「第ニ新卒とは」新卒・既卒との違い、特徴を解説!

目次

第二新卒とは

第二新卒とは、学校を卒業してから企業へ就職したけど、3年以内に退職、または転職を希望する求職者を指すと言われています。 転職市場においては新卒採用の対象者と経験者採用の対象者の ほぼ中間的な位置にある求職者を指す事が多くなっています。

新卒や既卒に比べるとあまり耳にしないので、知らない方が多いかと思います。 では、新卒や既卒との違いは何なのでしょうか。

第二新卒と新卒との違いとは

新卒とは、その年に学校を卒業した学生のことを言います。 第二新卒との大きな違いは、社会人として働いた経験があるかどうか、です。 転職をする際にはこの違いが大きく影響します。

第二新卒と既卒との違いとは

では次に、既卒との違いです。 既卒とは、大学や専門学校などを卒業後、就職活動が上手くいかなかった、留学をしていた、研究に集中したかったなどの理由で正社員としての就職を選択しなかった人のことを言います。 また、卒業後にフリーターとして働いている人も既卒者として扱われます。 最初に述べた通り、第二新卒は一度就職した後1年から3年以内に会社を辞めた人のことです。それに比べて既卒は、卒業した後に正社員として就職していない人のことを言います。 どちらも現時点で就職していないのが共通点ですが、そこに至るまでの過程に大きな違いがあります。

第二新卒の特徴とは

これまでは、第二新卒とは何か、そして新卒・既卒との違いについて説明してきました。 ここからは、第二新卒の人が転職をする際に、企業側からはどのような風に見られるのかについて考えていきたいと思います。 卒業後の数年間という限られた時期にしか得られないメリットはありますが、安易に第二新卒での転職を行なうことのデメリットも当然あります。 さて、企業が第二新卒の若者たちに抱くイメージはどんなものなのか、以下に挙げてみます。 ①仕事が続かない人 ②厳しく指導するとすぐに辞めそう ③自分の希望が通らなかったら辞めそう ④無断で辞めそう やはり、第二新卒=早期退職者のイメージがあるようです。 これを見ると、第二新卒者というのはメリットよりデメリットの方が多そうですが、新卒や既卒に比べて得する点もあるんです。 以下では第二新卒のメリット・デメリットについて解説していきます。

企業は早期退職者を敬遠する?第二新卒のデメリットとは

第二新卒のデメリットは、企業側に「採用してもまたすぐに辞めそう」と思われること。これは上記でも説明しましたよね。 厚生労働省の「新規大学卒業就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」によると大学卒の就職者の内、1年目で辞める人が12.3%、2年目10.6%、3年目9.4%、合わせて32.2%の人が3年以内で辞めていることがわかります。 3年以内に辞める人が約3割とは確かに多いですね。 企業側としては、第二新卒の面接者を前に「会社に就職してたった1年で辞めてしまった理由は何だろう?」と警戒してしまうのもムリのない話です。 では、第二新卒のデメリットとは何なのか。4つ挙げていきたいと思います。

①第二新卒と中途採用者では、中途採用者を採用したいと考える企業が少なからずある

新しい人材を採用するには、「求人誌に掲載する」「面接を行う」など、コストと時間がかかります。 その為、すぐに辞めそうな第二新卒を選ぶよりは、多少年齢が高くても長く働いてくれそうな中途採用者を採用する方が得であると考えるようです。

②即戦力を求める求人だと採用が難しい

第二新卒の特徴として、基本的な社会人経験はあるけど専門的なスキルがないということが言えます。 求人情報に「経験者求める」といった内容があれば、第二新卒や中途採用も歓迎しているという意味なのですが、第二新卒は中途採用に比べて専門的なスキルが少なく経験が浅いため、中途採用者よりも劣ると判断されることもあります。

