【ビットコインの始め方】初心者でも簡単にビットコインを運用する方法を解説

目次

ビットコインを知っていますか?

ここ数年で一気に知名度が広がったのがビットコインです。テレビのCMでも毎日のようにビットコインの名前が流れています。スマホを開けば、そこにもビットコインを扱う広告が溢れているでしょう。今や初心者の方も含め、殆どの人が名前だけは聞いたことのあるもの。それがビットコインです。 ビットコインは仮想通貨と呼ばれていますが、国や特定の企業が発行する貨幣やポイントなどではありません。詳しい話はこれからしますが、ここまで有名になったのは、やはりビットコインで儲けた人の存在があるでしょう。

初心者が簡単に儲かる時代は終わった?

ここ数年、ビットコインの価格は大きく上昇してきました。特に2017年は猛烈な勢いで高騰したため、その前からビットコインを保有していた人の含み資産が爆発、世に言う「億り人」が、あちらこちらで出現しました。しかしその反動でビットコインは価格が下落、高い値段で買った人の中には含み損を抱えたり、売却してマイナスを被ってしまった人も出ています。 初心者でも買えば単純に儲かるという時代は終わりを告げ、これからは賢く運用する時代と言えます。必要な知識を身に付けてビットコインを始めてみましょう。

ビットコインの取引の始め方を簡単に纏めると?

ビットコインの取引は誰でも始められます。詳しい説明はあとでしますが、最初にだいたいの流れをご紹介します。 ・必要なもの:銀行口座、本人確認書類、ビットコインを買うためのお金(最低10円程度から可能)、スマホとアプリ、あればPC。 ・必要な手続き:ビットコインを扱っている取引所に口座を作って入金する(その際に上記のものが必要になります) ・ビットコインを売買する(取引所に入金したお金でビットコインを買い、必要に応じて円に戻して、銀行口座に送金する。ビットコインを使って他の仮想通貨を売買することも可能です) ・ビットコインを使う:ビットコインを導入している店舗やサイトで、ショッピングをすることが出来ます。また国内外の他の人の取引口座に直接ビットコインを送金することも可能です。

初心者がビットコインを始めるにあたって必要なことは?

ビットコインの運用自体は、スマホと現金があれば誰でも出来ます。しかし誰でもできるからこそ、必要な知識を持っておくことでより安全で確実な運用をすることが可能になります。 ここでは単にビットコインの取引のやり方を説明するだけでなく、ビットコインに関するリスクやメリット、注意すべき点やお勧めの運用法などを紹介します。ビットコインの運用を始める前に、これらの情報をしっかり獲得しておくことが大切です。

ビットコインは投資の対象になります

ビットコインは通貨であると同時に資産でもあります。そのためビットコインを買うということは、ビットコインに投資する、と言い換えることも出来ます。 実際の通貨でも、投資活動は行われています。円が高くなった時に円を売ってドルを買うと、普段よりもたくさんのドルが買えます。次に、円が安くなった時点でドルを売って円を買い戻します。すると買っておいたドルの単価は上がっていますから、円をたくさん買うことが出来ます。結果、最初にドルを買った時より多額の円を手にすることが出来ます。 株も同じです。安い時に買っておいた株の相場が上がっていくと、最初に買った時に比べて高い値段で売ることができ、資産が増えます。

ビットコインが投資に向くわけ①長期的に相場が上がっている

ビットコインは登場して以来、ほぼ右肩上がりの相場で価値が伸び続けています。これまで深刻なエラーが起きることもなく、取引記録は誰にも破壊改竄されずに更新され続けています。ビットコインは仮想通貨同士の売買に使われる基軸通貨としての地位も盤石。実際の店舗での決済が導入されるケースも増え、時間や手数料が非常にかかる海外への送金もカバーします。 2017年の後半にバブル的に価格が上昇し、2018年明けから大きく暴落したとは言え、高騰前の価格を割り込むまでには至っていません。ここ最近では再び緩やかな推移となっています。もちろん未来を確実に予言することは不可能ですが、短期的な乱高下はあっても、中長期にはビットコインの価値が増していく事は十分に考えられます。

