【SEの転職事情】SE転職で失敗しないためには

目次

SE転職で企業側が求めるものは1:企業側の望みと応募者の実績が一致する人

SEの転職ではある程度の経験が必要です。しかし、それだけではなく会社に転職した後も研修制度をきちんと設けているところがあります。これは、新卒の学生向けのもので、プログラミングの知識やスキルについて学びなおすことになります。では、企業側はどんな人を望んでいるのでしょうか。SEの転職では、未経験であっても企業側の望みとあなたの実績が一致すれば間違いなく採用になるでしょう。

SE転職で企業側が求めるものは2:新しいITスキルや知識を常に意識している人

履歴書や経歴書、面接で現在のIT業界の動向をしっかりと述べることができる、質問に答えている、そういう方もSEの転職では優遇の対象になります。SEの転職で欲しい人材は、パソコンを扱うことに長けている人ではなく、未経験であってもIT業界のことを知っている人なのです。このようにIT業界の動向をしっかりとつかんで、システム開発などを行うことのできる人を求めています。SEの転職を目指す方は未経験であっても、IT情報をネットや新聞、雑誌から得るようにすることですね。

SE転職で企業側が求めるものは3:コミュニケーション能力のある人

IT業界は地味な仕事というように見ている人もいるようです。よくSEの転職の面接で言葉数の少ない方を見ます。これは、転職で接客業などを目指す方と違うところでしょうか。コミュニケーション能力はいらないように思って応募してくる方がおられます。SEの転職では、接客業の経験も大いに評価されます。大学を出て接客業を経験していて、ある程度のITの知識やスキルを持っていれば、未経験であっても言葉数の少ない人よりも優遇されます。 これは、SEの転職で、今後会社で働くにあたって、SEのプログラミングの仕事ばかりに関わるのではないからです。SEの仕事では、一人で行うのではなく、プロジェクトに関わる方やクライアントとのコミュニケーションもしていかなければなりません。これは、IT関連の仕事の経験者でも未経験であっても重要なことなのです。他にも、SEの転職では調整力や交渉力、決定力などが求められます。SEの転職では、コミュニケーション能力も大きな評価対象になることを心しておいてください。

SE転職で企業側が求めるものは4:IT関係の大学出身である人

SEの転職ではSEについて熟知していれば間違いなく採用されるでしょう。最近ではパソコンの利用についても低年齢化しており、多くの若者がパソコンを使いこなします。ですから、大学の工学部のIT関係の学科を専攻した経験があれば、SEの転職では新任の就職先が異業種であっても優遇されます。年齢は関係なく仕事の専門性を重視するからです。ただ、SEの転職では未経験であっても卒業後あまり年数が経っていない方がいいですね。

SE転職で企業側が求めるものは5:体力と気力のある人

SEの仕事はかなりきついです。SEの転職で企業側が求めているものは、上述の3つの知識やスキル以外にも「体力と気力」があります。SEの転職の場合には前職の仕事内容にもよりますが、未経験でのSEの転職の場合には、慣れるまでに消費する退職や気力は相当なものになります。SEの転職でパソコンを扱うことばかりが仕事ではありません。残業もあるでしょうし、取引先や顧客とのやり取りも加わります。 また、たとえSEの転職で採用されたとしても未経験という立場でSEの仕事をしていくにしても、かなりの研修で勉強していかなければなりません。勉強していかなければならないことは、仕事の流れはもちろんのこと、プログラミングの知識やスキルももちろんいります。せっかくSEの転職で採用されて入社しても1ヶ月も経たない間に「無理だ!」という方もおられるようです。

SE転職で企業側が求めるものは6:情報をいち早くつかむ人

IT業界は目まぐるしく変化、進化しています。そこでIT業界に求められているのは、社会や他業種、顧客が求めるシステム開発です。SEの転職ではインターネットにあふれる情報をいかに早く正確に伝えることができるかも非常に重要な要素です。さらには、SEの転職では、コンプライアンス的にもIT業界に求められているものですから、SEの転職の採用にあたってはより重要視されるでしょう。

SE転職で企業側が求めるものは7:未経験の人でも

上述しましたが、SEの転職では、ITに関する専門的な知識やスキルを必要とされますので、未経験の転職の場合には特に転職率が低いと言われています。さらに、異業種からの転職ではなかなか難しいと言えます。ですから、IT未経験からのSEへの転職について、未経験ならばほとんど可能性はないと思っておいてもいいでしょう。

SE転職で企業側が求めるものは8:文系理系出身で差はある?