③採用にかかるコストと研修など社員育成にかかるコストを考えて、新卒を採用する

①で述べた通り、採用するにもお金がかかります。 すぐに辞めてしまいそうな第二新卒を雇うなら、新卒を採用して、求人広告などに使う予定だったお金を社員育成に使う方が有意義と考える企業が多いようです。

④人気の企業や大手企業に敬遠されやすい

大企業は人気があるので、当然新卒や能力の高い転職希望者が殺到します。 その為、スキルや経験が中途半端で、すぐ辞める可能性のある第二新卒をわざわざ採用する必要がないのです。

以上より、第二新卒は、社会人経験の少なさ、早期退職したことによる耐性のなさが企業に敬遠されて中途採用より不利であり、大企業や人気の企業をへの転職を目指す場合は新卒よりも不利であることがわかります。 「新卒よりも中途採用よりも不利な第二新卒にメリットなんてあるの?」 と思ってしまいますが、もちろん第二新卒のメリットはあります。

若さと伸びしろが評価される!第二新卒のメリットとは

第二新卒はなんといっても若さが魅力です。 柔軟性に優れ、かつ仕事の飲み込みも早く、若いがゆえに企業風土にも染まりやすい、そして能力の面でも伸びしろがある、という面で新卒同様に期待されています。

以下に、第二新卒のメリットを6つ挙げていきます。

①基本的なビジネスマナーが身についている

これは、研修をしなくていいので企業からするとコスト削減になります。

②社会人経験がある

実務経験は浅いものの、新卒とは違い、基礎的な業務知識やコミュニケ―ションスキルを備えています。 前職と同職種、あるいは前職の経験が生かせる職種であれば、即戦力として活躍が期待されます。

③柔軟性の高さ

第二新卒の人は最初の会社等を短期間で辞めていることから、前の会社の仕事のやり方や考え、社風などに染まっておらず、新しい事への適応力もあると考えられます。前職の期間が長くなると、どうしても仕事の進め方などを引きずってしまうことがありますが、第二新卒であれば、比較的柔軟性も高いと考えられます。

④挫折・失敗の経験

最初の就職先を何らかの理由があって離職して、転職活動をしている人のため、最初の職場で何らかの挫折を経験していると考えられます。失敗した経験を乗り越えることができれば成長につながるため、人材としての魅力が高くなっている場合があります。

⑤就職活動→転職活動へ

新卒時に行った就職活動とは異なり、第二新卒が就職する場合には転職活動になります。転職活動は就職活動とはプロセスが変わるので、就職活動よりも上手に自分をアピールできる場合もあります。

⑥キャリアチェンジがしやすい

20代はキャリアチェンジの好機です。 未経験者の採用となると、企業としては基本的に、成長性が期待できる20代を優先するのが一般的です。 なかでも第二新卒は企業からの需要が高い傾向にあります。年齢が若い分、柔軟性や将来性に期待がもてるうえ、前職で社会人経験を積み、一定のビジネスマナーを身に付けていると考えられ、新卒のようにゼロから研修を行う必要がないからです。たとえ、未経験の業種・職種へのキャリアチェンジでも、人柄やポテンシャルを重視し、内定を出す企業も多いといわれています。

以上のように、新卒と同様若さと伸びしろのある部分が評価されると同時に、新卒とは違い多少のビジネスマナーを身に付けていることから、年齢が若い分、中途採用より有利かもしれませんね。

現に、第二新卒に注目している企業も多いと言われています。

第二新卒が注目されている理由とは

さて、いまなぜ第二新卒が注目されているのでしょうか。ここでは5つの理由を挙げていきたいと思います。

①新卒採用の激化による人員不足

現在、新卒採用は売り手市場のため、採用予定人数に達することができない可能性が非常に高くなっています。そうした際に第二新卒に切り替えて採用充足に向けて動く企業が増えています。 第二新卒者側は、学生時代とは異なる軸で企業を選ぶようになります。認知度が低いことが原因で学生が集まらなかった企業も、第二新卒をターゲットにすることで、応募者が集まる可能性が十分にあります。

