【一人暮らしのインターネット環境】WiFiルーターと光回線...どっちがいいの?

新入生、新社会人となり、新生活で一人暮らしを始める春。 インターネット環境選びに迷いはございませんか? インターネット会社で訪問販売商品があるフリーランス営業が、一人暮らしのインターネット環境づくりについて、書きます。 まずインターネット環境作りには、「光回線(とwifiルーター)」と「モバイルwifiルーター」の2種類があります。

一人暮らし×光回線でのインターネット環境作りとは?

3つの手順で一人暮らし×光回線のインターネット環境は獲得できます!

一人暮らしのインターネット環境作りは難しい?? いやいや、とても簡単ですよ。 一人暮らし×光回線でインターネット環境作りをするには、3つの手順を踏むことで手に入れられます。 3つだけ!? そうです! たったの3つだけなんです。 ではみていきましょう!! <手順1>一人暮らし×光回線のインターネット業者選び まずはどこのインターネット業者にお願いするかです。 当たり前ですね。 インターネット業者によって、値段の違い、速度の違いがあります。 逆に言うとインターネット業者が決まれば、あとは使えるまでの流れはインターネット業者が、丁寧に手順書など用意をしてくれて案内してくれます。 一人暮らしで使う際に、お得なインターネット業者選びだけすれば、もうそれでインターネットは使えるようになるのです!! そもそもインターネットを使うのにご契約を2つすることを知っていますか?? 訪問販売してくるインターネット業者が 「1ヶ月、うちだと●●●●円です!安くないですか!?」 と言っているのに対し、知識がないと 「そうですね!では変えましょう!」 となってしまいます! でもちょっと待ったー!! その値段には、ちゃんともう一つの契約が入っていますか?? ●<一つ目の契約>光回線 →そもそも電柱から出ているインターネットをつなぐ線のことです。 下にあるタイプから自分にあったものを選ぶことができます。 NTT系(NTTフレッツ)、キャリア系(ドコモ光、au光、ソフトバンク光)、電力会社系(エネルギアコミュニケーションズ、STNetなど)、ケーブルテレビ、プロバイダ系(ビックローブ光、ソネット光など)があります。 *詳しくは後ほどご説明します! ●<2つ目の契約>プロパイダー →インターネットを使うための鍵のようなものです。 下にあるタイプから自分にあったものを選ぶことができます。 →ピカラ、ソネット、ビッグローブなど *詳しくは後ほどご説明します! あなたはこの2つを契約する必要があります。 一人暮らしで初めてのインターネット。。。 わからないことばかりだと思います。 誠実じゃない業者に騙されないようにしましょう! ちなみに金額を言ってくる場合、初年度だけやすいとか、オプションに入れば安いとかあるのでご注意を! <手順2>工事(回線契約&光ファイバーを部屋まで通す) インターネット業者が決まれば、あとはもう流れに身をまかせるだけです! 一人暮らしのあなたはアパートとかマンションに住んでいるかもしれません。 この場合、工事というものがないかもしれません。 「え?なんで?」 それは今住んでいるのが「戸建」か「アパート・マンション」かで変わるからです! 一人暮らしの場合はおそらく「アパート・マンション」が該当するはずです。 *一人暮らしの方が多い「アパート・マンション」の場合 集合住宅、つまりアパート・マンションの場合は、大抵共有スペースまでは光ファイバーが繋がっています。 だからわざわざ工事ってのが必要ない場合があります! 「なるほどー」 って終わらず、ちなみに以下の点も確認してくださいね! ●インターネット完備/導入済み →最近こちらが多いです。この場合すでに回線が家の中まで来ており、あとは契約するだけです。 ●インターネット対応 →共有スペースから部屋までの接続など多少の工事が必要な場合があります。 ということで、多少工事が必要な場合もございます。 その場合、 「1、2ヶ月後に工事の立会いをお願いしたいのですが、ご都合の良い日程を教えてください」 みたいなご連絡があると思うので、対応しましょう! どちらにしろ管理会社や不動産に確認したら、明確にわかります。 なので、インターネットをやると決めたら、確認して見ましょう! *ちなみにアパートやマンションによっては、指定のインターネット業者を入れている場合もあるので、要確認を! *「戸建」の場合 もし仮に一人暮らしだけど、戸建の持ち家に住んでいる場合! と言ってもあんまりないケースだと思いますが。。。 今までインターネットをしていないなら、完全に工事が必要です! 近くの電柱に光回線を用意し、電柱から家に光回線を引き込む工事が必要です。 そもそも引き込まれるエリアかどうかなど確認した上、こちらも 「1、2ヶ月後に工事の立会いをお願いしたいのですが、ご都合の良い日程を教えてください」 みたいなご連絡があると思うので、対応しましょう! アパート・マンションと違うことはこの点が挙げられるかもしれません。 だからこそ料金体系も違う場合があるので、注意してください! <手順3> wifiルーターを購入 工事も無事終わり、光回線を家の中につなぐことで、インターネットの環境はできました。 これだけでは有線でインターネットを使うことができます! 「有線?」 ってなっている人に向けて。。。 文字通り「線が有る」状態での、インターネットの使用です。 パソコンなどにインターネットの線、LANケーブルを指して使う場合は、この状態だけで大丈夫です! とはいえ、今はWifi環境が必要ですよね!? そもそも最近のMacはLANケーブルをさすところありませんしね! スマホの容量が気になるから、wifiで使いたいんだ! 一人暮らしの家のどこでもインターネットを使いたいんだ! てかそもそもLANケーブルを挿すところなんてないよ! っていうかたはwifi環境を作る必要があります! と言っても難しくありません。 wifiを飛ばすルーターを用意し、設定するだけです! インターネット業者によっては、このwifiルーターのレンタルもあります。 これは後ほど確認して見てください! 一人暮らしなら、そんなにwifiできる環境を広げる必要がないはずなので、インターネット業者のレンタルので十分だと思います! この3つの手順だけで、光回線のインターネット環境ができます。 どうですか? たった3つです!とはいえ、最初のインターネット業者選びだけを行えば、あとは流れに乗るだけです! なので一人暮らしのインターネット環境作りは、最初のインターネット業者選びだけ、力を入れましょう!