では、SEの転職で文系大学出身者と理系大学出身者とではどうでしょうか。「SEはやはり理系」と思われがちです。文系出身者でも転職されている方もいます。プログラミングなどのスキルなどの理系的な要素は必要ですが、ある程度の年齢の転職の場合には、経営力やコミュニケーション能力、語学力を持ってすれば、転職で求められる場面が多いといえます。上述の「ある程度のITの知識やスキルを持っていれば、未経験でも言葉数の少ない人よりも優遇される」ということにもSEの転職で共通します。

SE転職で企業側が求めるものは9:男女で差はある?

さて、男性、女性ということではどうでしょうか。多くの女性が社会進出をしている中で、男女のSEへの転職については全く関係ないと考えていいでしょう。SEはむしろ、異業種よりも実力の世界ですから、女性の転職であっても問題なく長く働くことができるのがSEということです。しかし、SEは過酷な職業ですので、体力や気力という部分では転職でも男性に負けない思いが必要です。

年齢別で見るSEの転職1:25歳くらいまでなら、未経験でも歓迎

会社の求人にはSEの転職について「未経験歓迎・既卒、第二新卒歓迎」と表記されています。SEの転職の場合には、若ければ若いほど採用の確率が高まります。それは、若い人材は入社後に教育すればよいというように考えられているのです。若い年齢でのSEへの転職では研修期間が6か月という長い期間を設けている企業が多いです。SEとしての知識とスキルを入社後に学んでいくのです。ここに、大学の工学部で電子工学を学ばれて、一旦異業種である大手外資系の会社に就職された方が、24歳で異業種のSE関係会社への転職をされた方の体験談をご紹介します。 『私は高校時代からITについて興味を持っていました。DSなどのゲームにはまっていたのがきっかけですが、「どうしたらこんなゲームが作れるのだろうか。」という疑問からSEに興味を持ちました。その後はSE関係の雑誌を読んだり、ネットで調べたりして勉強をしていました。そして、大学は運よく工学部に合格して4年間電子工学の勉強をしました。 私が在学中に感じていたことは「大学で学んでいる4年間で、どんどんIT業界が進化していっている」ということです。卒業後の就職ではIT関係の応募者がかなり多く、私はやむなく大手でしたが、異業種の外資系の会社に就職せざるを得なかったのです。 1年働きましたが、やはり自分には合わないと思い、SEの転職を考え、自分の実力が出せる大手IT会社に応募して何とか採用されることになったのです。 その時のSEの転職面接で言われたことは、「IT関係はいまや就職戦線でもかなり競争率が高い。あなたのSEの実力がどの程度のものであるかわからないが、SEとしての採用は、できれば転職の方よりは新卒の方をと思っている。ただ、卒業後1年での転職で、大手の異業種の仕事を経験されてきていることは評価したい。」でした。結局この会社で、異業種からの転職で採用されたのですが、SEの転職では、早ければ早いほどよいということがわかりました。』

年齢別で見るSEの転職2:20代後半では

20代も後半になりますとIT系の資格は必要でしょう。20代後半では、転職では資格や前職での実績がないとかなり厳しい転職になります。もちろんゼロではありません。SEの実績経験があってのそれなりの知識とスキルを持っていれば、異業種でも未経験の転職でも評価してもらえる会社はありますが、大手は少し難しいようです。次にご紹介しますのは、29歳でSEの転職で大手企業への転職がうまくいかなかった方のご感想です。 『私は異業種の事務系の仕事からIT関係の企業に転職しました。この年でSEの能力を生かす転職はかなり無理があるとは思っていました。私は大学在学中にホームページをはじめとしてウェブサイトも作成してきてSEには自信を持っていました。ブログでは、ほぼ毎日のように更新していました。そのことを大手IT会社への転職面接で堂々と自己PRとして述べました。 しかし、その会社の採用担当者に言われたことは、「パソコンに関しての操作や経験、ブログをしっかりとされていることは転職者として評価できますが、今回の求人でうちの会社が求めているのは即戦力です。申し訳ないですが、SEの転職の募集では、即戦力、つまり異業種からの転職ではなくSEからの転職を望んでいるのです。」でした。 結局大手のIT関連の会社への転職はうまくいきませんでした。その後、SEの知識とスキルをアピールして何とか中堅の会社には転職採用されたのですが、SEとしての20代後半での転職では、異業種では大手の企業への転職は難しいということです。私はこれから採用いただいた会社でがんばっていきます。』

年齢別で見るSEの転職3:30代以降では?