②雇用の流動化による早期退職への抵抗の軽減

終身雇用が崩壊し、早期離職をして第二新卒として新たなキャリアを積んでいく方が増えてきています。そのため、第二新卒者の中から、自社の求める人材に出会える確率も高くなっています。 「早期離職=活躍できない人材ではないか」というイメージも払拭されてきているのかもしれませんね。

③柔軟で適応力が高い

これは、第二新卒のメリットについて説明した際にも述べました。 第二新卒者は社会には出ているものの、経験が少ないため、柔軟性、適応力が高い方が多くいます。 長く社会経験を積んでいると、スキル・技術力を期待できる一方で、前の会社での慣習やプライドなどの理由でカルチャーフィットが難しくなるケースがあります。 しかし、前の会社の文化に染まり切っていない人が多く、仕事への意欲や若手ならではのフレッシュさを備えているため、新卒採用と同じように環境に溶け込むことができます。

④基本的なビジネススキルを備えている

これもメリットの際に述べましたが、第二新卒者には、前の会社で研修や経験を積んで、基本的なビジネスマナーやネットリテラシーなどの基本的なビジネススキルを備えている人が多くいます。 新しく新卒を採用するよりも研修のコストや手間がかからないため、第二新卒を採用する大きいメリットだと言えます。

⑤入社までの期間が比較的短い

新卒者の場合、入社時期が固定のため、新卒採用活動を始めてから入社まで半年以上期間が空いてしまいますが、第二新卒は入社までの期間が短いため、タイミングに合わせて会社にジョインすることができます。 また、基本的なビジネススキルを備えているため、すぐに戦力が欲しいという場合にも第二新卒者なら早期に現場で働くことができます。

以上のように、企業側から見ても、第二新卒には、新卒採用や既卒採用と比べても劣らない魅力があることがわかります。

最近は大手も第二新卒採用に積極的!大手企業が求めるものとは

大手企業の中には、第二新卒を採用している企業もあります。新卒採用で人材確保が思うようにできなかった、新入社員が辞めてしまったといったケースで、若年層の補充が行われることがあるのです。 なぜ、大手企業は「第二新卒」採用に力を注ぐのでしょうか?そこには、それだけの理由とメリットがあります。

大手企業が第二新卒を採用するメリットとは

メリット①新卒と違い、通年でいつでも採用できる

各企業間で新卒採用競争が激化しており、企業は新卒採用枠を満たすことが難しくなっている状況です。フレッシュな若手人材を獲得できていない状況が続いているのです。新卒の場合、1年に一度4月の一律入社まで待たないといけません。 その点、新卒と同じような若くフレッシュな人材を、一年中採用できる第二新卒採用は便利です。 企業は通年採用できる「第二新卒」で、新卒不足を補おうとしているのです。

メリット②第二新卒層を狙う競合企業がまだ多くないため、企業は優秀な人材を獲得しやすい

採用市場全体で第二新卒採用を強化する動きが出ている一方で、新卒から三年未満で辞めてしまう第二新卒層を嫌う企業が多いのも事実です。 「また、すぐ辞めてしまうのではないか?」「どこかに問題がある人材なのでは?」と懸念しているのです。 だからこそ、世間的にはダメと思われている第二新卒層の中から「掘り出し物を見つけたい!」という大手企業も存在するのです。 高級ブランドのアウトレット商品のようなモノで、優秀な若い人材を安く採用できる点に注目している企業が増えています。

メリット③一定レベルの教育と経験がある即戦力を安く短時間で使える

第二新卒層は就職を経験し、新人研修など一通りの教育を受けた社会人です。社会人としての最低限のマナーやルールを身に付けており、再度教育をする必要の無いことが魅力です。 新卒の新入社員と比較しても即戦力として期待できるうえ、雇用契約を結ぶ上でも中途採用ほどの人件費がかからず大きなコスト削減に繋がるメリットがあります。 また、採用活動コストが安いことも魅力です。新卒採用を行う場合、合同説明会や大きな会場での会社説明会、新卒採用サイトの運営から筆記試験や数度にわたる面接、入社前のインターンでの教育、入社後の研修など、採用から教育まで1年から2年におよぶあらゆることにコストがかかります。 その点、第二新卒のほうがずっと安く採用でき、短時間で使い物になるのです。