一人暮らし×モバイルwifiルーターでのインターネット環境作りとは?

一人暮らしで、光回線ではなく、モバイルwifiルーターでインターネット環境を作るとはなんでしょうか? よく家電量販店で 「WiMAXどうですか?」 みたいな声かけや、 「ビンゴやっているので!」 と話を聞いて見たら、インターネットを。。。 みたいなこと経験したことありませんか? そのそもそも最近よくきくモバイルwifiルーターとはなんでしょうか? それは インターネット環境を持ち運びできる機械 のことです! この契約は、光回線より簡単です! 一人暮らしの人には特に人気かもしれません。 というのも 携帯電話のように家電量販店などで、契約すれば完了です。 「え?それだけ?」 となるかもしれません。 そうなんです。それだけです! そのくらい簡単なんです! それなら 「モバイルwifiルーターにしようかな?」 と思いますね。 それでも一人暮らしで光回線を使う人がいるのはなぜででしょうか? それはそれぞれにメリットとデメリットがあるからです! これからそのメリットデメリット、それに伴う選ぶポイントを次に書いていきます。 まず最初は選ぶポイントです! 正直これだけわかれば、一人暮らしのインターネット選びは完了します! ただ細かく知りたい人は、後にあるメリットデメリットを見てみましょう!

一人暮らしのインターネット環境を選ぶのは使用目的によって!!

なぜ一人暮らしで光回線とモバイルwifiの二つがみんなに使われているのでしょうか? それはスピードや使用料、金額によって違いがあるからです。 そこを書いていきます!

一人暮らしの楽しみ!YOUTUBEが止まらない!?動画をガンガン見たい!

一人暮らしで家にいることが多い人 家族が来た時、インターネットを使う人がいる オンラインゲームで遊んだり、動画をたくさん見る人 スマホの通信制限に引っ掛かることが多い人 一人暮らし担って、インターネットをフル活用したい! 家にいるのが楽しいんだ! という方は、間違いなく「光回線」がオススメです! 早く、容量を気にせず、使いたい! それができるのは「光回線」なんです。

一人暮らしの仕事はライターなど、ノマドで仕事をしたい!

一人暮らしをしている学生や新社会人、独身の人 外にいることが多い、家にあまりいない人 家の外でネットをしたり、ゲームで遊びたい人 光回線の工事などをやりたくない、めんどうな人 インターネットはちょっと検索するだけ、どちらかというと持ち運びたい! そんな方は「モバイルwifi」がオススメです! インターネット環境を持ち歩きたい! それができるのが「モバイルwifi」です! いかがです!? どっちを使おうか迷っているなら、一人暮らしの自分の行動パターンを想像して決めるだけなんです! まだ悩むようでも大丈夫です! 次にメリットとデメリットを書いておきますので、それらを見て最終判断をして見てくださいね!

光回線とモバイルwifiの違いについて

明確に違いはあります。 メリットとデメリットという形で書いておきますので、判断して見てくださいね!

光回線

<メリット> ●速度の安定 →一人暮らしのご自宅に線を引いていて、速度環境が変わることはないので安定しています。 一人暮らしで動画を見ていて、途中で止まる。。。 検索してて、ずっと画面がくるくるしている。。。 というのがストレスの方は、断然光回線を選ぶべきです! ●速い →光回線をそのまま引いてくるので、一般的なモバイルwifiより早いです。 そもそも受け取るスピードが光回線とモバイルwifiだと違います! 圧倒的に光回線が受け取るスピードは早いのです! それに加え、スマホのようにエリアによって使えない、遅くなるということはありません。 速さを求めるなら光回線です! ●容量を気にせず使うことができる →容量制限なく、受診し続けられます。スマホの容量とか気にする方にはオススメです。 一人暮らしの楽しみ!動画を見る人には大事な点ですね! モバイルwifiは無制限と言いながら、ちょっとだけ制限がかかる場合があります。 光回線はありません。 動画を好きなだけ、一人暮らしはじめたばかり!休みの日、1日中見ているのが癒しなんだ!という方は光回線がオススメです! <デメリット> ●工事の手間があり →契約を申し込んでから1ヶ月から2ヶ月、使用するまでかかります。 また家に線を引くということで、インターネット業者の工事の際立ち会う必要が出てきます。 すぐに使いたいのに! 一人暮らしだし、なかなか家に人がいないからなー! という方はちょっと難しいかもしれませんね。 ちなみにインターネット業者の立会い、平日祝日いつでもいいというところもあるので相談してみましょう! ●移動できない →線を家にそのまま引くので、固定です。もちろん移動ができません。 カフェとか外とかでもインターネットを使いたい!って人は移動できないので対象でないかもしれません。 ただスマホのテザリングだったり、wifiのあるカフェだったり多いと思うので、そのように代用するのもありかもしれません。

モバイルwifi

<メリット> ●持ち運びができる →モバイルwifiの端末があれば、それだけでインターネット環境を作ることができます。 その端末だけあれば、どこでもインターネット環境を持ち運び可能です。 川沿いでおしゃれにノマドライフ カフェでいちいち登録してwifiを使うのでなく、スイッチオンでインターネット環境へ など、どこでもインターネット環境を作るならおすすめです! ●使い始めが簡単 →家電量販店などで契約をすれば、そこから使用が可能です。 すぐに使いたいんだ!って場合、契約して本体を手に入れたら使えます! 最短1日で可能です! <デメリット> ●容量がある →スマホみたく、使用制限があります。動画を見続けるとなると、使用制限に引っかかることがあると思います。 動画をたくさん見るんだ!って言っても何本か見たら、容量制限で遅くなって行きます。 使用制限気にして使うの嫌だ!って人にはお勧めできないかもしれませんね。 ●不安定 エリアによって電波が入りにくい状況があります。そうなると当然不安定となります。 あれ?トンネルの中使えない? あれ?一人暮らしの家の中だけど使えない? って感じでどんな場所でも、安定して使えるというわけではないのでご注意を!

光回線の業者について

有名どころ光業者一覧

●auひかり <平均月額料金>3800円 <初期費用>33000円*割引あり <キャッシュバック>45000円 <スマホ割>auスマートバリュー <通信速度>1Gbps <wifiルーター>レンタル500円/月 ●NURO光 <平均月額料金>4743円 <初期費用>43000円*割引で実質3000円に。 <キャッシュバック>30000円 <スマホ割>ソフトバンク <通信速度>2Gbps <wifiルーター>無料レンタル ●ドコモ光 <平均月額料金>4000円 <初期費用>18000円 <キャッシュバック>20000ポイント <スマホ割>ドコモ <通信速度>1Gbps <wifiルーター>レンタル100円〜/月 ●ソフトバンク光 <平均月額料金>3800円 <初期費用>24000円*キャッシュバックで実質3000円に。 <キャッシュバック>20000円*ソフトバンクのスマホであれば <スマホ割>ソフトバンク <通信速度>1Gbps <wifiルーター>無料レンタル*オプションで ●ビッグローブ光 <平均月額料金>3980円 <初期費用>27000円*キャッシュバックで実質3000円に。 <キャッシュバック>25000円 <スマホ割>auスマートバリュー <通信速度>1Gbps ●So-net光コラボレーション <平均月額料金>3372円 <初期費用>24800円 <キャッシュバック>30000円(Amazonギフト券) <スマホ割>auスマートバリュー <通信速度>1Gbps ●コミュファ光*中部地方のみ <平均月額料金>3980円 <初期費用>28700円*キャッシュバックで実質3700円に。 <キャッシュバック>55000円 <スマホ割>auスマートバリュー <通信速度>1Gbps ●eo光*関西のみ <平均月額料金>4286円 <初期費用>キャッシュバックで実質3000円に。 <キャッシュバック>30000円(商品券) <スマホ割>auスマートバリュー <通信速度>1Gbps <wifiルーター>無料レンタル こちらにプロバイダ1000円前後の別契約していることが多いです。

一人暮らし×光回線の選び方の3段ステップ

<1>スマホによって、スマホ割対応の光回線を選ぶ お手持ちのスマホのキャリアによって判断してください! 例えばドコモを複数台ある場合、ドコモのセット割の方がスマホと光回線合わせて、トータルで安い場合があります。 *ただし、一人暮らしとかで1台や2台だと安くならない場合もあるので注意。 *auだからauひかりと選ぶのは注意。auスマートバリュー対応の他会社もいるのでそこもみて判断しましょう! ということで最初はまず自分のスマホの光回線の確認を! 1台につき1000円割引とかもザラじゃないので、そこが大事な判断基準です! <2>プロバイダを入れた料金で計算をする 一人暮らししている時、訪問販売する業者がいませんか? 業者がうまく光回線の部分だけ話し、結局かかるプロバイダの部分を抜いて、料金を提示する場合があります。 必ずインターネットを使うにはプロバイダが必要なので、そこの値段も確認しましょう! *ただしメガエッグなどは、プロバイダ不要など、不要もしくはセットで提示している業者もあります。 「こちらの方が安いですよ!」 「(ん?そうなんか安いかな?)じゃーお願いします!」 1ヶ月後、請求書が届いて。。。 「ん?これどこの?1000円?あれ?もしかしてネット関係か!?なんじゃーこりゃー!!電話してやるー!」 ってな感じで、きちんと説明をし、ご納得いただけていない場合、業者でこのようなクレームが起きるそうです。 一人暮らしのあなた、ただでさえ学校も仕事も忙しいのに、いちいち、このような形で起こりたくないですよね!? なのできちんとした知識を持ちましょう!! <3>オプションで判断 セキュリティや、テレビサービスなどオプションが業者によって違います。 パソコンのセキュリテイが5台まで着くよー オプションフルセットがこの値段でできるよー 何かあった時の問い合わせはこちらでいけるよー みたいに本当に色々あるので、自分にあったものを選びましょう! 一人暮らしでパソコン1台なのに5台セキュリティあるよとか別にいらないですしね!

一人暮らし×光回線、結局どれがいいの?

●一人暮らし×光回線選び。スマホキャリアと一緒を選ぶべし!! auならau ドコモならドコモ ソフトバンクならソフトバンク 結局その光回線の方が安い確率は高いです!! ●もう少し細かく調べられるよ!って言う人は、地域の光回線を選ぶべし! 例えばauで関東なら、料金もオプションも含め、NURO光はオススメ! auで中国地方なら、料金もオプションも含め、メガエッグがオススメ! とかあります! 本当に、本当に安いのを選ぶなら、そういったのを選びましょう! というのも基本的に他の業者でも、提携してスマホ割はいれているものなんで!

モバイルwifiの業者について

有名どころ光業者一覧

●UQ WiMAX <通信容量の上限>5〜7GB*無制限プランもあり <その他>無制限プランは3日間で合計10GBの通信を超えるとわずかな速度制限あり(制限後も動画を見れるレベル) <平均月額>3800円 <契約年数>3年 <通信速度>440〜708Mbps*WiMAX回線のエリア外では、auの4GLTE回線が使われる <人気度>★★★★ ●Y!mobile <通信容量の上限>5〜7GB*無制限プランもあり <その他>無制限プランは3日間で合計10GBの通信を超えるとわずかな速度制限あり(制限後も動画を見れるレベル) <平均月額>4730円 <契約年数>3年 <通信速度>612Mbps(一部のエリアのみ)*エリアによってはsoftBankのLTE回線と同じものが使われる <人気度>★★★ ●Yahoo!Wi-Fi <通信容量の上限>5〜7GB*無制限プランもあり <その他>無制限プランは3日間で合計10GBの通信を超えるとわずかな速度制限あり(制限後も動画を見れるレベル) <平均月額>4380円 <契約年数>3年 <通信速度>187.5Mbps(一部のエリアのみ)*エリアによってはsoftBankのLTE回線と同じものが使われる <人気度>★★★ ●au <通信容量の上限>5〜7GB*無制限プランもあり <その他>無制限プランは3日間で合計10GBの通信を超えるとわずかな速度制限あり(制限後も動画を見れるレベル) <平均月額>5385円 <契約年数>2年 <通信速度>440〜708Mbps*WiMAX回線のエリア外では、auの4GLTE回線が使われる <人気度>★★ ●ソフトバンク <通信容量の上限>7GB <その他>制限を超えると超遅い <人気度>★★ ●ドコモ <通信容量の上限>5〜20GB <その他>制限を超えると超遅い <人気度>★★

一人暮らし×モバイルwifi、結局どれがいいの?

一人暮らし×モバイルwifi選びは、WiMAXがオススメです! この中で選ぶならダントツでWiMAXです! ましてや一人暮らしで光回線でなく、モバイルwifiを選ぶならこれ一択です! 仮に他のキャンペーンがあるから、光回線もやって、モバイルwifiもやるなら。。。 とかなら他の選択肢もありかもですが。。。

<番外編>一人暮らしのwifiルーター選び

wifiルーターとはケーブル無しでインターネット環境を作る機械のことです。 その選び方をここでは書いておきます。 <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント1> 11ac対応だと通信が速い! 「11ac」とは、通信規格の1つです。 他に「11n」「11g」「11a」「11b」という規格があるのですが、最も速く通信できる規格が「11ac」なのです。 11acは、電波が密集した場所でも、通信が安定しやすいと言われています。 <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント2> 最高通信速度をチェック だいたいのWi-Fiルーターのパッケージには、通信の最高速度「◯◯ + ◯◯Mbps」という数字が書かれています。 *実際にこのスピードが出る、というわけではないのでご注意を!! 快適にインターネットを楽しむなら、11acで「850Mbps」くらいはあるといいですね! <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント3> 2.4GHzと5GHz両方に対応しているかどうか Wi-Fiルーターから飛ばされる電波には「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。 「5GHz」の電波で通信をした方がスピードは早いです。 ただ、2.4GHzにもメリットがあります。 それは2.4GHzの方が、壁や天井などの遮蔽物に強く、遠くまで電波が届きやすいのです! すごいですね! そのため「戸建住宅で複数の部屋でWi-Fiを使いたい場合」には、2.4GHzの方が向いているのかもしれません。。。 逆に5GHzは壁や天井などの遮蔽物には弱いですが、通信が速く、さらに電波干渉を受けにくいという特徴があります。 周りにたくさんの電波が飛んでいても安定しやすいということです! 一人暮らしでは、そんなに部屋が多い部屋に住むことはないかもしれないので5GHzがいいですね! ちなみに最近では、2.4GHzと5GHzの電波を両方同時に飛ばせる機器が増えています。 <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント4> 「範囲」と「同時接続人数」をチェックしてみてください! そもそも細かいところより、親切に書いてあるここを見れば、自分の用途にあったものが簡単に見つかります!! 商品説明に書かれているWi-Fiの電波の届く範囲と同時接続可能人数もチェックしておくのが良いですね! <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント5> 「ビームフォーミング」に対応しているか 「ビームフォーミング」とは、Wi-Fiルーターがスマホやパソコンの位置を把握して、電波の飛ばし方を集中させる技術のことです。 簡単にいうと、ビームフォーミングに対応しているWi-Fiルーターの方がインターネット接続が安定しやすくな流ということです! <一人暮らしのwifiルーター選びのポイント6> なにより価格 何よりの決め手になるのは、やはり価格ですよね! お住いの環境やインターネットの使い方に合わせて、最もお得になるWi-Fiルーターを選ぶのがおすすめです。

<番外編>光回線訪問販売が伝える、なぜいろいろな訪問販売の人がくるの!?