ビットコインが投資に向くわけ②本格的な普及はこれから

いくら知名度が上がっているといっても、実際にビットコインを持っている人は、まだ圧倒的に少数です。つまりまだビットコインを持っていない人は沢山いるので、その人たちがビットコインを欲しがるようになれば、今後も価値が伸びていくと想定できます。

ビットコインが投資に向くわけ③少額から買えます

ビットコイン自体は、1ビットコインが100万円前後と高額ですが、それを大きく分割して買うことが出来ます。ビットコインの具体的な刻み方は取引所によって異なりますが、国内最大手のビットフライヤーの場合、0.001ビットコイン単位で買うことが出来ます。相場の実勢価格にもよりますが、概ね1000円単位でビットコインを買うことが可能なのです。余ったお金で試しに買ってみる、という使い方が出来ることがビットコイン投資のメリットです。

ビットコインが投資に向くわけ④取引手数料が無料です

これもビットコインの大きなメリットで、取引所で直接取引する場合、最大手のビットフライヤーを筆頭に、多くの取引所で手数料が掛かりません。取引する金額が大きいと、手数料というのは馬鹿にならない経費になります。また短期間で売買を繰り返す場合も、手数料が係るとそれが累積され、多少の儲け程度は相殺されてしまうケースもあり得ます。

ビットコインが投資に向くわけ⑤相場の動きが大きい

これは良い面と悪い面の双方がありますが、ビットコインの相場の値動きは株や為替に比べて、非常に大きなものになっています。そのため短期間で大きく儲かる可能性があります。同時に大きく損する可能性もありますが、中長期で見れば、ある程度の傾向を予測できる可能性は高まります。ビットコインは、1日の中で何回も売買を繰り返すような投資には向きませんが、数ヶ月や1年単位でもかなりの値動きを見せていますから、投資期間を一定以上の長さに設定し、運用すると良いでしょう。

結論:ビットコインの魅力は始め方が簡単なこと!

ビットコインを売買するのには特に大げさな資格や資産は必要ありません。ちょっとしたお金とスマホがあれば、誰でも始めることが出来ます。特にスマホのアプリが良く出来ているので、パソコンに詳しくなくても大丈夫です。どんな出先からでも相場を確認したり、取引したりが可能です。 不動産投資のように多量の書類が必要だったり、財産調査をされることもありません。取引は365日24時間可能で、株式投資のように市場の開いている時間が平日日中のみという制限もありません。まさに初心者を含めて、どんな人でも始めやすいのがビットコインの取引の特徴であると言えるでしょう。

ビットコインの運用における注意点

もちろんビットコインを買ったからと言って、おいしい話ばかりではありません。安全に始められるよう、ここでは注意点も指摘しておきましょう。

初心者が気をつけるべき注意点①価格の変動が大きい

これはメリットの欄でも上げましたが、やはりビットコインの価格の変動の大きさについては、あらかじめ理解をした上で、ビットコインの売買や運用を始める必要があると言えます。 投資一般に言えますが、一定の儲けを出しながら、いかに損を小さく抑えるかが決めてになります。小さくコツコツ儲けていたのに、一回の大きな損でその全てを失い、さらにマイナスになってしまう。これが良くあるパターンです。ビットコインも、目先の価格変動に右往左往しないで、ルールで動くことが大事です。

初心者が気をつけるべき注意点②盗難や紛失

ビットコインは、取引結果を安全確実に記録しておくという機能においては万全のセキュリティを発揮します。しかし、ビットコイン自体の盗難や紛失については、条件次第で安全性を突破されてしまうことがあります。 例えば2014年に起きた「マウントゴックス事件」では、取引所で保管されていたビットコインがハッカーに盗まれるという事態となりました。また2018年には仮想通貨であるNEMがコインチェック社から同じくハッカーの手により盗まれ、その後、取引記録の追跡がされましたが、最終的には回収不能となっています。 一定以下の少額のビットコインを取引所に置いて置く場合でも。その取引所のセキュリティがどの程度強いかは、確認しておく方が無難です。 またスマホを使って取引をしている場合は、そのスマホを紛失してしまったり、自分が目を離した間に誰かにいたずらされてしまうというリスクもあります。

