【掛け率とは】意味、使い方、計算方法、相場など

意味

「掛け率」という言葉は、営業部や資材部等に所属していた方であれば、非常に聞き慣れた言葉ではあるかもしれませんが、そうではいない方にとってはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

簡単に言ってしまえば「掛け率」とは、商品を仕入れる際の計算に使用し、「定価に何%を掛けたら、その商品を仕入れることが出来るか」という意味です。
例えば、商品に50%を掛けて仕入れることが出来るのであれば、その商品の掛け率は50%ということになります。非常に簡単ですよね?

「掛け率」と関わりの深い「上代」と「下代」

「掛け率」という言葉と同じような場面で出てくる言葉に「上代」と「下代」という言葉があります。この機会に一緒に覚えてしまいましょう。

「上代」=商品の定価のことを指します。簡単に言えば店頭で一般のお客さんに売る値段です。
「下代」=小売店等が商品のを仕入れる際の価格のことです。

「上代」「下代」に対して、商品を「上代」の何%で仕入れることが出来るかというのが「掛け率」なので、非常に「掛け率」と関係性の深い言葉です。

実際に「掛け率」を使ってどのように計算するの?

では実際に「掛け率」を使ってある商品の仕入れ値を計算してみましょう。
ここでは仮に定価で\5,000-の商品を仕入れると仮定してみます。この商品の掛け率が50%(場合によってはこれを「5掛け」という言い方もします)だった場合はこのような計算になります。

5,000円(定価)×0.5(掛け率)=2,500円(仕入れ値)

という形で計算することが出来ます。
非常に簡単な計算ではありますが、掛け率の計算というのはこれを覚えるだけ!!もうここまで読んだあなたはすぐに掛け率の計算が出来ると思います。

「掛け率」は英語の場合何て言う?

中には海外とのやり取りを英語で行ったり、社内が英語必須という環境で働かれている方もいらっしゃるかと思います。
特に材料などの品目は日本は海外に依存度が高いため、英語を活用しなければならない場面には遭遇することが多いです。
その場合当然、「掛け率」という言葉も英語で表現しなければならないと思うのですが、実は「掛け率」を表す「単語」というのはありません。
英語で「掛け率」という言葉を表す場合には、近い表現と言える英語訳が

「ratio of wholesale price to retail price」

になります。
グーグル等で「掛け率」というワードを入力すると「掛け率 英語」と表示されるので、
「掛け率」を英語で言うと何と言うのか気にされている方が非常に多いことが分かります。

「掛け率」に相場というものは存在するのか?

コストへの感覚が非常に優れている方であれば、ここまで記事を読むと「掛け率」に相場はあるのだろうか?と考えるのではないでしょうか。これはズバリ答えを言ってしまうと、「掛け率に相場はない」というのが答えです!!

例えば、年間100万円購入してくれる顧客と年間1億円購入してくれる顧客への「掛け率」が同じということはありません。あまり商品を売る側はこれを公表はしていませんが、基本的に年間の購入価格や、顧客の資金状態などの信用をベースに「掛け率」には差がついていることが非常に多いのです。
また、業界によって、メーカー側が顧客側よりもパワーを持っている場合などは、予め掛け率がメーカー側で半強制的に設定されているケースもあり、「掛け率」の相場があるとは、言えない状況です。
とは言っても、ある程度の掛け率の相場というのはざっくりではありますが、とその業界で勤務していれば把握することは可能なので、「掛け率」という言葉に対して、普段からアンテナを強めに張っておくことが重要となります。
また、季節によりその商品の価値が変動するようなアイテムであれば、定価に変化はなくとも「掛け率」は流動的に変化することが多いので、そういった商品は相場という概念で考えることは非常に困難と言えます。

「掛け率」という言葉は流通のどの場面で登場するのか?

