【緊張しない方法】面接などここぞという時に実力を発揮する方法

目次

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法1-1:失敗の先のことを考えておくこと

大切な場面でよく言われることが「緊張して失敗を恐れるな!」ですね。この励ましは、捉え方によってはプレッシャーとなって余計に緊張してしまうことがあります。「緊張して失敗したらどうしよう。」という恐れを抱いてしまって委縮してしまうのです。しかし、「緊張して失敗を恐れない」ということを「緊張しても失敗の先のことを考えておく」と捉えてはどうでしょうか。 面接のときに「この会社でだめだったら後がない」というケースはありません。この面接で緊張して失敗をしてこのA社に落ちたら、次はB社があるという気持ちで面接を受けることが緊張しない方法の一つです。緊張して失敗しても、その先をしっかりと考えておけば、結構リラックスして面接を受けることができます。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法1-2:次はどうするかということを考えておくこと

大事な試合の場合にも同じようなことが言えます。必要以上に失敗を恐れると、緊張して普段の力が発揮できない場合が多いようです。「緊張して失敗しても次のゲームではあの作戦で行こう」「緊張して今日の試合に負けてもまた次の大会がある」「高校での試合は終わってもこの競技のできる大学に行こう」など、緊張しないシチュエーションはいろいろですが、面接や試合を前にして「緊張しても次がある」という目標を強く持つ、徹底的に考えることが緊張しない方法でしょう。 面接や試合前に緊張しない方法を考えてみると案外すんなりと次のことや目標が見つかるものです。「冷静に考えてみると、B社に向いているかもしれないな。A社を緊張で落ちたとしてもまあいいか。」「次の相手は自分にとっては強豪だ。これだけ練習をしてきたのだから緊張して負けても悔いはない。でもこのスポーツは続けたいからもっと練習をしていこう。」という前向きさを持つことが緊張しない方法です。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法2-1:「無」の状態を作る訓練をする

よく「イメージトレーニング」はどんな場面であっても緊張しない方法として非常に大切なことだと言われます。このイメージトレーニングは、面接や大勢の人前でのスピーチ、試合の前に急に行っても効果はありません。緊張しないためにも面接や大勢の人前での話、試合の練習とは別に、日々の訓練が必要です。イメージトレーニングの本質は、繰り返しなのです。面接や試合など、人前で緊張しない方法は、これをしっかりとやっておくことです。 面接やスピーチなどの場で緊張しない方法は、詳しい質問内容の答え方や話す内容を復唱することだけがイメージトレーニングではありません。一部「志望動機」や「自己PR」などは繰り返しておくことも大切ですが、予想していない質問がきたときにどう答えるかをトレーニングすることも緊張しない方法のです。「子どもさんがおられるようですが、普段どのように接しておられますか。」このような質問がIT関係の会社の面接でされたとしたら緊張して驚いてしまいますね。 しかし、面接というものは、ただ単に専門的なことだけを聞くわけではありません。受験者が質問に対してどう答えるかをみるという意味もあります。そこでまごまごしていたら「この人は臨機応変な対応ができない人」と見られてしまうでしょう。この例で言いますと緊張しない方法は「我が子と接している事実を述べて、どんな遊びを主として、しているかをありのままに話す」ように準備しておくことで緊張も和らぐものです。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法2-2:イメージトレーニングも大切

また、スピーチでよくある「度忘れ」です。緊張して度忘れしたときにどうするかを想定して緊張しない方法はとしてイメージトレーニングを行うのです。このように、想定外の場合の練習や、面接場所を想定して20分ほどいい姿勢で座り続けることをやっておきましょう。その時に、ボイストレーニングなどをしておくと、緊張しない方法としてのイメージトレーニングとして効果を発揮します。 また、大切な試合においては、野球のピッチャーなら様々な場面を想定して、どう動くか、どんな球を投げるかなどを緊張しない方法としてイメージします。将棋などでは、対戦相手がどんな手でくるかを想定しておくこと、また奇策に対してどう対応するかなどをイメージするのです。いろいろなケースで、人前で話す、対戦する場合が訪れると思いますが、日々のイメージトレーニングが緊張しない方法として非常に効果的になります。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法3-1:深呼吸、運動で副交感神経を動かす

