【社労士になるには】そもそも社労士とは?試験の難易度は?

資格

企業における「人材」の専門家である資格

社労士は正式名称を「社会保険労務士」と言います。社会保険労務士法という法律に基づいて与えられる国家資格です。 社労士は企業の成長に欠かせない「人材」に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的に日々業務にあたっています。

社労士の業務内容

社労士の主な業務は、前述したとおり企業の中での人材における問題に関することです。ここでは主な3つの業務についてご紹介します。

1つ目は人事労務管理のコンサルティングです。
企業は新しく入社する人、退社する人、育児休業や介護休業に入る人など、同時期に様々な状況で雇用されている人がいます。正社員や契約社員など、雇用形態にも違いがあります。様々な雇用形態の社員の健康保険や労災保険の手続きに関して、時にその判断が難しいケースも出てきます。
このときに企業からの依頼を受け、どう判断したら良いかのアドバイスをするのが社労士です。専門家である社労士が判断することにより、企業がよりよい労働環境を整えられるようにするのです。

2つ目は上記でご紹介したような企業の労働社会保険関係の手続きの代行です。
雇用保険、健康保険、厚生年金などに関する書類作成、申請、給付等の事務手続きや従業員の給与計算、労働基準監督署へ提出する書類の作成などを行います。
社労士にお願いすれば、企業側はその分の仕事を減らすだけではなく、専門家にお願いすることでミスや法律違反を確実に防げるメリットがあります。

3つ目は年金に関するアドバイスです。
社労士への年金に関する相談業務が現在増えつつあります。法人や個人に対して年金の種類・加入期間に応じ支給額を計算したり、手続きについてアドバイスしたりします。

社労士の資格を取るには?

 

社労士の国家試験の受験資格が必要

社労士になるためには社労士の国家試験を受験し、合格して国家資格を得る必要があります。しかし、そもそも社労士国家試験への「受験資格」がなければ合格できません。受験資格は下記のとおりとなっています。

【学歴】
・大学、短期大学、高等専門学校を卒業した人
・上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した人
・修業年限が2年以上で課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門学校を修了した人
・これ以外にも、全国社会保険労務士会連合会の個別の受験資格審査により、学歴を満たしていると認められる場合があります。

【実務経験】
・社会保険労務士や弁護士の業務の補助に従事した期間が通算3年以上になる人
・国や地方公共団体の公務員として行政事務に携わった期間が通算3年以上になる人
・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員や従業者として実施事務に携わった期間が通算3年以上になる人

【その他】
・厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した人
・司法試験第一試験または高等試験予備試験に合格した人
・行政書士の資格を持っている人

社労士の国家試験、難易度や合格率は?

 

社会保険労務士試験の受験者数はどのくらいか?

受験者数は、平成22年度試験の55,445人がピークで以降は年々減少をしています。平成29年度試験の受験者数は、前年比3.2%減で38,685人となりました。

社会保険労務士試験の難易度と合格率

では社労士の国家試験に合格するには、実際にはどの程度難しいことなのでしょうか?

厚生労働省発表の資料によると、平成20年~平成26年の試験まで合格率は7~9%あたりで推移していました。
しかし平成27年度試験の合格率はなんとわずか2.6%!受験者の約3%しか資格取得することができない難易度の高い試験なのです。

その後、平成28年度試験は4.4%、平成29年度試験では6.8%と徐々に右肩上がりにはなりつつありますが、いずれも受験者全体の1割以下しか合格できない難易度の高い試験なのです。

社労士資格取得の難易度が高いわけ

出題範囲となっている法令が頻繁に改正されるから

なぜ社労士の試験はこんなにも難易度が高い資格なのでしょうか?

社労士の国家試験合格率があまり高くならない理由の1つが「法改正」です。国家試験の出題範囲となる法令などの改正が頻繁になされるからです。
社会保険や年金の制度は、毎年大きく変わっていくので、どの部分がどのように変更されたかを把握する必要があります。
一度の試験で合格できればよいですが、落ちてしまうとまた新しく変わる制度を一から覚え直す必要があるのも勉強時間がかかってしまう理由です。

難易度の高い社労士の試験の勉強時間はどのくらい?