光回線はもともとはNTT一択、それが自由になって色々な業者があるからです!! 興味がある方は以下参考にして見てください。 ●インターネット、NTTの歴史 1995年 ダイアルアップ 最大54kbps PCと電話を同時に使えない時代がありました! 通話料がかかり無制限でインターネットができない。そんな時代が。。。 今思うとこんな時代だったらインターネットなんて使えたもんじゃないかもしれませんね。 2000年5月 フレッツ・ISDN 最大64kbps その後PCと電話を同時に使えるようになりました! この時代から無制限でインターネットを使えるように。いまの時代に近いですね!現在では2500〜2940円。 2000年12月 フレッツ・ADSL 最大速度8M(プランによって相違あり) その後、最高45Mまでアップ!! どんどんスピードが上がってきます! 実は今でも固定電話の利用のために残している人が多い回線なんです。 実家のインターネットを昔から使っている!?って方はもしかしたらこちらかもしれません。 ちなみにNTT局地からの距離によって速度が変わるんです。 遅いなーって人は変えた方がいいかも?! 固定電話は1500〜1700円程度で利用が可能です! 2001年 Bフレッツ 最大100M(プランによる) 光ファイバーを用いたサービスが本格的に開始しました。 この頃から今の主流の光回線がスタートします! 2012年3月に新規申し込み終了。ひかり電話は使えないため、ネット契約のみ。別でアナログ電話の契約が必要。 と今とは違うものの、当時はすごく便利でした! 2005年 フレッツ・光プレミアム Bフレッツと同じく2012年3月に新規申し込み終了。2019年1〜3月にサービス終了予定。モデム3つ。 ここで電話もようやくひかり電話が使えるようになりました! アナログ電話が1分8円だったところが3分8円で使えるように。 金額の革命がここでおきます! 2008年 フレッツ・光ネクスト 最大1Gbps 現在最もポピュラーなインターネット回線です!白か最近だと黒のモデムが1つです。 ここまでがインターネット、NTTの歴史です。 お分かりの通りNTTがインターネットの全てを担っていました。 この後、auやソフトバンクなどキャリアの光回線が出たり、メガエッグなど電力会社の光回線が普及し、光回線の競争化がはじまります! このタイミングから特に色々な業者が入れ替わりで、あなたのご自宅に営業にくるようになっています。 正しい知識を持って、そういった営業を選んであげましょう! ●プロバイダについて プロバイダとは、インターネットへの接続サービスを提供する事業者です。NTTがドアだとするとその鍵の役割をしているもののことです! 【フレッツ対応プロバイダ一覧】 <OCN> NTTコミュニケーションズ →ヤマダ電機販路でよく売られています。 <ぷらら> NTTぷらら <BIGLOBE> 日本産業パートナーズ(以前はNEC)  →ジャパネット販路でよく売られています。 <SO-NET> SONY  →エディオン販路でよく売られています。 <BBExcite> 伊藤忠商事  →ネット販路でよく売られています。 <@nifty> 富士通 <ASAHI-NET> 朝日新聞社 <Dion(au one net)> KDDI <YahooBB> <ODN> SoftBankテレコム(以前は日本テレコム) <Toppa> 光通信(以前はhi-bit) →テレマ、訪販、ブース販路でよく売られています。 <BROAD ACE> ホワイトサポート こんな感じで基本みなさんが知っている会社が、プロバイダを行なっていることがあります。 販促経路もそれぞれ特徴があり、自分の商品を売りたい営業マンがいます。 つまり、悪い営業マンに当たったら、スマホがauなのに、ネット契約がソフトバンク系のスマホ割しか効かないものを契約させられるなど。。。 本当は1000円以上割引きくのに。。。というパターンも出てきます! きちんとした知識を持って、選ぶことが重要です!

最後に

一人暮らしのwifi選びには、情報がかなり多いです! 親切にする営業マンも自社の商品を売りたいだけかもしれません。 一人暮らししたばかり、忙しい生活と同時だとなかなか情報をきちんと仕入れて選ぶのは難しいかもしれません。 ここで正しい知識を手に入れ、選びましょう! 少しでも一人暮らしのインターネット環境づくりのお役に立てたら幸いです。