初心者が気をつけるべき注意点③過去にない事件が起きる可能性

今のところ、価格変動と、外部からの取引所へのハッキングがビットコインの運用における大きなリスクです。しかしまだビットコイン自体の歴史が浅いことと、日々新しい技術や応用が生まれていることから、これまでになかった事件が、ある日突然持ち上がるという可能性を否定することはできません。 例えばお隣の中国では国家が介入して、国内でビットコインの取引を制限するようにもなっています。日本でもNEMの盗難事件もあって、金融庁がビットコインを扱う取引所への監督監視を強めています。行政においてはある日いきなり、ということは無いにしても、1年後には自由度が下がるなどの変化があるかもしれません。環境が自由なうちにビットコインを始めてみるなら、今のうちです。

ビットコインを買ってみよう!

それでは実際のビットコインの始め方を学んでいきましょう。 先ほど説明したように、まずはビットコインの取引に必要なものを用意します。と言っても、必要なものは。銀行口座、本人確認書類、最低で1000円程度のお金、スマホなど、誰もが持っているものばかりです。パソコンが無くてもスマホがあれば十分です。むしろ実際に取引をする時にはスマホのアプリを使う方がラクな場合も多いのです。 実際に最初に必要なことは、ビットコインを扱う取引所に口座を作ることです。

ビットコインの始め方①取引所を選ぶ

何はともあれ、ビットコインの初心者がまず行うことは、国内で金融庁の認可を受けて営業している、仮想通貨の取引所に口座を開設することです。仮想通貨の取引所は、ビットコインなどの仮想通貨を売買したい人同士が取引を行ういオンラインのスペースです。ちょうど株や為替の売買と同じで、時価でのビットコインの取引が24時間行われています。 ビットコインの取引所は海外にもありますが、日本語対応が不十分だったり、国内業者の方が何か事件があった時の対応を考え、日本の取引所を選ぶようにしましょう。

ビットコインの始め方②取引所のアカウントを作成する

アカウントの作成手順は、取引所によって多少異なりますが、WEBサイトで会員登録をした後で、本人確認の書類を送付、最後に住所確認という流れが一般的です。会員登録の時点では実際のビットコインの売買は出来ませんが、相場を見たりチャットに参加するなどの事は可能になります。 本人確認は免許証の写真をサイトに送信して認証を受けることが出来ます。この確認が取れると、最後に住所確認として、免許証に書かれた住所宛にハガキが送られてきます。このハガキが到着する事で、何処に住んでいる誰がその口座の持ち主かを確認できます。

ビットコインの始め方③取引所の口座にお金を入れる

口座ができたら、そこにビットコインを買うためのお金を入れます。前述のように、ビットコインは1000円程度から買うことが出来ますので、入れる金額は最低で1000円以上となります。入金方法は取引所によりますが、概ね、現金での振込み、銀行口座からの振込み、クレジットカードでの入金、コンビニからの入金、などに対応されています。 口座の振込先は、取引所の総合窓口となる口座で、入金の際に自分の口座番号やID番号を入れることで、入金の反映をしてもらいます。コンビニ払いやクレジット決済の場合は、サイトやスマホのアプリで手続きをします。

ビットコインの始め方④ビットコインを購入する

取引所の口座にお金を入れたら、いよいよビットコインの購入です。ビットコインの売買もスマホのアプリを使うのが便利です。 ビットコインの購入には2つの方法があります。他のユーザーとビットコインを直接取引する「取引」と、取引所が保有するビットコインを購入する「販売」です。取引の場合は、お互いに価格を提示し、折り合った価格で取引がされます。販売の場合は、取引所が提示した価格で買うことが出来ます。 初心者にとって簡単なのは、取引所からビットコインを買う方法です。あらかじめ値段が決まっており、買う時に悩む必要がないからです。慣れてきたら、他のユーザーとの直接取引を試すようにしてみましょう。