緊張状態になっていくと、交感神経が活発になって体温が上がり心拍数も上がります。そこで登場するのが副交感神経です。交感神経というアクセルに対して副交感神経というブレーキをかけるのです。緊張しないために人間の体ができることが深呼吸であり、運動をすることなのです。 血圧測定で、よく深呼吸をすれば下がると言われますが本当です。面接前、大勢の人前での話、試合前に一度試していただくことをおすすめします。緊張しない方法として運動はもっと効果的です。面接の直前にするわけにもいきませんから、面接や大勢の人前での話の始まる3時間前などに行うと緊張しなくなるでしょう。ある程度激しい運動をしておくと緊張しない方法として効果を発揮します。 緊張を取り除くこの時の体内の仕組みは次のようになっています。 ・運動(深呼吸)をすることで、一気に交感神経が活発になる ・運動後には、体温が下がり、副交感神経が活発になる。運動することで一気に交感神経が活発になり、運動が終わって体温が下がり始めると、今度は副交感神経が活発になります。ただし、これを当日に行っても効果はあまり期待できません。緊張しない方法日々運動を続けることで副交感神経を羽後生かすトレーニングをしておくことが重要です。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法3-2:筋トレも大切

緊張してしまうと声が震えると同時に手が震える、手に汗をかくなどの現象が起こります。面接や試合など、人前で緊張しない方法として、この震えをなくすために筋肉を鍛えるということも大切なことです。一流のスポーツ選手は手が震えるなどということはまずないでしょう。それは、体を鍛えて緊張による震えに打ち勝つ筋肉があるからなのです。 この筋肉を鍛えることは、フォームの安定、姿勢の安定などに大きな効果を発揮するのです。これは面接など人前においても効果を発揮します。落ち着いて同じ姿勢を保つということです。そのためにも、緊張しない方法日々筋トレをしたり、柔軟運動をしたりすることをおすすめします。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法4:面接、試合前に好みの音楽を聴く

よく緊張と気合は紙一重だと言われます。上述しましたが、緊張も気合も交感神経が活発になり心拍数や体温が上がった状態なのです。ここで違いが出るのが「アドレナリン」なのです。実は、アドレナリンは「逃走」と「闘争」をするための脳内ホルモンなのです。 お分かりでしょうか。つまり、ここで「逃走」を選択すれば緊張状態になって、「闘争」を選択すれば気合の入った状態になるのです。緊張しない方法として「闘争」を選択して取り入れるためによくスポーツ選手が取る方法が「自分好みの音楽、アップテンポの音楽を聴き、気分を高める」ことです。それによって「闘争」のアドレナリンを出して緊張しない方法にしているのです。 面接や大勢の人前での話の準備をしてきているにも関わらず、直前になってもまだメモなどを読んだり、マニュアルに目を通したりしている人がいます。違います。こういう人は緊張しています。緊張しない方法としては、一つや二つの細かいことを気にせずに、「闘争」を選択して気合を入れるためにも面接前にはイアホンを付けて気分を盛り上げましょう。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法5:相手は人間だと思うということ

実際に面接官をされている方に聞いてみますと、「こちらも緊張するものですよ。」と言われます。面接は何度も同じ人とするものではありません。初対面というケースがほとんどですね。結婚式のスピーチにおいても同様です。だれもが緊張するものです。しかし、その口調や態度で、面接官を必要以上に偉大な存在と見てしまうと、緊張してしまいます。 そこで緊張しない方法として大切なことは、面接官も自分と同じ人間だと思うことです。偉い人であろうが、立派な人であろうが、自分と同じような面接を経験した人もいるだろうし、家庭に帰れば奥さんの尻に敷かれている人もいるのです。 大事な試合の場合の緊張しない方法も同じです。あなたが一生懸命練習をしてきたのなら、相手も同じように練習を積んできています。ここで「緊張」によって負けるわけにはいきません。自分と同じぐらいの努力をした相手、それも人間です。同じ人間なのだからミスもするし、不調状態に落ち込むこともあります。このように、緊張しない方法として一番にあげたいのが「相手も同じ人間」と見ることでしょう。 このことは、大勢の人前でスピーチをする場合(結婚式など)の緊張しない方法でも同じことが言えます。大勢の一人一人はあなたの話を聞きに来た人たちです。時には大勢の目線で見つめられることもあるでしょう。そんなときには「あなたも同じ人間でしょう。」という目で一人一人を見返すことです。それがダメな場合には、うつむいている人に「顔を上げて私の話を聞いてください。」という思いで、その人に向かってスピーチをするという方法が緊張しない方法といえます。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法6:ボイストレーニングという方法もある

