまとめてみた

出典:pixabay.com

最近話題の「VR」。ニュースでもなにかと取り上げられているので、耳にする機会が増えているかと思います。ただ、言葉は聞いたことあるけれど、どんなものかわからないという人や、なんとなく知っていても詳しく説明するのは難しいという人が多いのではないでしょうか。 そもそもVRとは「Virtual Reality」の略で、「仮想現実」を意味します。仮想なので実際に存在しないのですが、コンピューターによって作られた世界を体感できるものです。VRといえば、大きなゴーグルのようなものをかけて、手を動かしたりしている人の光景を思い浮かべる人も多いはず。あれが、まさにVRを体感している状態です。ゴーグルのようなものは、「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」というもので、VRを体感することができる装置となっています。周りから見ていてもわかりませんが、HMDをつけている人には現実とは全く違った映像、つまり仮想現実が、あたかも現実世界のように見えているのです。HMDには、各種センサーが取り付けられています。VRも現実と同じように360度の世界が広がっているので、顔を上にあげればセンサーがそれを感知して、上を向いた景色を見ることができるのです。 そんなVRの世界は日々進歩を続けており、私たちの生活にも身近なものとなっているのです。この記事では、VRのイマをお伝えしていきます。様々な場所で使われるVRを知り、「VRとは何なのか」の理解に役立ててください!

”VR=ゲーム”ではない

出典:pixabay.com

VRと聞くと、なんだか遊んでいるようなイメージを持つという人も少なくないはず。それは、VRのニュースや紹介を見ていても、VRゲームやアトラクションをしている場面が多いからではないでしょうか。誰にでもVRをわかりやすいものとして紹介するために、ゲーム性の高いものが取り上げられているだけで、VRの利用は様々な分野に広がっています。たとえば、広告やショッピング、不動産、医療など、私たちの生活にも密接に関わる分野で広がりを見せているのです。各分野での活用はこのあと詳しくご紹介していきます。

ARとは?VRとの違いは?

出典:pixabay.com

VRと似た言葉で「AR」というものがあります。言葉の説明からすると、ARとは「Augmented Reality」の略で、「拡張現実」を意味します。どういうものかというと、現実世界に「現実にはないもの」が存在するように見せる技術です。 イメージしやすいのは、スマホを使ったARではないでしょうか。2016年に世界各国で「ポケモンGO」というアプリが発売されてブームを起こしました。これに用いられているのがARの技術です。スマホのカメラ越しに現実世界が写っており、そこには現実には存在しないポケモンまで写っています。 VRが、見えるもの全てをコンピューターが作り出しているのに対して、ARは現実に+αすることで現実を拡張するものです。見た目で、ヘッドセットをつけているのがVRだと思えばわかりやすいかと思います。VRやARを利用する側としては、混同したせいで重要な問題が起こったりはしません。ただ、違いを知っておくと、VRについての理解も深まりやすいかと思います。

VRの活用分野【VRゲームとは】

出典:pixabay.com

さて、ここからは実際にVRがどんな分野で活用されているのかをご紹介していきます。 まずは「ゲーム」です。先程、「VRはゲームだけではない」とお伝えしましたが、やはりVRゲームは魅力的なものが多いのでVRを知るためにも抑えておきたい分野です。その中でも一番よく知られているのがSONYの「PlayStation VR(PS VR)」ではないでしょうか。ただ、PS VRだけがVRゲームの全てではなく、小さな会社や個人からもソフトが発表されています。興味のある人は、どんなゲームがあるのか探してみるのも面白いでしょう。 基本的には、VRゲームに対応したHMDとハードウェア(ゲーム機本体やPC)を持っていれば遊ぶことができます。VRゲームがどんなものかといえば、シューティング、アドベンチャー、レース…など幅広いジャンルがラインナップされていて、それぞれゲームの世界に入り込んだような体験ができるものです。臨場感溢れる体験ができる楽しさがあり、これからさらにソフトも充実し、グラフィックなどもより精細なものに進化していくでしょう。

VR活用分野【VRのアトラクションとは】

出典:pixabay.com

VRという仮想現実を、アトラクションで楽しめるということはご存知でしょうか?都内だけでなく、各地にVR体験ができる場所や、VRアトラクションを楽しむための施設が作られているのです。先述したVRのゲームについては、家庭内で楽しむ場合についてお伝えしましたが、こちらについては、VR体験施設に行けば、誰でも仮想現実の世界を体感できるというものです。 ゲームと同じようにシューティングやスポーツ、ホラーなどの内容を楽しめるほか、VRによってジェットコースターに乗っているかのような体験ができたりします。HMDなど、VRに必要なものは全て揃っていますので、まずはVRを体験してみたいという人は、アトラクション施設を訪れてみてはいかがでしょうか。

VRの活用分野【VR広告とは】

出典:pixabay.com

個人的に一番興味があるのがVR広告です。どんなものかというと、VR空間の中に出現する広告のことです。PCやスマホでネットや動画を見ていると、随所に広告が出てくると思いますが、それがVRでも出てくるわけです。 広告の出現方法は、まだ協議段階にあるとされていますが、PC・スマホとは一味違ったものになるでしょう。たとえば、ゲーム内に設置されているテレビにCMが流れたり、VR空間を歩いているときに見つけたお店に入ってみると、アパレルブランドの商品が並んでいたり…と、手法については様々な可能性があるわけです。しかも、企業からすれば、HMDは使用者の目線までセンサーで的確に感知するため、広告の効果を分析することにも役立てられるのです。今後、VRならではの広告が作り上げられていくはずなので、期待したいところです。

