【誠に勝手ながら】ビジネスでよく使われる敬語表現の意味と使い方

目次

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は1:「誠に勝手ながら」の意味

「誠に勝手ながら」の意味を調べますと「自分の都合によって相手に手間を取らせてしまうときに、相手にそれを伝える言い回しです。この言葉を使う方が、自分の都合によってお願いや申し出などの依頼をする場合につかう言葉です。自分の都合で申し訳ないけれども依頼したいときに使う敬語表現ですね。 「誠に」は「まさしく」や「ほんとうに」という意味があります。間違いなくその通リであることを表す副詞として使われます。現在の日常会話ではあまり使われませんが、メールではよく使われます。別な言い方としては「真に」や「実に」という書き方もしますが一般的ではありません。ビジネスシーンにおいては誠心誠意という意味合いがあるのです。 「勝ってながら」については、自己都合ということですね。ですから「誠に」という副詞の持つ意味(重要性)は、以下の2文を比べていただければわかると思います。 ・勝手ながらお願いいたします。 ・誠に勝手ながらお願いいたします。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は2:ビジネスシーンでよく使われる「誠に勝手ながら」

ビジネスでもよく使われている「誠に勝手ながら」ですが、意味がわかって正しく使わないと電話連絡の場合でも相手に対して「何だか変な言い方だな。」と思われます。また、ビジネスシーンでよく使われるメールでは、その言葉が画面上に残ることになりますから、慎重に使う必要があります。何気なくしゃべったことや(メール)打ち込んだことが、相手に評価されるということにつながります。 電話やメールでは、特に相手の顔や表情が見えないですので、実際に会って話しているときとは違って言い直しがききません。言葉遣い一つで取引きがうまくいかなくなったり、お客様の信頼を失ったりすると言っても過言ではありません。ここでは「誠に勝手ながら」という意味や言い方についてご紹介します。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は3:「誠に勝手ながら」を上司に使う場合

上司に対して「私事ですが、誠に勝手ながら明日お休みをいただきます。」という使い方はどうでしょうか。「誠に」という表現は「ほんとうに」という意味合いがあります。間違いのないことを表しています。これは、日常の会話ではあまり使われませんが、メールではよく「誠に」という書き方をします。 ビジネスシーンにおいては、誠心誠意という意味で「誠に」という書き方をします。ですから、「誠に勝手ながら」という言い方は、目上の方に対してへりくだった言い方と言えますので上司や先輩に対しても使うことができるのです。上述の「私事ですが・・・」についても正しい使い方であるといえます。しかし、できることならば「誠に勝手なお願いでございますが・・・」という言い方にした方がより相手を敬う気持ちが伝わるでしょう。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は4:「誠に勝手ながら」の使い方は

「誠に勝手ながら」という言い方については、直接会って話すときや電話、メールで断りの気持ちや謝罪の思いなどを伝えるときに、相手に対して敬う気持ちを伝えます。 「誠に勝手ながらお休み」したい場合 上述のように、休みを取りたいという意味で使う場合には「誠に勝手ながら」や「誠に勝手ではございますが」という使い方をします。この表現が優れているところは、次のような例を見ていただければわかると思います。 ×「明日私事でお休みをいただきます。」 ○「誠に勝手ながら明日私事でお休みをいただきます。」 ×「予定がありますので参加できません。」 ○「誠に勝手ながら予定がありますので参加できません。」 ×「〇日に予定されている行事ですが、私用によりお休みします」 ○「誠に勝手ながら、〇日は私用により欠席いたします」 他にもいくつかご紹介すると ・誠に勝手ながら○○の件についてのお返事を至急賜りたく、お願い申し上げます。 ・誠に勝手ながら○○につきましては辞退させていただきたく存じます。 ・誠に勝手ながら〇日から〇日にかけての期間をお休みとさせていただきますので、何卒ご了承願います。 などの使い方があります。上司などの目上の人に使う場合には「誠に勝手なお願いではございますが…」とすると意味合いを強くできます。 こういう例をよく目にされるでしょう。「誠に勝手ながら」はこのように使われているのです。 『【平成○年年末年始休業のお知らせ】いつもごひいきにしていただきありがとうございます。当店の営業に着きましてご連絡をさせていただきます。誠に勝手ながら、平成○年12月30日~平成○年1月3日までの期間は、休業とさせていただきます。ご理解いただきますようにお願い申し上げます。なお、休業期間中のお問い合わせ先につきましては電話でお願いいたします。 同じ内容を伝える場合でも、相手に良い印象を与えられた方が得することが多いので、ぜひ上手に「誠に勝手ながら」などのクッション言葉を活用しましょう。このように、自分の都合で休む(欠席をする)という意味で使う場合に「誠に勝手ながら」を使うことで、相手に与える印象が大きく変わることがお分かりいただけるでしょう。とても柔らかい印象になりますね。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は5:「誠に勝手ながら」の言い換え表現

そのほかにも「誠に勝手ながら」を使う意味の場合をみてみましょう。 「誠に勝手ながらお伺いしました件につきましては辞退とさせていただきます。」 「お忙しいところ誠に勝手ながら、至急ご連絡を賜りますようお願いいたします。」 「年末年始の業務につきましては、誠に勝手ながら12月31日から1月3日までお休みとさせていただきます。」 「誠に勝手ながら」の言い換え表現もある いろいろな場面で使用することで言い方がまろやかになる「誠に勝手ながら」です。しかし、いつもいつも「誠に勝手ながら」を使っていますと、上司や取引先などからくどいと思われてしまいますね。そこで、次のような表現を交える意味のことも考えて使ってみてください。 ・「誠に恐れ入りますが、しばらくお待ちください。」 ・「ごめんどうをおかけしますが、○日までにご返答をいただけますと幸いです。」 ・「お手数をおかけいたしますが、その件につきましては○日までに仕上げていただきますようお願いいたします。」 このように、いつも同じ「誠に勝手ながら」を使うのではなく、場面や人に応じて使う表現を変えてみるのもいいですね。ビジネスシーンでは、同じ方と話すことが多いこともあります。いつも同じ表現では相手に与える印象はあまりよくないということをわかっておいてください。それとともに、正しい敬語の使い方についてもその意味を分かって使いこなせるようにすることも重要なことです。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は6:「誠に勝手ながら」のビジネスメールでの使い方