ボイストレーニングというものは、私たちにとって、特に、営業職や接客などの人と話す仕事をする方は、よくボイストレーニングをされているようです。そのような方は人前で緊張しない方法としてボイストレーニングをされているのです。このボイストレーニングをする意味は、「安定した発声」を作り出すことなのです。 さて、面接や大勢の人前で緊張しない方法としても、この「ボイストレーニング」は大きな効果があります。緊張した場面で声が震えてしまう人もいます。あるいは、声が詰まったような感じになる方もおられるでしょう。そんな不安を取り除いて「安定した発声」を手に入れるためにも、緊張しない方法としてボイストレーニングはかなりの効果があります。 生で出演される歌手や舞台で演じる役者などは、途中で声が詰まって歌えない、語れないことはありませんね。そういう方は、緊張しない方法として日々ボイストレーニングをされています。「安定した発声」を取り入れることで、自信を持って演じることができるということです。 また、大切な試合前にもボイストレーニングが有効であることをお伝えします。「安定した発声」が有効?と思われるかもしれませんが、緊張しない方法としてボイストレーニングは、お腹に力を入れて行うことで「落ち着く」という効果があるのです。これを続けていれば間違いなく落ち着いて試合ができるようになります。また、上述しましたが、緊張しない方法として「気合いを入れる」時に大きく力強い声を出すことが有効なのです。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法7:癖をチェックする

知らない人前で緊張してしまう人に共通していることは、普段会話で使っている言葉がいい加減だということです。よく面接マニュアルにも書いてあることとして、人前で話すときに「えー」や「うーんと」などをつけて話してはいけないということがあります。癖ですね。癖は治さなければいけません。 「そうですね」「それはですね」などと「~ね」という口癖や「どうしよう」「やばい」などの独り言をよく言う方は注意が必要です。ではどうするか、緊張しない方法としては、質問に対しては「はい」と言ってからはなすようにすることです。「はい、~です。」という基本的な言い方を緊張しない方法の重要なマニュアルとして持っておいてください。 癖は言葉だけではありません。緊張しない方法として、指をむやみに動かしたり、いわゆる「貧乏ゆすり」をしたりなどの癖はしないようにしないといけません。一方で大切な試合においても「決めるときに力が入る」「あと1本で力む」なども癖ですね。こういうことをよくする方は緊張しているのです。緊張しない方法としてそれを取り除くためには、「ここで決める→緊張」を「普段どおりで大丈夫→落ち着き」に変えることも一方法です。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法8:初め良ければすべてよし

「初め」と言えば、言い出し、初球です。面接において「○番 ○○ ○○と申します。よろしくお願いいたします。」これをはきはきとした声で言えるかが勝負です。また、自己紹介はたいていの面接で述べることになります。「はい、○○ ○○です。私は・・・」この初めの部分は緊張しない方法として何度もイメージトレーニングをしておきましょう。 野球では、よく大切な試合の場合には、初球の入り方が大切と言われます。初球をどう入るか、キャッチャーとよく相談をして、自信を持って投げることができるように練習をしておくことです。緊張しない方法としてイメージトレーニングをして、音楽を聴いて「闘争」のアドレナリンを出すために運動をしっかりとして、ボイストレーニング、筋トレを忘れず初球にかけることです。 ただ、この場合にも先のこと(2球目)は考えておくことも忘れてはいけません。人前での講演や説明会などにおいても、プレゼンの導入部分は非常に大切です。しっかりと練習しておくことが大切になります。緊張しない方法として導入部分がうまくいけば、あとは結構順調にいくものです。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法9:笑顔はどんな場合でも大事