勉強時間① 独学の場合

前述したとおり、社労士試験の難易度は非常に高く合格は狭き門です。独学で合格できる人もいますが、それ相応の勉強時間と努力が必要となります。 社労士に独学で合格することを目指す時の勉強時間の目安は、一般的に合格まで800~1,000時間ほどと言われています。右も左もわからない手探りの状態からスタートするため、出だしはかなり大変かもしれません。

しかし社労士の資格取得自体は、きちんと勉強時間をかけて学んでいれば3年や5年かかってやっと取得!というようなものではないので、合格者の体験談などを参考に学習を進めていけば合格することは不可能ではないでしょう。

勉強時間② スクーリングや通信講座の場合

「やっぱり独学は難しそう!」という方もご安心ください。社労士の勉強方法にはスクーリングや通信講座といった強い見方もいます。

まずスクーリングの場合ですが、期間は平均的に数ヵ月~1年程度です。学費は数万円~20万円とスクールに寄っても差が出てくるところです。
メリットは同じ目標を持って一緒に勉強ができる仲間がいることでモチベーションを維持しやすいことや、勉強する中で疑問に思ったことはすぐに講師へ質問しながら、その場で解決していくことができることです。わからないことにつまづいている時間がない分、学習のペースも見通しやすくなります。
デメリットは、他の学習形態と比較して多少費用が高いことです。また、スクールが都市部などに集中していることから、地方在住の人はそもそも選択肢にできない場合もあります。

次に通信講座です。
通信講座は、教科書などのテキストと、DVDやオンラインで見られる授業動画などが教材となります。
通信講座のメリットは、自分の好きな場所や好きな時間に自分のペースで勉強時間が取れるところです。また、「自分が苦手な部分はここだ」と苦手なところだけを何度も繰り返し勉強することもできます。また場所を選ばず勉強できることから、地方在住の人でも選択肢にできるありがたい勉強方法です。
デメリットは、自分自身で勉強をするモチベーションや学習ペースを維持しなければならないところです。模試などで点数が落ちた際に励ましてくれる人やアドバイスをくれる人がいないため、自分で自分を鼓舞しながら勉強を続けなければいけません。自分のペースで作業したり勉強することが得意な人にはおすすめの勉強方法です。
通信講座の勉強時間数も合格レベルまで達するには約700時間程度必要です。9月か10月から学習を始めて1日2時間くらい……というのが目安です。ただ独学や通信講座の場合はあくまで自分がどれだけ理解したかによって学習ペースは異なるので、一概に何時間必要と断言はできません。

社労士の給料や待遇は?

資格取得の難易度の高さに見合った待遇!

全国社会保険労務士会連合会の調査によると、社労士の待遇は下記のとおりとなっているようです。

平均年収:670万円
平均給与:42.3万円
平均賞与:162万円

個人によって違いはありますが、だいたい年収450~760万円ぐらいの人が多いようです。また独立して開業している人は年収1000万円近くなる人もいるようなので、安定して高収入を得たい方には良い職業と言えるかもしれません。

勉強時間は無駄じゃなかった!きちんと休みを取れる仕事

社労士の仕事は基本的に平日勤務がメインです。企業や個人が抱える労務や保険、年金などに関する相談に乗ることなので、お客様都合により基本的には標準的な会社員の勤務時間と同じ9時~18時などで働いている人が多いようです。 また、繁忙期の休日出勤などはありますが、基本的には土日が休みが多いです。仕事のない週末を利用して、業務に関連するセミナーや勉強会に参加する人もいるようです。
ただ、夜間や土日しか時間がとれないお客さま相手の場合は、夜の遅い時間帯や週末に相談業務をこなすこともあります。特に独立してからなどは、どのようにな働き方をするかは自分で決めて実行できる職業と言えるでしょう。

試験の難易度は高いけど、取る価値のある資格!

 

社労士の資格は取得する難易度は高いです。合格率も毎年1割を切りますし、勉強時間も相当必要なので生半可な気持ちでは挑戦するのが難しいです。

しかし、ワークライフバランスの取りやすい働き方の実現も可能なため、勉強して損はない資格です。キャリアチェンジなどを考えられる方は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか?