【パスポートの再発行】紛失、期限切れの場合などの申請方法まとめ

こどものころから海外旅行などもすっかり一般的な現代。 出張や旅行会社を通じたツアーなどが多い方はいいとして、とくにフリーでの旅行が多い方は、いざ出かけようとしたとき「え!パスポート切れてる?」なんて、いう経験もあるかもしれません。 公的身分証明書としても、官公庁や金融機関の手続きなど、日本ではもちろん、海外でも、まるで「水戸黄門の印籠」的に幅広く使えるパスポート。

ですが、ワイドショーなどで「芸能人パスポート切れ→到着地の税関手前で強制送還事件」などでよく目にする通り、期限が切れていたりすると、なかなか手続きも面倒。 そこで今回は、パスポートの再発行~紛失、期限切れなどの申請方法と、いざというときのパスポート発行について、がっちりとまとめてみました。 旅行に、紛失で、いざというときに慌てないために・・・保存版でお役立てください!

目次

◆再発行や紛失関連前に・・・そもそも、パスポートとは?◆

パスポートとは、もともと、それぞれの国の国民が、海外に出たり、またその海外の国の間で行き来したりする際に使用する、本人であることを証明するための文書の一種。 日本語では『パスポート(旅券)』と呼ばれるもの。 ですが、こうした事務手続きのみならず、もっと広い役割があります。

その人が所属する国の政府など公的機関が、国籍や身分などについて証明することで、外国の政府に保護を依頼する公的な文書でもあるのです。これは『ナショナルパスポート』と呼ばれるもの。

このほかにも、『セカンドパスポート』とよばれる、ちょっと特殊なものがあり、たとえば… ・A国とB国、交戦状態などにある複数国を行き来するときには、互いの国に居たことが検問など多くの場所で広く知られると高リスク。そんなときのために利用される2冊目のパスポート。 ・名誉国民のような待遇の外国人へのパスポート ・外国人に対して、自国へ再入国(再入国許可)するため交付する再入国許可書 ・互いの国の存在を認めていない地域で使われる、パスポートと同じような機能を有する公文書で、台湾人が中国と行き来するためのICカード「台湾居民来往大陸通行証」や、韓国人が北朝鮮を訪れる際の「訪問証明書」や「観光証」 ・・・などさまざまなものがあります。

国によりさまざまな色合いやサイズのものがありますが、ほとんどすべての国のパスポートは、小型ノートのような薄型冊子。 これ自体は、「国際連合の国際民間航空機関 (ICAO、アイケーオー)」 が、『パスポートのレイアウトと機能についての標準ガイドライン』を発行したことに基づいています。

◆新規発給・再発行・紛失~パスポートの申請・発給用語について◆

出典:pixabay.com

パスポートを申請して発行してもらったり、あるいはその他手続きを行ったりするとき、聴きなれない語がたくさん並んでいて戸惑う方もあるかもしれません。 今回は、まず、パスポートにかかる基本用語から見ていきましょう。

一般旅券(いっぱんりょけん):

パスポートは通常、旅券と呼ばれ、その中で身分などによる特殊な旅券ではないものを全部まとめて『一般旅券』と呼んでいます。多くの人が手にしているパスポートは、この区分です。 ちなみに 「公用旅券(公用旅券・外交旅券)」 「一般旅券(一般旅券・緊急旅券)」 ・・・があります。 パスポートについてのあらゆる質問や手続きは  『自分が住民票を置いている各都道府県窓口=パスポートセンター』 で応じてくれます。 よほど特殊なものではない限りは、ほとんどが次に紹介するパスポートセンターで行われます。 また国外では指定された在外公館で行うことができます。

パスポートセンター:

パスポートは国が発行しているものですが、その取扱事務は「各都道府県」もしくは神奈川県などでは「市」が、行っています。 地域エリアにより手続きは分かれています。 民間業者などの委託で行っているところも多いのですが、基本的には官公庁と同等の扱いです。 また、緊急時など特別な手続きの時には、各都道府県の窓口で直接行うこともあります。

在外公館(ざいがいこうかん):

海外にある日本の大使館や総領事館。 通常海外でパスポートの更新などの手続きを行うケースでは、どの領事館等でどのエリア地域住民の手続きが行えるという設定があります。 日本に比べて距離が遠いこともあり、申請はダウンロードタイプの申請書を使って本人もしくは配偶者等を通じて申請書類を提出し、6~7日後に本人が受け取るというプロセス。

この方法は、◆日本国外◆に在住している人しか使えないもの。海外で更新する時と日本で行うときは、手順も書類も異なることに注意が必要です。 ※ちなみに以前は埼玉県などでも、申請書ダウンロードからのパスポート発行ができましたが、現在は利用できなくなっています。

所持人(しょじにん):

そのパスポートに記載されている本人のこと。 印字された「顔写真ページ」と、『所持人記入欄』ページがあります。 気を付けたいのは、この顔写真ページのつづりが、航空券や旅行手配、身分証明その他の基準となること。後述しますが、基本的にはヘボン式が用いられます。

ヘボン式ローマ字(へぼんしきろーまじ):

出典:pixabay.com

現在小学校3年生から学校でも習っているローマ字。訓令式とヘボン式の2つがありますが、パスポートではヘボン式を採用しています。 表記について母音部分に「H」を挿入するなど、一定の綴り方については一部非ヘボン式で読み方を変えることもできますが、『一度変更した後は今後表記を変更することができなく』なります。 たとえば、大飯さんならヘボン式はOIとなりますが、これを「OOI、OHI」などとつづることもできます。

また現在は、山田さんという人をYamadaではなくJamadaなどと表示することもできるようになりました。 これは非ヘボン式表記といいますが、個別に都道府県の申請窓口や在外公館に相談する必要があります。

査証欄(さしょうらん):

出典:pixabay.com

パスポートの後ろ側で、入出国するときにスタンプを押してもらう場所のこと。査証欄頁(さしょうらんぺーじ)とも呼びます。 このページは、パスポート1冊につき1回だけ追加して増やすことができ、このことを『査証欄の増補(さしょうらんのぞうほ)』といいます。1回に増やせるページ数は40ページで固定。

代理人でも「一般旅券査証欄増補申請書」の他、各パスポートセンターのWEB内にあるパスポート所持人直筆の「代理受領のための委任状」があれば、申請と受領が可能です。料金は2500円、パスポートセンターで2時間ほどで完了します。 日本国内でも、また海外でも、増補申請だけなら当日内に手続きが完了して受け取ることができます。

また、代理受領は出来ませんが、パスポートをとる時にあらかじめ査証欄を追加しておくことも可能です。料金は同額で、通常のパスポートの「新規発給申請書」の他、「査証欄増補申請書」が必要です。 入出国する国やビザの関係で、ステッカーなどを多数貼られるケースがあります。既に使用を始めているパスポートでは、最後から1~3ページあたりにステッカーがすでに貼られているケースで、ページ増補ができないケースもあります。 また、ステッカーなどが増えてきたときになかなかページ数が増して分厚くなってしまうこともあるので、ページ数を増やして対応するか、最初の発給時にページを多めにしてもらうのか、パスポートごと新たに発行する形をとるのかなどは、悩みどころです。

発給(はっきゅう):

出典:pixabay.com

パスポートを発行することを『発給』といいます。 パスポートに限らず「一般的に官公庁が発行して給付する文書」などのことを指し、パスポート(旅券)以外、留学や出張、ビジネス、居住や医療行為のための滞在他で用いる『査証(ビザ、VISA)』も、「ビザ発給」などとしてよく使われます。

ちなみに、住民票や戸籍謄本は「発行」、そしてこのパスポートや運転免許証などは、基本的に『発給』。基本的には不要となった際には、発行したところに返すものとなっています。が通常は、「申し出で、無効印やVOIDという表示をして返却されるという建前になっている」手続きです。ちょっと注意が必要です。 パスポートの場合、もともと持っているものを新しい期間が設定されたものに変更する都度、パスポートの番号が変わります。人としては変わらないのですが、パスポートは全く新しいものになったという番号上の扱いになったと思っておくとわかりやすいかもしれません。

<パスポートは再発行といわずに新規発給・切替発給なんていうことを知ってましたか?> そのため、パスポートの期限が切れたり紛失したといったケースでも、切替発給といって現在持っているものを返納手続きの後に、新たなパスポートを得る際でも「発給手続き」をとることになります。

切替発給(きりかえはっきゅう):

俗にパスポートの更新と呼んでいるものは、正式には切替発給といいます。 手元に有効期限(有効期間)が1年以内で残っているパスポートがある場合などにこの手続きを行います。 詳しいケースは後述します。

返納(へんのう):

出典:pixabay.com

「自動車運転免許証のシルバー返納」などが話題になっているので、よく知っている人もいるように、まだ期間が残っているのにそれを返して無効にしてもらうことを『返納(へんのう)』といいます。 パスポートでは、たとえばこれから2年間海外で暮らすことが決まっており、手元のパスポートには6か月程度しか残っていない・・・といったとき等に行うもので、『返納』する理由によって、俗に「更新」や『切替発給』、『更新手続』などと呼ばれています。

そのほかに・・・ 「パスポートを損傷した時」 「パスポートの査証欄が少なくなった時」 「氏名・本籍の都道府県名が変更になったとき」 ・・・などにこの『返納』を経た手続きを行うことができます。

繰り返しますが、返納とは言いつつ「無効(VOID)印を押された」上で、以前のパスポートは本人に返却されます。(長期受取などができないケースでは返却されないこともあり後述しています) そんなこともあり、大切な旅行の記録などを、しっかり手元に保存版で残し、普段出国する際は新しいパスポートで・・・なんていう利用方法の方もあります。一万円単位なので、プチ贅沢気分ですね! この手続きを行うと、前のパスポートの残存期間は切り捨てとなり無くなってしまい、新しいパスポートは、違う旅券番号が割り当たります。また、この新しい旅券を受け取るまでは、出国などを行うことが、基本、できません。

居所(きょしょ):

よく学生などで、親元に住民票を置いたまま大学のある街に暮らす方などがあります。こういった方のパスポート申請発給は、一定の条件を満たせば、現在暮らしている町で申請することができます。この条件は、例示されており、手続き含めて細かく決まっています。 ちなみにこの居所に申請してパスポートを受け取る方法を『居所申請(きょしょしんせい)』といいます。後でご紹介します。

パスポート発行国(ぱすぽーとはっこうこく):

出典:pixabay.com

海外旅行などの申込時に尋ねられるパスポート発行国・・・通常は発給した国を指すので「日本」です。 たとえばパリなど在外公館での手続きでは、その手続き場所がどこであれ「日本」になります。 逆に、日本に留学中のフランス人が日本の大使館でパスポートを発行や更新した時には「フランス」となります。

◆新規発給・切替発給・紛失盗難・期限切れなど、通常の全パスポート発給の流れ◆

出典:pixabay.com

さて「再発行」と一言で言っても、前提とするそれぞれの状況によって、パスポート発給の流れは異なります。 大きく分けると手続きの種類は5つ 『パスポートの新規発給』 『渡航書』 『切替発給』 『査証欄増補』 『記載事項変更旅券(前旅券と有効期限・有効期間は同一)発給』 ・・・です。

このそれぞれに対して、パスポートを再発行する事情や、現在のパスポートの状態などによって、紛消失届などさまざまな手続きをプラス。 また手続き内容によって、戸籍抄本や住民票、記載が必要な続柄欄など、戸籍住民関連書類の内容も異なってきます。 さらに申請者や受取の状況にあわせて、さまざまな書類が必要となります。特殊な状態の場合ではたとえば緊急の出張などを示す書類や、入院事故などの証明書類等。

「再発行」というのは正式なパスポート発給のための用語ではありませんが、手続き上はこれだけ細かく種類が分かれていることにも注意したいですね!