初心者だからこそ最初に押さえておきたい運用方法

購入したビットコインを上手に運用するヒントをいくつか紹介しておきましょう。

ビットコインの運用の始め方①安全に保管する

注意点の所で書いたように、ビットコインを取引所に預けておくと、盗難等のリスクが発生します。少額を投資している場合であればともかく、一定以上の金額になったら、ビットコインを専用の財布に入れて自分で管理する方がいいでしょう。 ビットコインを保管するデジタルの財布をウォレットといいます。ウォレットは取引所でも提供をしていますが、その取引所が攻撃を受けてしまうと盗難リスクが発生します。それに対して自分が保有するウォレットであれば、ハッカーに目を付けられる危険は少なくなります。さらに、ウォレットをネットワークから切り離しておけば、外部からビットコインの情報にアクセスするのが不可能になるので、極めて安全な状態になります。 ビットコインのウォレットにはいくつかの種類がありますが、「ハードウォレット」と言われる機器がお勧めです。ハードウォレットはUSBメモリのような外部記憶装置に、ビットコインの保有情報を記録するものです。ここに保有情報を入れて、パソコンから切り離して保管しておけば、ネットワークから侵入される危険はゼロになります。

ビットコインの運用の始め方②コインを上手に使う

上記に書いたハードウォレットは、データを引き出す時にPCが必要となるので、スマホにインストールできるウォレットアプリも併用すると便利です。ビットコインの決済を導入している店舗の場合、店頭でお店が用意したQRコードを読み込むだけで決済できます。 もちろん、ビットコインの決済を導入しているネットショップであれば、スマホに加えてパソコンからでも商品を購入することが出来ます。

ビットコインの運用の始め方③ビットコインを売る

ビットコインを購入するのと同様、ビットコインを売るのも簡単です。ちょうど買う時の逆になります。 販売所でビットコインを売る場合は、販売所が提示する価格で確実に売ることが出来ます。取引所でビットコインを売る場合は、買いたい人と価格が折り合えば取引が成立します。買った時よりビットコインが値上がりしていれば、元の投資金額が増えて戻ってくることになります。

ビットコインの運用の始め方④ビットコインで他の仮想通貨を買う

ビットコインを売って、値上がりが期待できる他の仮想通貨を買うことも出来ます。多くの仮想通貨は、円やドルで直接買うことができません。基軸通貨であるビットコインと交換して、始めて手に入ることが多いのです。ビットコインで買った仮想通貨が値上がりした時点でビットコインに換金すれば、買った時よりビットコインの保有量を増やすことが出来ます。 但し、その間にビットコインが円に対して値下がりしていると、利益が相殺されてしまいます。逆にビットコインが値上がりしていれば、双方の値上がりの掛け合わせで、利益は倍増されます。ビットコインを介して、複数の相場を合わせて検討していく必要があるため、やや上級者レベルとなります。

ビットコインの運用の始め方⑤長期保有を前提に

最後に、ビットコインで失敗しないために最も重要な心構えをご紹介します。それは長期的なビットコインの保有を前提にして、過度に頻繁な取引を繰り返さないことです。 ビットコインは値動きが激しいので、一度気にし出すと一日中相場の上下に張り付いてしまいます。それで儲かればいいのですが、乱高下に巻き込まれて損をした挙句、心身ともに疲弊してしまう危険があります。特に短期的にビットコインが上昇したのを見て、焦って買ってしまうと、その直後に一転して下げに入り、大きく損をしてしまう可能性に見舞われます。目の前のビットコインの相場に一喜一憂せず、3ヶ月〜1年程度の視野でビットコインの運用を考えてみるようにして下さい。

ビットコインの始め方のまとめ

いかがだったでしょうか?今回はビットコインの始め方や運用のポイントについて説明をさせて頂きました。ビットコインは決して怖い・怪しいと言ったものではありません。しかしビットコインを買えば必ず儲かるという単純なものでもありません。 ビットコインに関する正しい知識と、株や外国通貨を買うのと同じ投資の感覚を持ち、ビットコインを活用するようにして下さい。