年末調整の還付金はいつ・どれくらい返ってくるの?

目次

年末調整の還付金はいつ支払われるのか?

会社員・公務員・パートさんにとって年末調整って12月頃に「年末調整の書類出して!」と催促される一つのイベントですよね。でもこの年末調整について詳しく知ると節税につながったり還付金が支払われたりする可能性がある事を知ってる人は少ないと思います。この年末調整について解説していきます。

年末調整とは?いつ手続きするの?

会社員や公務員、アルバイトやパートさんは毎日働いて給料を頂いていますよね?(パートさんやアルバイトの方であれば週給なんて制度もありますが) 国民の義務として税金を支払わなければなりません。その中で「個人が儲けた金額(所得)から一部を国に納めてください」というものに「所得税」があります。 年末調整とは簡単に言えばこの「所得税」を個人の代わりに所属している企業が代わりに手続きをしてくれるというものです。ちなみに日本では所得税は所得の多い人(単純に年収の高い人)から多く徴収する「累進課税」という制度を取っていますので、年収250万くらいの新卒のビジネスパーソンとその会社の部長などでは所得税額が変わってくるのが特徴です。また、企業が個人に代わって月々所得税を給料から天引きすることを「源泉徴収」といいます。説明が長くなりましたが、年末調整というのは「源泉徴収で取りすぎた税金を年末に返還する」ものです。 会社に所属していると必ず給与から所得税が引かれていますから税金を払っている、、という感覚を持つ事が難しいですよね?特にパートさんやアルバイトの方だと「時間給」である事が多く給与明細を見たりすることもそんなにないですよね?自営業の方とか個人事業主の方も当然所得税を支払う事になります。それは「確定申告」という手続きをしないと脱税になってしまいます。 確定申告は会社員や公務員、パートさんでも「所属している会社以外で収入がある人」例えば副業をしているとか株式投資で儲けたとか。。最近だと仮想通貨が話題ですよね。そういう人達は副業は所得なので確定申告をして税金を納めなくてはいけません。ただ今回は確定申告については最後に少しだけ説明しますね。

年末調整の還付金とは?いつ還付金がもらえる?

還付金とは、所得税の支払い過ぎなどの理由から年末調整の処理をした後に個人に戻ってくるお金の事です。「戻ってくるお金」と言い切ってしますと語弊がありますので、「条件によっては年末調整で還付金が戻ってくる人もいる」としておきますね。 会社員・公務員・パートさんが毎月個人で所得税の納税をすると大変ですよね?なので会社が代わりに手続きをしている事は先ほどご説明しましたよね?企業は毎月「源泉徴収」というやり方で所得税を個人から徴収しています。これは少し多めに取っておくのが一般的(税金の支払い漏れを防ぐため)なのですが、多くとってしまったものは個人に返さないとだめですよね?それを年末に返しましょうというのが年末調整で、返ってくるお金を還付金と言います。 この還付金は返ってくる人もいれば、返ってこない人もいます。条件によって増額される人もいますし、場合によっては余分に払わなければいけないケースも出てきます。 また、年末調整は会社員・公務員・パートさんが自分たちで全く何もしなくていいか?と言われるとそうではなく「年末調整に必要な書類に必要な事項を記載する」必要があり、これですら面倒だと感じている人も多いのではないでしょうか?

還付金詐欺に注意!!

最近銀行のATMに行ったときに「銀行のATMで還付金が支払われる事はありません」という注意書きを見たことはありませんか?これは最近横行している新しい形の振り込め詐欺の一種で公的機関「役所の職員や警察官」などを語って「銀行のATMでこちらが言う作業をすると還付金が支払われますよ」と言ってその詐欺集団の口座に振り込ませるものですが、役所の職員や警察官が電話でATMの操作を指示することは一切ありませんので、気を付けてくださいね。 年末調整に「還付金の特別枠」なんてものはありませんし、社会保険庁や市町村の役所の職員から「年末調整で年金の特別還付金が支給されることになりました!」などと言う電話が実際にあったようです。 国民生活センターのHPでも「医療費がATMから還付される事はありません」と強く注意喚起していますので確認してみてください。

年末調整の還付金はいつ頃返金されるのか?

