【注意力散漫になるのはなぜ?】原因と対策、注意力散漫になる病気とは

目次

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?1:そもそも「注意力」とは

注意力散漫といいますが、そもそも注意力とは何でしょうか。注意力は人間にとって欠かせないもの、常に意識しているものですね。赤ちゃんは別としても私たちは日常生活をしていく上で、注意力は必ず必要です。寝ているときには、感じませんが、夜中にトイレに起きたときあたりは真っ暗・・・注意して起き上がり歩きます。 道路を歩いているときにも、周りに細心の注意を払っています。文章を書くときにも読む相手のことを気にかけて注意して書きます。実は、注意力には「持続性注意」と「選択的注意」「分割的注意」の3つの種類があります。 「持続性注意」とは、ある意味、集中力と同じです。注意力も一瞬のものではなく持続しなければ意味がありません。道路を歩いているときなどが、この「持続性注意」といえます。「注意力」を持続的に続けることは意識的に続けるとなると、けっこう神経を使うものです。 「選択的注意」とは、「注意」する内容が多いときに、どれを選択して注意を払うかということです。上述しましたが、道路を歩いていても注意することはたくさんあります。しかし、どれもこれも注意していると、本来の目的我達成されません。ストレスの原因にもなります。「○○さんに会うために○○に向かっている」としますと、その目的地に行くための道順や目印を注意して歩くことを選択します。 「分割的注意」は、選択するまでもない注意力ということになります。音楽を聴きながら料理をする、運転しながら隣の人と話す・・・これらは人間の素晴らしいところでもあります。2つのことを同時に行うという注意力です。ただ、この場合には、うまく分割しないと、事故やケガなどにつながる場合があります。 このように、3つの注意力をバランスよく使い分けながら私たちは日々生活をしているのです。さて、正常な状態ではうまくバランスが取れるのに、どうして注意力散漫になるのでしょうか。ここからは、ストレスなどによる注意力散漫になる原因やその対策、改善方法また注意力散漫になる病気についてご紹介していきます。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-1:注意力散漫になる原因は

プロ野球でも時々外国人選手などが、注意力散漫でエラーをしているところを見ます。私たちも机の角に足をぶつけたり、物にぶつかったりしています。これも注意力散漫による事故といえます。仕事をする上では「私はなぜ仕事が遅いのか」と考えたときに、ひょっとしたら注意力散漫かも、というストレスや病気かもしれないという不安を持ってしまいます。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-2:集中力がない

注意力散漫な人は、集中力が乏しいのです。同じ仕事量を同時にはじめても差が生じる原因の一つは、集中力の差といえます。パソコンで文書を打つにしても、周りの様子が気になったり、他の仕事のことを考えたり、仕事後の待ち合わせのことを考えたりして「文書を打つこと」に集中できないのです。これが重なるとストレスや病気になります。注意力は、ビジネスにおいて非常に大きな要素ですからそういう人は改善しなければなりません。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-3:予定を立てることができない

注意力散漫な人の行動を見ますと、今何をすべきかがわかっていないように見えます。今パソコンに向かっていたと思うと次の瞬間には書類を前にしている、そして、次は机の中の探し物をしている・・・このように、これをしてしまってから次に移るということができないのです。優先順位が立てられないともいえます。 優先順位がしっかりとわかって予定をしっかりと立てることができる方は、次にすることがしっかりとわかっているので、集中して一つのことに取り組めるということです。改善して優先順位がしっかりとわかって、集中して取り組めばストレスが溜まったり病気になったりして注意力散漫になることはありません。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-4:整理が下手

整理整頓が注意力と関係しているのです。会社ではよく「机上整理」「机の上にいらない物を置くな」と言われます。その通りなのです。机の上を思い浮かべてください。何も置いていない机と、パソコンやセロテープ、時計、電卓などが置かれている机があります。例えば、それぞれの机でA4の書類を手書きで作成するとしますと明らかに、何も置いていない机で作業をした方が早く仕上げることができます。 これは、注意力散漫に影響することがお分かりいただけるでしょう。よく小説家がホテルにこもるということも聞きます。これもストレスなどで注意力散漫にならないように、何も置いていないホテルの一室を利用するのです。机の上に大好きなお菓子がある場合、改善が必要ですね。それだけで注意力散漫になってしまうのですね。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-5:○○しながら・・・