笑顔は、どんな人にとっても非常に重要な要素です。女性の場合には、特にお出かけ前には必ず鏡の前で化粧をしたり、笑顔を作ったりします。この笑顔作りは、面接や大勢の人前での話での緊張しない方法として非常に大切になります。あなたが笑顔でいれば必ず相手も笑顔になります。 面接においては「笑顔」は必要最低限の条件になります。厳しい会社の面接であっても同様で、笑顔のない人は敬遠されます。さて、この笑顔を作ることは緊張しない方法でもあります。その理由の一つが「相手(面接官)も笑顔で巻き込んでしまうことで、自分自身も面接官もリラックスできる」という効果があるからです。 もう一つは、笑顔を作るだけで口元がリラックスして話しやすくなります。難しい質問をされたとしても、笑顔を崩さず答えてみましょう。案外どんどんと考えが浮かんでくるものです。笑顔は「お風呂に浸かったときの自分の顔を鏡で見よう」と言われます。そうです。それがあなたの緊張しないリラックスした笑顔なのです。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法10:勝負するときには

芸能人を見てみましょう。緊張していません。これは、自分ではない芸人として演じているからです。もし、演じることができる自信があるのならば、ぜひ、面接や大切な試合で「自分ではない自分」で演じてみてください。これは緊張しない方法としては少し難しい方法ですのでみんなが出来るわけではありません。 しかし、自分でない自分を演じることができる人は、緊張しないという意味ではかなり有利です。例えば、自分を営業の達人にします。面接では勉強してきたことをもとに、達人として自信を持って答えることができるということです。緊張しない方法として大勢の人前での話でも「自分は選ばれた人」というように思うようにすればいいでしょう。 また、大切な試合では、自分はプロの選手と思うことです。この球なら打たれることはない、というように思うことも大切ですが、緊張しない方法として「自分はプロ選手」と思うことで、万一打たれたとしても緊張感はなくなります。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法11:家族や友だちに気合いを入れてもらう

気合いというものは、自分自身でも入れるものではありますが、他人に気合いを入れてもらうことも必要なことです。面接や大勢の人前で話すときに、家族や彼氏、彼女から「がんばってね。」と声をかけられたとしましょう。この一言は、自信を生みリラックスして緊張しない方法といえます。 さらにこの効果を上げるためには、肩をたたかれたり、握手、ハグなどをしてもらったりするようにしてもらうことです。大事な試合の場合によく見かける緊張しない方法がかけ声ですね。「頑張っていこう!おー!」という気合入れは、みんなの心を落ち着けるのです。緊張しない方法としてお互いの気持ちの高まりを目指してかけ声をかけるのです。 その時、よく見ますと肩を組み合っていることも見逃してはいけません。そうすることでもっと大きな効果を得ることができるのです。緊張への対応はこのように多くの方法がありますので、自分に合った方法を緊張しない方法として取り入れるとよいということです。 面接や人前でのスピーチの場合でも、家を出る前に肩をたたかれたり、握手やハグなどをされたりしますと、その感触というものはその場で話しているときにも残っているものです。その感触というものは、緊張しない方法として大きな効果があることは間違いありません。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法12:いい緊張を味わうことも大切

しかし、考えてみてください。人間ある程度の緊張がないといい結果が得られないこともあるのです。スポーツ選手が「いい緊張感の中で行うことができました。」という感想をよく聞きます。緊張をもって臨むことで良い結果が生まれる場合もあるということです。 このことから言えることは「緊張を積み重ねることによって緊張は和らぐ」ということなのです。この「緊張しながらも得られる成功体験」を積み重ねていくということの大切さに気付かれることでしょう。このような成功体験の積み重ねが、緊張しない方法として最後にあげておきたいと思います。 面接や大勢の人前での話の場合でも慣れてくれば緊張しなくなることは事実です。しかし、気をつけたいことはどんなに慣れてきても準備をしっかりとしておかないと、今までにない緊張状態に陥ってしまいます。これは「頭の中が真っ白になる」ということです。そうならないためには緊張しない方法として普段の準備ということです。

大切な面接や試合、人前で緊張しない方法 まとめ

いかがでしょうか。面接や大勢の人前でのスピーチ、試合前など、人前で緊張しない方法をご紹介しました。ご紹介しました緊張しない方法の中で、自分にとって一番いい方法を実践しましょう。また、方法のいくつかを試してみましょう。それらを組み合わせることで自分なりの緊張しない方法を見つけることです。どんな状況でも緊張は起こるものです。お笑い芸人は緊張しないなんてことは絶対にありません。あなたもいい緊張感を持って面接を受けたり、人前でスピーチをしたり、試合に臨んだりして楽しみましょう。