年末調整。。というくらいなので夏には戻って来ないことは分かりますよね?年末調整の還付金が支払われる時期で多いのは下記の4点です。 ・12月分の給与と一緒に ・12月に支払われる賞与と一緒に ・1月分の給与と一緒に ・1月に支払われる賞与と一緒に これは会社員も公務員もパートさんもみんな同じタイミングです。例えば同じ会社に「正社員」「パート」と違う雇用形態の人が一緒に働いているような職場でも支払われる時期は同じです。

年末調整の還付金はいつ?誰がもらえるのか?【対象者】

年末調整の還付金がもらえる対象者はその企業で働いている人すべてです。「でも俺は去年の年末に還付金なんてもらってない!」という人が当然出てきますよね?これは還付金をもらうための条件もあるんです。もらうための条件があるという事は「還付金がもらえないケース」があるという事です。それをご説明しましょう。 また、これから説明することは企業や役所に勤めている「会社員」「公務員」「パート」の方々の事をご説明します。自営業者や個人事業主の方はまた別の方法がありますので、それは最後に少しだけご説明します。

年末調整の還付金はいつ?誰がもらえるのか?【対象外】

還付金がもらえない人のケースですが、前出の説明で「年末調整とは多く徴収してしまった所得税を年末に個人に返すもの」と説明しましたよね?と、いう事はつまりもらえない人というのは ・所得税を多く徴収していなかった人 ですよね。これについては基本的には「多く徴収している前提」なのですが、年末に足りない分は所得税を支払わないといけなくなる事も出てきます。あと、これはあまりあってはならない事なのですが、 ・勤め先が計算を間違えていた という理由で還付されないケースもあります。これについては人がやる事(経理のシステムを入れている会社もありますが、入力するのは人なので)なので間違いもあります。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【生命保険加入】

ここまでの話は年末調整で還付金がもらえる対象者、対象外の人たちについてご説明しましたが、ここからは色々な条件をクリアすると年末調整で還付金が多くもらえるケースがあります。まずは「生命保険に加入している場合」です。 「終身保険」「医療保険(がん保険などを含む)」の事を指しますが、生命保険に加入していると年末調整で最大\40,000-程還付されます。会社員や公務員、パートさんだと所得税控除から-\40,000になりますので、12月の給与で所得税額が\40,000より少ない場合はプラスで還付される事になりますね。また生命保険に関しては税制の改正があり「平成23年12月31日までに締結した生命保険料、個人年金保険(後でご説明します)」は旧契約そして平成24年1月1日以降に締結した生命保険を新契約として旧契約とは違う計算方法で控除額を算出しています。保険証書に締結日の記載がありますし、担当のライフアドバイザーに確認してから申請書に記入してくださいね。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【地震保険加入】

日本は地震大国なので地震保険に加入している人が増えてきていますよね。でも独身の方とか、賃貸に住んでいる方は「地震保険に入っている」という意識は少ないかも知れません。地震保険は新築・中古で一戸建てを購入した時に火災保険と一緒に入るかどうか確認される事が多いです。 地震保険控除の意味は地震に備える自助努力を国が支援する為のもので、最初は2006年の税制改正で新設されました。その後2007年以降の地震保険料が控除されるようになりました。 2006年以降に住宅を購入された方は一度自宅の保険証書などを確認するのもいいかも知れません。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【社会保険料控除】

社会保険料控除と聞いて「社会保険は会社で払ってるじゃん」と思うかも知れません。その通りで、会社から給料をもらっている会社員、公務員、パートの方は社会保険料(年金保険料や健康保険料)が給料から天引きされていますよね?給料の源泉徴収(天引き)から適用が漏れてしまう社会保険料控除については、年末調整で申告することが可能です。少し難しい話になりますが、社会保険料控除が適用される健康保険や年金は以下のようになります。 ・健康保険、国民年金、厚生年金保険および船員保険の保険料 ・国民健康保険の保険料または国民健康保険税 ・介護保険法の規定による介護保険料 ・雇用保険の被保険者として負担する労働保険料 ・国民年金基金の加入員として負担する掛金 ・厚生年金基金の加入員として負担する掛金 ・国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、恩給法等の規定による掛金、納付金 でも社会保険料は基本的に給料から天引きだから自分で払う事はないと思いますよね?会社員、公務員、パートの方が社会保険料控除を受けるためには以下の条件があります。 1.20歳を超えた子どもの国民年金を親が支払っている これもたまにあるケースですよね?会社員でなければ国民年金を支払う必要があります。(会社員やパートさんは会社で社会保険料を払っているので)これを両親が立て替えているケースです。 2.何らかの事情で納税者の配偶者が支払うべき社会保険料を納税者本人が支払っている これも色々なケースがありますよね。具体的な事例は割愛しますね。 ・過年度未払いのままになっていた国民健康保険等を支払った 読んで字のごとくですが、「払っていなかった国民健康保険料」を支払ったケースです。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【iDeCo】

iDeCoって何?初めて聞く方も多いですよね。iDeCoとは「個人型確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)」と読みます。金融商品なので詳しくは説明しませんが、自分自身で作る年金制度のようなものです。大手の証券会社さんやネット証券会社さんでiDeCoの商品を販売しています。 すごくいい制度なんですが、金融商品なのでデメリットもあります。 1.元本割れの可能性もある。 2.途中で解約ができない。 例えば自分の銀行口座に毎月積み立てていってもそのお金は自分で使わない限り減らないですよね?でも金融商品は為替レートや日経平均など様々な外的要因で元本から下がる事もあります。 金融商品はきっちりしたプロに相談して自己判断で行ってくださいね。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【小規模企業年金】