代表的なパターンを書くと次のようになります。 【1】 ・新しくパスポートを取得する ・パスポートの期限(期間)が切れた      ↓ 『パスポートの新規発給』 【2】 ・パスポートを紛失・盗難・消失して紛消失届を出した(国内で) ・パスポートを紛失して渡航書で帰ってきた(海外から国内へ)      ↓ 『パスポートの新規発給』 【3】 ・海外でパスポートを紛失した      ↓ 『パスポートの新規発給』もしくは『渡航書』作成 【4】 ・パスポートの残存有効期間が一年を切った ・パスポートの残存有効期間は一年以上あるが、留学などで期限(残存期間)切れまで十分に期間の残ったものに変更したい      ↓ 『返納』と『切替発給』 【5】 ・査証欄のページがなくなった      ↓ 『切替発給』もしくは『査証欄増補』 【6】 ・名前が変わった ・本籍地が変わった ・外国の氏名など(国際結婚他)の別名を追記や併記      ↓ 『新規発給』もしくは『氏名や本籍等の変更手続きを経た記載事項変更旅券発給(前旅券と有効期限同一)』 などの手続きに分かれます。

◆再発行・紛失などではない、通常のパスポートの申請&発給方法は?◆

出典:pixabay.com

『新規発給』 の中でも初めてパスポートを取得するときに必要なものは、日本国内での場合と国外での場合とで異なりますがいずれも、書類がすべて整ってから5~6日程度で受領できます。 日本国民が国外で初めてのパスポートというと「?」と思われる方もあるかもしれませんが、国際結婚の子供で国籍を日本として選択したケースや、日本人の子供で日本国籍を得たケースでの初めてのパスポートの時などがあります。

<日本国内>

・一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) ・戸籍謄本もしくは抄本1通(役所で発行してもらったものそのものの原本が必要) ・住民票の写し1通 ・写真45×35㎜1葉 ・免許証等の身元確認書類 このうち、住民票の写しについては、住民基本台帳ネットワークシステムの利用を行っており、かつ住民登録している都道府県内でパスポートをとる場合には、不要です。

<国外>

・一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) ・戸籍謄本もしくは抄本1通(役所で発行してもらったものそのものの原本が必要) ・写真45×35㎜1葉 ・本人確認や国籍確認などができる(公的)証明各種

国内国外とも、これらをそろえ、取得するパスポートの種類にあわせた収入印紙(国内)、手数料(国外)が必要。

また、新規発給時に、あらかじめパスポートのページを40ページ増やした『査証欄増補』という手続きをとることもできます。 『査証欄増補申請書」と+2500円の収入印紙が必要です。 受領できるまでの日数は、通常の新規発給と同じで、全ての書類がそろってから、5~6日程度です。しかも、休日を除いてです。だから日数には常に余裕をみておかなければなりません。

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法は?◆

出典:pixabay.com

基本的にパスポートの手続きで「再発行」というものはありません。手続きとしては先ほどご紹介の通り。

一般の人が再発行と呼んでいるものは、既に一度パスポートを取得したことがあるケースで、、、 ・パスポートの期限(残存期間)が残っているが残り一年を切った ・パスポートの期限(残存期間)が切れている ・パスポートを紛失した ・パスポートが火事などで焼けた ・パスポートが汚れて読めなくなった ・パスポートが盗まれた ・パスポートに書かれている氏名、本籍地などの事柄を変える必要がある ・パスポートに書かれている氏名に別名を追記する必要がある などでそれぞれ取り扱いが異なっているのは、先ほどご紹介した通りです。 先ほどご紹介した、大きく分けた5つの手続きごとに見ていきましょう

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法『パスポートの新規発給』◆

既にパスポートを発給してもらったことがあるケースで、パスポートを紛失した、焼失したとき。 また期限(有効期間)が切れてしまって、パスポートとして有効なものは手元にないというときに行う手続きが新規発給です。

<パスポートの再発行~紛失・焼失・盗難>

紛失消失の時には、パスポートセンターなどで『必ず本人による』「紛失届」(紛焼失届とも呼ばれる)と呼ばれる手続きを経て、新たにパスポートを取得します。 乳幼児などのケースでも、本人が窓口にやってくることが必要です。

このときの手続きは、ただパスポートセンターに行けばいいだけではありません。 事前に、原因に合わせて、警察や消防署などで手続きが必要です。 これらの書類をそろえて、パスポートセンターで『紛失一般旅券等届出書』を提出します。 この書類には、パスポート申請に準じた写真が1枚必要です。

i)紛失時は警察に遺失物届をしているときは、「紛失届証明書」を発行してもらう。発行されていない場合は、「届け出た警察署名と届出の番号」を提出。 ii)紛失時で警察に遺失物届け出をしていない時には、パスポートセンターにある書式で「事情説明書」を作成 iii)火災によるケースでは消防署の「罹災証明書」が必要。

このあとに、もし紛失したはずのパスポートが出てきても、有効にすることはできません。 また、申請用の書類を集めるだけでもかなり日数がかかることもありますので注意が必要です。

この手続きの後、『新規発給』の手続きを行います。 注意したいのは、『戸籍謄本もしくは抄本』『住民票の写し』などの他、写真がさらに1枚必要なこと。これは紛失届で1枚、新規発給で1枚と覚えておいてください。 そのほかの手続きは新規発給時と同じで、紛失届の手続きの当日に、新規発給手続きができます。 ですが窓口が混みあえば同日の手続きは難しくなるので、閉庁の4~5時間前には出かけておくのがよいでしょう。

海外でも、そこに居住していたり、長期滞在しているケースなどではほぼ同じ手続きが行えます。場所は日本大使館や領事館など。エリア別に、素の国での居住地などの制限が設けられています。 この時にも『戸籍謄本もしくは抄本(申請日前6カ月以内に作成された原本が必要)』などは必要となりますので、海外滞在中は、パスポートとは別に管理しておきましょう。 受領できるまでの日数は、国内の新規発給と同じで、全ての書類がそろってから、5~6日程度です。こちらも日数には余裕を見ておかなければいけません。

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法『渡航書』◆

出典:pixabay.com

海外でパスポートを盗難や紛失した際、他の国境を越えたりする必要がなく、日本に帰るだけでいいといったケースなどでは、『帰国のための渡航書』を発行してもらうこともできます。 状況や滞在している目的、所属、その他の状況によって、手続きは異なります。「紛失一般旅券等届出書」「渡航書発給申請書」を提出しますが、基本的にはインタビューなどがあることが一般的。

・『戸籍謄本あるいは抄本』は申請日前6カ月以内に作成された原本 ・日本での住所などがわかる免許証他公的身分証明に準じたもの(身分証明がないケースでは、本籍地の入った住民票の写しなどがあればOK) ・パスポート発給申請写真に準じた渡航書申請用写真 そのうえで手続きを行い、『手数料を支払って』発給してもらいます。受取は、当日もしくは翌日以降。(手数料は2018年現在2500円程度で、各在外公館によって異なります)

他に、日本のパスポートを盗難・損傷・失効したり、あるいは所有していないときにもこの『帰国のための渡航書』を発給してもらうことができます。

「日本に帰国するためだけに有効」で1回使い切り。もう一度海外に出ようと思ったら、改めて、日本で『帰国のための渡航書』を提出してのパスポート取得が必要です。またこの渡航書では周遊ができません。 他にもこの渡航書使用時にはいろいろな注意が必要。 渡航書の有効期間の日数が10日程度と比較的短く、パスポートがないケースなどでさまざまな手続きが必要なケースでは、その日数を越えてしまうことも。たとえば入国管理局での出国許可申請などに日数がかかってしまい、予定していた渡航書の有効期間の日数から超えてしまうこともあるのです。場合によっては、渡航書は、出発便の1~2日前に発給されるケースもあります。 発給時には、航空券や紛失したパスポートのコピーを持参して、その日程にあわせた渡航書を発行してもらうことになりますが、移動経路の関係などで、事前に渡航書を発給してもらうケースでは、予定している飛行機から変更ができない等、さまざまな制約を受けることになります。

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法『切替発給』◆

パスポートの期間がまだ残っているとき行うのが切替新規申請を経て行う『切替発給』です。 カンタンにいえば、いま有効なパスポートを持っており、氏名・本籍地などの記載事項に変更がなく、次に該当するケースのときに行う手続き。

次のケースなどで申請が可能です。 ・パスポートの残り有効期間が1年未満のとき ・パスポートの残り有効期間が1年以上あるけれど、仕事や留学など等で長期滞在する見込みがあるとき (赴任命令書や入学許可証など長期滞在見込みを証明できる書類と一緒に提出) ・パスポートが汚損・損傷したとき ・IC旅券に切り替えるとき ・査証欄が少なくなり査証欄のページ増補できないか、自分の意思などでしない時 ・IC旅券のICが故障したとき(ICが故障しても有効期間の間、パスポートは使用可)

いったん、その原因にあわせてパスポートを『返納』したうえで、発給の手続きを取る形。 『返納届』を提出したうえで、新たにパスポートを取得します。 『戸籍謄本または抄本』や『住民票の写し』『旧パスポート』『新しいパスポートと今回の手続きのための写真』『収入印紙』『本人を証明する公的証明書など』がそろっていれば、その日のうちに『返納』『発給』のどちらの申請手続きも行うことができます。 この時取得するパスポートでも、『査証欄増補』を行ったパスポートを発給してもらうことが可能です。

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法『査証欄増補』◆

出典:pixabay.com

この手続きについては前半の『◆新規発給・再発行・紛失~パスポートの申請・発給用語について◆ の査証欄の増補』で説明した通りです。 手続き時には、パスポートセンターにある『査証欄増補申請書』と『パスポート』が必要です。

先ほどご紹介のように、すでに使用を始めているパスポートでは、ステッカーや入出国の記録で使われているページによっては、査証欄増補ができないこともあります。

◆再発行・紛失時のパスポートの申請&発給方法『記載事項変更旅券(前旅券と有効期限は同一)』◆

出典:pixabay.com

パスポートの期間がまだ残っているとき行うのが切替新規申請を経て行う『切替発給』の一種です。 カンタンにいえば、いま有効なパスポートを持っており、氏名・本籍地などの記載事項に変更がなく、次に該当するケースのときに行う手続き。 次のケースなどで申請が可能です。 ・パスポートの残り有効期間が1年未満のとき ・パスポートの残り有効期間が1年以上あるけれど、仕事や留学など等で長期滞在する見込みがあるとき (この場合赴任命令書や入学許可証など長期滞在見込みを証明できる書類と一緒に提出) ・パスポートが汚損・損傷したとき ・IC旅券に切り替えるとき ・査証欄が少なくなり査証欄のページ増補できないか、自分の意思などでしない時 ・IC旅券のICが故障したとき(ICが故障しても有効期間の間、パスポートは使用可) いったん、その原因にあわせてパスポートを『返納』したうえで、発給の手続きを取る形。 窓口にある『返納届』を提出します。 『戸籍謄本または抄本』や『住民票の写し』『旧パスポート』『新しいパスポートと今回の手続きのための写真』『収入印紙』『本人を証明する公的証明書など』がそろっていれば、その日のうちに『返納』『発給』のどちらの申請手続きも行うことができます。

たとえば家族の死亡などに伴う返納も行うことができますが、このときはは、死亡証明などが必要です。 こちらもそのパスポートの旅券番号の無効化処理をしたあと、VOIDとおしてもらって返却が可能です。

※氏名、本籍地の都道府県に変更がない場合は戸籍謄本もしくは抄本は不要 汚損などで、読めない状態などとなっていれば、(身分事項や写真判別できない程度) ・戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内の原本) ・『事情説明書』 ・運転免許証等の本人確認書類 ・パスポート申請に準じた写真 などが必要です。

◆パスポートの発行・再発行・紛失などなどにまつわる Q&A◆

ここからは、パスポートの発行や再発行、紛失などについて、国内外での手続きや、知っておくと便利な制度、そしてパスポートのトリビアまでをご紹介します。

【世界各国のパスポートでも、信頼される/されないってあるの?】

カナダの金融コンサルティング会社であるアートン・キャピタル(Arton Capital)社は、2018 年度版の「世界最強(most powerful)パスポートランキング」を発表しました。 、所持者があらかじめビザ(査証)を申請する必要が無い、もしくはランディング・ビザ(アライバル・ビザ)を申請せずとも入国が可能な国の数を集計し、世界各国のパスポートをランク付けするというものです。 日本は果たして何位でしょうか? 強いパスポートを持つ上位50か国・最新データをチェックしてみましょう。

1位シンガポール 2位韓国 3位ドイツ、日本 4位デンマーク、スウェーデン、フィンランド、イタリア、フランス、スペイン 5位ルクセンブルグ、ノルウェー、オランダ、ベルギー、オーストリア、ポルトガル、英国、米国 などなど・・・ 海外に頻繁に飛び回るビジネスマンが日本よりも多いとも思われる国でも、意外に下のほうにいることもあるのですね。

こちらの記事(英文)で、ちょっとトリビアにも使えそうなのが、各国のパスポートの表紙デザインが一覧になっていること。 各国とも、なかなかセンスの良い美しい色合いのものがあり、普段出入国職員でもなければまずお目にかかることもないバリエーション。 これからIT系での経験を踏み台に、転職で、あるいは新たな就職で、水際系公務員を目指したい方のおべんきょうにもおすすめの一覧です!

【昔の写真は、カラーや顔の特徴などがつかみにくかったはず…どうやってパスポートで本人を見分けてたの?】

日本で最初のパスポートでは、住所、氏名、年齢(生年月日)以外などの基本情報が書かれていました。 それに加えて、写真が普及していない時代だったこともあり、目、鼻、口、顔などの顔の特徴がしっかりと書かれていました。

【パスポートの写真って、カラーでも白黒でもありって本当?】

パスポートの写真も白黒でもカラーでも可能。 入国審査業務を行っている方にとっては、白黒でもカラーでも、鮮明にさえ映っていれば関係ないのだとか。 ですが現在、外務省では、敢えてカラーから白黒にしようかなんて検討がされているという報道などもあるようです。

【パスポートの写真の規格って、なんであんなに厳しいの?】

各国の間を飛行機や列車などで移動することも多く、事故時などに本人を見分けやすくするためもあります。 もちろん入国審査などで見分けやすいためにも、一定のサイズの範囲内に収まっているほうがいいということもあります。

ちなみに・・・ ・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしの写真 ・頭頂からあごまでが34±2mm ・写真の背景は無背景で無地で淡色 ・申請日前6カ月以内に撮影されたもの。 ・無帽で正面を向いたもの ・裏面に申請者の氏名を表面側に凹凸やにじみが出ないように記載 する必要があります。

【パスポートやVISAは申請から受け取りまでどのくらいかかるの?】

さて、そんな日本のパスポート(=旅券)、申請してから受領まで1日では終わりません。大体は書類を集めるのにも日数が。そして申請に行ってその場で写真を取り直すことになったりなどをはじめとして、受取までにもかなり日数がかかるものです。 よく混同されるのですが、VISA(=査証)については、日数は一日で発給されることがありますがこちらも特殊なケースに限られます。 基本的に、労働、学生その他のビザは、人物や状況によりけりでさまざまな手続きを経る関係もあり、同種のVISAを同じ職場の同期の人が申請したからと言って、まったく同じ時期、同じ日数でかならず受け取れるわけではありません。

【パスポートって公的書類でしょ、じゃあ新規発給や更新、紛失時の届け出とか、行政書士さんとか代理でもらってきてもらえる?】

<パスポートの受領>

実はパスポートは、ちょっと変わっており、申請は代理人でもできるのですが、受取は本人でなければできないもの。 運転免許証他公的証明の中では、上位に位置する書面でもあり、海外では事故や出入国時、まずこのパスポートを持っている人が本人であることの確認から入るだけあって、その存在は絶対的。 ということもあり、受領した後別人に別の目的で使われることを防ぐためにも、「どんなときでも本人が受け取る」原則になっているのです。赤ちゃんについても本人が居ないとNG。

基本的に、日本では、パスポートをもって出国する時というのは、最悪でも車いすなどで移動できることが基本ですよね。 ですが出国時点でそれすらかないそうにない「臓器移植など特殊な手術のために渡航する方や重度の障害を持つ方」については『交付時出頭免除』というシステムがあります。 適用されるケース自体が非常にレアですが、重篤な病気怪我が原因で、日数もあまりない中で急に出国しなければならない等では覚えておくと便利です。 こちらでもパスポートを受け取るために申請した窓口に行くことはしなくてもよいのですが、本人の確認は行われています。

<本人以外によるパスポートの発給や再発行申請>

国内と国外で手続きの方法や、注意事項が若干異なっています。 発給受領自体は本人でなければNG。 申請の一部(紛失・消失・汚損・盗難時受領手続き等は除く)だけ別人で行うことができます。 日本国内で代理人による申請を行いたい場合は、配偶者、二親等以内の親族、行政書士等のその他の代理人が行うことができます。 『戸籍抄本』をあらかじめ取り寄せておき、申請は各パスポートセンターにある『申請書類等提出委任申出書』に本人が署名などを行い、代理申請する人についての記載事項や、代理申請する人の身分証明等を用意して窓口に出向いて行います。そこから最短で6日ほどでパスポート発給。 国外では、領事館等によってもことなりますが、大都市圏などの在外公館では、必要書類が全て揃った日の翌開館日から数えて5営業日目などに受け取れるところが多いようです。 写真撮り直しなどが非常に多いのですが、この写真自体も揃っていなければ日数が多くかかるので注意が必要です。

<パスポートの紛失・焼失・汚損・盗難届もじつは本人でなければNG>

他の官公庁で行う通常の公的書類を無効化するような届は、行政書士さんなど一定の人であれば可能というものも多いのです。 が、パスポートの紛失・焼失・汚損・盗難は「赤ちゃんであってもかならず本人を連れて」行わなければいけないのです。 パスポート発給受領時と同じ。 このあたり、ちょっと面倒ですね。

【忙しくてパスポート受け取りに行けなかったんだけど、あれってどうなってるの?】

国内国外共通ですが、本人が受領しに行きますが、通常は受領可能日から6か月放置されていると、失効します。 またその際に、切替更新であれば、新しいパスポートの他返納された前回のパスポートも処分されてしまい、二度と受け取ることはできなくなりますので注意が必要です。

【パスポートの発給や再発行受けとり、いちばん早そうなのはどこ?】

季節や地域によっても、パスポートを発行してもらう方法は多少異なります。 大都市圏では、パスポートセンターを、県庁所在地などに置いており、ほぼ流れ作業でもっともスムーズに申請 → 5~6日あけての受取ができるのが、最も早い方法。個別の審査が必要などで長い方では10数日かかるケースもあります。

申請自体はあらかじめ定められた「代理申請することができない場合」に該当しない限りは、他の人にお願いすることができますが、いずれも「本人が記載した書類をもって」だれか委任された人がお出かけして申請して「引換券などを受け取る」もの。

最も早いのは、 1:緊急にパスポートを必要とする時の特別な手続き 2:次が特別な事情のある時の都道府県庁での手続き(早期発給制度) ・・・ですが、次にご紹介しているように、手続きが異なり、料金も高くなります。

【海外に急にいかなくちゃ! パスポートを急ぎで発給・再発行してもらう方法は?】

出典:pixabay.com

<早期発給制度>

実はここまで説明してきた制度以外、『早期発給制度』という「急ぎでパスポートを発給してもらえる制度」があります。 「住民登録しているエリアでのパスポート発給手続きでは海外出発日に間に合わない人」が対象ですが、それなりに特別な理由が必要です。 ・海外旅行直前にパスポート紛失や期限切れに気づいてしまった ・急ぎの出張が発生したなど。 通常は都道府県庁機関などで取り扱っており、書類がすべてそろった日から土日を除き最短3日程度で受領することができます。

<緊急時の新規発給や再発行制度もある!>

他にも、海外で家族が事故に巻き込まれたなどで日数に余裕がなく、急に渡航しなければいけなくなったなどの緊急時、パスポートを発給してもらえる制度も有ります。 これらは、いずれも、県庁のパスポート関連業務部署や各市町村のパスポートセンターに問い合わせればOK。 料金は通常時よりプラスされます。

【長い旅行中にパスポートが切れてしまいそう・・・そんなときにはどうしたら?】

パスポートが旅行中に切れてしまいそうなとき、通常は、日本国内にいるうちに、その旅行期間をカバーするパスポートを取得します。 現在は、VISAなしの国も増えましたが、通常学生や労働ビザなどさまざまな中長期滞在ではVISAが必要。そして、VISA取得に際して、「パスポートの残余期間が×か月以上必要」などの設定があります。 その期間にあわせて、海外に行く前にパスポートを取り直しておくのが普通。このときの手続きは返納→切替発給となります。 通常はパスポートの残り有効期間が1年を切ったら行いますが、長い滞在が見込める場合は、その年数などにあわせて、返納と切替申請が可能と考えておけばわかりやすいでしょうか。 国外に行ってから、切れたら手続きすればいいやと思っていたら、政情不安定や大使館や領事館の休みなどがあって、スムーズに手続きが進まず、幾度も出向く必要があるケースもあるからです。 手続き時には、長期滞在が見込めるということを証明する書類(※入学手続きなどの書類や、赴任に伴う書類など)が必要です。

【パスポートと今の苗字が違う・・・かならず再発行や新規や切替の取得し直しが必要?】

基本的には結婚、養子縁組などで本籍の氏名や苗字が変わった場合、パスポートは原則、書き換えが必要。 ですが、再発行には、新規発給時と同じくらいの期間を見ておかなければいけません。

この場合、実は他の方法もあります。 「パスポート、旅行傷害保険、航空券などの一式は、旧姓のまま旅行に行く」 「パスポートの記載事項変更申請を行い、有効期限が今のパスポートと同じパスポートをもらう」 「パスポートを新規発給してもらう」 ・・・などで選べます。 もし旧姓のまま旅行などに行くときには、突然のトラブルで戸籍抄本などの他住民票や現在の氏名を証明するものがさまざま必要となることもあります。こうしたものの写しも用意しておきましょう。

【パスポートに関する手続きあれこれ、いかがでしたか?】

出典:pixabay.com

いろいろと面倒な手続き。 ですが制度理解や必要書類をそろえる以上に、パスポートセンターって本当に混みあっているのです・・・ 立ったまま行列で2時間待ちなんていうこともザラ。 最近はずいぶん解消されたとも言いますが、ということもあり、手続きには時間に余裕を持たせていくのが必須。 朝早くから出かけて、手続き終了次第出社といった方法にしないと、時間が読めないことも多いのです。 そういえば、昔は込み合い具合が確認でき、待ち時間が今は何時間くらいとかいう表示があったのですが・・・ 「いったい、いつ、消えてしまったのでしょうかねえ・・・」

こんな時間がわからないだけで、かなりイライラする手続き。 ゲーム機などを持ち込むのはMUSTです!

72 件のコメント

  • Admiring the dedication you put into your site and in depth information you offer. It’s nice to come across a blog every once in a while that isn’t the same unwanted rehashed material. Excellent read! I’ve saved your site and I’m adding your RSS feeds to my Google account.

  • I’m extremely inspired along with your writing talents and also with the format to your weblog. Is that this a paid subject or did you modify it your self? Either way keep up the excellent high quality writing, it’s uncommon to peer a great weblog like this one these days..

  • Unquestionably consider that which you said. Your favourite reason appeared to be at the net the simplest thing to take note of. I say to you, I definitely get annoyed whilst other folks consider concerns that they just do not understand about. You managed to hit the nail upon the top and also outlined out the whole thing with no need side effect , other people can take a signal. Will probably be again to get more. Thank you

  • I have been absent for some time, but now I remember why I used to love this site. Thanks , I will try and check back more frequently. How frequently you update your website?

  • I am very happy to read this. This is the type of manual that needs to be given and not the accidental misinformation that is at the other blogs. Appreciate your sharing this best doc.

  • I’m not sure why but this website is loading incredibly slow for me. Is anyone else having this problem or is it a problem on my end? I’ll check back later on and see if the problem still exists.

  • You could certainly see your expertise in the work you write. The world hopes for even more passionate writers like you who aren’t afraid to say how they believe. Always go after your heart.

  • Pretty section of content. I just stumbled upon your blog and in accession capital to assert that I get actually enjoyed account your blog posts. Any way I will be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently rapidly.

  • I’m really enjoying the design and layout of your site. It’s a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to come here and visit more often. Did you hire out a designer to create your theme? Superb work!

  • Hi there! This post couldn’t be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept talking about this. I will forward this article to him. Pretty sure he will have a good read. Thank you for sharing!

  • I am not sure where you’re getting your info, but great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for fantastic info I was looking for this info for my mission.

  • It’s appropriate time to make a few plans for the future and it is time to be happy. I have learn this publish and if I may just I wish to counsel you some interesting issues or advice. Maybe you could write next articles regarding this article. I desire to learn even more issues about it!

  • Aw, this was a very nice post. In concept I would like to put in writing like this moreover – taking time and precise effort to make an excellent article… however what can I say… I procrastinate alot and not at all appear to get one thing done.

  • Fantastic beat ! I would like to apprentice even as you amend your website, how can i subscribe for a blog web site? The account helped me a appropriate deal. I have been a little bit familiar of this your broadcast provided shiny clear concept

  • With the whole thing which seems to be developing within this subject matter, your opinions happen to be relatively refreshing. Even so, I appologize, because I can not give credence to your entire strategy, all be it exciting none the less. It looks to everyone that your remarks are actually not completely justified and in actuality you are yourself not really thoroughly certain of the point. In any event I did appreciate examining it.

    http://www.aastocks.com/sc/changelang.aspx?lang=sc&url=http://youtube.com/watch?v=aGVokWny25g/

  • After research a number of of the blog posts in your website now, and I actually like your manner of blogging. I bookmarked it to my bookmark website record and will probably be checking again soon. Pls check out my website online as nicely and let me know what you think.

  • Hello! I know this is kinda off topic but I was wondering which blog platform are you using for this site? I’m getting tired of WordPress because I’ve had problems with hackers and I’m looking at options for another platform. I would be awesome if you could point me in the direction of a good platform.

  • I do love the manner in which you have presented this particular matter and it really does present me personally some fodder for consideration. However, coming from what precisely I have experienced, I simply just hope as other reviews pack on that people keep on issue and in no way embark upon a soap box associated with the news du jour. Yet, thank you for this excellent piece and while I can not necessarily go along with this in totality, I regard the standpoint.

  • Attractive component to content. I simply stumbled upon your website and in accession capital to assert that I get actually loved account your weblog posts. Anyway I’ll be subscribing for your augment and even I success you get admission to consistently fast.

  • Nice post. I used to be checking constantly this blog and I am impressed! Extremely useful info specially the closing section 🙂 I care for such info a lot. I was looking for this certain info for a long time. Thanks and best of luck.

  • Hello there I am so excited I found your weblog, I really found you by error, while I was searching on Yahoo for something else, Anyhow I am here now and would just like to say thank you for a remarkable post and a all round entertaining blog (I also love the theme/design), I don’t have time to read through it all at the moment but I have saved it and also included your RSS feeds, so when I have time I will be back to read more, Please do keep up the fantastic job.

  • It’s laborious to seek out knowledgeable individuals on this subject, however you sound like you realize what you’re talking about! Thanks

  • I think this is one of the most significant info for me. And i am glad reading your article. But should remark on some general things, The web site style is wonderful, the articles is really great : D. Good job, cheers

  • What i don’t realize is in fact how you’re not really a lot more well-favored than you might be now. You’re so intelligent. You recognize therefore significantly relating to this matter, produced me individually imagine it from a lot of various angles. Its like men and women don’t seem to be involved unless it’s something to accomplish with Woman gaga! Your personal stuffs great. All the time handle it up!