さて、ビジネスメールにおいて「誠に勝手ながら」を使う場合についてみていきましょう。メールというものは、自分の気持ちが相手に伝わりにくいし、時には違った意味で伝わってしまうこともあります。ビジネスでは、それだけ慎重に使っていかなければなりません。 謝罪の場合には特に慎重でなければなりませんが、その気持ちをメールで伝えることはなかなか難しいのです。「誠に勝手ながらその日は予定が入っておりますので欠席させていただきます。」「誠に勝手ながらその件につきましては、検討の結果、延期とさせていただきます。」このように、メールで相手に伝える場合に「誠に勝手ながら」を使用することで柔らかい感じを受けます。 ビジネスメールというものは、忙しい会社であれば、一日に何件ものメールの送受信が行われます。メールが当たり前になっているビジネスシーンですからしっかりとわかっておかなければなりません。口頭で「誠に勝手ながら」を言う場合と違ってメールで依頼やお願いをする時には、「誠に勝手ながら」は相手に与える印象がとてもよいクッション言葉ですからマナーとしても必ず「誠に勝手ながら」を書き入れるようにしなければなりません。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は7:「つきましては誠に勝手ながら」をという表現もある

「誠に勝手ながら」の前に「つきましては」という接続詞を付ける場合もあります。「つきましては」は「就きましては」というのが語源で、「就いては」という接続詞のていねいな言い方なのです。「つきましては」は、結果としてあとに続く言葉が必要になる場合に使用します。また、あとに続く言葉が必要であることを主張する場合にも用います。 ですから「つきましては誠に勝手ながら」は、後に続く文章をよりていねいに依頼する、ていねいに断る場合に用いるということです。次のような使い方をします。「つきましては誠に勝手ながら○日までにご回答をいただきますようにお願いいたします。」

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は8:「誠に勝手ながら」は依頼形のクッション言葉

さて、「誠に勝手ながら」など伝えたいことに付け加えるようにして使うことばを「クッション言葉」と呼びます。「誠に勝手ながら」は、依頼形のクッション言葉としてどのような効果があるのかみていきましょう。「誠に勝手ながら」は、「誠に恐れ入りますが」「大変申し訳ないのですが」「あいにくですが」などの依頼形とともに相手に依頼するときに使われます。 依頼形のクッション言葉はどのような効果があるのでしょうか。「誠に勝手ながら」も含めて考えて見ましょう。 ・相手に対して「申し訳ない」という気持ちを十分に伝えることができる ・受け取る相手に対して柔らかい印象を与える ・クッション言葉にはコミュニケーションを円滑にする 多くの企業の新任研修でも、このクッション言葉を新人研修の中の指導事項に入れています。ビジネスマンとしての常識として、いろいろなビジネスシーンで使っていかなければならないからです。ビジネスを進める上で、どんな相手とのコミュニケーションにおいても正しく使っていくことが求められています。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は9:依頼形のクッション言葉

「誠に勝手ながら」をはじめとして依頼形のクッション言葉をご紹介します。 ○恐れ入りますが ○お手数をおかけしますが ○失礼ではございますが ○できましたら ○申し訳ございませんが ○もしよろしければ このようなクッション言葉をうまく使うことで、伝えたい内容が柔らかく伝わります。ですから、断る場合などは相手に対して失礼になら内容にしなければなりませんからこのクッション言葉がかなり有効に働いてくれます。へりくだりの表現としてあなたの気持ちが伝わるということになります。 ビジネスマンとしてしっかりと分かっておかなければならないクッション言葉ですが、覚えておくとビジネスシーンにおいてのビジネスマナーの一つとしてたいへん重要です。「誠に勝手ながら」をはじめとして、このクッション言葉を使えるようになることをおすすめします。

ビジネスでよく使われる「誠に勝手ながら」の意味と使い方は10:正しい敬語表現

「誠に勝手ながら」など、ビジネスシーンにおける敬語表現は、新人研修でも学ぶことですが、最低限のマナーとして知っておかなければなりません。特に気を付けたいのは転職で企業に応募した人です。ビジネスマンとしての経験があるのに『「誠に勝手ながら」という敬語の使い方も知らないのか』ということになるからです。 新任の方であれば、1年間ぐらいの猶予は許されるでしょうが、積極的に調べたり、聞いたりする必要があります。新任の方が注意しなければならないことは「間違ってもいいから使っていくこと」です。「誠に勝手ながら」などの敬語表現を避けていると、それ以後に恥ずかしい思いをしてしまいます。

【誠に勝手ながら】ビジネスでよく使われる敬語表現の意味と使い方 まとめ

いかがでしょうか。「誠に勝手ながら」というビジネスでよく使われる敬語表現の意味と使い方についてご紹介しました。この「誠に勝手ながら」などの依頼形のクッション言葉を使い分けて話したりメールをしたりすることで、ビジネスシーンにおいていろいろなところで評価されることでしょう。