メリット④経験が浅い、扱いやすいフレッシュな人材を獲得できる

「社会人経験が浅い」というと聞こえが悪いですが、若さあふれる第二新卒には『柔軟性と高い適応力』があり、再就職先での新しい仕事のやり方ににも、抵抗なくなじむことができます。 また、日本企業独特の「新卒神話」からも若くフレッシュな人材が好まれる傾向にあります。

メリット⑤モチベーションが高い人材を獲得できる

第二新卒は仕事選びを失敗してしまった方です。安易な就職活動を後悔している方がほとんどではないでしょうか? その失敗から学び、同じ間違いを繰り返さず「もっと自分にあった仕事を楽しみながらしたい」と強く思っているはずです。 例えば、「見栄だけで大手銀行に入社したけどやりたい仕事ができない、小さなベンチャーでもいいから裁量権を持ってガツガツ仕事したい…」などです。 イメージだけで行っていた就職活動中には見えてこなかったことが、実際に働くようになって明らかになり、自分の進むべき道を現実的に考え直しているはずです。だからこそ必死ですし、再びすぐ辞めるようなことも少ないのです。

新卒の時には挑戦できなかった大手企業への就職も、夢ではないのかもしれませんね。

さて、これまでは、第二新卒とは何か、メリットやデメリット等について述べてきました。第二新卒は一度社会に出て失敗をしている分、「今度こそは」というやる気に満ちていることに加えて、真剣に再就職を考えているという方がほとんどかと思います。 第二新卒者が転職するメリット・デメリットとは何なのでしょうか。

第二新卒で転職するメリットとは

①労働環境の改善が期待できる

仕事への悩みや不満は人によって違うと思いますが、それが「就業時間に納得がいかない(シフトへの不満や残業が多いなど)」「人間関係がうまくいっていない」「考えていた仕事とは違った」などであれば、転職することによって環境を変えることが可能です。転職によって悩みを根本から解決できれば、第二新卒者にとって大きなメリットになります。

②給料交渉の余地がある

第二新卒の転職時には「もっと給料を上げてほしい」といった要望も交渉できる可能性があります。新卒入社の際は、自分の能力に適しているかどうか判断がつかないまま、求人条件どおりに就職することがほとんどですが、働き始めてからの成長度合いや経験値は人それぞれです。一定以上の知識とスキルがあり、結果も出せていれば、その評価を転職先に求めてみても問題ありません。自分の実力を提示し、それに対して高評価を示してくれる企業であれば、お互いにとってメリットになります。

③スキルアップを実現できる

働き始めると、これまで培った経験を糧に、今後の自分をどう伸ばしていきたいかが明確にわかるようになってきます。 それに伴い、自分の将来の目標を実現できる職場で働きたいという願望も生まれ、それが転職への動機につながることも多くなります。 そんなときは、自分がこれから得たいスキルに関して蓄積のある企業への転職を考えてみましょう。その転職が成功すれば、必然的にあなたのスキルアップにつながるはずです。

第二新卒で転職するデメリットとは

信頼をイチから構築しなければならない

3年未満で転職した場合、転職先では“信頼を得る”という面で努力が必要となります。例えば、転職先の企業から「またすぐに転職してしまうのではないか」と思われてしまうのは仕方がありません。 しかも、それが1回目の転職であれば大目に見てもらえますが、2回目、3回目ともなれば、信用度はかなり低くなってしまいます。「根気のない人」というイメージを持たれてしまう可能性もありますので、転職先では信頼関係の構築に人一倍力を注ぐ必要が出てくるでしょう。 また、転職先で出会う同僚との関係も一からになってしまいますので、新たな人間関係を育むのが苦手という方は苦労してしまうかもしれません。金銭面では、有給付与日数が初年度からのカウントになったり、退職金制度のある会社であれば長期間勤務者との差が出てしまったりすることもあるかもしれません。