  • I want to show my admiration for your generosity supporting women who should have guidance on that subject. Your real dedication to passing the message all through came to be incredibly invaluable and has continually empowered somebody just like me to attain their dreams. Your own warm and friendly report can mean a lot a person like me and even more to my colleagues. Warm regards; from all of us.

  • It is really a great and helpful piece of info. I am glad that you shared this useful information with us. Please keep us up to date like this. Thank you for sharing.

  • Aw, this was a very nice post. In concept I would like to put in writing like this additionally – taking time and actual effort to make a very good article… but what can I say… I procrastinate alot and on no account seem to get one thing done.

  • Its like you read my mind! You appear to know a lot about this, like you wrote the book in it or something. I think that you can do with some pics to drive the message home a little bit, but other than that, this is excellent blog. A great read. I’ll certainly be back.

  • Thanks a bunch for sharing this with all of us you really know what you’re talking about! Bookmarked. Please also visit my web site =). We could have a link exchange agreement between us!

  • Hey there, You’ve done an excellent job. I will certainly digg it and individually suggest to my friends. I’m confident they’ll be benefited from this website.

  • Normally I do not read post on blogs, however I wish to say that this write-up very compelled me to take a look at and do it! Your writing style has been amazed me. Thanks, very great article.

  • Hey there! I’ve been reading your weblog for some time now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from Humble Texas! Just wanted to tell you keep up the excellent job!

  • I’m also commenting to make you understand what a fabulous encounter my cousin’s child went through checking your webblog. She even learned plenty of pieces, most notably what it’s like to possess an excellent teaching nature to have others without hassle have an understanding of a variety of problematic subject matter. You truly exceeded our desires. Thank you for imparting these practical, dependable, informative and also cool tips about the topic to Lizeth.

  • dtzldnqxkp,A fascinating discussion is definitely worth comment. I do think that you ought to publish more on this topic, it may not be a taboo ozxsnbb,subject but generally folks don’t talk about such subjects. To the next! All the best!!

  • ukwqzya,A fascinating discussion is definitely worth comment. I do think that you ought to publish more on this topic, it may not be a taboo anwxyn,subject but generally folks don’t talk about such subjects. To the next! All the best!!

  • I think other site proprietors should take this site as an model, very clean and wonderful user genial style and design, as well as the content. You’re an expert in this topic!

  • Fantastic website. A lot of useful info here. I am sending it to several friends ans also sharing in delicious. And obviously, thanks for your sweat!

  • Hey there! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be okay. I’m definitely enjoying your blog and look forward to new updates.

  • There are certainly quite a lot of details like that to take into consideration. That may be a great point to carry up. I supply the thoughts above as common inspiration but clearly there are questions just like the one you deliver up the place a very powerful factor will be working in sincere good faith. I don?t know if finest practices have emerged around issues like that, but I’m sure that your job is clearly recognized as a good game. Both boys and girls really feel the affect of only a second’s pleasure, for the remainder of their lives.

  • I just couldn’t depart your website prior to suggesting that I really enjoyed the standard info a person provide for your visitors? Is gonna be back often in order to check up on new posts

  • Can I simply say what a reduction to search out someone who actually knows what theyre speaking about on the internet. You definitely know the best way to deliver a difficulty to mild and make it important. More people need to read this and understand this facet of the story. I cant imagine youre not more in style because you positively have the gift.

  • Greetings from Idaho! I’m bored to death at work so I decided to browse your blog on my iphone during lunch break. I enjoy the knowledge you present here and can’t wait to take a look when I get home. I’m amazed at how fast your blog loaded on my phone .. I’m not even using WIFI, just 3G .. Anyways, fantastic blog!

  • That is the fitting weblog for anyone who needs to search out out about this topic. You realize a lot its nearly hard to argue with you (not that I really would want…HaHa). You definitely put a brand new spin on a topic thats been written about for years. Nice stuff, simply great!

  • I love your blog.. very nice colors & theme. Did you design this website yourself or did you hire someone to do it for you? Plz answer back as I’m looking to design my own blog and would like to know where u got this from. kudos

  • I’ve been surfing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It is pretty worth enough for me. In my view, if all website owners and bloggers made good content as you did, the net will be much more useful than ever before.

  • After study a couple of of the blog posts in your web site now, and I really like your approach of blogging. I bookmarked it to my bookmark website list and will be checking again soon. Pls try my web site as well and let me know what you think.

  • My developer is trying to convince me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the costs. But he’s tryiong none the less. I’ve been using Movable-type on various websites for about a year and am anxious about switching to another platform. I have heard good things about blogengine.net. Is there a way I can import all my wordpress posts into it? Any kind of help would be really appreciated!

  • My brother suggested I might like this web site. He was entirely right. This post truly made my day. You can not imagine simply how much time I had spent for this info! Thanks!

  • I’ve been surfing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It’s pretty worth enough for me. Personally, if all website owners and bloggers made good content as you did, the web will be much more useful than ever before.

  • Hi would you mind letting me know which hosting company you’re utilizing? I’ve loaded your blog in 3 completely different browsers and I must say this blog loads a lot quicker then most. Can you recommend a good web hosting provider at a honest price? Cheers, I appreciate it!

  • Good day! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be ok. I’m definitely enjoying your blog and look forward to new posts.

  • Just wish to say your article is as surprising. The clarity in your post is just nice and i could assume you’re an expert on this subject. Fine with your permission let me to grab your RSS feed to keep up to date with forthcoming post. Thanks a million and please carry on the gratifying work.

  • Hi there! Someone in my Facebook group shared this site with us so I came to take a look. I’m definitely loving the information. I’m book-marking and will be tweeting this to my followers! Great blog and terrific style and design.

  • Good article and right to the point. I don’t know if this is in fact the best place to ask but do you folks have any ideea where to get some professional writers? Thx 🙂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。