これは会社員・公務員・パートの方には直接関係のない制度かも知れませんね。簡単にご説明すると個人事業主さんや会社の役員、中小零細企業の経営者などが事業を廃止したり会社を退職したりする際にそれまで積み立てていた掛け金に応じて給付金が受け取れる制度です。 その為、加入できる対象も会社員・公務員・パートさんではなく個人事業主や中小零細企業の会社役員の方となります。 こちらは紹介のみにしますね。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【1年の途中で扶養家族が増えた】

これもそのままですね。その年のどこかで両親を扶養に入れたとか家族以外の別の親族を扶養に入れたとかのケースですね。扶養家族や配偶者についての控除は次の項目で説明していますのでそれも併せて読んでみてください。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【本人、家族が障害者】

障害者控除という控除があり、これの詳しい内容も次の項目で説明していますので、併せて読んでください。ここではプラスでもらえる条件として記載しますね。

年末調整の還付金はいつ?プラスでもらえる条件【その他】

最後の条件になりますが、その年の途中でシングルマザーまたはシングルファーザーになった場合です。 寡婦控除とか寡夫控除とかいいます。離婚というケースと死別とあると思いますが、これも知らないと損をする制度なので確認してみてください。 次の項目で年末調整に必要な書類についてご説明しますが詳しくは所属している会社の年末調整の担当の方(総務、経理、人事)に確認してみてください。 ここでは一般的にはこうですよね?という部分についてご説明します。

年末調整の還付金をもらうために必要な書類

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は現在扶養している家族・親族の状況を毎年申告して、個々の事情に合わせて税金を控除してくれるものです。 給与所得者が夫の場合は妻の名前生年月日、子供の名前生年月日などを書く欄があります。

給与所得者の保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書

こちらの書類で書く内容は以下です。 ・生命保険料控除 ・地震保険料控除 ・社会保険料控除 ・小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除などは前出で説明した通りですね。iDeCoは小規模企業共済等掛金控除に含まれます。

年末調整の還付金で対象となる所得控除

配偶者控除

配偶者とは「結婚をしている相手」です。夫か妻という事になりますね。配偶者とは「婚姻関係があり、同一生計関係にある」事がそもそもの条件になりますので、「事実婚」のように婚姻届を出していない場合は法律上配偶者と認められないケースもあるようです。 以前は「103万の壁」と呼ばれていた年収制限がありました。これは簡単に説明すると「パパの扶養に入っているママがパートで年収103万(月給\85,000を超えるとパパの税金が高くなる」というもので、バイト先でよく交わされる会話に「年間の収入が103万を超えそうだから繁忙期シフトに入れません!!」という会話が聞こえてきます。2017年までは年収103万でしたが、2018年からは「150万」まで上限が引き上げられました。女性の活躍を目指している安倍政権ではいい傾向ですよね。

扶養控除

先ほどご説明したものは「配偶者」に特化した控除で、この扶養控除は配偶者以外の扶養に入っている人(母親とか16歳以上の子供など)に対する控除です。上限は「103万まで」です。先ほど150万まで上限が引き上げられていたものはあくまで配偶者控除です。

障害者控除

配偶者やその他扶養している親族が身体障害手帳を持っているケースや精神障害者手帳を持っているケースに適用されます。こちらについては「知的障害」「精神障害」「身体障害」などがあります。控除額についても一般障害者、特別障害者など区分も分かれていますので時間があれば下記国税庁のURLを参照してみてください。

寡婦(夫)控除

寡婦(かふ)控除とは妻または夫と死別、離婚後に再婚せずに扶養家族がいる世帯に適用される控除です。一般的には「シングルマザー」や「シングルファーザー」の事を言います。寡婦控除も寡夫控除も立場が違うだけで同じ控除なのですが、年間27万円の控除を受ける事ができます。 また、この寡婦(夫)控除には特別条件が設けられており、夫や妻と死別後未婚であり子供を扶養に入れていてさらに総所得額が500万円以下と条件を満たしている人に限り、27万円に8万円がプラスされ計35万円の控除を受けることができます。寡婦控除については知らない方もいると思います。会社の経理担当や総務担当者に一度確認してみる事もいいかも知れません。

勤労学生控除

これは名前の通りなんですが、学生で働いている人(アルバイトやパート)に対して控除されるものです。適用される条件は下記のような条件があります。 1.特定の学校の学生、生徒であること 2.合計所得金額が65万円以下で、しかも3.に基づく所得以外の所得が10万円以下であること 3.勤労所得が学生である納税者本人の勤労による所得であること (1) 学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校など (2) 国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の過程を履修させるもの (3) 職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させるもの

確定申告とは?年末調整との違い

確定申告とは?いつ頃申請するの?