「ながら運転」「ながら勉強」など「○○しながら・・・」というのはいいことがありません。ここで取り上げている注意力散漫も同じことが言えます。「ながら作業」は仕事に大きなマイナスになることをわかっていただきたいと思います。人間、二つのことを同時にしようとすると注意力散漫になり必ず失敗します。 一度テレビを見ながら勉強をしてみてください。勉強に集中するのとは、学習能力に大きな差が生じます。単にメモを写すだけではなく、考える作業をしている場合などでは余計に大きな差が生じることがわかるでしょう。これは、音楽を聴くだけでも同じことが言えます。注意力散漫となり作業効率は必ず悪くなるので改善が必要です。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-6:スマートフォンの存在

今の社会で、注意力散漫な人を増やしてしまった原因として大きな存在になっているのが「スマートフォン」です。今や日常生活で欠かすことのできないスマートフォンですが、それがないとストレスが溜まったり病気になったりして注意力散漫の原因になっています。この注意力散漫になるのはどんな場面があるでしょうか。 ・職場でのスマホの使用は? さらに、職場ではどうでしょうか。スマホが注意力散漫になるということで、社内でルールを作っている会社も出てきていますが、まだまだ一般化されていません。仕事中にスマホを胸のポケットに入れたり、机上に置いたりしてひっきりなしに「ブーブー」となっているのですね。「彼から連絡が来ないかな」「あの人からのラインで返事をしないと」など、気になって仕方なくなっています。これは病気ですね。これでは、本来の仕事が注意力散漫によっておろそかになるのは当然です。改善が必要です。 ・いわゆる「歩きスマホ」と言われる場合 歩きながら、自転車に乗って、運転していて・・・どの場合も事故につながる重要な問題として社会問題にもなっていますね。歩くこと、自転車で走行すること、バイクや車を運転すること、それ自体でも周りの安全に注意しなければならないのに、そこにスマホが登場すると、注意力散漫になることは当然のことといえ改善が必要になります。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?2-7:イエスマン

性格上、上司のいうことに対しては、絶対に逆らうことなく「はい」「はい」というイエスマンの方もいます。そういう方はきちんとしているから注意力散漫になることはないだろうと思われがちですが、そうでもありません。「こうしなければならない」という意識が強すぎて、ストレスが溜まりかえって注意力散漫になるようです。 そういう方は、もちろんビジネスマナーをきちんと身に付けて先輩や上司が指示する仕事は確実にこなしていきます。ただ、その様子を見ますと地味です。また、そういう人ほど注意力散漫になるのです。「あっ忘れてた!」ということが意外に多く、病気かもと心配になりますので改善が必要です。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-1:注意力散漫から脱する方法

では仕事に集中する、注意力散漫にならないためにはどうすればいいのでしょうか。上述の「注意力散漫になる理由」をもとに考えて見たいと思います。ここに、注意力散漫によって失敗をしたり上司に注意を受けたりした方が改善のために行った体験談をご紹介します。皆さんもこれを読んで今一度「注意力散漫」から脱する方法を考えていただければと思います。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-2:手帳でしっかり予定を立てる

手帳はいろいろな使い方があります。ビジネスにおいては、手帳はスケジュール管理をする上で非常に役に立つアイテムです。ただ、手帳の活用については、しっかりと学んで有効活用できるようにしていかなければ意味がありません。次にご紹介しますのは、手帳活用の実践で、悩みの注意力散漫を改善された方です。 『これは私にとって非常に大切な習慣です。以前、上司から注意力、集中力について注意され、ストレスを感じ注意力散漫を自覚していました。それがきっかけで、ある雑誌でみた「予定を立てることは、あなたの仕事を効率化する」ということを実践しているのです。1日の予定だけではありません。1週間、1ヶ月、1年と予定を立てます。 予定を立てるだけで落ち着きます。そしてもう一つ実践していることが「手帳にきちんと書くこと」です。やるべきことがはっきりとわかり、それによって余裕を持って注意力散漫にはなりません。留意することは、突然の予定でも動じず、空白に入れることです。それを実行していくことをおすすめします。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-3:優先順位をつけるということ

ビジネスシーンでは、仕事を重要な内容と優先すべき内容に分けてしっかりと管理をすることが重要です。優先的におかなわなければならない重要な仕事は1番にする仕事ということになります。この優先順位をつけることが注意力散漫をなくします。何から始めるかそれがはっきりとさせて改善し、集中できるということです。 『私が注意力散漫にならないための方法として大切にしていることは「優先順位をつけて仕事をする」ということです。優先順位は、ビジネスを円滑に進めるために重要とされる要素の一つですが、私が新入社員として入社した頃には全くそれができていませんでした。「あれもこれも」と「わーどうすればいいの?」とパニック状態になった(ストレスを感じて病気になりそうになった)こともあります。まさしく注意力散漫になっていたように思います。 新人研修や先輩から、この優先順位についてお話があり、少しずつ試していきました。朝出勤して一日のスケジュールを立てます。その時に優先する内容を意識してスケジュールに組み込んでいきます。そうすることで、今何をするのかが明確になって集中して仕事ができています。「あれもこれも」とストレスを感じながら注意力散漫になっていた私が、今では余裕を持って仕事をしています。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-4:スマートフォンをどうするか