VRの活用分野【医療現場のVRとは】

出典:pixabay.com

医師向けのVR

医療については、誰もが病気というものを身近に感じながら生活をしているので関わる可能性が高い分野です。現在、そんな医療分野にもVRが活用されています。 手術を行なう医師は、本番さながらに手術の練習をすることはできないというのが現状でした。そこで、VRを活用することで手術のシミュレーションができるというものがあります。手術は失敗が許されないからこそ、医師にとってもストレスを禁じ得ないものだったりします。それをVRでシミュレーションしてから臨むことで、ストレス緩和にも繋がるなど、医療の現場で有効活用されているのです。 その他、医学生や新人向けに手術のVR動画を作成したりすることで、教育面でも活用されているようです。実際の手術の様子を仮想空間で体験できることで、理解促進に繋げられるというものです。

患者向けのVR

医療分野は、医師だけでなく患者向けにも有効なVRがあります。その一つが、PTSDやトラウマを克服するためのものです。高所恐怖症の人に、VRで高所体験をさせて徐々に慣れさせたり、怖くないということを伝えたりといった使われ方があります。 医療におけるVRは、ストレス軽減、依存症の克服などにも使えるのではないかと思います。たとえば、ニコチン依存症の人が、VRでタバコを吸うことで満足感が得られたり、逆にタバコによって人体に悪い影響が出てきてしまったシミュレーションをVRで見せる…なんてことも医療分野で今後出てくるかもしれません。

VRの活用分野【VRでのショッピングとは】

出典:pixabay.com

VRを使って自宅で商品を試めして、購入できる。そんな時代がすぐそこまできています。仮想現実には、生地の質感や色味、ディティールまでしっかり表現されている洋服があり、着てみたイメージまで確認できるというものです。家にいながら、仮想現実でショッピングに出掛けられるというものは、VRだからこそ感じられる価値だといえるでしょう。

VRの活用分野【VRで住まい探しとは】

出典:pixabay.com

VRは住まいの分野にも進出しています。それが、VRで内見ができるというものです。賃貸であれば、店舗でHMDを装着したり、VR端末を覗き込めば、物件まで移動しなくても一旦部屋の中を360度確認できます。遠隔地に住んでいる人や、内見希望物件が現在居住中の場合など、様々なケースで利用できるサービスなのです。一戸建ての購入を検討している人も、VRによって完成住宅を確認することができたりすれば購入イメージもわきやすいはずです。住まいの分野でも、このようなVRサービスが徐々に広がっているのです。

VRをスマホで楽しむ方法とは?

出典:pixabay.com

これまでは、VRがどういった分野で活用されているのか、といったことを中心にお伝えしてきました。ここでは、もっと手軽にVRを体験したい・楽しみたいという方に向けて、スマホでVRを楽しむ方法をお伝えします。 まず必要なのは、HMDです。まずは安価なものを用意して体験してみてもいいかもしれません。ただ、高価なものほどグラフィックも精細で高性能です。種類も多数あるのですが、スマホで楽しむ場合は、スマホ装着型のHMDを用意しましょう。そのあとは、スマホアプリでVRのものを見つけて楽しむだけです!ゲームアプリ以外にも、「YouTube」にVR対応動画が結構上がっていたりします。スマホを使って、仮想現実の世界を存分に体験してみましょう。

VRを手軽に楽しめるカメラとは?

出典:pixabay.com

仮想現実を自分でも作れたら面白そうだと思いませんか?それができるのが、VR動画が撮れるカメラです。たとえば、音楽ライブでの会場の様子をカメラで360度撮影しておけば、自宅で何度でもその空間を体験し直すことができます。他にも、サイクリングの様子をカメラで撮ったり、臨場感溢れるスポーツの最中をカメラに収めたり。そんなVRを作り出せるカメラが市販されています。VRカメラで動画を撮る人が増えると、「YouTube」などの動画コンテンツも、また違った角度から楽しむようになるかもしれません。

VRの未来とは?

出典:pixabay.com

2016年が「VR元年」と呼ばれていましたが、一般消費者からするとその実感も薄いと感じます。その理由として、「価格面で手を出しにくいから」と「購入してまでやりたいことがないから」ということが言えるでしょう。一般消費者がVRを楽しむためにHMDを購入するとなると、結構な出費になります。安価なものも発売されていますが、VRの世界を楽しめる高性能なものを求めれば、約4~8万円はかかります。その上、「初期費用がかかっても、これをやりたい」と思えるような強力なコンテンツはまだ出てきていないとも感じています。そういったことから、VRは多大なる可能性を秘めていながらも、まだ爆発的な普及には至っていないと言えるのではないでしょうか。 その一方で、VRはなにをきっかけとして普及が促進されていくのかはまだわかりません。ただ、いろいろな分野で使うことができる汎用性の高さ、そして利用者としては出掛けなくても体感できるという手軽さ、便利さも魅力なので、これからさらに広がりをみせるのではないかと感じます。上記にも様々な活用例を挙げましたが、その他、自動車教習所でもVRを活用できるのではないでしょうか。実際の道路に出て運転しているかのようなVRがあれば、運転スキルの向上にも役立ちそうです。また、道路でのヒヤリ・ハットをVRで確認することで、運転の危険度などもしっかり伝えられると感じます。もちろん、VRだけで教習を終えるのではなく、実演前の補助的な役割で活用できるのではないかと考えます。中国ではすでにVR教習を導入しているといったニュースもあるので、日本でも教習所でのVRが当たり前になったりするかもしれません。 VRがどんな場面で普及していくのか、さらにどんな進化を遂げていくのかなど、VRの未来を考えてみるのも面白そうです。