第二新卒の転職活動で失敗しないためのポイントとは

では、転職を失敗しない為にはどうしたらいいのでしょうか。 ここからは、第二新卒の転職活動で気を付けたいポイントを紹介します。

入社後のギャップを埋めるため、求める仕事内容を把握する

第二新卒の転職理由によくあるのが「就職した会社のイメージが入社前と違うから、別の会社に転職し直した」というものです。なぜ入社後ギャップが生じてしまうのかというと、その1つに”求める仕事を自分自身が把握できていない”ことが挙げられます。 例えば、ITエンジニアとして新卒入社した人が、やっぱり人に触れ合える仕事がしたいと思い営業職に転職したとします。しかし、営業職と言っても飛び込み営業やノルマに追われる毎日で、仕事についていけません。 後から振り返ってみると、エンジニアとしてITに触れることは好きでした。となると、人に触れ合う仕事がしたいからと単純に営業職を選ぶのではなく、エンジニアとしての経験も生かしつつ人とも触れ合える職種を検討する余地があったのでは? となりますよね。

このように、今している仕事を踏まえた上で、具体的にどういった仕事をしていきたいのか明確にすることが大事です。 上記の例で言えば、人に触れ合う=営業ではなく、どう人に触れ合っていきたいのかということをよく把握する必要があります。

第二新卒の弱点を克服し、転職に臨む

現在は第二新卒で転職する人が増え、市場の動きも活発になりつつあります。 第二新卒での転職を成功させるには、その会社では絶対に続ける意志と、前の会社を辞めた理由を明確にしておく必要があります。 後付けでも構いません。 大事なのは、企業側が納得するような答えを具体的な言葉に落とし込むことです。

「転職した後で何を実現したいのか?」を明確にする

第二新卒の転職理由には前向きなものばかりではなく、現状が単純に嫌だとか入社後大きくギャップがあったなど、ネガティブな理由も多いでしょう。現時点では、後ろ向きな理由で退職を考えていることは仕方ありません。 新卒というと、まだ働いた経験も少ない時点で企業を選ぶことになるわけですから、当然といえば当然です。 ただ、退職する理由が後ろ向きだとしても、転職した後で何を実現したいのかを明確にしておく必要があります。転職で何を実現したいのか明確でないまま転職したとしても、また同じ結果になる恐れがあります。仮に今の会社が嫌だからという理由で辞めたとしても、今度は何をしたいという点を具体的に言葉に落とし込みましょう。 それが説得力となり、志望動機を記した文章や面接を通じて企業にも伝わるはずです。

仕事というのは一生のうちでも、大部分を占めるものです。仕事が充実していないと、人生がつまらないものに感じてしまうかもしれません。30代、40代になってキャリアチェンジするのは非常に難しいのが現実です。学生のときに何がやりたいのか分からずに、何となく入社を決めてしまったけれど、働いているうちに自分の本当にやりたいことが見えてきたという人も少なくないようです。  十分に考え、自分の本当にやりたいことを目指すことにしたのならば、第二新卒のうちに思い切って転職するのも、1つの手だと思います。ずっと、悩みながら働き、あのとき転職していればよかったと後悔するより、充実した仕事ができ、充実した人生になるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 第二新卒について少しはご理解いただけたでしょうか。 この記事を読んでいただいた方の中で、この先自分が第二新卒として転職活動をすることもあるかもしれませんし、あるいは自分が入った会社に第二新卒として入社してくる人がいるかもしれません。 この記事を読んで、少しでも第二新卒について知っていただけたら幸いです。