例えばあなたが電化製品店等で当たり前のように並んでいる製品は、ある商流の元、店舗に並んでいます。

小売店が主に製品を仕入れる先は、主に3つに絞られます。
1.メーカー
2.商社/代理店
3.卸問屋

あなたが電化製品店で見ている製品達は、この3つのいずれかから、店舗が仕入れていると言えます。
メーカーが小売店と直接取引する場合は、小売店はメーカーの希望小売価格(定価)に掛け率を掛けた額で仕入れを行っています(とは言ってもメーカーが直接取引しているパターンは非常に稀なので注意が必要です)。
商社/代理店から小売店をしている場合は、下記のような流れになります。

メーカー→商社/代理店→小売店

このような流れで製品は小売店に並びますが、商社/代理店はメーカーから仕入れる際に定価に掛け率を掛けた値段で仕入れを行い、小売店が商社/代理店から商品を購入する際に利益を上乗せして販売するわけなので、メーカーと直接取引するよりもこの仕入れ方だと、店頭での価格は相対的に高くなってしまいます。

卸問屋の場合も同様で、

メーカー→卸問屋→小売店

という流れで製品は小売店の店頭に並ぶわけです。この場合卸問屋は、定価に「掛け率」を掛けた価格で仕入れを行います。
つまり、流通の中で「掛け率」という言葉が登場するのは、一番最初に仕入れを行う場面ということになります。

仕入れを行う際の最大の腕の見せ所?「掛け率」に交渉の余地はあるのか?

先ほど別項目で、『「掛け率」に相場はないが、顧客に差はついている』という内容をご紹介したと思います。
つまりこれはどういうことかと言うと・・・言い換えれば、「掛け率」には交渉の余地があり、場合によっては掛け率を低くし、安く商品を仕入れることが出来るということになります。こういった交渉を担当するのは、企業であれば、資材部や調達部、そして営業部が担当します。社内に当たり前のようにある様々な素材などの材料や、商品達はこれらの担当者の方々が手腕を発揮して、何とか安く仕入れることが出来ないかと努力して仕入れたものなんですね。

具体的にどのように「掛け率」を低くして安く商品を仕入れるのか!?

先述の通り、「掛け率」には交渉の余地があり、やり方次第では掛け率を低く設定し仕入れ値を安くすることが出来ます。仕入れ値を安くすれば製品を売った際により利益を出すことが出来るわけですから、誰でも掛け率を低く抑えたいと思うのは当然ですよね?では具体的にどのような話を持ちかければ良いのでしょうか。

1.仕入れ先から、どの程度まとめた数量・金額で仕入れを行えば「掛け率」を低く設定してくれるか情報を聞き出す。

まず第一ステップはここからです。この情報がなければ、「掛け率」を低く設定するための交渉は出来ないと言っても過言ではありません。これはズバリ仕入れ先に聞いてしまって問題ない質問なので、仕入れ先の担当者に聞いてみましょう。

2.自社でその仕入れ商品をどの程度必要とするか、先の予定までしっかりと把握する

これは交渉するのには非常に重要な材料となります。例えば社内である商品が来月に100個必要だったとしましょう。しかし、3か月で見ると実は200個仕入れる必要があったりします。この情報を元に「本来の購入数は100個ですが、3か月先の分までまとめて200個で仕入れるので仕入れを安く出来ないか」という交渉をすることが出来ます。当然ながら商品を売る仕入れ先は出来るだけ多く商品を売りたいと考えていますので、まとめて多くの数量を仕入れることで、「掛け率」を下げる余地というのは十分にあると言えます。

あくまでもこの2つの項目は、「掛け率」を低く商品を仕入れるための最低限の要素なので、自身が所属する業界の常識やルールと照らし合わせて、この2つにプラスして作戦を考えることが必要です。

一部の業態では「掛け率」という言葉は存在しない!?

ここ10~15年程で増えてきたSPAという言葉はご存知でしょうか。
SPAとは英語で「Specialty store retailer of Private label Apparel」の略で、日本語で言うと、「製造小売」と言います。日本で言うと代表的なのは「ユニクロ」でお馴染みの「ファーストリテイリング」です。先述で紹介した、メーカー→商社/代理店やメーカー→卸問屋という流通形態とは全く異なり、商品の企画・製造から物流・PR・販売を自社で一貫して行う小売業態のことを指します。この場合は登場するのは「メーカー」1社のみのため、そもそも「掛け率」という概念自体が存在しません。どんな業態でも「掛け率」が存在するわけではないということは覚えておいた方が良いかもしれません。

まとめ 「掛け率」を知らずして商品を売ったり仕入れたりすることは出来ないので必ず覚えましょう!!

以上、「掛け率」の意味、使い方、計算方法、相場などについてご紹介させて頂きました。意外と詳しくは知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。これらは社会人としては必須の知識と言っても過言ではないので、この記事をキッカケに是非覚えみましょう!!