上述しましたが、スマートフォンが身の回りにあってはだめだということはお分かりいただけたでしょう。ではどうすればいいのでしょうか。ある会社では私用のスマホは職場に持ち込み禁止にしているようです。それほどスマホが、私たちの注意力散漫に影響しているのです。それを改善しスマホ依存症にならないためにこの会社がとっている方法はいい取組みだといえます。 『私は前職で「スマホ」でクビになりました。ちょうどスマホを新しく買い換えたときのことです。その頃はスマホ依存症といってもいいぐらいはまっていました。仕事をしていても気がつくと2~3分に一回は気にしてみていたでしょうか。「病気か!」と注意を受けたのは数回です。 お客様からの電話にすぐに出なかった、スマホをしていたため、頼まれていた書類作成がその日のうちにできなかった、周りの同僚から、私がスマホばかりしていると上司に報告されたなど、そのたびに反省してはいたのですが、クビも仕方ないことだと思います。クビになって思ったことは、スマホを身近に置くことで、明らかに注意力散漫になるということです。転職を考えていますが、そこでは十分注意していきたいと思っています。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-5:机上整理ということ

「机上整理」は幼少の頃から親や先生からうるさく言われてきたことでしょう。でも、それは机の上さえ片付いていればいいということです。社会人になりますと、そうではなく、机上に何もない状態がベストなのです。何かが机上にあると、そちらに気がいってしまい、注意力散漫につながりますから改善が必要になります。 『「何回いったらわかるんだ!」いつものように先輩のお叱りを受け、そのたびにストレスを感じて何とかしなければと思っていました。机上整理です。仕事を始めるとついつい机の上がごちゃごちゃしてしまう・・・そういうことの繰り返しで病気になりそうでした。確かに、机上整理ができていないと注意力散漫になり落ち着いて仕事ができません。 同じ部署のある先輩はいつも机上整理ができていて、帰宅されるときにはきれいに何もない状態なのです。その先輩が「私は集中して仕事をするときには、周りに何かあると落ち着かないからそうしているのよ。」と教えていただき、次の日から実践しました。おかげで、今では注意力散漫になることもなく、効率よく仕事ができている自分がいます。先輩には感謝しています。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-6:ONとOFF

注意力散漫な方でよくあるのが、仕事のONとOFFの切り替えがうまくできない人なのです。上述の職場での休憩時間にゆったりとすることとも関係しますが、仕事と私的なこととが分けられない人が注意力散漫になっているようです。 職場に入ればON,仕事に集中し、職場を出ればOFF,仕事のことは忘れて遊ぶことですね。ここで気を付けたいことは、OFFの使い方です。OFFがうまく使えず、せっかくONとOFFを使い分けているのにだらだらとして注意力散漫になってしまった方は改善がうまくいかなかった方です。 『私は、仕事に集中できるように、仕事のONとOFFを使い分けています。でも悩みはつきません。OFFの過ごし方が分からないのです。仕事が終わってOFFになり、ショッピングをしたり家でのんびりしたりしているのですが、仕事のことが頭から離れず困っていました。ある時、職場の同僚との飲み会があり参加して気付いたことがあります。 「私はOFFでストレス発散できていなかった」ということです。みんなは大きな声を出したり、上司の悪口を言ったりしてのびのびしているのです。「これだ!」と感じ、その日からOFFの過ごし方を変えました。帰りには必ず誰かと帰るようにして、そうしているうちに彼氏もできました。私のようにONとOFFの過ごし方で悩んで、うつなどの病気になりかけている方にぜひ教えてあげたいと思います。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-7:アロマ・軽い運動も効果がある

ゆったりとくつろげる、といいますと温泉やマッサージサロンでしょうか。このゆったりさを仕事に取り入れることも、注意力散漫を防ぐためには必要です。そうです。休憩時間や昼休みにくつろぐのです。目の上に温かいタオルを置く、近くに公園があればベンチでくつろぐ、軽い運動をするなど効果のある方法があります。 『私の職場は、休憩室という会議室程度の広さの部屋があります。その休憩室はアロマの香りで満たされています。これは、社長さんのアイデアで「休憩時間や昼休みは、仕事のことを考えるな。ゆったりと休んで次の仕事に取り組むことだ。」と言われています。私はこれが注意力散漫にならない方法だと思っています。 調べてみましたところ、アロマは注意力を高めたりストレスを軽減したりするのに効果があるということです。また、適度な運動やリラックスすることで、脳が活性化され仕事効率も上がるということです。これによって私は、仕事中は注意力散漫にならず、どんどん考えが浮かんでいるように感じています。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-8:集中する訓練