確定申告とは個人事業主や会社員・公務員・パートさんが企業からもらう給料以外に所得があった場合で対象期間は1月1日から12月31日の1年間で「確定申告書」や「決算書」などの必要書類を揃えて翌年の2月16日から3月15日までに税務署に申告・納税するものです。 確定申告も年末調整と同様で「払いすぎた税金が戻ってくる」可能性がありますが、払わないといけないケースもあります。 確定申告が必要な方は以下のような方たちです。 <確定申告が必要な人> ・配当所得があった人 ・不動産所得があった人 ・事業所得があった人(個人事業主) ・給与所得があった人(サラリーマンでも確定申告が必要な場合も。後述) ・退職所得があった人 ・譲渡所得があった人 ・山林所得があった人 ・一時所得があった人 ・雑所得があった人(年金、事業的規模でない副業による所得などがある場合)

年末調整との違い

会社員・公務員・パートさんは基本的には年末調整で税金を支払っていますし申請することで控除もされます。個人事業主の方たちは企業に所属していないので、納税も自分でやらないとだめですよね。納税や事業経費の計算などをする為に税理士にお願いしている方が多いようですが、税理士さんを雇うのも経費がかかりますから経営者自身が自分で確定申告をしている場合もあります。 会社員でも確定申告をするケースがあります。それは年末調整で控除された税金以外に控除される可能性のあるものです。 確定申告をするという事は給料以外の収入があった人たちとこの後説明する医療費控除の申請をする人。最近では新築住宅を購入した人向けの「住宅ローン減税」など様々な申告内容があります。 確定申告は奥が深いので国税庁のホームページをチェックしてみてください。

年末調整以外で還付金がもらえる制度【医療費控除1】

医療費控除って聞いたことはありませんか?「1年間で支払った医療費が10万円を超えると税金が戻ってくる」と、いうような感じで知っている人も多いと思います。 1年間で支払った医療費が全額返ってくるわけではないのですが、下記のような条件のものが返ってきます。 【医療費控除の対象になるもの】 ・病院、歯科の治療費、薬代 ・薬局で買った市販の風邪薬(セルフメディケーション税制) ・入院の部屋代、食事の費用 ・妊娠中の定期健診、検査費用 ・出産の入院費 ・病院までの交通費 ・子どもの歯科矯正 ・在宅で介護保険をつかった時の介護費用 また、下記のようなものは医療費控除の対象外となるようです。 【医療費控除の対象にならないもの】 ・人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合) ・自分の都合で利用する差額ベッド代 ・健康増進のビタミン剤や漢方薬 ・病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金 ・里帰り出産のために乗った飛行機代 ・美容整形

年末調整以外で還付金がもらえる制度【医療費控除2】

先ほどの医療費控除される条件の中に「薬局で買った市販の風邪薬」が対象になる説明をしましたが、これは「セルフメディケーション税制」という新しい制度を利用することが出来ます。 これも条件があって「セルフメディケーション税制を申請する場合は通常の医療費控除と併用できない」事です。 セルフメディケーション税制は2017年1月1日から実施されたもので2017年1月1日以降に、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち、医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際に、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができます。

確定申告後の還付金はいつもらえる?

確定申告の期間は2月16日から3月15日と決められています。期間の延長もできますがそれにはかなり色々な条件がありますのでできるだけ期間内で申告するようにしてください。会社員向けに日曜日に税務署を開けている所もありますので最寄りの税務署を調べてみる必要がありますね。 また、確定申告後の還付金ですが申告書類に不備がなければおおよそ1ヵ月から1ヵ月半くらいで還付されます。申告書類に銀行口座を指定するようになっていますので銀行に税務署の名前で振り込まれるようです。

まとめ

ここまで年末調整についてや還付金制度。還付される対象者、条件など色々ご説明してきました。 納税は国民の義務なので納税しないという選択肢はありませんが、会社員や公務員、パートさんでも「節税」の為に色々な方法がある事が分かったと思います。年末に向けて一度自分自身で調べてみたり会社の総務の人に聞いてみるのもいいかもしれません。