さて、30代を超えますと、いくらSEの知識とスキルを持っていても転職ではなかなか面接で採用担当者に伝えることは難しいです。また、IT関係の大手企業は上述のように、新任を採用して教育をしていきたいという強い思いを持っています。その中でSEの転職者が採用に至ることはかなり厳しいといえます。 可能性を考えるならば、前職のSE実績ということになりますが、その実績を示すものが必要でしょう。業界に関しての知識や今の金融業界の流れ、応募する会社に特化した資格など、転職の面接においてSEの転職では採用担当者の方に印象付けるような決意を述べることが必要でしょう。また、転職では、若手に負けないビジネススキル(社会人としてのマナーはもちろんのこと、コミュニケーション能力や説得力などをしっかりと自己アピールすることが、転職者として最低限必要になります。

SEの転職で失敗するパターン

さて、SEの転職では失敗をされている方も大勢おられます。SEの転職では、面接で自分の能力をアピールすることはなかなか難しいことです。最低限あなたの実績と企業側の思いが一致しないといけません。でここで、SEの転職で失敗された方の体験談をご紹介します。

SEの転職で失敗した体験談

『私はIT関係の仕事をしていました。大手ではなかったということもあり、33歳になった今仕事内容の忙しさに比べて給料が安いと感じ、いろいろな場でそのことについて言ってきたのですが、社長の耳に入ってしまい、地方に行くように辞令が出されました。すぐに辞め、転職を考えました。そして、いよいよ転職になりました。大手のIT関連の会社で、自分の強みであるSEの能力を生かそうという思いで、3つの会社に転職者として応募しました。しかし、すべて結果は「否」でした。 SEの知識やスキルには自信があったので(どうして?)という思いがありました。ただ、2社目のSEの転職の面接で言われたことが気になりました。「33歳という年齢での転職ですが、もし採用させていただくことになったら、弊社でどういう働き方をしたいと考えておられますか。」という質問がありました。 「前職の経験で得たSEの知識を生かして転職者として一線で働くことができればと思っています。」と答えたことに対して「転職であなたの年齢でしたら指導する立場にあり、一線で働いてもらうのは若手に任せておいたらいいですよ。」と言われたのです。(これだけSEについて勉強をしてきているのに、33歳という年齢での転職ではそれだけではだめなんだ)と思ったのです。私の性格では、人に教えることは苦手ですので、今ではSEの転職について考え直しています。』 『私は、SEの転職をあきらめた一人です。なかなか大手のIT関連会社は手厳しいです。その厳しさを感じたのが、先日の面接でのお話をさせていただきます。私は、前職で5年間SEとして働いてきました。転勤という悩ましい事態になったときに、知識やスキルには自信があるのに異動ということには勝てませんでした。それは家族の反対です。単身赴任という道もありましたがそれも許されなかったのです。 そこで決心したのはSEの転職です。しかしSEの転職は安易に考えてはいけないことを思い知らされました。29歳の年齢での転職でしたが、応募した大手の会社、すべてに採用されなかったのです。そこで面接官などの意見などから感じたことは「SEの転職で失敗するのは年齢」ということだということです。また、会社は「若手の即戦力を求めている」ということです。』 『SEの転職で異業種からの転職でも可能だということで応募しました。SEとして会社で働いた経験はありませんが、ITの勉強、SEに関する知識やスキルには自信がありましたので応募しました。しかし、SEの転職の面接のときに「異業種ということよりもコミュニケーション能力不足」をつかれました。実は私の弱みは、うまく話せないことだったのです。 「異業種からの転職ですが、あなたの実績は認めるとしましょう。しかし、厳しい言い方をしますが、先ほどからあなたのお話を聞いています、転職者として私に伝わってくるものがないということです。」とおっしゃったのです。もちろん結果は「否」でした。SEの転職でもコミュニケーション能力がいるのかと感じると同時に、」これでは私はSEの転職はできないのではないかという思いになりました。 今私は、異業種で働くことも考えています。SEの転職は、ある意味、未経験ではなく経験があってもオールマイティでなければならないということでしょうか。SEを志すものとして思うことは、SEフリーランスを目指すことしかないということです。今私はSEの転職はあきらめ、異業種に応募するか、SEフリーランスを目指すか選択を迫られています。』