注意力散漫にならないためには、訓練も必要でしょう。これは仕事に限らず、普段の生活の中でおることに集中することができるように改善する訓練をするのです。時間をきちんと決めて集中するという訓練です。趣味に集中する、運動に集中する、パソコンに、テレビに集中するなど、自分自身が注意力散漫だと思う方は実践してみてください。 ヨガも効果的です。1日たった15分であってもリラックスすると同時に集中してヨガをする時間を作るのもいいでしょう。教室に習いに行くのも気分が変わっていいと思います。これをずっと続けていくことが効果的です。注意力だけではなく、メンタル面での病気も改善できるなど、大きな変化が表れることでしょう。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-9:自分でルールを作る

注意散漫にならないように、自分でルールを作るという方法で頑張っておられる方もおられます。仕事が思うように進まないとストレスになったり、不満が溜まったりして転職を考えることもあります。しかし、注意力散漫が改善しなければどこへ転職しても同じことになります。 『私は仕事が遅いとよく言われていました。どうしてか自分でもわからず何とか方法はない物かとストレスを感じ思い悩んでいました。そこで、私はメモに自分の気になるところを書き出してみることにしました。まず、仕事をしている中で、違うことを考えている自分に気づきました。仕事のことを考えているようで、違うことを考えている自分に気づいたのです。 それが注意力散漫につながっていると思い、「何時までにする!」という強い目標を掲げました。結果的にこのことが良かったようで、時間を気にしながら仕事ができるようになり、仕事がはかどるようになりました。私なりの簡単なルールですが、これを自覚することは、注意力散漫にならないために大きな効果が期待できます。』

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?3-10:健康的な生活を心がける

ストレスを感じないために、また注意力を持続させるために基本的な生活習慣を意識して生活をすることは最も基本的で大切なことです。早寝早起き、きちんと3食食べるなど、今までの生活を改善して心がけていきましょう。これを積み重なれば注意力散漫によるストレスや病気を防ぐことができるようになります。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は?4:注意力散漫になる障害や病気

私たちが日々生活をしている中で、注意力散漫な人を見かけることがあります。強く言われたて治るのなら心配は要りませんが、生活を営む上で支障をもたらしてしまう障害もあるのです。その注意力散漫な状態が当たり前のようになっている障害が、注意力欠陥障害が主として表れる発達障害なのです。 この発達障害は、今の社会では障害として認定されていますが、昔はそこまでの障害とされていなかったのです。今の社会ではこの障害は、幼少の頃に親や先生が気付き、専門家に診断してもらうという仕組みになっています。しかし、一般的に言われているのが、この障害とは一生付き合わなければならないということです。 発達障害の中でも、日本の総人口の3%が該当するといわれているのが、ADHDです。ADHDは、注意欠陥・多動性障害とも言われ、年齢に相応した注意力に欠けるのが特徴です。ADHDは、ほとんどの人が大人になるにしたがって、その行動は落ち着いてきますのでいいのですが、一部には注意力を維持することが難しいという人もいます。 大人になっても周りから見て注意欠陥や多動性の症状がある場合には、神経内科などを受診し心理的治療や薬物治療を受けておられる方もいます。では、ここで、大人の方がADHDと診断された方の特徴をご紹介します。それをみますと、まさしく注意力散漫になることがわかります。 ○計画が立てられない ○順序通りに仕事ができない ○ケアレスミスが多い ○約束を忘れる ○片付けが苦手、上手に片付けることができない ○長時間座っていられない いかがでしょうか。自分も当てはまることがあると心配される方もおられるでしょう。でも心配は要りません。ADHDの方は症状が自覚できないようです。そして、もう一つご紹介しておきたいのが、うつ病です。うつという病気もひどい場合には注意力散漫になります。それは、ストレスなどによって不安やイライラが大きくなって注意力がなくなってしまうのです。ストレス社会と呼ばれるから仕方のないことですが、ストレス発散の工夫によってうつ病にならないようにしなければいけません。

注意力散漫で悩む人のために!その原因や対策は? まとめ

いかがでしょうか。「【注意力散漫になるのはなぜ?】原因と対策、注意力散漫になる病気とは」についてご紹介しました。実際にストレスなどによる注意力散漫について悩んでいる方は、注意力散漫になる原因を明らかにして対処法を実行していただくなどしてぜひ参考にしていただきたいと思います。