SEの転職で成功するポイントは

SEの転職では、求人情報が出てから2週間で内定が出る、と言われます。また、IT業界では新任、転職に関わらず、非常にたくさんの応募者がいます。それが、一番のSEの採用事情といえるでしょう。ですから、SEの転職では、常に求人情報をチェックして、万全の準備をしておくことが重要です。 転職で面接まで持っていくために用意しておく履歴書や経歴書は、同じような内容の部分については、2,3部用意しておくことが大切です。(学歴、職歴、自己紹介など)この書類については、IT関連会社への応募ですから、SEの転職では。指定がない限りはパソコンで作成することが可能です。ですから書き直しや書き足しがしやすいですね。 ただここで注意したいことは、1社目のSEの転職の面接で学んだこと、指摘を受けたことは2社目の履歴書に繁栄するようにすることです。例えば年齢的なことを言われたのであれば、30代にはなって、指導力もある、コミュニケーションを大切にしていく、知識やスキルでは若手に負けない自信があるなどです。 またSEの転職は、競争率の激しい世界ですから、勤務地についても遠方であっても覚悟しておかなければなりません。大手の会社ですと、勤務地などの条件面での配慮はないと思っておいてもいいでしょう。自分がSEとして働きたいのであれば多少の無理はがまんしなければいけません。SEの転職ではそれぐらいの思いでしっかりと準備をしておくことが重要です。

SEの転職かSEフリーランスか1: 個人事業主として働く方法もある

さて、SE転職は競争率が激しく転職者にとっては厳しいということについてご紹介しました。SEの転職に失敗した方の中ではよくSEフリーランスになる方の数が増えてきています。SEの転職に失敗されて、SEフリーランスの道を選ばれた方の体験談をご紹介します。 『私はもともとIT関係の大手企業で、システム開発を担当していました。しかし、会社の中では、やはり組織ですので私の性格の問題もあったのでしょうが、なかなか自分の思い通りにできないところがありました。そこで考えたのはSEの転職でした。ただ、SEの転職の面接で感じたことは、40歳近くになって雇ってくれる会社はないということです。 そこでSEフリーランスという、個人事業主として働く方法があることを学び、退職後すぐに前職でお世話になった方々とコンタクトを取り、関連会社をいくつか紹介していただきました。今では、収入も落ち着き、前職よりも自分なりのやり方でできる分たいへん満足しています。転職よりフリーランスを選んだ私にとっての勝負はこれからです。』

SEの転職かSEフリーランスか2:病気

『私は、大手のIT会社勤務を5年間がんばってきましたが、激務のため病気になって退職しました。その会社ではSEの知識を身に付け、相当量の仕事をこなしてきましたからその知識やスキルには自信がありましたSEの転職ではまだ20代でしたから、私の業績が評価され比較的簡単にIT関連の会社に転職することができました。 しかし、また病気が再発し、結局会社勤めはできないことになり、転職はあきらめ、SEフリーランスの道を選びました。転職エージェントのお力も借りながらなんとか以前の収入分は稼げるようになりました。SEの仕事はきついですが、大手の会社ならどこでも同じぐらいきついことはわかっておいていただきたいと思います。ですから、転職を考える前にそのことを考えていただきたいし、SEフリーランスの道も考えられてもいいと思います。』

SEの転職を選ぶか、SEフリーランスを選ぶか1:SEの転職を選ぶ場合

メリット SEの転職では、安定した給料が魅力的である SEの転職では、福利厚生、税金対策などきちんとした事務処理がなされる デメリット SEの転職では、自らの実績や年齢によっては不利が生じる SEの転職では、会社の方針に従わなければならない

SEの転職を選ぶか、SEフリーランスを選ぶか2:SEフリーランスを選ぶ場合

メリット SEフリーランスは自分なりの手法でSEの仕事を進めていくことができる SEフリーランスは年齢に関係なく始めることができる デメリット SEフリーランスは、税金対策など、自分自身で処理しなければならないことが多くなる SEフリーランスとして働くということは、メリットにもなり得るが、顧客獲得が波に乗るまでは収入が不安定である

【SEの転職事情】SE転職で失敗しないためには まとめ

SEの転職の場合には、前職が同業種でも異業種でも不安が先に立ちます。年齢のことや実績のこと、性格のことなどいろいろなことを考えるので不安になるものです。しかし、SEの転職ではもっと大きな不安感を持つことになります。ただ、SEの専門性のことを考えますと、それだけの専門的な知識やスキルを生かされないということになりますと、非常にもったいないように思います。 ですから、後半でご紹介しました転職とともに、SEフリーランスも視野に入れて考えてみるのもいいでしょう。いずれにしても、履歴書や経歴書などの事前準備は十分にしておかなければなりません。あとは、あなた自身の実績や性格から、SE転職を選ぶか、SEフリーランスを選ぶかという問題になります。SE転職で失敗しないためにがんばっていただきたく思います。